835 :鬼女日記 2016/11/06(日) 10:37:09 ID:CJW
    大学で口がキツい指導教官がいた。
    そいつに「おい舌打ちすんな」と言われた。
    自分じゃ舌打ちしてる自覚がなくて、チッと口を鳴らす感覚が気持ちいい?から
    別に不愉快じゃない時でもなんとなくチッチッってしてた(んだと思う)。
    「別に怒ってるわけじゃないです」と反論したんだが
    「お前の気持ちなんかどうでもいい、こっちが不愉快だからやめろ」と言われた。
    それ以来自分が舌打ちしてるかが気になってたまらなくなって
    舌打ちするたび「あ、俺今舌打ちしたな」って思うようになり、
    なんとなく回数が減った。
    指導教官はその後もうるさかった。
    「聞こえてるくせに「は?」って何回も訊き返すのやめろ」とか
    「食ってる時ハシをカチカチ鳴らすな」と言われた。
    どっちも無自覚にやっている事だったのでカチンときた。
    言われてから気づいたが、俺は「は?」と訊き返してる間に返事を考える癖があった。
    ハシをカチカチは単に音が好きだから。
    と反論すると「せめて「ごめん、聞こえなかったからもう一回言って」と言え」
    「おまえがその音を好きでも周囲は嫌なんだよ」と叱られた。
    うざいので言うとおりにした。
    あと「人を見る時横目で見るんじゃなく顔を向けろ」
    「人前で靴下脱いで足の指を掻くな」
    色々言われた。
    衝撃だったのは教官がうざいから従っているだけだったのに話しかけてくるやつが増えたこと。
    今は当然だとわかるが当時は衝撃だった。
    俺はとにかくしつけのなっていないやつだった。勉強さえできりゃいいって親だったから。
    今でもたぶんしつけはなっていないが、大分マシな人間にしてもらった。

    663 :鬼女日記 2012/05/19(土) 15:18:49 ID:k/erOqv0
    ゲーム好きな彼にマザー2のどせいさんというキャラクターのぬいぐるみをあげた
    彼は喜んで部屋に飾っていたのだがある日ふと、どせいさんが彼に似ていることに気づいてしまった
    髪が薄いところや、眉毛や目のバランスがなんとも似ていた
    何かがスッと冷めた

    決め手となったのは彼が頑なに下着をパンティと呼ぶことだった
    おじさんみたいだからやめて、と言ってもパンティパンティ
    生理的に無理になってしまった

    434 :鬼女日記 2016/03/16(水) 15:40:25 ID:Py4
    長文です。
    ある男性との話。

    その人は話口調が特徴的で、ただ話しているだけでも面白楽しく、私もケラケラ笑っていた。
    何回も本気で好きだ、付き合って欲しいと告白された。
    私も好きと言えば好きなんだけど・・・と思っていたけどその都度やんわりお断りしていた。
    理由は、彼の癖が気になってしょうがなかったから。
    その癖と言うのが、話すときに自分の唇を舐めるという所。
    緊張したりすると唇を舐めるのは私もするし、今まで気にしたことは無かった。
    ただ彼は凄かった・・・。
    イジリ○田さん並みというと大げさだけど、本当にあんな感じで結構な頻度でぺろぺろする。

    685 :鬼女日記 2012/02/26(日) 14:18:48 ID:PTWch5Dv
    皆に比べたらすごいちっちゃい事だけど。
    彼女とパン屋に入ってサンドイッチを見ていた時、彼女はわざわざ全種類手にとって悩んでいた。
    パックに入ってるのじゃなくて、薄いセロファンに包まれてるヤツを取っては戻し取っては戻し。
    で、結局買わなかった。俺が細かいのかも知れないけど、冷めた。

    このページのトップヘ