秘密

    997 :鬼女日記 2013/05/16(木) 21:57:34 ID:LSLpLVGz0
    >>996乙!

    自分も梅がてら。
    昔からボーイッシュでよく男に間違われる。学生時代はそれが何故か嬉しくて、胸潰して普段から男装していた。元々何人かの女性.と付き合ったこともある。
    新宿でスカウトされてホストクラブで働いていたことが黒。勿論ホストとして。枕営業無しで添い寝営業wとかしていた。
    最終的にヒモとして年配の女性.に飼われかけたところで目が覚めた。

    今は当時の知り合いとは全て縁を切って、外見も随分変わったからもう誰にもバレないと思う。あのときの自分はちょっと狂ってた

    85 :鬼女日記 2018/10/20(土) 05:01:02 ID:mJ4scFJT.net
    叔母が家庭に縛られてばかりで鬱になるとキーキー言うので気晴らしとして母のやっていた店を手伝ってもらっていた。
    しばらくして叔母がその店の客と浮気して旦那と子供置いて家出。
    その後、母と母の友人が叔母について話し込んでいた時にポロッと「〇〇(母の名)の前の旦那の時だってあの女が寝取ったくせに…!」と爆弾投下。
    その時に始めて母が再婚&兄と父が違う事を知ったけどあまりにもポロッと過ぎて何もリアクションできんかった。

    846 :鬼女日記 2015/11/03(火) 18:44:10 ID:D0o
    私の中では黒い過去。
    四年付き合っていた年上の彼氏がいて、なんかセッ◯スもマンネリしてたし、結婚も考えてなさそうだし、潮時かな~と思ってた20代前半の頃の話。
    夕飯をちょっといいレストランに食べに行って、デザートに差し掛かった時のこと。彼がいきなり、「携帯電話を車に忘れてきたようだから取りに行って。」
    と私に言ってきた。真冬だったし、正直、(はぁ?なんで私が?寒いのにおめーがいけよカス。とってきてやるけど携帯叩きつけて別れよう。)
    と、別れを決心した。ところが私がレストランの外に出た途端、パァッとイルミネーションが光り輝いて、両脇からディズニーランドのようなダンサーたちがおどりでて、
    ポカーンとしてしばらくポーっとミュージカルを見ていたところ、後ろから彼が肩をポンと叩いて登場。途端に膝ま付き、
    指輪の入った小箱を開け、結婚してくださいとプロポーズ。なんか勢いというか雰囲気にまけ、号泣しながら頷く私w
    そんな成り行きで結婚してしまった私だけど、今年結婚15年で3人目がもうすぐ生まれます。別れようと思ってた矢先のプロポーズ受け入れが、
    墓場まで持っていくことになります。

    764 :鬼女日記 2018/11/10(土) 07:25:54 ID:WEEbyXAi0.net
    40代半ばの旦那にジャンクフードや甘菓子を食わせ続けて糖尿に追い込んだこと。
    最終的に透析まで行って、私に片方くれくれし始めたから、あっさり離婚したこと。
    好きだったんだけどね、やり過ぎたと少し反省してる。
    ひさびさに元旦那が夢に出て来たんで思い出した。

    761 :鬼女日記 2015/10/22(木) 01:09:16 ID:4FY
    結婚するときトメ目当てだったこと。
    ずっと好きだった。
    トメに息子を紹介されてつきあったんだけど、その時からもうトメの遺伝子を持つ子が欲しいとしか考えられなかった。
    旦那に対して興味がないので誕生日とか趣味とかいまだに知らない。
    ウトにたいしては嫉妬心のような怒りしか感じない。基本目も合わせない。
    今もトメが好きだけど、去年の春なくなったし、気持ちの整理もついたので過去の話。
    現在離婚を本気で考えてる。
    引き取ったら心中しそうだから子供は置いていく予定。

    224 :鬼女日記 2014/05/05(月) 18:54:57 ID:RDMfh7rnJ
    別に怖かないが、田舎の姉ちゃんの話
    父方の郷里が島根でガキの頃は毎夏冬に通ってた
    平屋だけどとにかく広い家で一日中探検するのに全部は回りきれてない感覚があった(錯覚なんだろうけど)
    ある日、本当に見覚えのない長い廊下に出て、進んでいくと木製の格子に囲まれた部屋に辿り着いた
    今ならあれが座敷牢と呼ばれるものだと分かるが、当時ガキだった俺には分からず恐れもせずに近寄って行った

    そこで出会ったのが「田舎の姉ちゃん」
    とても綺麗な人で、花魁みたいな大袈裟な和服を着てた
    俺は「わや」と呼ばれて、色んな面白い話を聞かせてもらい、すぐに懐いた

    山に川に原っぱに変な遺跡群に、とガキの興味をひくものは山ほどあったのに
    家から出なくなった俺を怪しんだ親父に何かあったのか聞かれたが、何となく黙ってた

    863 :鬼女日記 2011/12/17(土) 10:12:58
    最近肺がスースーして、自転車の上り坂でもすぐ息が切れるので病院に行ったら肺ガンだった。
    一昨日わかったんだがまだ嫁には言ってない。

