衝撃

    818 :鬼女日記 2018/02/13(火) 06:50:37 0.net
    記憶が曖昧なんだけど、幼稚園ぐらいの頃に夜中に目がさめると両親がケンカしてて母親が泣いていた。
    父親の隣には見たことないツンとした若い女の人がいて、幼心に「お客さんの前でお母さんが泣くなんてただゴトではない!」と思いリビングに乱入した。

    母親は泣き続け、父親はビックリしてあたふたしてたけど、女はチラッと私を見ただけでまたツンと横を向いた。
    「お母さんが泣いてるのはコイツが原因だ!」と思ってその女に「こんばんは!◯◯です!」と元気よく笑顔で挨拶した。
    その女は「あー」と言ってまたツンと横を向き、父親が慌てて「お父さんの友達のランちゃん(みたいな名前)だよ!よろしくね!」と言ってきた。
    当時私は子役時代の安達祐実に似てていつも「かわいい!」「安達祐実ちゃんみたい!」とどこに言っても言われていて自分の容姿にかなり自信があり、そのツンとした女は私の幼稚園の担任に比べたら厚化粧で全然可愛くなかった。
    なので「お姉さん、人の家に来たらちゃんとご挨拶しないとダメなんだよ!」とか「お姉さんの目はなんでそんなに黒く塗りつぶしてるの(ぶっといアイライン)?私はお目めパッチリだからそんなことしないよ!」とか
    「髪の毛がタワシみたい!私の髪の毛サラサラでしょ!」とか叔父が確かバリ島のお土産でくれた木彫りの人形を指差して「◯◯叔父ちゃんがくれた外国のお人形に似てるね!ホラ、あのテレビの横に置いてるヤツ!私はリカちゃん人形に似てるって言われるよ!」と
    父親が止めるのも聞かず懐くフリをしてソファーの隣に座り女の容姿下げ自分の容姿上げで話しかけ続けた。
    そしたらその女は「なんなのこのガキ!!ケンカ売ってるの?!」みたいに父親にキレ出したが、私は半べそで「お父さーん、このお姉さん怖い~」と泣きついて父親が私を庇うような姿勢だったのが気に入らなかったみたいで女は怒って出て行ってしまった。
    父親は途中まで追いかけたみたいだけど、すぐ戻ってきて「さぁ、もう遅いし寝ようか!」と言った所ぐらいまで思い出したが、その後のことはまったく思い出せない。

    この事はずーーっと忘れてて、私の子供が幼稚園に入った去年、フラッシュバックするように思い出した時が修羅場だった。
    セリフは曖昧だけど、だいたいこんな感じの事を言ったかな程度です。
    後、今は安達祐実に似ても似つかないのも修羅場です。

    883 :鬼女日記 2015/08/17(月) 16:59:02 ID:xLJ
    色基地の話題で思い出したんだけど、初めて婚約者(現旦那)を実家に連れて
    行ったとき。
    父と旦那が酒飲み過ぎて、急きょ実家に一泊した。
    旦那はコミュ能力高い人で、初対面の両親や姉とも楽しそうにドンドン会話してくれて、
    みんな笑顔絶えず、いい顔合わせが出来たなーと思ってた。

    でも実家から戻った数日後、「言わないでおこうかなと思ったけど、やっぱり何かあった時のために
    一応君に言った方がいいと思って」と切り出されたのが、

    両親が寝ちゃってから私が一番最後の風呂入ってる時、姉から
    「あなたが好きになった。妹より私を選んでほしい。今ならまだ間に合う」みたいなことを言われて、
    突然姉が脱ぎだしたと。
    旦那は「そんなつもりはない、どうか妹さんとの結婚を応援してほしい」と説得して、近所のコンビニに
    逃げたとのこと。
    その日私が風呂あがった時は、姉はもう部屋に戻ってたし、旦那は「酔い覚ましにコーラ買ってきた」と
    ずぶ濡れ(その日は小雨だった)でコーラ飲んでて、「風呂入り直したら?」と笑って言った覚えがあった。

