破壊

    723 :鬼女日記 2012/06/10(日) 12:46:10 0
    流れ豚切書き逃げ投下。
    良ウトメがコトメにしたドキュ返しでスレ違いだけど気にしない。

    良ウトメ・独コトメと同居。テンプレイビリとかは全くないが借りパクが酷い。
    コスメ・服・アクセ・DVD・バッグetcあらゆる物を勝手に持ち出しては催促するまで返さない。

    その都度ウトメや夫が〆たり取り返したりしてくれるんだがコトメの言い分が
    「身内なんだから良いじゃない。」
    それでもギチギチに〆られるので暫くは大人しいのだが、ほとぼりが冷めると
    同じことの繰り返し。
    んで先日、これだけは絶対触らないで!と日頃から言っていた一番お気に入りのアクセ
    を勝手に持ち出してあろうことか壊しやがった。

    その時も、ごめ~ん!でも身内だから許して♪と反省の色無し。
    流石に夫も私もブチギレ…る前にウトさんが一言
    「そうか身内だから仕方ないか…嫁子さん、俺が弁償するから勘弁してくれ。」
    と言って呆然とする私ら夫婦を残し退席。
    あぁ…やっぱり同居なんかするじゃなかった。と悲しくて悔しくて
    泣きそうになってたら2階のコトメ部屋で物凄い音がした。

    驚いて皆で行ってみるとウトがバットを振り回してコトメ部屋を破壊してた。
    半狂乱で止めようとするコトメを捕まえトメさんが張り手一発。
    「身内だから壊しても良いんでしょ?コトメがやった事、言った事はこういうことよ!」
    と部屋の前で般若顔&仁王立ち。そのウトメの迫力に私も正直怖かったorz

    その後泣き叫ぶコトメを放置して皆で外食に行ったんだけど、これが昨夜の話。
    未だに鼻をグズグズしながら部屋の片付けをしているコトメをちょっと手伝ってきますノシ

    194:名無しさん@お腹いっぱい。2009/02/08(日) 13:42:58
    結婚して4年目なのですが、もう嫁の顔を見たくないほどに疲れ果ててます。
    嫁は、とにかく気が強いです。私にちょっかいを出してはその反応を見て
    楽しんでいるような感じです。若い頃は、そんなツンデレ気質に惹かれました。
    しかし、ものには限度があります。私は嫁の誕生日にプレゼントしようと、
    手作りのアクセサリーケースを製作していました。アクセサリー類を収納できる
    木製の薄い箱に彫刻を施したものです。嫁を驚かせようと以前から隠れて
    製作していましたが、数日前、会社から帰宅するとその小箱が無残に壊されて、
    リビングの床に転がっていました。呆然とする私を見た嫁は、高笑いをしながら
    「隠れて何をしてるのかと思えば・・こんな物で私の気を引きたいわけw?」
    私はそれからのことをよく覚えていません。覚えているのは初めて嫁をビンタしたこと。
    嫁が号泣しながら私に謝ってきたこと。そんな嫁を振り切って家を出たこと。
    その日以来、家には帰らずビジホ暮らししています。嫁から私の携帯に
    数多の着信がありますが、何かもうどうでもよくなっている自分がいます。
    器の小さい男だと笑われても仕方ないですが、もう本当に疲れてしまいました。

    662 :鬼女日記 2009/09/13(日) 12:43:17 0
    ちょっと前の話
    姪(コトメコ)が海外へ修学旅行へ行くというので、スーツケースを貸した
    車輪が両方とも壊れて底がガリガリになって返ってきた
    2ホイールタイプなので、二つとも車輪が壊れたのを無理矢理引きずったらしい
    車輪を取り付ける部分も削られて変形してもう直せない状態
    壊れたスーツケースを返すときのコトメの言い分が
    「これ安物だったんじゃない?、おかげでコトメコちゃん重い鞄をずっと引きずって
    大変だったみたいよ。せっかくの初めての海外旅行が悲惨な思い出になったんだよ」

    貸したスーツケースはちゃんとしたメーカーのもので、
    べらぼうに高いわけじゃないが、安物でもない
    どんな使い方したんだ?
    しかもその言い分に腹が立ち(謝罪は全くなし)
    「やっぱりDVってされる方の人間性に問題があるんですね」
    と思わず言ってしまった

    DV被害者でかわいそうな私を装って、親子揃って10年以上もうちにタカってくるんじゃねー
    暴力は絶対許せないと思ってずっと同情してたけど、最近コトメにもだいぶ問題があるような気がしてきた
    コトメコもコトメそっくりでわがまま自己中
    上の発言の後、思いっきりヒステリーで暴れてるのを無視して帰ったけど、
    それ以来連絡がなくてとっても平和

    このページのトップヘ