破談

    199 :鬼女日記 2017/01/16(月) 09:06:22 ID:SQ1Fg4PJ.net
    当時は依存的まではいかなかったけれども、とっても愛情が重い元彼。
    私は朝の7:30に職場につかないといけないから、6:50に出勤するんだけれども、
    元彼は9:30に到着すればOKだったが、「出勤時には、一緒の時間に一緒に出たい、少しの時間も一緒がいい」と
    同棲しているのにもかかわらず、一緒の時間に出勤していた。

    手料理を作っても感想は全て、「君の作る料理はとてもおいしい、何でもおいしい、君がつくったものは全て好き」
    と言った感じ
    何処か旅行に行くとしても、旅行に行きたいんじゃなくて「行きたいところはないけれども、君と一緒ならどこにでも行きたい

    !」
    私があっさり付き合うのに対し、彼は何処までも一緒がいいといったタイプで結構真逆だった。
    交際していた当時、私はこの人はただ無趣味の人なのかなぁ?と思うだけだった。

    結婚を意識し始め、お互いの両親の話が出た。
    元彼の両親は離婚していることは知っていましたが…
    「僕の父親、離婚していたのもあるけれども、定年退職した後が大変だったんだ。
    一人が寂しくて寂しくて毎日救急車を呼んでたんだ。
    それで、地元に居る姉と妹は参っちゃっててさ。
    寂しいからって救急車を呼ぶなと何度も怒られて注意されても毎日呼び続けててさ、
    地元に居る姉と妹が参っちゃって大変だんだよ。でも、今は施設に居るよ。」


    私が医療従事者と言うものもあり引いたのと、
    こいつも、年取ったら更にもっと依存的になるんじゃね?って思い怖くてその後、結婚は出来なかった。

    208 :鬼女日記 2011/02/18(金) 19:11:38 0
    流れを読まずに失礼。
    ぼたばらさんとデジャブったので、勇気を出して投下してみる。

    ロミオメール↓
     私子久しぶり、元気だな。お前は俺がお前を裏切っていると思い込んでいるようだけど、
    それは違う。お前の勘違いだ。A子とは体も心もつながっている。お前とも体と心がつながっている。
    体と心がつながっている人間が一人じゃなかった。ただそれだけのこと。
     体と心がつながった人間がたまたま実の姉だった。ただそれだけのこと。
     
     いつまでも怒ってないで、今度A子と一緒に三人で飯でも食おう。
    ついでだからお前に預けた○○銀行の通帳持ってきてくれ。三人でそのお金の使い道考えよう。
    くれぐれもこのことは他の人間には話さないように。ややこしくなるからな。
    通帳に入った金使ってないよな??
    使ってたら許さないぞ。××レストラン(よく行っていたレストラン)で待ってる。


    ジュリメール↓
    私子ちゃんひさしぶり!!あたしは元気だよ~☆もういつまでも怒ってないでさ、前みたいに仲良くしよーよ。
    私子ちゃんの持ってた○○ブランドのバッグ貸してね☆ミ
     あと、××のティーカップ、あたしすっごいお気に入りなの~(キラキラ)
    それと、ユッキー貸してほしいなあ~~~~んてね~(ニヤリ)
     ほらぁ、私子ちゃんユッキーいっぱい持ってるじゃん??あれって元々は彼とアタシの
    ものだと思うんだよね~ぃ(ピース)
    てか彼だって、赤の他人と浮気したわけじゃないんだからさ~、私子ちゃんまだましだよぉ??
    今度会うの楽しみにしてるね(はーと)

     婚約寸前だった人とその双子の姉から来たメールです。

    127 :鬼女日記 2015/10/31(土) 14:03:44 ID:zSZ
    おばさんの昔語りを聞いてください。

    元夫はもともと姉の婚約者で、親の取引先のご子息でした。
    姉が子供を望めない体だとわかった時に破談となり、行き遅れ寸前だった私が姉の代わりに彼に嫁いだのです。
    その当時は私自身、毒親に洗脳されていたこともあり、親の言いなりになって結婚しました。
    職歴なしの家事手伝い・不細工女もらってくれて、むしろありがとうございますと言いたいくらいでした。

    愛があるとは必ずしも言えない結婚生活でしたが、半年で妊娠判明。
    さすがに喜んで夫に報告したけれど「それで?」と冷たい反応でした。
    夫に言わせてみれば、夫婦ともに健康体で、やることやってたら普通に妊娠するでしょ、と。
    まあそうだね・・・としょげつつも夫の言うことに納得して引き下がりました。

    夫は表向き家庭にまったく興味がなく、家族サービスなんて一度もなかったけど、それでもきちんとお給料を
    家に入れてくれて、私が働かなくても十分に暮らしていける環境を整えてくれました。
    すぐに2人目も妊娠して、妊娠中の家事・育児が大変だと慌てていたら、「金で解決できることは金で」と
    家政婦さんを入れてくれたので、とてもありがたかったです。
    ただ私が2人目の妊娠中に体調を悪化させ入院した時は、一度も見舞いに来てくれませんでした。
    「完全介護なんだから、素人の自分が行ったところで何もできることはない」と言って、私がいくら寂しいと訴えても
    「仕事があるから」とばっさり切り捨てられました。
    それでも無事に出産して退院し、長男と話していたら「お父さんとお風呂に入ったから寂しくなかった」と言うので
    私がいないときは彼なりに頑張ってくれていたのだとわかりました。

    このページのトップヘ