盗撮

    380 :鬼女日記 2016/04/19(火) 06:27:44 ID:qQKu2b6Q.net
    文才なくて無駄に長いです、すみません。


    私がJKだった頃、学校帰りに友達とツ●ヤに寄った。
    その日は学校行事で早く帰れて、着いたのが15時頃で店内は閑散としてた。
    私はCD、友達は雑誌をそれぞれ別の場所で探してたんだけど、暫くして私が痴/漢にあった。
    その痴/漢というのがグループで計画的に動いてて、周囲を警戒する見張り役が数人、ターゲットを囲んで痴/漢する実行犯が数人、実行犯の中にはスカート内部を盗撮してたや奴もいた。
    かなり悪質、しかも組織的な犯罪ということで大捕物になり、翌日は私の名前を伏せられて警察指導のもと臨時の集会が開かれた。

    そんな中、私は生まれて初めての痴/漢に盗撮、犯人達が捕まるまでの店員や警察との格闘に事情聴取、警察署に連れられて更なる聴取と連絡を受けた親が迎えに来るまでずっと修羅場だった。
    痴/漢直後に店内で店員や警察に保護され、まず「友達と来てるんです。友達に会わせて。」とお願いした。
    それで友達の顔が見えた瞬間、触られてた実行犯の恐怖や嫌悪が蘇って涙が溢れた。
    非日常からようやく日常に戻れたような安堵感もあり、泣きながら手を伸ばすと叩き落とされた。
    「私、先帰るから。」それだけ言って友達は本当に帰ってしまった。
    呆然とする私を婦人警官のお姉さんが「きっとお友達もビックリしたのね。」と慰めてくれ、パトカーで警察署に向かい被害届を出した。

    29 :鬼女日記 2014/04/27(日) 17:31:09 ID:???
    職場の先輩から聞いた話

    前は派遣で、派遣先のフロアには女性.は派遣だけ10人ほど。女子トイレには個室が2つ
    ある日その個室の1つが朝からずっと閉まったままだった
    最初なんとも思ってなかったんだけど、フロアに全員揃ってるのにやっぱり閉まってる
    ということにみんな気がついて、これはおかしいと騒ぎ出した
    ドアノックしても返ってくるだけで、誰か倒れてるのかと声かけても返事はない
    しかし派遣先の人に言っても「気のせい」「他のフロアの人が入ってるんじゃ?」でスルー
    仲良くしてたビルの玄関脇の部屋にいる警備員さんに話して脚立を借りてトイレへ
    もう一度ドアノック→ノック返る→大丈夫ですか→返事無し、を確認してから警備員に借りた
    脚立に乗ってそーっとドア上から覗いてみたら、男が座ってたそうだ

    警備員に言って引きずり出して貰って、派遣先の人につきだして問い詰めたら
    大きな会社で敷地内にビルがいくつか建ってたんだけど、その別ビルの社員だった
    その日は有給取って朝からトイレに潜って隠し撮りしていたらしい

    しかしそのフロアには派遣しかいないし、被害者も確認したら派遣だけ
    犯人は会社から懲罰食らったらしいが派遣には詳しくは教えてくれなかった
    被害届出して警察に突き出すと言ったら「そっちの派遣会社切るけどいい?」だと
    派遣だからここを選んだんだろうとみんな悔しくて歯噛みしていたとか
    派遣会社に訴えても「才柔め事起こさないでくれ」(別ビルにも百人単位で派遣入ってた)
    映像は消したと言われたけど、どうだかわかんないよね。まあその人含めフロアの人はみんな辞めたらしいけど

    数年前の話だそうだけど、こういうことやる会社あるんだ!とスレタイ

    829 :鬼女日記 2018/04/06(金) 22:03:16 ID:chs
    高校時代の自分が神経わからん奴だった。
    同じクラスに好きな女子がいた。
    でも、彼女は同じクラスの別の男子と付き合ってた。
    それでも好きだった。
    けど、所謂コミュ障だった自分は、彼女とあまり話せなかった。
    なので、彼女が彼氏や仲のいい友達と話している時に、気付かれないようにケータイのカメラでこっそり撮っていた。
    そして帰宅後、その画像を眺めては、自分と楽しく会話している彼女を妄想して楽しんでいた。
    自分には決して見せてくれない、眩しい笑顔がそこにあった。

    そんな事を続けていたある日、いつものように隠し撮りをしていたら彼女に気付かれてしまった。
    さっきまで楽しそうに笑っていた顔が一瞬で凍りつき、まるで汚物を見るかのような目でこっちを見た。
    次の瞬間、事態に気が付いた奴が自分からケータイを奪い取った。
    そいつが何をやってるんだと大声を出したから、クラス中の注目が自分に集まってしまった。
    カメラを起動していたから、盗撮だと騒ぎ立てられた。
    そして、画像フォルダの中にあった大量の彼女の写真が次々と晒されていった。
    女子には変隊と罵られ、男子からはふざけた事をするなと怒鳴られ、いたたまれなくなってそのまま教室を飛び出した。
    以来不登校で、高校中退。

