衝撃

    275 :鬼女日記 2013/10/03(木) 18:46:48 0
    彼氏の実家が農家なんだけど、庭にハチミツをとる箱がおいてある。
    あるとき、ふと庭のほうを見ると、ものすごい量のハチが飛んでて、しかも彼氏の義姉さんがその群れの中に!
    思いっきり叫んで泣きました。「お姉さんが~~お姉さんが~~!」と言いながら彼を呼ぶと、
    お姉さんはハチの群れ(周りが暗くなるくらいいた)の中から洗濯ものをもって現れ
    「ハチって洗濯物にフンするから、あわてて取り込んだの~」とニコニコしながら言われた。
    どうやら新しい女王蜂が仲間を連れて巣を出て行ったそうです。
    全然知らなかったら本当に怖かった。絶対タヒ者が出ると思いました。義姉さんいわく「刺さないわよ~顔見知りだもの」だそうで……。

    979 :鬼女日記 2019/10/31(木) 12:48:15 ID:mQ.zf.L1
    昔から家族(特に母親)から「お前は不細工だから」と
    言われて育てたれた。

    母親は毒親でなく、客観的に見れる親。
    対して父親は「可愛い可愛い」ばかり。

    最初は、名付けだったらしい。
    父親は「こんなに可愛いんだ!!真美と付けよう!!」
    と提案。
    所が母親含めて他の家族どころか親族が
    「この顔で真美!!!とんでもない!!!」ってなり
    無難な名前になった。

    別に母親の不細工発言にも父親の可愛い発言にも慣れて
    「自分は美人じゃないけど普通かな」って育った。
    小学生卒業までは。
    周りのクラスメイトが良い人と太ってるのも有るのに
    殆ど差別とかなくて過ごした。

    中学生になって、一変。
    デブだブスっていじめられる。
    小学生の時に普通にしてた子もそんな感じになる。
    「デブはわかるけど…」ってなってた。

    ある時に小学生の卒業アルバムが届いた。
    どうしても卒業の時に制作が間に合わなくて卒業後になるとのことだったのでそれが届いた。
    懐かしいとパラパラめくってると、ふとすげーブスが居た。
    誰だよ…と思ってよく見ると…自分だった。
    雷打たれた様な衝撃だった。
    「えっ…何このブス。普通どころかデブスやんけ」ってなった。
    よくよく考えれば末っ子だったので、写真は少なめ
    自分の顔も客観的にみたのは初めてだったのかもしれない。

    いじめてる奴らの目は正しい。
    母親正しい
    父親フィルター掛かってる
    ってなった。

    今もブスだけど、なんだかんだ10キロ痩せたのでマシになったと思いたい。

    因みにその後専門に進み就職したんだが
    就職後の保護者面談で担任から
    「中には顔で選んで人事決める時もあるけど、私さんはそういう会社に当たらなくて良かったね」って言われたと
    母親から聞いた。
    やっぱり不細工なんだなあと思った。
    ???

    666 :鬼女日記 2016/10/23(日) 17:19:39 ID:3Gs
    私には身体のある場所にイボ状のほくろが一つあった
    それが嫌だったらしい当時の彼氏は「これさえなければ完璧なのにな~」とよく言っていた
    私自身そのほくろが嫌だったから気持ちはわかるし、それ以外は凄く優しい彼氏だったので付き合いは続いてた
    ある日、彼氏と何気ない話をしていたら突然それをひきちぎられた
    最初びっくりして何が起きたのかわからなかったけどほくろがあった場所から血が出てきて徐々に痛みだし状況を理解した
    彼氏は用意してきたらしい湿潤タイプの傷テープを貼りながら満足そうにしていた
    恐ろしくなった私は手についた血を洗いに行くふりをしてそのまま帰った
    帰ったあと着信とメールがありメールには謝罪と一緒に「本当にほくろが我慢できなかったこと」「ほくろさえなくなれば私が今まで思い描いていた理想の彼女であること」「責任を持って結婚するつもりがあるということ」がつらつら書いてあった
    正直いって人生で一番恐ろしい経験だったので震えながらメアドを変えて着信拒否をして二度と会わなかった

    576 :鬼女日記 2013/12/04(水) 01:51:48 0
    しょぼいけど。大阪へ転勤になって車で新しい家に行く時の話
    初めての町&下町のごちゃごちゃした道で助手席の嫁が地図を読み、
    俺が運転してた。因みにオンボロだからナビはない。
    目的地は近くなんだが曲がる角がわからない。
    かなりゆっくりした速度で運転してたら遮断機で足止めされた。

