祖母

    482 :鬼女日記 2007/07/05(木) 21:34:20 ID:FvaN0Yw9
     うちの婆ちゃんが、詐欺とは知らずにオレオレ詐欺を撃退した。
     私は婆ちゃんが電話してる真横にいたので、やりとりが全部聞こえたのだが

    婆「もしもし!」
    詐欺「もしもし? 俺なんだけど」
    婆「○○ね!?」
    詐欺「そうそう、あのさ」
    婆「ばー!! あんたよう電話してきいきるね××ちゃんに何したとね泣きよるばい××ちゃん!
     私はさんざ爺さんに泣かされたけんがアンタが嫁泣かすなんて情けなか情けなか!!
     ××ちゃんはアンタのプロポーズに負けてからわざわざ都会から嫁いで来とっしゃっとやけん
     もうちょっと大事にしてやらんばとに、泣かせた上に電話でどうこうしようと思っとるとね!?
     あー情けなか情けなか」←だいたいこんな感じの内容を方言満載でまくしたてる。
    詐欺「……す、すいません……」
    婆「わかったなら直接謝りに来んしゃい!!」
     婆ちゃん、電話をたたきつけるように切って終了。

     詐欺電話が来た時、ちょうど両親が大喧嘩して私の母(××ちゃん)が私を連れて家出し、
    婆ちゃんに泣きつきに行ってる所だった。なんてタイミングの悪い詐欺犯だ。
     その後父が謝りに来た時に婆ちゃんが「アンタ来るなら最初から来んしゃいな電話なんか
    姑息な手段使わんで!!」と父を張り飛ばし、豆鉄砲くらった鳩みたいな顔になった父が
    「電話なんかしてない」
    と説明したので誤解が解けた。(私は「婆ちゃん、あれお父さんの声じゃなかったよ」と
    言おうかと思ったが、仁王のような婆ちゃんの迫力に負けて何も言えなかった)
     詐欺犯をビビらせ、更に(詐欺犯は何が何やらわからんかったと思うが)謝らせた婆ち
    ゃんGJ、な出来事だった。

    669 :名無しさん@おーぷん
    汚い話です、ごめん

    私が中学生の時、毎晩実家の裏庭に車を止めていくバカがいた
    最初は見逃してたけど次第に気が大きくなったのか裏庭の花とかレイアウトとかぐちゃぐちゃにされて、祖母が怒って注意したら鼻で笑ってたらしい
    おばあちゃんっこだったので腹が立って、夜中に自分の部屋(二階)からそいつの車の上に飛び降りてへこませた
    また、夕飯前に下剤を飲んでいてその男の車の上でうんこをした
    便秘ぎみだったから一週間近くぶんのうんこが車の上にたまった
    次の日の朝、早起きして男を待っていたらうんこまみれの男が唖然としていた
    そして車からうんこを落とそうとしていたので「あー!変な男がうんこまきちらしてるー!」って叫んだ
    親とかご近所さんが飛び起きてきて男に怒鳴ってた
    当時はいろんな意味ですっきりしたけど、さすがにやりすぎたな
    夫にはもちろん秘密