    今日は子供のクリスマスプレゼントを買いに行くという目的で久しぶりのデートだから、嫁は今楽しそうに準備してる。
    家に帰ってから話さないとな…

    幸い嫁はぼちぼち稼ぐのでタヒんだ後の金の心配はあまりしなくていいのはいいけど…
    悲しませるだろうなぁ

    2 :鬼女日記 2018/06/13(水) 08:53:21 ID:Oiz
    姉の身代わりになって泣く泣くジジイの嫁になったと皆思ってるけど…

    私には2歳年上の姉がいていつも両親と比べてられてた。あんまり勉強得意じゃなかったしデブスだったので、チヤホヤされるのは大概姉。
    中学受験落ちてから箍が外れた私は家を飛び出して、ネットで知り合った男性.の家を私歩いて、たまに家に帰ってきたら寝るかお金せびるかどっちか。
    そのうち帰るのも面倒くなって、円光まがいな事をしてお金稼ぐ様になった。
    セ○クスしまくって痩せたし、お金が沢山貰えて興奮した私はコンプだった目を整形。
    でも目だけやってもイマイチで(ブスだからw)あれもこれも気になり、いろんな所を弄ったら歩く高級車レベルの額に。
    体を完璧にしたら今度は持ち物にもこだわりだして…
    当然借金なので風イ谷へ。一時期ヘルスとデリヘリ掛け持ちフルで週6日勤務してました。
    頭は悪いがま〇この強度と体力には自信があったからなせる技www
    同い年で入った子は同じスケジュールで1ヶ月持たずに精神病んだからメンタルも強め?かな?
    でもある日、口いっぱいに口内炎出来てま〇こから変な液が出て来たんだよ、痒いし、微熱も続くしヤバイと思って病院行ったら梅毒とクラミジアだった。1日30人とか相手にしてたからまぁしゃーないw
    療養かねて仕方がなく実家に戻ったら親父の
    会社がピンチで同系列の会社の社長が助ける代わりに姉を嫁に来いと言われたらしい。
    ドラマみたいだけど、姉に一目ぼれしたらしいけど25ぐらい年上の人。キモー
    姉はお堅いし糞真面目で彼氏なんか出来たこともないし20以上も上なんて本当は嫌なくせに家族の為だからって泣いてるの。
    仕方がないから「私が代わりに行ってやるよ!」と言い、姉の代わりに顔合わせに行ってやった。
    最初は狙いの姉じゃなかった旦那は困惑したけど「釣書で一目ぼれしました!おじさん大好きなんです!」と言ったらにやけてたwキモw
    トメも畑は若い方がいいし想われた方が幸せだと思わぬ援護射撃。何度かデートして夜に持ち越せば私の独壇場→妊娠→結婚www
    あ、梅毒は移したけど風イ谷行ったんでしょ!最低!私もうつった!と逆ギレしたら信じたwww
    正直、限界だったんだよね。
    後いつ妊娠できるかわからなかったしw
    結婚式前日まで働いてたし、当日は5歳下のホスト(旦那と同じ血液型)の家に居候しててそこから式場に行ったww
    ホストには別れも言わずブッチw
    負い目を感じるのか両親は私に優しくなったし、姉はその後結婚して専業小梨で好きな時に子供預かってくれるのでパチ〇コ行きたい時超便利w 皆幸せwwww

    現在結婚して12年経つけど後は旦那にタヒんでもらうだけ!

    273 :鬼女日記 2017/05/14(日) 02:51:02 ID:UMpUhgpX0.net
    基地は最初は優しい顔をしている。段々メッキが剥がれモラハラされる毎日
    それでも子供のために堪えていても子供まで洗脳されちゃもうどうしようもない

    当時結婚10年目 
    俺35歳 会社員 年収800万
    嫁33歳 専業主婦 結婚1年後御懐妊で専業になる 家は金モティ アニヲタ腐女子
    娘8歳  目に入れても痛くないほど可愛かったが・・・

    間男53歳 独身 アニヲタ 定職に就いたことのないフリータ バイト掛け持ちで月12万~18万 実家に一人暮らし(親は鬼籍)


    昔ジブリ映画が好きで友人数人とで見に行っていた
    そこで友人が連れてきたのが嫁で意気投合して交際開始
    可愛くてものすごく優しくて上品で一目惚れだった
    もうこの人しかいないと思い、交際2年超えたところでプロポーズし結婚

    新婚生活は楽しく娘が出来た時は飛び跳ねて喜んだ
    育児や家事を手伝いながら仕事も順調で近所や会社からもおしどり夫婦と言われるまでになっていた

    それが結婚4年目から次第に嫁の態度が覚めていった
    倦怠期だろうと思い気にはしないようにしていたが家族サービスとうは欠かさず俺なりに気を使っていた
    そして嫁の色々な理由でレスになって4年。娘も俺に嫌悪感丸出しの態度になってきた
    母子で俺を阻害することが増えてきて、休日も俺が寝ている間に2人で行き先も告げず遊びに行き
    夜遅く帰宅することも増えてきた
    この家庭の中での俺の存在理由はATMだけになっていた
    このままじゃダメだと思って何度も何度も話し合いをしたがケンモホロロで解決には至らない(毎回録音していたのが後に役に立った)

    ある日半分諦めかけていた頃俺の休日出勤代休日の嫁と子供が出かけている時に一通の「内容証明付き郵便」が俺あてに届いた
    内容は俺のモラハラとDVでの離婚協議書。離婚届 慰謝料500万と養育費一括で2000万請求 財産分与は半々 親権は嫁

    このページのトップヘ