病気

    50 :名無しさん@おーぷん
    自分の子育てが失敗していた事。
    身バレが怖いので曖昧に書く。妻とはタヒ別。息子一人。
    息子には色々不自由させたと思う。
    そのたび「すまなかった、母親がいればこんな思いはさせなかった」と謝った。
    別に妻のせいにする気はなく、足りないパーツが在るという事への再確認だった。
    息子は成長し、彼女ができる年齢となった。
    彼女にデートDVをしたと警察から連絡を受け、向こうの御両親とお会いした。
    後日面談をした。
    彼女は年上だった。
    息子は「やってくれるだろうと思っていたことを彼女がやってくれなかったので腹が立って殴った」と説明した。
    息子が彼女を母親の代わりにしているのは明らかだった。
    呼び名も普通ではなく、彼女に対してするようなものでなかった。
    向こうの両親は怒り狂い「御宅の息子は病気だ。通院させるべきだ」と言った。
    俺はカっとなって怒鳴り、息子は彼女に襲いかかった。
    示談は不成立になった。
    俺は息子に「彼女と言うのは何でもしてくれる人ではないんだ。母親もそうだ」と説明したが息子に伝わっていないようだ。
    俺の話し方が悪いのかもしれない。口下手な人間ではある。
    息子をまっとうな人間に戻したいが、多分俺が悪いんだろう。どうしていいかわからない。

    5 :名無しさん@おーぷん
    昨日、実家の両親と電話して姉が精神科にかかってくれたようなのでめちゃくちゃ安心した。
    ちょっと長くなると思う。

    元々自意識過剰な所のある姉で「今、あの人私の事見てた」
    「学校で私は何も思ってないのにアプローチされて困ってる」とかよく言ってた。
    だけど、まぁ俺と違ってモテそうな顔立ちだし、そうなのかなと思ってあまり気にしてなかった。
    実際、高校時代ストーカーに遭った事もあったし(これは本当、しばらく両親が送迎した)

    それが去年の夏、突然目に見えておかしくなった。
    突然俺のところに電話かけてきて「あんたの子供が狙われる、気を付けて」とか言い出した。
    意味が分からないので聞くと、勤め先でトラブルを起こしてしまい皆から白い目で見られている、
    そのうちの一人がヤ●ザに私の監視を依頼したらしくうちの前で見張っているっぽい、
    あんたの所のホームページを消した方がいい、
    それで住所が割れてあんたの所まで行くかも…と。
    (俺の勤務先のホームページに名前が乗ってるのでその事かと)

    こうして文章に書くと怪しさ満点過ぎるんだけど、姉の勤務先にちょっとアンタッチャブルな同僚のいる話はかなり前に聞いていて、
    皆ちょっと腫れ物扱いだと言ってたのでその人の事なのかなと思っていた。
    だから「トラブルなら謝り続けるしかない」「上司に取りなして貰ったら?」等とアドバイス。
    実家と俺の現住所は、関東と関西位離れているので正直姉とのトラブルでうちまで来るとは考えづらい。
    その事を伝えるも「ああいう人は執念深いから分からない、ともかく気を付けて」と。

    そのうちあまりにも頻繁に電話してくるので、仕事のトラブルよりも精神科の領域なのでは俺は疑った。話も破綻しだして、警察には行きたくないらしいがヤ●ザに追われてる、
    家の前で九州の訛りを聞いた、そちらのヤ●ザに違いないと言い出すし。
    両親にも連絡。
    姉を心療内科なり精神科に連れていけと。
    そしたら両親、何故か俺に激怒。
    「あいつは元々自意識過剰なんだから、トラブルもそのせいだ」
    「そのトラブルのせいで職場に行きづらいんだろう」みたいに、あまりにのらりくらりしてるので、こっちが「早く連れていかなきゃ手遅れになる!何もなかったらなかったでいいだろ!」と怒鳴ったら激怒したんだ。
    それから、こっちから連絡しても全く出ない。
    姉とも連絡つかない。もう知るもんかと思った。

    年明けてから、ちらほら別件で両親からは電話が。
    去年に大喧嘩したので、姉の事はあまり聞きたくなかった。
    が、やはりヤバい行動が増えてきたみたいで両親が弱りだしていた。勤め先はとっくの昔に辞めていた。
    盗聴されている!と盗聴の専門会社を何回も呼んだり(何も出て来ず)、家の鍵が盗まれた!と家の鍵を何回も変えたり。
    さすがに「それ、本格的に精神科にかからせないと」と言うと「本人が行きたがらない」と。
    両親も行かせないとまずいという認識にはなったようだが、本人が…で先延ばし状態。
    こちらから「本人が行きたがらないなら、まず家族が相談しにいく手もある」等と言うも、「娘が精神科に行くなんて」という偏見でもあるのか、「そのうち…」みたいな煮え切らない答え。
    こっちもアホらしくなって放置。