    その話を聞いた後姉に電話して問い詰めたら、「良い人だと思った。運命だと思った。あんたは若いしまた次が見つかるかもしれない
    し、私はあの人がいいので譲ってほしい。私の方が似合うはず」と言われ、結局実家で家族会議となった。

    両親も初めは信じなかったが、姉がサラサラ自供するので驚いてた。
    家族の知る姉は、いい学校出て国家公務員になりバリキャリの自慢の姉で、色基地ではなかった。今までもそんなことはなかった。
    でも本人曰く何度か初対面の男性や既婚者と寝たり、性的に野放図なことはたまにやってたとのことだった。

    両親の前で私は姉に縁切りを言い渡して、両親も実家から出て行くよう姉に言い渡しその後実家を出て行った。
    夫には親と一緒に馬鹿な姉のことを詫び倒し、婚約を白紙にするかという申し出を夫が断ってくれて結婚した。

    今でも夫婦間では姉の話題は一切出ない。少なくとも私は出せない。
    昔から姉は私よりずっと賢くて、たくさん塾行って、いい学校出て、地元でも有名な自慢の姉だった。私なりに姉が好きだった。
    姉は話し合いの中で、「散々私を勉強漬けにして、青春時代楽しいことなんて何にもなかった。いつも誰かに勝てって言われて。女の楽しみ
    なんて捨てなきゃいけなかった。誰も私のことを女と見ないし優しくもしてくれない。私の人生なんだったの」と泣いてた。

    でも記憶にある姉はいつも自分で進んで塾選びして行きたがって、両親は仕事詰めまくって学費捻出してた。私は実家で部活しないで家事してた。
    何が本当なのかわからないが、姉に同情すべきなのかわからないが、何にせよクソであることだけは燦然とした事実なのでもう思い出さないことにしてる。
    姉のことをキッカケに父はうつ病になり、母から帰省してもアレだからと言われ、幼児2人いるのにあまり実家には帰ってない。

    523 :鬼女日記 2014/01/30(木) 21:21:56 0
    あの日のことは忘れない。梅雨明け間近の6月後半のことだった

    仕事が終わり愛する妻の待つ自宅マンションへと車を走らせる。
    雨雲が垂れ込め外は雷雨。帰宅ラッシュが重なり道は混雑気味。
    雷か・・・梅雨明けが近いな。これからもっと暑くなる。と、思いながら
    エアコンの設定温度を下げBGMを流し気を紛らわせる。
    そしてやっと混雑を脱し自宅マンションへと着く。
    駐車場に車を停め共用廊下へと走るがそれだけでびしょ濡れになった。

    そして自宅玄関に着き鍵を開け中へ入る。「ただいま。」・・・しかし何の返事も無い。
    いつもならリビングかキッチンから「おかえりなさい。」と元気の良い返事が帰ってくる筈だ。
    「〇〇?」妻の名を呼びかけて見るが返答が無い。妻の車は駐車場に停まっていたはずだ。
    明かりも点いている。
    胸騒ぎを感じた。神経を尖らせ耳を澄ませてみるが何も聞こえない。
    一際大きな雷鳴で不安が増幅される。俺は勇気を出してゆっくりとリビングへと向かった。
    そしてリビングを恐る恐る覗き込む。
    妻が硬い表情でフローリングの上で座布団も敷かずに正座をしていた。
    非日常的な光景を目の当たりにして俺は頭が真っ白になった。
    そして妻と目が合った。

