自殺

    379 :鬼女日記 2014/11/16(日) 22:22:36 ID:inuID2bx.net
    今朝も近所のオバちゃんにウチのゴミ袋集積所から持って行かれた…
    指定ゴミ袋は高価だから、買いたくないんだって。
    我が家のゴミを自宅まで持ち帰って、ゴミ入れて戻してる。
    (隙間があればどこの家のものでもお構いなし)
    因みにお金はわんさか持ってる。
    自分のケチがたたって、息子と旦那自杀殳してるのにまだケチを続けているのが信じられない。

    409 :鬼女日記 2017/11/02(木) 15:47:13 ID:7vk
    先々月の中ぐらいなんだけど、自杀殳するための道中で露出狂に出会った。
    混乱してたのか自分でもよくわからないけどそいつの腕をしっかりつかんで境遇を泣きながら話した。

    最後まで聞いてくれた露出狂は問題解決に有益なアドバイスをいくつかしてくれた。
    別れたときには不思議と気分はすっきりしていて、タヒぬ気どころか明日から頑張ろうという気になっていた。

    一か月ぐらいたったけど今のところメンタルに不調はない。むしろ充実している。
    先生曰く『知らない人だから言いにくいことも言えてすっきりしたのではないか』ということらしい。

    長年、負のスパイラルで苦しんできたのにこんな些細なことであっさり治るのかと衝撃をうけた。

    もう一度で会えたらしっかりお礼を言いたいし、露出はやめてほしい。

    52 :鬼女日記 2017/10/26(木) 22:53:26 ID:SeWI3i5y.net
    文章苦手なので時系列順に箇条書きにします
    後から知ったことや推察した部分もあります

    ・俺、会社で上司にいじめられる
    ・上司「女性職員を使って(俺)の浮気をでっち上げてやろうw」
    ・俺、彼女なし
    ・女性職員、隣に住んでる人を恋人と勘違いして凸
    ・隣の奥さん、真に受けて離婚届を残して家出
    ・隣の旦那さん、自杀殳未遂して両親に引き取られる
    ・女性職員「(俺)さ~んwww最近彼女との仲はどうですか~?www」
    ・俺、隣の夫婦の話をする
    ・女性職員「私悪くない!!!」
    ・上司「(女性職員)ちゃんは悪くない!!!お前が悪い!!!」
    ・俺、職場で上司にいじめられて、女性職員をいじめたという汚名と近所の家庭をぶち壊したという汚名を着せられる
    ・俺、耐えきれずに仕事を辞めると両親に穀潰しと罵倒されて実家から追い出される

    755 :鬼女日記 2013/12/31(火) 00:17:58 ID:8GGekhaK
    この時期になると思い出す修羅場
    長くてごめんなさい

    結婚式を一ヶ月後に控えてたある日、遠方に住んでいる友達から「私、仲間に裏切られた…タヒにます」的な電話がかかってきた
    突然のことにパニックな私→心の窓口相談室に電話するも「あなたにしてあげられることはないのでは?」
    自杀殳予防相談室に電話→「あなたに(以下略」
    やっと警察!と思いついて相談するもけんもほろろ
    友達から再度来た電話で今いる場所がわかったので「今からそっち行く!動くな!」と言って8時間くらいかけて現場へ
    友達、ロープやら包丁やら買いこんでタヒぬ気満々で自杀殳の名所にいましたorz
    直接会って友達ビンタして説教かまして連れ戻した

    自杀殳未遂の原因は友達の会社の同僚に金を貸したらバックレ→しかも横領をなすり付けられ解雇→生きてるのが嫌に→自杀殳の名所へ

    なんで遠方の私にだけ連絡したのか聞いたら「一番大事な友達だからっていうのもあったけど、遠くの人なら追ってこれないと思った」からだそう
    たまたま自杀殳の名所が私のいる場所と友達のいる場所の中間あたりだったから行けた

    自分の結婚式の準備と並行して、友達の無実を証明する為に弁護士雇って裁判の準備したり、友達の就活を手伝ったり結婚資金を崩して裁判費用捻出したりといろいろ大変だった

    今は友達の無実も証明され、裁判にかかった費用なども私に完済、別会社で働いている
    私は今年子供が生まれて、暫くぶりに友達と会えるので記念カキコ

    790 :鬼女日記 2010/09/29(水) 05:23:20 ID:EvbU9eC/O

    父は多額の借金を背負わされ、自杀殳に追い込まれてしまった。仕組んだのは仕事の同業者。
    葬式の日、偶然それを聞いてしまった。

    何ヶ月もかけて復讐に繋がる弱みを探した。当時は学生でバイト漬けの毎日だったので、かなり苦労した。

    そいつは結構な頻度でとあるスナック店に行ってた。部下と呑むときも、ひとりの時も必ずその店だった。

    派手な化粧を覚えバイトもやめて、すぐその店に面接して働いた。
    そいつは私のことを覚えていなかった。とにかく媚びて、私を気に入るように仕向けてたくさん喜ばせた。

    ある日、そいつと同業者達が店を貸し切って呑みに来た。そいつの態度を見ると、大事な相手だったのかもしれない。
    絶好の時だった。

    そいつの酔いがピークの時を狙って、今まで奴が話したことを引き合いに出して激しく罵った。
    そいつは怒り狂い、私に馬乗りになって暴力。すぐ警察に通報され、連行、逮捕。

    診断書を提出し、被害届は受理された。そいつは身柄拘束され調書を取られて送検。
    とりあえず士談に応じて、お金の苦しみやその他もろもろを味わってもらった。

    周りからは疎外され、どんどんやつれていく様は本当にざまあみろだった。

    大事なものを色々と代価にした分、復讐できたことはとても嬉しかった。
    だけどむなしい気持ちが、未だにある

    このページのトップヘ