病気

    747 :鬼女日記 2020/12/11(金) 12:05:14 ID:fr.ue.L1
    同僚1人の退社で会社の上層部が大騒ぎになった話。

    以前勤めてた会社の同僚Aが、やたらと別会社への出張(出向とか異動ではなく)をやらされてた。
    Aがいたのは北海道にある事務所だったんだが、そこから九州の取引先の会社に「いつまでかわからないけど」で行かされて結局そこで1年、
    帰ってきたと思ったらその1週間後に今度は関西の会社に無期限で行かされてそこで半年、
    やっと帰ってきたら上から「またすぐに出てもらうから」なんてことがずっと続いてた。
    出張先でAがやった仕事の報酬に加え、ホテル代などの滞在費や交通費も全部向こうの会社持ちでこちらにとっては旨味しかなく、
    さらにAは出張先でかなり頑張ってたみたいで先方からの評価も高かったんだが、そのせいで逆にAにさらに出張が集中することになってた。
    一方でAには申し訳程度の出張手当が出る程度でそんな金にはならなかったらしい。
    A本人からも周囲の社員からも「いくらなんでも出張行かせ過ぎ」「他にも対応できる人を育てるべき」と何度も意見を上げていたけど、
    上は「経験者だから」「先方のご指名だから」と取り合わなかった。
    そんな時、Aに病気が発覚。
    けっこうな重病だったので療養のために退職が決まり、仕事の引き継ぎと退社の準備をしていたAに、なんと上はさらに出張を命令してきた。
    これにはさすがに「あり得ない」という声が上がったものの、上はいつも通り「経験者」「先方のご指名」を理由に押し通されてしまった。
    結局Aは1ヶ月程の出張を終えて帰ってきたところでそのまま退職した。

    60 :鬼女日記 2012/08/05(日) 22:28:04 0
    ロミオメールじゃなくてロミオファックスなんだけど。
    とりてすと。

    199 :鬼女日記 2015/08/17(月) 17:04:25 0.net
    義実家から歩いて10分の距離に家を建ててもらい
    子育ては姑にまかせて自分は近所で働いていた義理の妹の話
    私は長男の嫁だがその義妹よりは年下

    義妹は世間知らずでわがままな感じで気が弱い義弟は黙っていう事を聞いている感じだった
    義妹は子供が中学生になった途端に「子供も私も忙しいし教育に悪いから」と舅と姑に孫をあわせなくなる
    ただし、姑は一所懸命に子育てをしており、
    舅も孫の勉強を見たり遊んだり、折々にきちんとしたしつけをしていた
    だから舅姑が見ている間は孫たちは問題なく育っていたというのに、である

    その後舅が病気になったので
    遠方に住む長男と長男の嫁である私がたびたび緊急召喚され舅の病気の面倒をみてきた
    義弟だけは時々舅の面倒を見にきてくれるそんな感じで数年がすぎた

    長いので続きます

    564 :鬼女日記 2017/05/29(月) 01:44:19 ID:7Ma
    入院中の出来事
    隣に集中治療室から一般病棟に移ってきた男性の話
    この人、頭の中で血管が切れて救急車で運ばれてきたらしい
    最初の夜はうわ言を言いながらタヒぬんじゃないかと怖がって泣いてた