    撮っているところがバレなければ。
    バレたとしてもあいつが大声を出さなければ。
    そもそも、他人のケータイのフォルダを勝手に見るなんてプライバシーの侵害だ。
    と、クラスの連中を逆恨みばかりしていた。
    当然、親にも騒動が知られ、父親からは殴られるし、母親には情けないと泣かれた。
    兄妹からも軽蔑されて、しばらく引きこもりを続けていた。

    数年前からようやく、あれは完全に自業自得だと思えるようになって、引きこもりも少しづつ解消。
    アラサーでフリーターだけど、なんとか生活できるようになってきた。
    今日、スーパーで偶然彼女を見かけた。
    旦那さんとお子さんと一緒に楽しそうに買い物していた。
    その姿を見て、後悔に押しつぶされそうになっている。
    一時の欲に任せて隠し撮りなんてしなきゃ、今頃もう少しマトモな人生歩めてたのにって気持ちが拭いきれない。

    334 :鬼女日記 2015/07/30(木) 17:42:48 ID:gmi
    以前付き合ってた人の現在の彼女に盗撮された動画をネタに恐喝された。
    本当にびっくりした。
    だって動画を録ったり写真を撮ることを許したことなかったから。
    どこかに遊びに行ったりしたときなんかは一緒に写真を撮ったりしたけど、
    行為の写真や動画は拒否してた。だけど盗撮されてたみたい。
    結構ぼんやりしてたけど、見る人が見ればわかるかもというような感じで、
    見せられた時は頭の中が真っ白になって倒れるかと思った。
    結局一人では解決できなくて両親に相談したら、父親から腹をくくれと言われた。
    仮にサイトにアップされてもしらを切りとおすか、逆に訴えてやるくらいの覚悟をしなさい。
    盗撮をするような男と付き合った自分を恥じなさいと言われ
    速攻で警察に連れていかれた。
    母親からはもし公開されて噂になった時はそのことをうわさする相手は
    片っ端から訴えてやるくらいの覚悟を持ちなさい。最悪日本以外の国で住めばいい。
    と言われた。
    結果、動画はまだ奴らの手元にあって他の女性にも同じようなことをしていたことが
    わかり、やつらは警察に連れていかれた。
    両親に相談してなかったらお金払って金づるにされてたと思う。
    他に恐喝されてた女性の動画は何本か公開されてたみたい。
    私の動画も私が知らないだけでどこかにさまよってるかもしれないと考えると
    夜きちんと眠れない。
    できるだけ考えないようにしてるけど本当に怖い。

    590 :鬼女日記 2015/06/26(金) 19:39:04 ID:ZJs
    ある旅館に一人旅で宿泊した時のこと
    丁度修学旅行生(小中)と同じ旅館になっ泊まることに
    俺の部屋は浴場からほど近く、
    窓を開ければ修学旅行生の楽しそうな声が聞こえるなんとも風流な場所だった

    生徒たちが出ていってから風呂に入ろうと思い、
    それまではネットでもしようと持ってきたノーパソを開く
    いつものようにスマホのテザリングでネットに繋げようとアクセスポイントを探すと、ドライブレコーダのSSIDを発見
    試しに初期パスワードで入ってみるとなんと女湯を盗サツしていたカメラだった
    しばらくするとそのカメラが生徒に見つかったようだ
    この見つかった瞬間が何とも言えない修羅場だったが、別に俺が盗サツしてるわけでもないのでカメラが切られるまで見ていた

    しばらくすると警/察が来て女湯をなんやかんや調べていた
    風呂に入るときチラッと警/察と目があったが、何とも言えないドキドキだった

    後日新聞を見ると逮捕されたのは女性教師だった
    そう、まさかのレ-ズ-であったのだ
    てっきり男の氾人だと思っていたけど、世の中には特殊な趣向を持った人がいるんだな

    352:名無しさん@おーぷん2016/05/15(日)21:34:31 ID:BHD
    電車で隣に座っていたキモオタを盗撮容疑で捕まえた時の話

    帰宅時、ふと隣に座ってた
    小太りのキモオタ風リーマンのスマホの画面が目に入った
    何気なく覗いてみると、何とカメラが起動しており、
    画面の中には若いOLの姿が!
    即座に俺はそいつのスマホを叩き落として踏んづけた後、
    「何するんだよ~~!!」と怒りだしたキモオタを取り押さえて
    次の駅で降車、盗撮されてたと思われるOLと共に駅員に引き渡した
    後日、盗撮容疑でキモオタ男は逮捕、
    俺はその時のOLと連絡先を交換しなんか仲良くなりそうな感じで
    ちょっとドキドキ♪


