苦痛

    226 :鬼女日記 2015/12/27(日) 18:43:32 ID:???
    今、住んでる地域は時代に取り残された昭和の裏通り。

    住んでみて気づいたというか思い出したのだけど、昔って不潔で臭いなんかも凄かったんだなあ。

    常に腐った何かの臭い、汲み取り便所と消毒の臭い、立ち小便のアンモニア臭、放し飼いの犬の糞、道には堂々と唾や痰吐きが普通、タバコの吸い殻もポイ捨てが当たり前。
    垢だらけの浮浪者が住むシャッター閉じた店だらけの錆びた商店街。

    いつまでここに住まなきゃならんのか。苦痛過ぎる

    751 :鬼女日記 2015/08/30(日) 12:04:39 ID:DPXLIqD3.net
    お付き合いしている彼氏に対しての愚痴です
    30歳で実家暮らし(といっても母親のみ)の彼はとてもマザコンだと前から思っていたのですが、それは別にいいんです。
    マザコンといっても親思いってことだし肉親に優しくできる事は素晴らしいことだし母1人子1人で生きてきた背景があってのことでむしろ尊敬してました。

    ただ、毎日のLINEで今日の夕飯美味しかった等の報告を受けるのが苦痛に感じるのですがこれは私が変ですか?
    お母さんの手作りの夕飯~が美味しかったって、わざわざ彼女に報告することですか?
    日によっては画像つきできて、最初の方は料理上手なお母さんだなーと素直に「すごいね!美味しそう!」と返していたけど
    最近では正直「うん、、美味しそう…だからなに?」という気持ちになってしまいます。私の心が狭いのかな…
    でも、普通そんな報告を30過ぎた男が彼女にするか?これは暗に料理が下手な私への牽制か??等勘ぐってしまう気持ちと
    実家暮らしで仕事から帰ってきたら美味しそうな料理が上げ膳据え膳で出てくる彼に対する嫉妬もあるのかもしれません。
    単純に、その報告を最近では不快に思っている自分がいます。昨日たまりかねて「だからなに?」と返してしまったら喧嘩になってしまいました。

    長いので一旦切ります

    255 :鬼女日記 2018/01/06(土) 18:37:43 0.net
    旦那の母方の祖母宅で正月に新年会をやる際、恒例行事として「お年玉探し」がある。その対象者の孫達(いとこ1人、旦那、旦那の妹…そして私)…全員アラサー。
    アラサーがお年玉を探して小汚く散らかった仏間をうろうろ、それをみてニヤニヤ楽しむ大人達。
    もしかしたらもしかして孫達は子供の頃からの恒例行事で未だに楽しいのかもしれないけれど、20代後半で結婚しただけの部外者の私にはとても屈辱的で悪趣味なゲームとしか思えない。
    早く終わらせたくて探してると「お金のこととなると真剣ね~wwwニヤニヤ」とか言われてほんとに屈辱的。
    しかもこちらからも同額のお年玉をババアにあげるから得してないし、ただただ不快なだけ。もうやめてほしい。

    835 :鬼女日記 2017/11/29(水) 10:45:03 .net
    去年の春結婚したんだけど
    今年の年賀状にこっちからは「結婚しました」を出したら
    夫の友達からの年賀状には
    「この間の子より美人紹介するで~」と書き添えてあったこと

    結婚前に街で偶然その人夫婦と会って
    「もうすぐ彼女と結婚する」と紹介してくれてて
    あっちも私と結婚することは知ってる
    他の人からの年賀状にはおめでとうと書き添えてあったので
    本当に凍りつくくらいショックだった
    夫は「いやいやフツーに可愛いから!」とフォローしてくれてたけど
    ずっと胸に刺さったままだし
    もうすぐ年賀状作らないといけないのが苦痛

    確かにあっちの奥さんはびっくりするような派手美人だったし
    私は地味だけれど!
    関西人嫌いになった

    420 :鬼女日記 2012/09/26(水) 08:42:26 ID:q79v63iY0
    習い事の後に一緒にランチする程度の私を含めて4人のグループがいるんだけど
    そのうちのひとりのA子に今すごくムカついているので吐き出し。
    4人の中で半年前には誰の目にも私が一番デブだった。
    でもこの一番と二番の差が大きくて、恥ずかしながら私は身長が150cmしかないのに
    半年前の体重は70kgのトンデモデブ。
    ある日旦那に「そろそろどうにかしようか」と言われ、
    このままだと本気で嫌われると思って一念発起。
    肥満外来の行って、食事指導と運動指導、それに薬を処方された。
    正直苦しかった。
    食事指導そのものは別に苦じゃなかったんだけど、カ□リー計算しながら料理するのが
    もともと料理があまり得意ではない私には苦痛だった。
    旦那は制限する必要がないので、2種類作るのも面倒だったし。
    毎朝のウォーキングも、自宅近辺は嫌がらせのような角度の坂だらけだから
    これも慣れるまでは本当にキツかった。
    でも頑張った甲斐があって半年で57kgまで落ちた。
    これでもまだ理想体重には程遠いので、まだまだ頑張らなきゃいけないんだけど
    思いのほか効果が出るのが早かったので、当然他の3人に色々聞かれたんだ。

    27 :鬼女日記 2011/04/27(水) 12:44:18 0
    会ったこともないトメ親戚の話題を、まるで私が知っていて当然のように
    話すトメが苦痛。

