葬式

    346 :鬼女日記 2017/02/17(金) 22:07:20 ID:XyB
    何年か前の祖母が大往生で亡くなって葬儀をしたんだ
    丁度、同じ時間帯で隣でも葬儀をやっていたんだが同じ苗字の家だった。
    しかも祖母の名前と一文字違いだった。
    式場の人、遺族や参列者、皆混乱!
    名前の確認をしっかりして参列者の案内をどうにかこなした。

    葬儀が終わり今度は火葬場へ移動。
    地元には火葬場が一箇所しかないからお隣の方々とかぶるのは仕方ないと思った。
    そしたら、今度は先客の方々がいらしたんだ。
    別の葬儀場で葬式をあげた『同じ苗字』の人たちが……
    今度は火葬場の方々が混乱!
    なんとか事なきを得て最後までいって終了となった

    今でも家族みんなでなかなかないことよねーって話になるな

    436:名無しさん@HOME2016/08/12(金) 22:54:33.02 0.net
    実父が他界した時、姑は体調が優れないとの理由で
    舅が通夜、火葬、告別式に参列してくれた。

    初七日を済ませ、義実家にお礼の電話をしたら
    姑が出たので
    「無事に初七日まで済ませました。
    色々とお心づかいありがとうございました」と伝えたら
    「ああ、そうなの。そ ん な こ と よ り 、一昨日旅行で泊まった
     旅館はね、天皇陛下がお泊りになったところで(以下省略)」
    泊まった旅館の自慢話を延々と聞かされた。

    話を総合すると、告別式の翌々日には舅と温泉旅行に出かけていたらしい。
    前から大嫌いだったけれど、更に大嫌いになった。

    110 :鬼女日記 2012/09/16(日) 01:24:41 0
    父を幼いころに亡くし、母が一生懸命働いて俺と弟の面倒を見ていた。
    高校に俺が上がるとバイトを始めて少しだけ家計が楽になった。
    そのあと、母が過労で倒れそのままタヒんだ
    中学生だった弟は何故か自分が働かないからタヒんだと思い込んで後を追うように自杀殳。
    弟の葬式の日、母方の伯母に「悪魔!」と叫ばれて、ついでに蝋燭投げてきて葬式会場から追い出され
    その日の夜、寝ているところにカッターで手首をすっと切られた。
    たまたま従姉が見つけてくれて何もなかったけど、伯母は精神病持ちということで堀の中には入らずに病院に入った。
    そうすると伯父が目を血眼にしながら我が家に突入。
    「お前に関わるとみんなが不幸になる!」と包丁でぐさり。
    杀殳そうと思っていたらしい。
    伯父は逮捕。
    母方の親戚たちが怒り狂って嫌がらせの電話や手紙が来るようになった。
    思い出のある家だけど住めないのが明らかなので売って引っ越し。
    やっと最近静かな暮らしをしている。

    552 :鬼女日記 2014/11/28(金) 08:58:34 ID:Xcu
    大学生のとき背が小さくて童顔だが居乳な女の子、A子がいた。しかも可愛い。
    A子は性.に関する話題は嫌悪していて、結婚するまでそういった行為はしたくないと常々言ってました。
    過去に2回彼氏ができたこともあったけど、どちらも1ヶ月と続かなかったみたい。
    告白されたときに性.行為だけは絶対したくない。キスもしたくないと告げると大抵は、じゃあいいわと去っていくが上記の元彼は、それでもいいからと言ったので付き合った。
    でもやっぱり体の関係を迫ってきたみたいで、1人目はホテルに誘われた時、2人目はストレートに胸を触ってきた時に振った。
    1人目のホテルの元彼は、振られたあと「ただ純粋にホテルに泊まりたかっただけ。なのにあいつは!」と周りに言いふらしていたようだが、
    ポケットにゴムをしのばせていた時点でお察し。

    2人目を振った後は、男の本能を理解しようとしない女として散々非難を浴びたと言う。
    その殆どは男からで、A子は二度と彼氏は作らないし結婚もしないと泣きながら高校生活を送ったと言っていた。