    341 :名無しさん@おーぷん
    今も進んでる修羅場話。
    うちの母方祖母は人形職人をしてた。
    人形って言っても今時よくあるようなデフォルメされたような可愛らしいやつじゃなくて西洋人形的なリアルな見た目の物。
    普通に観賞用として注文する人もたまにはいたけど、祖母の人形は基本的には幼くして亡くなった子供の棺に入れたり、故人の生前の姿を人形として留めておきたいって人が注文してくるやつなのね。
    そういう遠巻きとはいえ人のタヒに関係する物を作る祖母をちょっと怖く思ったりしてた。
    あ、でも基本的には祖母の事好きだよw
    仕事の人形は怖くて苦手だけど、私の誕生日のプレゼントとして作ってくれた人形は今でも宝物だしねw
    そんな祖母は私が中学2年に上がった年に仕事をやめた。
    視力も落ちちゃったし細かい作業しようとしたら手先が震えちゃうから売るような代物は作れなくなったからって言ってた。
    とは言ってもやめた後も身内や近所の人には頼まれて作る事は続けてた。
    仕事ではあったけど祖母の趣味でもあったからね。人形作り。
    その祖母がだんだんとボケてきちゃってさ。
    わりとぽんぽんとボケは進んでっちゃったのにそれでも人形を作るのは出来てた。
    何十年もやってた事はボケても身体が覚えてんだねぇってみんなで驚いた。
    けどもボケのせいなのか他に理由があるのか確かな事はわかんないけどなんか思考が変な方向に進み出してね。
    親戚や母とかに「あなたが亡くなったら私が人形を作ります。」って言い始めて、最初は「仕事してた頃に頭が戻ってんのかな。」って話してた程度だったのが、
    日が経つにつれて「あなたが亡くなったら人形が作れるのに。」に変わってったんだよね。
    それからは一気に言動が酷くなってって周りに「早くシネ。」「いつシんでくれるんですか?」って聞くんだ。
    こりゃどうしたもんかって母と母兄弟が頭抱えてる間に母兄弟の長兄嫁さんが祖母にナイフで襲われる騒動が起きてしまった。
    幸い命に関わるものじゃなかったけどそれが原因で長兄夫婦は離婚、他の人も危ないってんで祖母は施設に入所。
    施設に入ってからは祖母の見舞いに行ってないけど、母の話では多少は落ち着いたけどたまにたかが外れると自分で作った家族をモデルにした人形を床に叩きつけたり窓から放り投げて『コロして』いるらしい。

    156 :名無しさん@おーぷん
    もう10数年前だが、祖母が新聞紙に包まれてた重い何かを私に渡して、
    「絶対みんなにバレないようにあなたが隠して持ってなさい。私がタヒんだらそれを持ってこの家
    を出なさい。必ず大事に使いなさい、この家にもう戻ってはいけないよ」と言った。

    この時私は高校出て、家事と寝たきりの祖母の介護をしてた。夜の介護も私なので同室。
    大学は「馬鹿だから行くな」と親に言われた。
    子供の頃から塾に通っていい大学に行った兄に比べれば、私は塾も習い事も行ったことない
    馬鹿なので、しょうがないなと思ってた。
    兄の習い事での表彰状が家じゅうに貼ってあった。羨ましかったけど、「お前には引っくり返っても
    貰えないよ」と祖母以外のみんなに言われて育ってたので、そうなんだなと思った。

    祖母は「○○ちゃん(私)だって賢い子だよ」と言ってくれたが、家の中で病気がちな祖母の発言は弱かった。
    家は会社人間の父と、趣味と社交に没頭する母、出来る兄と、奴隷要員の私と、ガンの手術と再発を繰り返
    してる祖母の5人暮らしだった。

    祖母は冒頭の会話の二年後、最後のガン手術から結局回復しないまま心不全で他界した。
    祖母の部屋からは手術前に残した手紙が見つかって、
    「数年前○○会社の○○と名乗る男性のつまらない投資詐欺に騙されて、お父さん(祖父)から相続
    した貯金をほとんど無くしてしまいました。恥ずかしくて今まで隠してました。ごめんね」
    という内容だった。

    両親と兄は「介護までしたのに!恩知らずのババアが!!」と大激怒。
    私はただ泣いていた。

    祖母の介護がなくなったので、私は家を出ることにした。
    両親は「家事はどうするんだ」と怒ってたけど、結局は「高卒出のバイト暮らしなんて、
    すぐ立ち行かなくなるぞ」「週末は家事しに戻ってこい」と言って送り出してくれた。

    それが両親の顔を見た最後。兄の顔見た最後はいつだったか。全然思いだせない。
    祖母から預かった新聞紙の包みの中身は知ってた。
    アパート借りる保証人になってもらう時親に見せた住所は偽物。
    遅くなったけど専門学校に入り資格を取り就職、その後縁あって結婚も出来た。