    143 :鬼女日記 2010/10/29(金) 14:12:22 ID:qUBF8TEx0
    セクハラって言葉がなかった20年くらい前
    働いていた職場の同僚(アメ人)にセクハラされた
    最初は英語のわけわからんメッセージカードをこっそり
    引出しの中に入れる
    当時学校卒業したばかりでウブだった自分恐怖で上司にも相談できず

    しばらくすると○月○日○○公園で一緒に星を見よう待ってる
    みたいな手紙をこっそり机の引出しに入れる
    バカジャネーノと握りつぶしてゴミ箱行き
    指定日の翌日オフィスの陰に呼び出された
    怒った顔で「何故昨日こなかった?待ってたのに」と
    「ハァ?なにふざけてんの?こっちは彼氏もいるのになに考えてるわけ?ヤメロゴラァ」
    っていくら言ってもこっちは本気だの一点張り
    歳の近いイケメンならちょっと考えたかもしれんが
    相手は50過ぎたチビのおっさんだった
    もちろん妻子(子は成人)あり
    ものすごく気持ち悪くなってしばらくして会社辞めた
    そしたら実家にバラの花束と封筒が
    中を開けるとゴルフプレーする自分を望遠レンズで撮影した写真数枚
    辞める半年前に行った会社の慰安旅行でゴルフやったんだけど盗撮してたらしい
    それと汚い字で書かれた英語のポエム
    住所をどうやって調べたのかもう、ただただぞっとして叩き捨てた
    私の留守中差出人をろくに確認せず受け取った母と大喧嘩
    (母にはこの男の話は知ってた)

    その後何度か手紙が来たが封を切らずにゴミ箱行き
    何年か経って風の便りに奥さんと離婚したと聞いた
    どうも理由が私にポエム書いたり写真現像してたのがバレたみたい

    371 :鬼女日記 2016/10/06(木) 12:20:16 ID:0u2qlYaq.net
    何でも子供をダシに使って言い訳する親が嫌い

    数年前だけど女子トイレで覗き、盗撮行為してる男を現行犯で捕まえた
    被害者が男前な性格してて、謝るか前科付くかのどっちか選べと選択肢を与えた
    (謝ったら示談も無しで許す。謝らないなら前科者になれと)

    男は大きな企業の偉い役職の人だったらしく、弁護士呼ぶだの何だのゴネ始めた
    道具も持ってて覗いてる所を目撃された挙げ句4人で確認して捕まえたから、
    弁護士付けても無罪にはならないと言ってる(道具は警察も確認、証拠として色々没収)のに、
    謝ったら負けとでも思ってるのか、言い訳しまくって全く謝らず

    そのうち警察から連絡が行った奥さんが飛んで来たが、被害者女性に
    「私達には子供が2人も居るんですよ!」「同じ女性なら私の気持ちも分かりますよね!?」と
    これまた、はぁ?な事を言い始めた

    445 :名無しさん@おーぷん
    超真面目人間だと思ってた親父が、弟の家庭教師の先生を盗撮した時が衝撃だった。
    トイレにカメラ仕込んでた。
    先生が入る→父が帰宅してカメラ回収する前に姉が発見→姉と母が映像確認
    →俺が疑われる→しかし帰宅した父が真っ先にトイレに向かいゴソゴソしたので真犯人発覚
    ちなみに家庭教師の先生はJDではあったがブスだった。
    母姉が怒り狂い、父を糾弾。
    その時知ったが父は近所の奥さんの風呂を覗いたこともあったらしい。示談になったが。
    二度目ということで離婚どうこうまで話が発展したが、
    田舎なこともあり片親では子供たちの将来が不利になるだろうと祖父母たちに諭され、
    熟年離婚前提で両親は仮面夫婦になった。
    その後も親父は悪い虫がちょこちょこ騒いだようだが前科が付くには至らなかった。
    俺も最初の事件こそ親父に幻滅したものの二度三度となると「またか」と思ってた。
    そして現在、弟も成人。
    そろそろ離婚すっかって話になり、具体的に色々進んでるんだが親父が嫌がってる。
    母は姉が引き取ることで決定しているし、荷物はあらかた運ばれてるしで
    嫌がったところで止めようがないんだがな。
    夫婦として完全に破たんしているし、子供も全員離婚に賛成だし
    夫婦生活を続けたって親父にはデメリットしかないのに「寂しい」とごねる心境が意味不明だ。

    このページのトップヘ