    続きます

    484:名無しさん@HOME2010/01/19(火) 10:59:32
    数年前のことを思い出したわ…

    夫の伯父がなくなってお葬式に向かう車内でのこと。
    運転する私に延々と
    「いかに自分が伯父にお世話になったか」を語り続ける夫。
    約2時間ほど。
    知らない道の運転であまり彼の話を聞けずにいると「話を聞け!」などとのたまう。
    生返事しつつ、どうにか到着。

    葬儀に出て、火葬場まで着いて行って、その後の初七日法要にも出席。
    義理と勤めは果たした、と思っていたら
    帰りの車の中で走り出すなり「なぜ泣かなかったのか」と責められた。

    1度くらいしか会ったことのない人に対して特別な感情は沸かないと反論すると
    「だから行きの車の中で伯父さんの事話してやったのに!」とのお言葉。
    アホくさくて、ウトメがまだいる義親戚宅へUターン、車から蹴り出して置き去りにしてきた。


    それが直接の原因ではないけれど、いろいろな積み重ねを経て、
    現在はシングルマザーで楽しく生きています。

    380 :鬼女日記 2012/11/07(水) 23:20:22 ID:NMzWE1X4
    父の葬式中、嫁が香典奪って逃げた。

    金銭面と距離的に余裕がなく、嫁が絶対嫌だとごねたのもあり、兄夫婦にほとんどの介護任せた。
    だから父の遺産は葬祭費と介護等やって貰った兄夫婦へ って事になってた。

    そうしたら、親戚をつき飛ばして、俺の車で嫁実家に逃げられたわ。
    追いかけて行ったら、兄夫婦だけお金貰えるのズルい。私だって貰う権利がある。だってさ。
    まさかの嫁実家が嫁援護。
    警察沙汰になるって話題になったら、捕まりたくないと全額返済。

    結局、別れたけど、密度濃すぎた1日で修羅場だった。
    3回忌終わったから書いた

    510 :鬼女日記 2016/04/15(金) 15:53:54 0.net
    去年の夏旦那の祖母が亡くなった。かなり暑い日ではあったし
    九十八での大往生だったので、和やかな宴席みたいな葬式だった。
    が葬式でミニスカート(一応黒だが胸もとからチュールで透けるところ多々あり))
    靴が8cmピンヒール(一応黒だがエナメル)でバックがシャネルで金具金色はまずいでしょう。
    しかもその人跡取りの嫁(義兄嫁三十二才)だったんです。

    跡取りと言っても、同居じゃ嫌でしょうとと義両親の計らいで
    便利なとこにある義父の持ち物のマンション住まいで
    義兄もまだ修行中で関連会社勤務。結婚してから一度も義実家へ正月やお盆でも
    顔を出さない人だった。それについて義両親の内心はわからないが
    表立って文句を言ってる風はなかった。

    通夜も義兄だけで義兄嫁は来なかったので、義兄は親戚に言い訳してた。
    具合が悪いとか言っていたよ。
    義兄嫁は葬式にも遅刻して来て、上記の格好だったわけ。
    すでに一般参列者の焼香が始まっていたから、義兄嫁に誰も言えなかったけど
    骨あげの前に義母が義兄捕まえて「嫁を着替えさせるか、できないなら
    二人で帰宅しろ。」と言ったらしいわ。
    着替えも帰るのも拒否した義兄嫁は、最後の精進明けまで居座った。
    何にもしないで飲み食いしただけだけど。

    210 :鬼女日記 2015/06/28(日) 18:34:16 ID:hZl
    参列したお葬式がお祝いムードだったのが衝撃。

    所用で一人で帰省していたとき、遠い親戚でもある近所のおじいさんが亡くなり、お通夜・お葬式に行くことになった。
    100歳過ぎで、私が子供の頃から白髪のおじいさんだったが、声の大きく元気な人だという印象があった。

