衝撃

    42 :鬼女日記 2008/12/22(月) 11:36:35 ID:gC0xXIuk
    ちょっと長いし暴カ的なんですけどすみません。
    金曜日、バイト先から家に帰る途中で見た光景です。

    274 :鬼女日記 2016/08/18(木) 04:40:46 ID:0QjNNbKK.net
    学生時代からトラブルを起こす、女は取っ替え引っ替え、卒業後も定職にも就かずぶらぶらしてた弟が、地元では相当有名な公衆便所とあだ名のつくようなDQNと結婚した
    正直すぐ離婚だろうだと思ってたが、数年後久々に再会したら見事なまでにまともになってた
    弟は正社員になり髪も短く、言葉を知らないことはあっても言葉使いはまとも、物凄い数つけてたピアスも外し猫背が直ってた
    弟嫁は結婚の挨拶にジャージとサンダルで来てたのが、今回はジーンズにTシャツを着て出迎えられ「こんな格好でごめんなさい」
    いつの間にか産まれてた子供には意味も字も綺麗な名前をつけ、まだ3歳なのに自分の名前が漢字で書ける子供は今そろばんに興味津々らしい
    弟は「俺そろばんなんてマラカスにして遊んだことしかないからやり方覚えなきゃ」と言っている

    失礼ながら頭の中で「マイマイがプラって習ったよなぁ」と思ってしまった
    それくらい衝撃的だった

    803 :鬼女日記 2015/08/05(水) 22:57:09 ID:OM8
    人がファンからアンチ、最終的に狂人と化す様を見聞きしたのが衝撃的だった。

    私と大学以来の友人Aは共に読書が趣味で、在学中から好きな小説について語り合ったり、
    お勧めのものを貸し合ったりしていた。卒業後も月2回以上は会う仲だった。

    あるとき、私たちはとある女忄生作家の作品と出会った。
    その作家の作品は少々癖があり、好き嫌いが分かれるのだけど、私とAはどんどんはまっていった。
    作中には複雑な事情を抱えた一癖も二癖もあるキャラクターが数多く登場するのだけれど
    自身も家族関係で苦労してきたというAは
    「この感覚が分かる人ってなかなかいないと思う。彼女は本物だ」と感動しきりだった。

    お互いに社会人となって数年たったあるとき、地元でその作家のサイン会が行われることになった。
    勿論喜び勇んで半狂乱で会場へと向かう私とA。
    本や雑誌の対談等で写真で見ることはあっても生で彼女を見たことは一度もなかった。

    740 :鬼女日記 2011/12/19(月) 13:39:59 0
    スレの趣旨とちょっと違うかもですが、兄がロミオだった話。

    兄は学生時代から長~く付き合ってた彼女がいたんだけど、結婚話が出るたびグズグズ先延ばし。
    あげくに二股、浮氣相手に子どもができて、そちらに押し切られて結婚した。
    そして結婚後も、元カノに年賀状を出し続けてきた。
    その文面が、「元気か?独りで寂しい思いをしているんじゃないかと心配している」
    とか、「君が幸せになってくれないと、俺も幸せになれない。何かあったら遠慮なく連絡してくれ」とか
    それって彼女にも奥さんにも失礼じゃないの?という内容
    (私は毎年家族中の年賀状の宛名印刷を押し付けられていたので、つい文面を読んでしまった)

    でも兄は、「返事はこないけど、受け取ってはいるんだから、嫌がってはいない。
    1年に1度だけでも繋がりを持つのは、彼女のためなんだ」と言って聞かなかった

    100 :鬼女日記 2014/10/16(木) 00:11:54 ID:5xnx0zZ86
    勤務先に来た新入社員さんにマジで衝撃を受けた

    私は普通の企業の営業所の事務員
    仕事はそこそこ忙しいけど、
    忙杀殳されたりサービス残業したりもなく
    ヒマでボーっとする時間はないけど、残業も大してない
    申請すれば有休も普通に取れる
    要は、人手不足の状態にない職場

    先月末所長に呼び出され
    「10月から新入社員さんが入るから、事務のアシスタントにして」と

    事務員一人で、他は男忄生の営業マン
    事務の仕事は私一人で問題なくこなしてるのは所長も知ってるのに
    「簡単に言うと、押しつけられた」らしい

    その社員さんは30代後半くらい
    役員の誰かの遠縁の親戚の人で、
    雇わなければならない会社側の大人の事情で入社するとのこと

    そして10/1 出社しなかった
    翌日も、その翌日も来なかった
    理由は体調不良

    そして土日が開けて10/6に初出社してきた
    地味で暗そうな女忄生だった

    317 :鬼女日記 2020/12/16(水) 03:43:46 ID:hYlTWIYL.net
    職場の30代男忄生が突然会社に来なくなった
    何度連絡しても連絡がつかず「無断退職かな?」って流れになってたら
    約1週間後普通に出勤してきて衝撃

    もちろん上司や社長に詰められるんだけど
    「体調が悪くて、寝て起きたら1週間ほど経ってた」と言うw
    「診断書は?」と聞くと
    「一週間家で眠り続けてたので、病院に行ってないしあるはずがない」
    「保険証も紛失中なので病院には行きませんでした」
    あまりのぶっ飛んだ言い訳に一同、え、え、え、え、え???って反応だったw
    ツッコミどころ満載すぎて、逆に突っ込みづれぇわwって上司も言ってた

