衝撃の展開

    737 :鬼女日記 2013/10/09(水) 00:42:18 0
    同性.愛が嫌いな人はスルー推奨。
    ちなみに、兄の修羅場メイン。

    俺の兄は変隊だ。そしてゲ/イだ。察した人も居るかと思うが、俺が高校の時に兄に強カンをされた。
    電話で兄の上司に助けてもらって、未遂で終わった。
    この後、上司が兄替わりとなり助けてくれるようになった。
    俺の両親は、兄を抑える係りだ。

    で、そんな兄が結婚すると聞いて海外に飛ぶのかと喜んだ。
    でも、相手は女だった。しかもきゃりーちゃん似の美人。

    いらっときた彼女居ない2人組み(俺と上司)は、兄の交友関係を調べる。
    すると、兄には彼女(オカマ)が居た。
    彼女ときゃりーちゃんと兄貴と俺の両親ときゃりーちゃんの両親を呼んで話し合い。
    彼女が別れると言うと、兄拒絶。兄が「結婚をしないと社会的に駄目だったから……」と発言。
    彼女マジ切れ。「そんな理由で、こんなに可愛い子を巻き込むなんてアンタ最低!!」と怒鳴る。
    きゃりーちゃんが「結婚したとして、彼女さん浮気状態なんだよね。可哀想と思わなかったの?」ときゃりーちゃん援護。
    結局、兄はきゃりーちゃんと彼女に慰謝料を支払う事に。

    その後爆笑する出来事があったりと、この後は平和になったよ。

    456 :鬼女日記 2015/04/26(日) 17:57:12 .net
    気団行けと言われたので、スレ立てるほどでないかどうかわからないけど。
    ちょっと相談。
    離婚考えた方がいいのか悩んでます。

    2年ほど前、嫁がプリ。間は義弟(嫁とは完全に血縁)
    俺も嫁もパ○ドラにハマってて、ちょうど俺が嫁のリーダーほしかったから許可取って携帯使った時に義弟からのLINEで発覚。
    表現も直接的じゃなかったしLINEの通知(泥の上のバーに出るやつ)だけを一瞬見ただけなので、確証がなかった。
    だから興信所に依頼して証拠集め。その週末に義弟と施設に入るところを押さえたと連絡があったが、もうちょっと証拠がほしいと粘ることに。
    俺はそんな状況で普段と同じにいられるか心配しながら仕事後帰宅したら、嫁がリビングで正座して待ってた。
    何も言わずに何があったか聞くとその日のことゲロった。
    その時が始めての行為で、お互いブラコン・シスコンの要素はあったけど仲がいいだけで一線は守ってた。
    でもその日押し切られてやったけど、やっぱり嫁も義弟も申し訳ない気持ちになったから謝罪したい、二度とそういうことはしないと。

    興信所がバレたか?とか色々考えたけど、義弟と嫁と俺の3人で後日集まって話し合い、結局誓約書を書かせて3人の胸の内にしまうことにした。
    誓約書の内容は
    ・金輪際、嫁と義弟の2人だけで会わない(義両親、俺、俺妹のいずれかが一緒にいる時にしか会わない)
    ・義弟は1ヶ月以内に嫁実家を出て、自宅から30km以上遠くで1人暮らしする(この時点で働き始めた直後で、夏頃に隣県に引っ越し予定だった時期を早めさせた)
    ・自宅車は俺が同乗してる時以外嫁は運転しない(施設に行くのに自宅車を使ってた)
    ・嫁携帯を俺が見ても何も文句を付けない。ロックなどで見れない時は聞いたら絶対に答える。
    ・守られなかった場合、義両親に報告して離婚する。
    このくらい。

    479 :鬼女日記 2007/10/03(水) 20:57:51
    506 名前:おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日:2007/10/03(水) 17:11:59 ID:ETungP1b
    先週の週末に嫁の実家へ泊まりに行った。 
    義理の両親は離婚してて、今は義理父が一人暮らしをしている。
    二階の嫁が独身時代に住んでた部屋で寝ることにした俺達。
    夜中にトイレに起きたんだが、義理父の寝室からアエギ声が洩れ聞こえてきた。
    え!エ□ビデオでも観てるのかと驚きながら、義理父の部屋の前へ行き聞いてたら
    どうやら誰かとマジセ○クスの最中!!
    何?義理父の恋人でも連れ込んでるのかよーと思い更に聞いてたら
    二階から嫁が起きてきてしまった。
    慌てて戻ろうとしたが嫁に阻止され、決局は嫁も事情を理解したらしく聞きやがる。
    すると、嫁が小さい声で「あ!お母さんじゃん」
    何と離婚した筈の元夫婦でセ○クスしていた義理父&母。
    怒りに満ちた嫁が襖を開けてしまったから大変な光景が。
    テレビの光に浮かぶ義理両親の営み現場
    義理母が上になった状態で止まってる。

    その後は大変な修羅場でした。
     

    このページのトップヘ