祟り

    35 :鬼女日記 2017/08/13(日) 09:50:14 ID:o3JyCU+3.net
    20そこそこんときに農道ぶっ飛ばしてたら猫をひいた。
    クソ!って思ってバックミラーで確認したら首を上げてたからその時は多分生きてた。
    白と黒の猫ね
    で、仕事終わって帰ってきたらじいさんが庭の端に穴掘ってた。
    まさかと思って聞いたら、白黒の猫が車に轢かれてタヒんでた、酷いことする奴がいるもんだって泣いてた。
    しばらくしてSNSを見てたら
    猫探してますって記事を見つけた。
    謝礼ありますって書いてあったから連絡したら家族で来て確認していった。
    首輪と毛でその家の猫だって確認が取れた。
    じいさんは迎えが来てくれ良かった、良かったってまた泣いてた。(謝礼は断りやがった)
    そこからSNSでそこの家の息子と交流が生まれて結婚した。
    じいさんも義父母も旦那も、あの猫が引き合わせてくれたって思ってる。
    私がひきましたなんて絶対に言えない。
    猫の祟りなんか無いよ

    751 :■忍法帖【Lv=0,作成中..】
    去年家でろくでもないことが起きまくってた。
    あんまり続くもんだから、父が「先祖の祟りかもしれん」って真面目に言い出して、半分呆れながらお墓開けたら全く知らない無関係の骨壺が増えてた。ワケわかんな過ぎた。

    このページのトップヘ