945 :鬼女日記 2016/10/30(日) 11:56:30 0.net
20歳の時に留学することになり、出発当日の朝に小学生の時に蒸発した父親がフラっと帰ってきた時がほんとに修羅場だった。

大好きだった父親が、書き置きも連絡もなく突然いなくなり警察からは家出か事件かも分からないと言われ、母親も泣き暮らし
幸い父方の祖父母も私たちに申し訳ないと色々助けてくれ、母親も父親を忘れるかのようにがむしゃらに働き、兄は大学、私は短大まで出ることができた。

母や兄や祖父母の助けてもあり、私もバイトしながらお金を貯めて留学できることになった。

そんな当日の朝に父親が玄関から普通に帰って来た。
母親も兄も祖父母もパニック。

父親は、ちょっとバツが悪そうな顔しながら「お前今から旅行か?そっかそっか」と普通の会話をしてきた。
私もなぜか普通に「いや、旅行じゃなくて留学だよ…」と返事した。
父親は「そっかー!立派になったな!親は無くとも子は育つ!てな!」と笑っていた。

大好きだった父親が無事で生きてた喜びと、急に父親がいなくなった小学3年の9月のフラッシュバックと、今までみんなでしてきた苦労や、悲しみが一気に溢れて
父親に「なんでこんな日に帰って来てんだよ!!バカじゃないの!!あんたのせいで、みんなしなくていい苦労したり、頭下げたりして生きて来たんだよ!!なにヘラヘラ笑って帰って来てんだよ!」
みたいなことを、号泣しながらまくし立てて父親に「ごめんなぁ」とハグされて「時間ないから空港行く…」とそのまま家を出た。

言いたいことや聞きたいことあったけど、結局20分ぐらいしか顔を合わせてないから、あまり話せないまま出発→留学の新生活で頭の中が忙しすぎて現実かどうかも分からないまま新生活がスタートした。
ほんとに修羅場な1日だった。