    続きます

    166 :名無しさん@おーぷん
    こんな事誰にも言えないからここで言わせてほしい
    いのちの電話やよりそいホットラインも繋がらなくて。
    本家に書こうとしたけど該当スレなくて質問スレで軽く聞いたら書くより警察行けって言われた
    でも訳あって警察も弁護士も公的な機関は頼れないから
    せめてここで言わせて
    しにたくないよ、今回はなんとか許してもらえたけれど次旦那を怒らせたら今度こそころされる
    自業自得だけど、私が全部悪いんだけど、体も心も痛いよ
    前はあんなにしにたいと思ってたのにいざやられそうになるとしにたくないと強く思った
    どうしたら私生き残れるんだろう、また旦那を怒らせてしまいそうで怖い

    820 :1/2 2015/09/23(水) 13:18:22.85 .net
    ルール違反申し訳ない

    閲覧履歴にこのスレがあったので、夫が突然「愛している」と言いだした
    理由がわかった

    先週土曜日から39度の発熱があり伏せっていた
    その数日前まで夫が風邪で寝込んでいたのを看病して感染ったのだと思う

    夫は全快し「鼻づまり解消!健康で食べ物が美味くて幸せ!」とはしゃぎ
    寝込んでいて見逃した分だと言って深夜までPCに張り付いていた

    その後、土曜日の夜に私が発熱でダウン

    日曜日
    朝 枕元に来て「感染っちゃったのかなあ、早く治してね、オレ治ってから
    急に嫁子のラザニアが食べたくなっちゃったんだよね」
    夜 「気にしなくて良いよ外で食べてくるから。あ!ちゃんとラザニア系は
    食べないようにしとくからね」

    割れるような頭痛と喉の痛みで話す気力もなかったが、朝も昼もヴィダーと
    ポカリで凌いでいたので何か食べものを買って来てくれるようにお願いした
    夫「ええ!?コンビニの弁当とか、風邪ひいてるのに体に悪いんじゃない?
    オレの時みたくおじやとかうどんとか作って食べた方がいいよ?」

    お願いだからセブンで冷凍の鍋焼きうどんを6個買って来てと頼んだ
    それから2日間、3食冷凍の鍋焼きうどんを食べて昨夜やっと、解熱
    今朝ようやく入浴を済ませたあたりで、待ち構えていた感じの夫から
    「あ、あのね、治って良かったです。嫁子が元気だと嬉しいよ、あ、っと
    えーっとですね、あの、あい、してる?って言うか(ごにょごにょ)」

    最後まで聞かずにその場を離れ、ダウンしている間に溜まりに溜まっていた
    リビングや台所、脱衣所の汚れ物を片付けて洗濯をして、掃除機をかけた
    夫はあのあの言いながら、叱られた小型犬の様に私の動線の対角をうろうろ
    していたけれど
    「あの、(間)あの、ちょっと出かけてくるね」と言って出かけて行った
    私はそれからラザニアの下拵えをしつつ、合間にネットしていてこのスレ発見

    156 :名無しさん@おーぷん
    もう10数年前だが、祖母が新聞紙に包まれてた重い何かを私に渡して、
    「絶対みんなにバレないようにあなたが隠して持ってなさい。私がタヒんだらそれを持ってこの家
    を出なさい。必ず大事に使いなさい、この家にもう戻ってはいけないよ」と言った。

    この時私は高校出て、家事と寝たきりの祖母の介護をしてた。夜の介護も私なので同室。
    大学は「馬鹿だから行くな」と親に言われた。
    子供の頃から塾に通っていい大学に行った兄に比べれば、私は塾も習い事も行ったことない
    馬鹿なので、しょうがないなと思ってた。
    兄の習い事での表彰状が家じゅうに貼ってあった。羨ましかったけど、「お前には引っくり返っても
    貰えないよ」と祖母以外のみんなに言われて育ってたので、そうなんだなと思った。

    祖母は「○○ちゃん(私)だって賢い子だよ」と言ってくれたが、家の中で病気がちな祖母の発言は弱かった。
    家は会社人間の父と、趣味と社交に没頭する母、出来る兄と、奴隷要員の私と、ガンの手術と再発を繰り返
    してる祖母の5人暮らしだった。