    親族扱いでの参列ということで少し早めに葬祭殿に行くと、ロビーでウェルカムドリンクにお茶菓子まで頂いた。
    喪主のおじさんが私がいることを見つけると、「よく来てくれた」と頭を下げられ、「食事を手配したから
    残って欲しい」と言われた。偶然帰省していただけだったので恐縮したが、おじさんが是非ともということで
    父とともに残ることになった。
    祭壇とかもすごく立派だったし、たくさんのスタッフがお世話をしていて、
    来た親族はその間ロビーでおじいさんの思い出話に花を咲かせていた。

    お坊さんが到着して喪主のおじさんが迎えたが、その時お坊さんが
    「おめでとうございます」と言ったことに、私は耳を疑った。
    お通夜の後に参列者にお坊さんが法話をするときにも、「故人は誠に良い人生を全うされました。
    めでたい、めでたい」と。聞いている人もウンウン頷いていた。

    終わってからの食事は、お弁当や折詰みたいなものと思っていたら
    披露宴会場みたいなホールで、半分ビュフェ形式のコース料理、お酒も飲み放題だった。
    親戚や近所の人で宴会になっていた。
    「結婚式じゃなくてお葬式だよね?」とちょっと混乱した。

    近所のおばあさんが「香典も出していないのにこんなもてなしを・・・」と恐縮していたら
    喪主のおじさんが、「『葬式では世話になった親戚や近所の人にできるだけのお返しを』という
    親父の意向です。親父は年金から自分の葬式代を積み立てていたのですが、長生きしたので
    思った以上にたまっていたんです。親父からだと思って受け取ってください」と説明していた。

    それで私も少し合点が言った
    酔った父が言うには、自治会では冠婚葬祭での華美なもてなしはしない取り決めがあるが
    喪主さんがそういう意向を父たち自治会役員に告げ、特別に了解を求められたらしい。
    父たちも町内の最長老だし功労者だったからと了解したらしい。

    しかし、家に帰って、帰り際に頂いた紙袋を開けたらもう一つびっくり。

    百貨店の商品券と、紅白饅頭、紅白の砂糖、
    そして紅白のぽち袋に入った500円玉が入っていた。

    長寿の人のお葬式にはこういうふうにする場合もある、と父や旦那から聞いたが、
    私が今まで経験したお葬式のイメージが全然当てはまらないお葬式が衝撃的だった。

    とはいえ、参列した人たちの雰囲気とかをみれば羨ましいものだと思う。
    ちなみに紅白のぽち袋の500円は、長寿のお裾分けという意味があるらしい。

    490:名無しさん@HOME2011/09/21(水) 02:30:52.93 0
    リアルじゃ人間性疑われるのでここで。

    私の母親がなくなったとき、トメが葬式にやってきて
    母は業が深いから早タヒにしたとか、
    闘病してやせ細った母のお棺をあけてせせら笑い
    これで嫁子は帰る家がなくなったとか言った。
    私は弔問客の面前でトメの胸倉掴みあげて
    「お前がタヒねばよかったんだよこの蛆虫。
    いつまで汚い面と精神晒して生きとるんじゃ、ぼけぇ」
    みたいなことを(実際にはこの100倍はひどかったらしい)喚き散らして、
    夫に「この粗大ゴミさっさと回収しろや」とぶちきれた。
    夫が連れてきたわけではなく、トメが勝手に来たのに
    夫には悪いことをした・・・。 
     

    37: 名無しさん@HOME 2016/10/11(火) 19:52:53.13 0
    どうしよう義兄嫁さんがバカだった 
    いま弔問に来たとこ 
    義兄嫁さんの服、黒いは黒いんだけど 
    ネズミー柄の寝間着みたいなヤツ

    慌てて来た感を出すため、らしい 
    不祝儀袋を薄墨で書くのと同じ感覚っぽい 
    「服間違えちゃった~。肌寒~い」って 
    違う、そうじゃない 

    一緒にいるのが恥ずかしくてトイレからカキコ


    このページのトップヘ