    連続無断欠勤なので本来はクビだけど、今回だけは信じますと、そのまま勤務継続になったのも衝撃

    1年もしない内にまた数日間無断欠勤し、今度は「ヤ𠂊ザに命狙われてて逃げてた」とか言い出したのも衝撃
    さすがにクビになったw

    397 :鬼女日記 2012/03/28(水) 09:09:40 ID:f2swbP2cO
    婚約者とられました。
    付き合って4年、婚約して、お互いの親に挨拶して、お互いの親戚達とも交流してた。
    新居のこと、将来のこと、いずれ彼氏の親と同居することとかも話し合ってた。
    本当にあとは「結婚するだけ」だった。
    彼氏は若くしてとんとん拍子に出世していくし、周りが皆祝福してくれてて、すごく幸せだった。

    なのに、ある日突然「他に好きな人ができた、別れてほしい」って…。
    信じられなくて、ショックでショックで、泣きながら色んなことを聞いた。

    浮氣したの?→違う
    ずっと隠してたの?→気持ちは隠してた
    二股だったの?→違う
    もう付き合ってるの?→付き合ってない
    もう体の関係あるの?→そんなふしだらな事はしない!

    意味がわからないと思って「その人と付き合えそうだから別れるの?」って聞いたら、
    「そんなんじゃない、ただの俺の片思いなんだ、叶わないのは俺が一番わかってる」
    「ただ俺がその人のことを好きになりすぎただけなんだ」
    もう目眩がしました。

    904 :鬼女日記 2013/08/06(火) 22:22:47 0
    姉が家族と血のつながりが無かった

    4歳上の姉は、未熟児で生まれて生後しばらくは保育器で過ごしていた
    でも今では元気で、結婚して子供も3人産んでママさんバレーを頑張っている
    姉は母親似で、母とに同じ眉の端に黒子がある
    私は完全に父親似で、こめかみに父と同じ位置につむじがある、おかげでどんなにスタイリングしても常に7:3になる
    のんびりした父と私と、せっかちでサバサバした母と姉で仲の良い家族だったと思う

    ある日、弁護士を名乗る男忄生から電話があった
    姉の実の両親が姉に会いたがっているという
    温厚な父が、電話口で押し問答した挙句にとうとう電話を叩き切った
    漏れ聞こえてきた内容から推測すると産院で取り違えがあったらしい
    母も私も呆然としていたし、父は無言で寝室に篭ってしまった
    数日後、弁護士と名乗る男忄生が家に来た
    相手家族のDNA鑑定書?を持参していて、姉と家族の親子鑑定をさせて欲しいと言う話だった
    ちなみに、うちは家族四人全員A型
    この時点で、まだ結婚して家を出た姉には何も知らせていなかった 
    母がずっと泣きどおしだったが、相手の鑑定書の子供の名前を見た瞬間
    泣き止んで「この子はどんな子ですか?今何をしていますか?」と聞いた
    変な話だけど、その時初めて私も、血の繋がった「姉」がもう一人いるんだと気がついた
    姉も自分にとっては本当の姉だけど、この「姉」も自分の姉なんだ!みたいに頭に衝撃が走った
    弁護士さんは即答せずに、言葉を濁していたので
    なんとなく、「姉」が自分たち家族を拒否しているのかな?と思ってお腹の中がヒヤッと重くなった

    父は長いこと黙っていたが、「あの子も大人なので、どうするか自分で判断する権利がある」と姉を電話で呼んだ
    姉は話を聞いて、真っ白な顔でひたすらまばたきを繰り返して、ちょっと怖かったが
    「今更親子じゃないと言われても、両親は両親だし、そちらのご夫婦を親と思うのは難しい
    会わない方がお互いの為だと思う」と言った
    ただ、姉の子が遺伝子病の一種にかかっており、実両親の既往症などは知っておきたい、と言い鑑定を受けることになった
    ちなみにこの時点で、姉が本当に取り違えられた子かどうかは分かっていなかった
    同じ時期に産院にいて、取り違えられた可能忄生のある子供の一人だった

    1 :鬼女日記 2019/06/05(水) 01:49:06 ID:MV9DOq170.net
    なんであんなにイライラしてたんだってレベルで落ち着いてる

    381 :鬼女日記 2015/05/03(日) 00:24:43 ID:4CbSBH7s.net
    弟はすごい馬鹿(勉強ができない系)なんだけど、その弟が高校で勉強の特待クラスだったと後々知ったときが衝撃的だった。

    弟の具体的な馬鹿さは、テレビのクイズ番組で「ヨーロッパは国か?」という問題がでたとき、「国だよね?」と聞くレベルです。
    弟は勉強はそんな感じなんだけど、スポーツが信じられない位できて、スポーツが盛んな高校にスポーツ推薦で入った。
    その高校はそんな感じで入学してきたスポーツだけ人間ばかりだったようで、弟はその中では特待クラスに入ることができた。
    この馬鹿な弟が特待っていうのが本当信じられなかったんだけど、テストの様子を聞いて納得した。

    定期テストの内容一例(高校のテストです)
    アルファベットの大文字と小文字を書く。これのみ。

    しかも、これすらも彼らには難しいので、先生が無言で黒板にテストの解答を書いてしまう。
    つまり、黒板の文字を写せば100点。
    しかし、ここまでしても、問題の順番を間違える人はいるらしい。

    とにかく衝撃でした。
    ちなみに、ほとんどの人が授業中寝てるので、起きてるだけで良い評価もらえるそうです。

    このページのトップヘ