    祖母は冒頭の会話の二年後、最後のガン手術から結局回復しないまま心不全で他界した。
    祖母の部屋からは手術前に残した手紙が見つかって、
    「数年前○○会社の○○と名乗る男性のつまらない投資詐欺に騙されて、お父さん(祖父)から相続
    した貯金をほとんど無くしてしまいました。恥ずかしくて今まで隠してました。ごめんね」
    という内容だった。

    両親と兄は「介護までしたのに!恩知らずのババアが!!」と大激怒。
    私はただ泣いていた。

    祖母の介護がなくなったので、私は家を出ることにした。
    両親は「家事はどうするんだ」と怒ってたけど、結局は「高卒出のバイト暮らしなんて、
    すぐ立ち行かなくなるぞ」「週末は家事しに戻ってこい」と言って送り出してくれた。

    それが両親の顔を見た最後。兄の顔見た最後はいつだったか。全然思いだせない。
    祖母から預かった新聞紙の包みの中身は知ってた。
    アパート借りる保証人になってもらう時親に見せた住所は偽物。
    遅くなったけど専門学校に入り資格を取り就職、その後縁あって結婚も出来た。

    祖母のお金は入学金とバイトが見つかるまでの生活費にしか使わず、結局まだほとんどが金庫に
    残っている。
    これがあれば何も怖くないよと、いつも祖母が背中を押してくれてるような気がしてる。

    贈与税とか色々ダーティーなお金なのでスレタイ。

    161 :名無しさん@おーぷん
    十年以上前のお話

    とあるまったり半お役所会社に就職した。
    公務員ではないけど、役場と仕事をしていて、社員も公務員のOBが半分くらい。
    天下りというより病気とかの理由で早期退職した人の受け入れ先みたいな感じだった。
    あと公務中に亡くなった人の奥さんとかも働いていた。
    時代はIT化まっさかりだったが、私が入社した時はパソコンは一台もなかった。
    私(A)と同僚のBとCはIT化要因として採用されていて、三人でPCメーカーと話し合いやら
    見積もりやらと、これは新人の仕事なのか?ということをやっていた。
    でも基本まったりとした会社なので、「急がなくていいからね〜」「若いのにすごいねぇ〜」
    という感じでストレスフリーな良い職場だった。

    が、私が入社した年度で退職する60半ばのSという人が曲者だった。
    今生きてたら80歳くらいだと思うけど、元警察官で、悪い意味で「警官らしい」人だった。
    横暴で話を聞かない、自分が正しいと思い込み、常に上から目線。
    人のミスを見つけるとねちねちつつき回し、いさめられても
    「ルールを破ったほうが悪い、それを指摘してる俺は正しい!」という態度だった。
    当然嫌われていた。

    SはIT化の波についていけず、この会社でもトラブル続きで、普通なら嘱託として70くらいまで
    働けるところを、65くらいで退職していった。
    Sの仕事は私たちABCが分割して引き継ぐことになり、もめながらもなんとか引継ぎをした。
    3月には正直「やっといなくなる、いないほうが絶対仕事になる」という心境だった。

    しかし4月になってからもSは頻繁に私たち三人に連絡してきた
    「何か困ってないか?」と気遣うような感じなんだけど、絶対に自分から電話を切らない。
    「いま打ち合わせ中なので」と言うと「じゃあ30分後にかけなおす」とか、しつこい。
    Bが出勤途中で事故にあったのだが、何故かそれを知っていて、Bに連絡
    「変わりないか?」「ないですよ」「嘘つけ!事故ったんだって?(笑)」などなど。
    シンプルにうざかった。
    しかし仕事の関係で携帯は切れないし、携帯に出ないと職場の電話にかかってくる。
    また変にまったりしてるので、周りも「あらお久しぶり〜Aさんね、今かわるわ〜」というノリだった。
    新人の身では「取り次がないでください!」とは言いにくい。

    生活が落ち着いたら減るだろうと思っていたけど、どんどん増えていき、とうとう平日でSから連絡のない日はなくなった。
    というか毎日2人にはかけてきた。下手すると3人全員もあった。
    上司に言っても「退職して暇で寂しいんだよ」という感じでのほほんとしてる。
    親しくもないジジィから頻繁に意味もなく連絡が来ることが嫌だというのを分かってもらえなかった。
    まったりしている職場だったのが悪い方向で働いてしまっていた。
    私たちのストレスはどんどん溜まり、毎週末三人で食事会をしてはSの悪口を言っていた。