    で、ふとバックミラーを見たら後ろにはいかにもなデコトラが。
    そしてそこに乗っているパンチパーマで色付き眼鏡の
    オッチャンがバタンッと勢いよくドアを開けて降りて
    肩で風切り一歩一歩こちらの車に近づいてくる。
    あ、やべえ杀殳られる。と瞬間的に悟った。
    ヤバイ。後部座席にはよだれ垂らして寝てる可愛い我が子が!
    助手席には愛しの嫁が!守らねば!っつーか平身低頭謝らねばっ!
    と、頭ん中でパニックになってたら睨み効かされつつ
    ウインドウをコンコンッと叩かれた。

    覚悟を決めるしかないとウインドウをさげた次の瞬間
    『自分どこいきたいん?まよっとるんやろ?』
    …怒られなかった。
    「あ、えっとここなんですが」
    と、地図を指差すと、事細かに場所を
    教えてくれた。
    「ここはじめてか?わかりずらいやろ~!
    ほなきぃつけてや」
    と言ってトラックに戻っていった。
    人は見かけによらんと感動したけど
    トラックからこっちに向かってくるのを見たときは
    脳内妄想修羅場だった。あと嫁と自分も心臓ばくばくで
    結局オッチャンの説明覚えてなくその後長いこと迷ったのもプチ修羅場。
    大阪離れるから記念カキコ

    258 :鬼女日記 2014/10/30(木) 18:08:57 ID:YE12ucO2L
    彼からプロポーズされて彼実家にご挨拶に行った時彼父に「本当にこいつでいいのかい?」と何度も何度も確認され、あまりにも確認するので彼が怒って「いったいなんだよ!?親父は結婚に反対なのかよ!?」ときれた。
    彼母がちょっと落ち着きなさい!と彼をなだめるために外にタバコを吸いに出した。
    母「お父さんもあんな言い方したら彼男も怒るわよ~。私ちゃんびっくりさせてごめんね?
    あの子私ちゃんに言ってないみたいだから私が言うんだけど。
    あのね私ちゃん。実はあの子、ピンポイントフィックスやってるの。
    つまりハゲかかってるの。
    お父さんもやってるんだけどね。
    私ちゃんハゲでも大丈夫?
    ハゲに嫌悪を抱かない?
    ハゲでもずっと愛してくれる?
    私が言うのはあれだけど、お父さんもあの子もハゲかかってるけどすごく優しい人間よ。
    ハゲかかってるけど卑屈でもないし。
    まぁ、料理に海藻系を多めに出してって毎日注文されるのと、一晩で枕に髪の毛が信じられない量付いてるのが面倒と言えば面倒だけど。
    今はまだハゲかかってるレベルだけど将来的にはたぶんツルツルになると思うの。
    お父さんのおじいちゃんがすごく綺麗にツルツルだからね。
    それでも一緒に生活していける?
    毎日頭を見ることになるのよ?」
    と真剣な眼差しで聞かれた。
    私は即答で問題ないです!父もハゲてるので耐性.あります!と答えて結婚の許しを貰えた。
    彼父は彼母が喋ってる合間合間で「そんなにハゲハゲ言わなくても…」と涙目だった。

    997 :鬼女日記 2018/09/29(土) 00:34:32 ID:PeD
    埋めがてら、ある意味「閲覧注意」。

    我が家は築30年を超えるぼろマンション。
    子供も巣立ったし、あとは還暦を迎えた夫&私だけだから、
    夫婦高齢化に備えて、
    室内の段差解消と、手すりを取り付けるバリアフリー工事を含めて
    全面リフォームをした。

    新居(じゃないけど、気分は)での初めての夜。
    どこもかしこも新品ピカピカ、
    家具の配置なども終わって、じゃ、お風呂に入るかとなって。
    なにしろ新品、ピカピカ輝く本当の一番風呂!
    まずいそいそと服を脱いだ夫が、浴室に一歩入って、
    「う?」とかすかに変な声を出した。
    どうしたのと声をかけようとしたが、普通に水音がし始めたので
    ちょいと足でも滑らせただけかと放っておいた。

    夫が出た後、私が入った。
    浴室に一歩入った途端、私も「うっ」と変な声を出してしまった。

    リフォーム前は、浴室には、胸から上しか映らない、小さい鏡しかなかった。
    洗面所も同様。
    全身の映る「姿見」は寝室にしかなく、それは外出前の身だしなみチェック用。
    つまりこれまで、自分の一糸まとわぬ全身を見たことがなかった。
    旅館とか温泉とかで大きな鏡があるところもあるけど、
    そんなところで自分のヌードをしげしげと見ないし。
    続く。