    毎日奥さんが見舞いに来て、そばでつきっきりで世話をしてるから愛されてるんだなと思ってたんだけど
    薬が効いて症状が緩和したとたん、奥さんが豹変した
    「ねぇあなた、今どんな気持ち?」
    男性は病気の影響で言葉を理解できても発言ができなくなっていて、何も反論できない男性に向かって奥さんは淡々と自分が言われていた言葉を繰り返してた
    「病気になるのはお前に『クモリ』があるからだ」
    「お前の『クモリ』がお前を苦しめてる。その『クモリ』を浄化しないからこうなるんだ」
    「お前が病気で苦しんでるのは自業自得だ。きちんと『メイシュサマ』にお祈りしなかったからだ」
    「『メイシュサマ』にお祈りしておけば病気なんかにならない。お前の気持ちが届いてないから『メイシュサマ』に守ってもらえないんだ」
    「きちんと『メイシュサマ』に感謝をすればタヒなないんだ」
    「お前のせいだ、お前が悪い」
    これを来る日も来る日も繰り返してた
    男性はこの言葉を言われるたびに涙を流してた
    なんで俺がこんなに詳しく覚えていたかというと、奥さんと入れ替わりに来る娘さんたちも全く同じ言葉を何度も何度も繰り返していたから
    長女さんに至っては「私が発作で倒れたとき、救急車呼ばずに『浄霊』してたよね」
    「薬は毒だっていって、命に関わる薬を隠したり捨てたりしたよね」
    「それを私が小3のころにやったんだよ?覚えてる?」
    「私が先天性の難病にかかってたのは自業自得なんだよね?じゃああなたがこんなことになったのも自業自得だよね」
    「だから誰も同情しないんだよ。わかってる?あなたの言葉があなたに返ってるんだよ」
    「良かったね、あなたの言うとおり私達に投げかけてた言葉が『クモリ』になって全部返ったよ」
    「二度と元に戻らないから一生タヒぬまで浄化され続けるね。よかったね」
    という言葉を来るたびに繰り返してた
    娘さんたち、まだ若くて学生かな
    それなのに淡々と話す声がまた澄んでいて聞きやすくてそれが余計怖かった
    奥さんの言葉はまだ怒りとか悲しみとか呆れがわかるんだけど
    娘さんたちの言葉は本当に感情が無くて淡々としていて、めちゃくちゃ耳に残った
    そのせいで俺が夜うなされたほど

    話をまとめると男性は長女さんが生まれてすぐにバカなバイク事故を起こして二度もタヒにかけて
    そのときにカルト宗教に洗脳されてしまったらしい
    それからというもの何があっても宗教宗教で、その宗教が薬は悪という考え方をしていたから家族は随分迷惑を被ったそう
    「毎日毎日お祈りにいって献金してたのに、誰がお見舞いに来たの?」と言った長女さんがクスクス笑ってたのはダントツのホラーだった
    次女さんは忌々しそうに「私達にどこまで面倒をかければ気が済むの?」と吐き捨てていた
    その時はひどいと思ったけど、その後きた奥さんに
    「長女を産んで入院中の私に『子供とお前の食い扶持はお前が稼げ。俺は一銭も出さん』と言ったんだから、あなたもあなたの食い扶持自分で準備するのよね」
    と返されていて同情心が吹き飛んだ
    これまでの仕打ちの仕返しをこうやって弱ったときにされてるんだな
    こう言いつつも三人とも男性の身の回りの世話はしてたから女性ってすごいと思う
    俺は先に退院したけど、男性は最後まで言葉を取り戻せずに毎日家族からこれまで投げかけた約20年分の言葉を返されてた

    174 :鬼女日記 2016/06/15(水) 09:08:43 .net
    嫁が産後うつだって
    2人目なのに
    病気って言われたって帰ってきたら泣きながら子供あやしてるとか、部屋散らかってるとかいい加減こっちまで鬱になるわ
    頑張って気遣ってなるべく笑顔で接してるけどさ、限度ってもんがあるだろ…俺も疲れたわ

    131 :鬼女日記 2015/11/11(水) 15:59:18 0.net
    離婚するほどではないって私が思ってんのが問題なのかもしれないけど
    私の実家全員から夫が嫌われてる
    夫本人は気付いてないのか気付いているけど大人の対応なのかわからないけど
    私の実家との付き合いはいやがらずに続けてる

    結婚前から母は夫のことを嫌ってる感じで
    たまにチクリと「あんたはあんなのがいいの~?」とか言われたりしてた
    私と母はよく言えば仲良し悪く言えば親離れ子離れできない親子なので
    ずっと家にいると思ってた私が離れていくことへの抵抗なのかと思いスルーしてた

    だけど、実は家族全員から夫が嫌われてることを知ってしまった
    母だけでなく父も、兄も、妹も
    もちろん夫に対してあからさまに嫌いという態度は取らないけど
    私一人のとき、夫への罵詈雑言を重ねてくることがたびたびある
    妹の旦那さんと比較して悪口を言われるときもある