    712 :名無しさん@おーぷん
    数ヵ月前の話。
    長いので分けますがスマホなので書き込むの遅いです。すみません。

    バスでキチガイに絡まれた。見た目は普通のオバハンなんだが、いきなり「悪いのが憑いてるから祓ってあげる」とか話しかけてきて、コイツはやばい奴だ!と思いシカトしてたら念仏を唱え始めた。しかもこっちに顔を近づけて、耳元で。
    そのときすぐ次のバス停で降りたらよかったのかも知れないが、まだ冬で寒い時期だったし次のバスが来るまで外で何十分も待つのは大変だったから、降りずにオバハンの念仏攻撃に耐えてた。
    そのとき友達からメール受信してメールを読んでたらオバハンがスマホ画面を覗きこんで、今度は「私の悪口を書いてるんでしょ!そういうことするなら呪ってやるから」と言い、耳元でずっと「呪ってやる呪ってやる…」とブツブツ言われた。
    もう目が正気じゃないし、怖くて、しかもバス降りるときについてきて自分の家がバレたら…と思い、いつものバス停のひとつ前で降りた。そこのバス停は交番の目の前だったからそのまま交番に駆け込んで、事情を説明してちょっと時間をつぶさせてもらった。(足がガクガク震えていたので)
    幸いなことに、キチガイオバハンは降りてこなかったけど。

    974 :名無しさん@おーぷん
    正確には職場じゃない、障害者の就労訓練施設みたいな所で起きた事
    私は飲食系とお菓子製造販売の小さな所に行ってた。その中で起きた話

    飲食系での出来事
    障害者のA子(多分知的とか自閉とかの子)が、お客様に出す水の補充をしようとした
    オサレな事に水差しの中にはレモンが浮かべられている
    A子は流しの中にその水差しを置き、その上に手をかざし、水道の蛇口をひねって水補給を始めた
    私は慌てて止めて、スタッフ(健常者)にその事を伝えると、こう言われた
    「○○さん(私だよ)味見して」かなり嫌だった。潔癖症も出る時あるのに、すごく嫌だった
    でも断れなかった。飲んだ。感想聞かれた「変な味しない?」って
    「お生憎、舌ボケなもんで味は知らんが気分は悪いよ」
    と言えばよかったw
    ちなみに水を入れ替えなかったのは、中に入ったレモンを入れ替えなくちゃだからとか、そんな理由だったと思う

    でもここは割と衛生面に気をつけていた。上からも(詳しくは知らないんだが、多分保健所?)
    監督され、提供してる食品は(食中毒が出た場合の何かで)何日か保管したり、手洗いや
    トイレに行く時はエプロンを外すなど、小ぢんまりとした所にしてはしっかりしてると思った。素人意見だけどね

    220 :可愛い奥様 2014/03/02(日) 23:30:34.19 ID:A7o14twj0.net
    友人の夫が、難病タヒ。
    器の大きい、家族思いの働き者だった。
    温かいひとがらで収入も多く、友人は恵まれた生活だったのに夫を憎み、
    セカンドオピニオンさえなしで、タヒなせた。
    寝たきりの夫に、「さっさとタヒね」的な言葉を
    優しそうな言葉遣いで言っているのを聞き、
    ひざがガクガクきた。
    その後、友人がひざを痛めて歩行が困難になったと、風の便りに聞き、
    「因果応報」ってあるんだと思った。
    もともと、意地の悪いところのある友人だったんだが、
    タヒんでいく夫への態度で、全部見た気がした。

    735 :名無しさん@おーぷん
    自分が黒いなと思うけど隣の発達障害持ちの子とうちの健常な子供の格差にもやっときてる
    お隣の子がADHD?だっけ、やたらと突飛な行動する発達障害持ち
    子供の頃は学校で授業中に問題起こしたとか一人で急に遠出して警察に保護されたとかしてた
    そういう障害持ちだから大きくなったらトラブル度合いが凄まじいだろうなと戦々恐々としてたら高校辺りで急にいなくなった
    そのままぱったり消息不明だったんだけど最近隣に綺麗な若い女性が時たま出入りしていて誰?と思ってたらあの発達障害持ちの子だった
    施設に入れられたんじゃなく遠方の寮付き高校へ行かされて国立大に入り隣の政令都市の病院勤務になって帰ってきたんだと
    嘘かと思うくらいの絵に描いたようなエリートコースでびっくりしたしうちの子よりずっと良い生活してるらしい
    昨日うちの子に隣の子は凄いよねーってため息吐かれてすごくもやもやした
    発達障害持ちに産んでやればよかったのか

    このページのトップヘ