    209 :鬼女日記 2019/10/28(月) 15:57:41 ID:a3.cc.L1
    傍観者でしかなかったんだけど、なかなか強烈な状況に出くわしたので聞いて欲しい。
    俺は地方の人間で、都会で流行ってるものが2、3周遅れて流行り出すようなとこに住んでいる。
    で、今年の夏の終わり頃になって最寄りの駅前に専門のタピオカドリンクのお店が出来た。
    若い女の子からおばあちゃん世代までお店は連日賑わっていて、すごいなーと思いながらお店の前を通りすぎる日々だった。
    先日、若い女の子2人組が駅外に設置されているベンチに座って、タピオカドリンクを手にストローを咥えるポーズで写真をとって盛りあがっていた。
    そこまでならよく見る光景だったが、2人は写真を撮り終わると、ベンチにドリンクを放置してスタコラ駅に向かっていったのだ。
    タチ悪いなと思って見ていると、「ちょっとちょっと!」と去ろうとする2人に声をかける1人のおじさん。
    え、なに?みたいな嫌な物を見る目をおじさんに向ける2人におじさんが「君たち、これ、ゴミだよね?」とドリンクを指す。
    2人は「あぁそーそー」「ゴミだねー」とヘラヘラ馬鹿にするように答えた。
    するとおじさんが「そっか。じゃあ捨てとくからね」と笑顔でそれを手に取り、彼女たちが口をつけたストローを咥えて、ズゾゾゾゾゾとめっちゃ音だして吸い込んだ。
    俺も一瞬何をしてるのか分からなくて声が出そうになってしまったが、女2人は少し固まった後、え、やだやだ、キモい、怖いとビビりながら逃げて行った。
    その間もおじさんは「結構腹にたまるなー」と1つ飲み終わった容器をゴミ箱に捨て、もう1つはお持ち帰りしていった。
    色々と神経の分からん行動ではあったが、ゴミをちゃんと捨てていくだけあの2人よりはマシなんだろうなと思う事にした。

    529 :鬼女日記 2008/06/25(水) 23:15:10 ID:qSH/iwYF0
    トメの人間性.を明確に物語る小さい事件が昔あった。
    普段遠く離れて暮らしていると、電話応対だけは常識人な
    トメについ「まあ近居ぐらいなら」と甘くなってしまう
    自分を戒めるためにいつもこの事件を思い出すことにしてる。
    自営であるウトメの会社に雇われていた青年がいた。
    私たちの子供が生まれた時に出産祝いをくれたり、
    性.格の難しいウトメに人権無視のような少ないお給料で
    毎日付き合ってくれているという申し訳なさと感謝を込めて
    クール宅急便でこちらの地元の銘菓を送った。
    (もちろん内祝いは別にちゃんとした)
    住所をトメに聞いたが「会社に送ってくれれば本人に渡す」
    と言うのでうかつにもウトメの会社に送ってしまった。
    後日トメが「あのお菓子、お客さんに出したから。
    あ、でも残った二つだけ○君(従業員)にちゃんと嫁から
    だって言って渡しておいたから」と電話で報告してきた。
    ○君には「これ嫁から」とたった二つのお菓子をラップに
    くるんで渡したらしい。ちゃんと、
    「嫁はあなたに箱ごと送ってきたけど、お客さんが来たので
    私がお客様に出しちゃったわ。残り二つになっちゃったけど
    ごめんなさい」て言えよ!!!!
    お前(トメ)に贈ったんじゃないんだよ!横領するなよ!
    嫁に非常識の罪をなすりつけるなよ!!
    つづく

    103 :鬼女日記 2016/10/13(木) 21:33:20 ID:zOx
    今日の笑えた衝撃体験


    勤務先の事務員(28)が「いちよう」「そうゆう」を文章で使う子だった
    この会社に来るまで事務経験がなかったから、多少はしかたないと思う
    見かけるたびにそれとなく指摘したら、最近「一応」「そういう」に統一されてきたのでほっとしていた

    が、今日、彼女にPCの調子が悪いと言われて、彼女の帰社後に調子が悪いところ(漢字変換)を直そうと見てみたら
    単語帳に「一応」が登録されてて、その読み方が「いちよう」だった

    もしかして、それが正しい読み方だと思ってるのか・・・!!
    私(29)もゆとりだけど、さすがにびっくりした

    278 :鬼女日記 2009/08/22(土) 01:38:29
    流れぶった切ってスマソ

    夏コミ落ちたし法事あるし、お盆休み田舎に帰って田んぼのあぜ道散歩してたんですよ。
    そしたらあぜ道の途中にもこもこ動くピンポン玉大の毛玉が。
    これが噂のケサランパサラン?とか思って顔を近付けたら…

    くるっとふりかえったそいつと目が合ったんです。

    黒くつぶらな瞳で一瞬こっちを見つめた後、ちゅいーっ!と悲鳴を上げて稲の影に駆け
    込んでいってしまいました。


    毛玉の正体は野ねずみのケツでしたw
    写メ取る暇がなかったのがすごく残念…
    田舎育ちとはいえ実物を目にしたのは初めてで、思い切りなごみました。
    しかし田んぼには水が張ってあったんですが、野ねずみって泳げるんですかね…?

    このページのトップヘ