    確かに夫は変わり者で口が悪い
    でもたった一人の夫であり、他人なのに私を選んでくれた人だし
    夫とは仲良く暮らしていきたいと思ってたんだけど
    最近夫が部署異動で超多忙になりイライラしているのか喧嘩も多くて
    もともと口が悪い夫からキツイ言葉を言われるたびに
    「やっぱ夫は親の言うように駄目なやつなのか?」
    「家族全員に嫌われてるし、それをいいと思ってる私が病気なのか?」
    と浮かんでくるようになってしまってすごく苦しい

    心理学的な本とか夫婦問題の本とかいろいろ読んでみても
    夫に問題があると思って読めばそうだし
    私や実家に問題があると思って読めばそう取れる
    どうしたらいいのかわからない
    実家を取るか夫を取るかみたいに思ってる私が変なのかな?

    230 :鬼女日記 2015/06/14(日) 14:32:56 ID:8wO
    友達の旦那さんが、親の病気を機に
    「親が心配だ!兄貴(長男)はアテにならない!田舎に戻って俺が親の面倒を見る!」
    と言いだした。
    でも病気は命に関わりある類のものではなく、衰弱するわけでもない。
    アテにならないと言われた長男はたまたま繁忙期で
    親の付き添いができなかったりしただけで、別にアテにならない人ではない。
    友達は「田舎に戻っても新しい仕事がすぐ見つかると限らないし
    お義父さんたちも戻ってきて欲しいなんて言ってないじゃない」と渋り
    旦那さんは「冷たい女だ!おまえがそんなヤツと思わなかった、離婚だ!」とヒートアップ。

    297 :鬼女日記 2017/12/04(月) 12:51:06 ID:Z757ujEd.net
    ベジタリアンの知人が猫を飼ってるんだが
    その飼い猫にも手作りベジ食を食べさせてて
    肉や魚といった動物をいっさい食べさせていないと得意げに語っていた
    猫は植物は殆ど消化できないらしいけど大丈夫か?と思ったが
    肉食と猫のこととなると人格が豹変するような人だし
    写真で見た猫の様子が元気そうだったので何も言わなかった
    数年後、その猫が病気になり知人が慌てて動物病院に連れて行くと
    医者に猫のベジ食を怒られた挙句、病院から出されたフードが鶏肉入りだったそうで
    ドク八ラだ!と猫を強引に家に連れて帰ったが、猫はすぐタヒんでしまったそうだ
    それでも知人は反省せずに猫のベジ食がもっと理解されるようになればいいのにと憤慨している
    しかも、またベジ食で猫を飼おうとしているのが怖い
    ウサギとかモルモットみたいな草食動物にしたらとさりげなくいさめておいたが
    いや猫がいいんだと譲らない、無自覚な虐侍って怖い
    関係切りたいけど、仕事上の知人だからできなくてちょっと困ってる

    573 :鬼女日記 2018/10/20(土) 09:24:15 ID:mhFcidO2M.net
    ついさっき離婚してくれって言って出て来ちゃった

    96 :鬼女日記 2020/01/23(木) 19:44:21
    東出のせいで10年近く前の我が家の騒動を思い出して来てしまった。
    プリのタイプがよく似てたからだろうか。
    これといった特徴のない地味~な顔でカメラやらポエムやら…
    わたしなら反吐が出そうな「フィルターのかかったカプチーノと空の写真をうpするタイプ」の女でした。
    女の親が知り合いだったので速攻電話したらプリ父が「あいつは病気です」って言ってた。
    多分ほかにもやらかしていたんだろう。
    プリの親はそのあとすぐタヒんだよ。
    病気なのに冷たい床に土下座して号泣してたプリ母さんの顔思い出すわ。
    シタはそこから私から見ても地獄のような日々を送って5年目超えたぐらいから思い出すことも少なくなってきた。
    時間はやっぱり偉大だね。
    ってここまで書いてから上読んでビックリなんだけど、うちのも3姉妹の三女だったわ。
    ちょっとゾッとした。

    このページのトップヘ