着信拒否

    19 :鬼女日記 2018/06/22(金) 18:05:13 ID:aXJ
    元彼と私はオタ系イベントで知り合った。
    3年付き合って結婚の話が出て、お互いの友達に紹介し合うようになったら元彼が変わってしまった。
    私の友達は非オタの、若手俳優とかバンドが好きなふつーの子が九割。
    元彼は「実はオタク女が嫌いだ」と衝撃のカミングアウトをし
    「やっぱり普通の子がいい。お前の友達の○○ちゃんを好きになった」と宣言。
    私を「ノーマルカップル好きのフリをしているけど腐女子なんだろう。オタク女は99%腐女子」と決めつけ
    「腐女子なのを隠して俺と付き合ったんだから、今後つきとまとったら結婚詐欺で訴える」と一方的に私はフラれました。
    その後○○ちゃん(LRay系コンサバフェミニン美人)に近づこうとしたけど着信拒否済で失敗。
    別の友達××ちゃん(nonno系カジュアルガーリー、カワイイ)に以下同文で
    「なんで?」と荒れてるらしいけどそりゃそうでしょ、そんな理由で友達をフった男に近寄りたがる女はいないよ…
    私がフラれた時点で○○を始め友達全員に注意喚起したし、むしろなぜそれをしないと思ったの?と言いたい。

    121 :鬼女日記 2013/06/16(日) 17:06:20
    フシアナ出来てるかな?
    コテハンって今までつけたことないのだが、
    さっき牛丼食ったので「牛丼」にする。

    699 :鬼女日記 2014/07/24(木) 03:24:26 ID:???
    こっちの修羅場は離婚してしばらくした後の話。
    離婚の理由は嫁の浪費癖と浮気。
    俺の財産の半分以上が間男と元嫁に持っていかれた。
    離婚当初は、別れる際の慰謝料等と言った知識や額もまったく無しで
    子供は置いていくから代わりに貴方の今もってる財産の半分をよこせと。
    それで子供を諦めてくれるのなら安いものだと、元嫁の意見に応じた。
    実家で家族たちと平和に過ごし、離婚した時は娘も小さかったのもあって
    母親無しでも温厚で優しい娘に育った。
    子育てに仕事、一生懸命働いて嫁にやった分の金も稼ぎなおした。
    娘の進学とかそういうのに割り当てたいからお金が溜まってすごくうれしかった。

    続きます

    493 :鬼女日記 2012/07/02(月) 02:25:28 0
    私が数年前にしたDQN返しです

    結婚して5年たった頃、一時期義理の母が私たちの家に一緒に住んでいた。
    それ以前は用があれば電話で3ヶ月の間などは当たり前にあった。
    愛人が出稼ぎから帰ってきたので愛人と一緒に住み始めた頃から
    突如鬼の電話攻撃が始まった。


    私の義理母は毎日10回はかけてきてた。
    旦那がだめなら、私、私がだめなら旦那、というぐあい。
    私が仕事中でもお構いなし(フリーの仕事です)。
    内容は当然くだらない日常の会話ばかり、
    その上「犬にご飯あげたことは話した?」と
    義母か飼っている犬の話を何度も確認してくる。
    強迫性障害などではなく、明らかに電話したいからわざと確認している。
    彼女は冬空の下でもスーパーの外で2時間立ち話すのが日課。タフなのです。

    一時期は電話番号見ただけでも怒りを覚えるほどになりました。
    旦那に〆させても、私がどれほど強く言っても全く直らないので、
    ある日、いつも一日の最初の電話に
    「あと1年こういう状態が続いたら、着信拒否します。
    今すぐ切ったら許します、どうしますか。」
    と言いはじめ、義母はそのまま話続けたので
    「わかりました、後364日です。」
    といって電話を切ること365回。
    ほかの時もずっと電話がなっては1コールで切る。


    362 :鬼女日記 2014/09/28(日) 12:02:24 ID:WUoJYOJuT
    私の通ってた小中学生のときの給食に、さくらごはんってやつが出てた。
    炊き込みご飯の具無しバージョンで、シンプルでなんの面白みも無いんだけど、子供たちには大人気だった。
    私も大好きで、家でも作って貰ってた。私はこのさくらごはんが全国共通のものだとずーっと思ってた。
    大学生のときに付き合ってた他県出身の彼氏が、私の料理を食べたいとの事だったので実家に招いた。
    そのときすでに母がさくらごはんを炊いてしまっていて、仕方が無いからご飯ものは母が炊いたさくらごはん、
    おかずだけ私が作ることになった。彼氏はさくらごはんを見て呆然とした後、いきなり席を立って帰っちゃった。
    私も母もポカンとしてしまって、料理作る手が止まってしまった。
    追いかけたけど見失ってしまったので、電話をいれたらすぐに出た。

    「お前馬鹿にしてんの?とんだ洗礼を受けたよ。具無しの炊き込みご飯なんて食えるか。しね」と言われた。
    え、もしかしてさくらごはん食べたこと無いの!?と聞き返すと、なんだそりゃしらねぇよと怒鳴られた。
    ここで初めてさくらごはんが自分の県のローカル飯だった事を知った。そのことを必タヒに説明するが彼氏はわかってくれなかった。
    電話を切られてしまったので、メールで「不快な思いをさせてごめん。」と送ったが返信無し。

    その後も大学では無視、着拒&受信拒否されたので自然消滅したと思っていた。
    友人(男女6人)に、すっごくくだらない事で別れちゃったwさくらごはんで別れるカップルなんてそうそういないよね~wと笑いながら話したよ。
    もう完全にシャットアウトされてるんだし、これ以上うじうじ未練たらしく彼氏の事を考えるのも癪だったので、電話帳から完全に消去し徐々に忘れていった。

    このページのトップヘ