    「みっちゃんが定年になった、よっちゃんが入院した、ひろくんが家を
    建てた、さっちゃんの一番下の子供が幼稚園に入った、シゲ姉さんが
    喜寿なのよ!」。

    その度に「みっちゃんってどなたですか?」と尋ねると「え?嫁子さん
    会った事がなかったっけ?私の一番下の妹の旦那さんの従兄よ!」な回答。
    無趣味で友人もいない人だから、他に話す事がないのはわかるんだけど
    興味が持てない話題に付き合わされるのが苦痛。
    こちらが振った話題も、親戚の話に返還されるし。

    178 :鬼女日記 2013/11/14(木) 23:17:32 0
    初めて書き込みします。失礼がありましたらお許しください。

    相談用テンプレが見つからなかったので大まかな状況を

    相談者:妻30前半、年収350(現在育休中)
    配偶者:夫30前半、年収550
    結婚年数:5年
    子ども:二人(4才、0才1ヶ月)
    住宅:ローン有、月11万(戸建て築5年)
    貯金:300万
    状況:離婚するしかない(できれば回避したいのですが…)

    浮気されても仕方ないことってありますか?
    旦那とは10代半ばからの付き合いですが、私が旦那に依存していて、付き合いはじめから嫌われることを恐れ、嫌な事があったり、反対意見などがあっても口に出せずにいました。
    ケンカの時は大声で怒鳴られたりしたこともあり、ますます本音を言う事ができなく なっていました。十数年私は変わることができず、怒られている時はテンパってしまい、取り繕うことばかり口にして悪いところを直すからと言うばかりでした。
    旦那は私が直す直すと言うばかりで何も変わらないので、どうしたら良い関係が築けるか悩み、うつの診断も受けたようです。
    そして旦那は私と居ると精神が壊れていくと感じ、私と居ることが苦痛になり、結果離婚を切り出されました。

    長くなりますがすみません、続きます。

    642 :鬼女日記 2012/02/08(水) 11:02:27 0
    雑談中にごめんね。
    Pで思い出したけど、義兄が動物のインパラそっくり(細面、色黒、眉と頬骨が
    高い上に、いつも口をモグモグ動かしながら遠くをぼ~っと観てる)
    でも義兄嫁は、義兄が山Pに似ていると言い張り、髪型も真似させたりしてる。
    元々オイリーな黒髪なので全然似合わないのに。
    「うちの旦那、山Pに似てるでしょ?」って会う度に確認させられるのが苦痛。
    今年の正月も「ね?ね?」と何度も聞かれて困ってたら、夫が
    「う~~~ん。山Pには全然似てないなぁ。どちらかと言うとインパラだよ」
    と応えてしまった。
    『...っていつも嫁が言ってるよ』と言われたらどうしようかと、一瞬焦ったが
    それまでモグモグぼ~っとしてた義兄が吹き出し、
    「それ、俺の高校時代のあだ名www」
    義兄嫁は真っ赤になって夫を睨んでいたけど、やはりブッと吹き出して、皆で大爆笑。
    で、インパラって何?っていう義兄嫁に夫が画像や動画を検索して見せたら、
    「そっくり」と絶句してた。
    義兄は、義兄嫁コーディネートの若いアイドルみたいな服装や髪型から
    解放される事になったらしい。
    捨てるの持ったい無いから要らないか?って夫に電話して来たみたいだけど、
    あれは30代の男の着る服じゃないから、と断ってた。

    353 :名無しさん@おーぷん
    見合いで結婚した夫は食い尽くし系だった
    見合いと言っても夫が私を気に入り、家の力関係で成り立った政略結婚
    どれだけ毎日の食事が苦痛でも離婚できなかった

    20歳で入籍させられ、娘は21で出産
    私自身がまだまだ子供だったから、子供の離乳食の材料まで食い尽くす夫を止めるすべもなく
    当時コンビニもネット通販もなく、隠しておいた食材も掘り当てられ、私の食事を与えてもなお娘に満足に食べさせてやれず
    母子ともに栄養失調で倒れて入院してから、夫はようやく自分が人の食べ物まで食い尽くしてたんだと気づいた
    それまで何度諭しても理解できなかったことが、目の前で問題となって初めて自覚できる阿呆だった
    それでも食べ尽しの癖は治らず、娘が成長してからも甘味や菓子類や肉類は隠しておいても貪り食った
    私と娘は残ったものを分け合って二人で食べた
    食べ尽しで暴飲暴食を繰り返したからか、16歳年上だった夫は娘の成人前に呆気なく亡くなった

    その後娘が婿を貰って同居を始めた
    婿はエビが好物らしく、夕飯をよそるとき、娘がこっそり婿の料理にだけエビを多めによそってるのを知ってる
    ご飯食べてるときも「エビいる?」と婿に聞いている
    あんな食べ尽し系の父親の血を引いてると思えないほど
    婿も婿で娘の好物があると必ず娘に多めにわける
    たまに娘の好物を娘のためだけに買ってくる
    娘と婿は私の好物をよく買ってきてくれる
    食べ物のことで人を気遣えること、気遣って貰えることをこんなに幸せなことだと思える日がくるとは思わなかった
    婿は結婚10年目できっかり10キロ太り、私とダイエット中
    食べることって幸せばかりじゃないのね
    でも太ることさえ昔を思えばとても贅沢なことだわ

    このページのトップヘ