    祖母のお金は入学金とバイトが見つかるまでの生活費にしか使わず、結局まだほとんどが金庫に
    残っている。
    これがあれば何も怖くないよと、いつも祖母が背中を押してくれてるような気がしてる。

    贈与税とか色々ダーティーなお金なのでスレタイ。

    548 :名無しさん@おーぷん
    祖母がウザイ
    昔っからそうだったけど最近特に酷くなってる気がする

    人の話を聞かない、というか人が話してる途中で喋りだす
    せめてそれがちゃんとこちらの言いたいことを理解した上での話なら良いんだが
    的外れな思い込みによる検討違いのリアクションだから面倒
    黙って最後まで聞けって言っても聞かない
    結果1つのことを伝えるのに最低5回は同じことを繰り返さないとならない

    自分が要らないものを押し付ける
    不要品をまだ使えるから、捨てるのは勿体無いからと人にあげようとする
    受け取らないとグダグダ文句を言うし
    最終的には折角こんなにしてあげたのに、と泣く
    お前が要らないものを何故私が使うと思うんだ
    特に洋服、貴様の持ち物なんて婆臭いデザインばかりで着られる訳がないだろうが
    私はまだ20代なんだよ……
    私がしてあげてるんだから喜ぶに決まってるっていうその思い込みはなんなんだ

    用事で実家に立ち寄ると呼んでもないのにやってきて
    (祖父母はと父母は超近距離別居、徒歩3分)
    孫(私の娘)は来てないのか、とこれ見よがしに溜め息を吐き
    孫が来てないんじゃ意味がない、とかなんとかグズグズ文句ばかり
    私は娘をお前に会わせるためだけの足としての存在価値しか無いのかよ
    第一お前に会いに来たんじゃなくて母に用事があったんだよ

    自分が妊娠中で気が立ってるのもあるかもだけど
    それにしたってウザくてもう顔も見たくない
    母には悪いけど実家からも段々足が遠退いている
    娘はおばあちゃん(母)大好きだから会わせてあげたいんだけど
    いらんものまでセットでついてくると思うと気が進まない
    里帰り出産のつもりだったけどそれもやめにしようかと思ってる
    自宅から最寄りの病院まで車で一時間以上かかるから
    予定日頃は実家(病院まで車で10分程度)にいさせてもらいたかったんだ

    取り敢えず来週にはこちらで秋祭りがある
    祖母は朝から行くねって張り切ってる
    私は一応お店を出店させてもらう予定になっている
    祭りに来るのは勝手だが店の中に入り込んで長々と居座ってはいらん口ばかりだすのは止めてほしい
    それでどっかに行けと言ったらまたベソベソと泣き出すのだろう

    もう顔も見たくないよ

    606 :名無しさん@おーぷん
    土曜日から主人と娘と一緒に実家に帰省中。
    娘が「ばぁばのお家に来たらお出掛けが車だから楽しい!」とはしゃぐのをきいた祖母に呼びつけられた。
    「車も持てないのに帰省してくるな!」
    「そんな経済状態なのに専業主婦をしてるとはどういうことだ!」
    「夫君に食器を下げさせたり、布団の上げ下げまでさせて!」
    と、むちゃくちゃ怒られた。

    確かに地元は大人一人に一台車が必要だけど、私達はかなり交通の便のいいところで暮らしてるので車が必要になることはほとんどなく、夫も転勤族なので車を持てないんじゃなく持たないだけ。
    私は専業主婦ではなく、在宅ワークをしている。
    自分が食べた食器を下げて、自分が眠る布団をしたくするのは4歳の娘でもやってる当たり前のこと。
    ↑を淡々と話したら、今度は「嫁に行ったくせに毎年こっちに帰ってきて!」と言われた。
    義両親は結婚した年に二人とも亡くなっているので「なに?ボケたの?」と返したらようやく黙った。
    いくら年寄りでも相手が孫でも勝手に人を貧乏だと決めつけて説教垂れるその神経がわからん。

    このページのトップヘ