    続きます。

    129 :鬼女日記 2016/09/13(火) 16:25:23 ID:TX1
    大型ショッピングセンターで2歳と0歳の子と歩いてたら2歳子が突然嘔吐。
    咄嗟に私が手で受けたけど受けきれず、廊下に吐しゃ物が少し落ちてしまった。
    両手で受けちゃったから私身動き出来ず、0歳子はベビーカーでギャン泣き。
    廊下だったから店員にも気づかれないし、通りかかった若いカップルから「臭い」「汚い」と言われ、年配の方も顔をしかめたりするだけでスルー。
    2歳子もそんな周りの反応を察したのかギャン泣きし始めた。
    トイレに連れて行こうとしたけど2歳子は私にくっついて動かず、情けないが私もパニックで泣きそうに。
    そしたら25、6くらいの若いカップルが「大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。
    女の子はすぐに自分の買い物袋から買ったものを自分のカバンに詰めて、袋を広げながらこれに吐しゃ物入れて下さいと言ってくれた。
    そしてお手拭ティッシュかおしりふきはありますかと言われ、私に手を拭くように渡してくれて、更に2歳子に「大丈夫だよ、びっくりしたね」と話しかけながらお手拭用のティッシュで顔や服を拭いてくれてた。
    男の子の方が店員を呼んでくれて床の片をしてくれる様にお願いしてくれて、更にトイレまで付いてきてくれた。
    男の子はトレイまでベビーカーを押してくれて、女の子は2歳子に色々話しかけて泣きやませてくれた。
    トイレでも泣いてる0歳子を抱っこしてくれたり、2歳子の嘔吐付き服を嫌な顔一つせず脱がしてくれた。
    私なら他人の子の嘔吐物なんて近づくのも嫌だから、申し訳なくて女の子に謝り倒すと「私保育士なんで慣れてますし、全然気にしないでください」とニコニコ。
    何かお礼をと思い名前や連絡先を聞いても教えてくれないし、せめてケーキでも買って渡そうとしても頑として断られた。
    もし自分が独身時代にこんな状況に出くわしていたらどうしただろう、きっとスルーするな。
    例え自分が保育士でも業務外にわざわざ他人のお世話しないと思う。
    こんなに親切な人もいるものか、と衝撃を受けた。
    妊娠したり子育てしてると、今まで気づけなかった他人の優しさに触れて衝撃を受けることが増えた。

    170 :鬼女日記 2016/07/22(金) 18:23:15 ID:NyF
    弟が結婚したらDV野郎になった。
    嫁さんが鼻血垂れ流しながら隣の部屋の住人に助けを求めて、
    警察沙汰になって発覚した。

    我が家一同と、弟嫁家族一同で話し合いが持たれた。
    弟は「女は感情的で話にならないから、躾けてやってるんだ」
    とDV野郎のマニュアルでもあるんか?って位
    典型的な台詞を吐いてドヤっていた。
    弟嫁両親は血管切れそうな顔をしていた。
    両親が止めても弟はドヤり続けた。
    うちの祖母が中座し、
    「男は論理的、女は感情的」と弟が気持ちよく演説していると戻ってきた。

    祖母が出してきたのは弟の小中学校の通知書だった。
    備考欄に書かれている担任の言葉は
    「落ち着きがない」「忘れ物が多い」「読み書きに遅れがある」
    「忘れ物が多い」「集中力に欠ける」「じっとしていられない」
    「九九を覚えましょう」「「忘れ物が多い」
    とクソミソだった。

    祖母「あんたが論理的だったことなんて、これまでの人生でいっぺんもない」

    弟は黙った。
    特に小6の時点での「読み書きに遅れがある」が効いたようだ。
    弟は黙ったが、弟嫁は離婚した。
    終わり。

    768 :鬼女日記 2015/11/19(木) 23:18:03 ID:nkT
    会社の女上司となんどか食事に行ったり遊びに行っていて、
    ディズニーランドでプロポーズされた
    それまで友達感覚で付き合っていたし彼女がいたんで丁寧に断ると落ち込んではいたがトラブルもなく諦めてくれた
    それからは食事に行く回数は減ったけど普段と変わりなく仕事をしてたから立ち直ったんだなと思ってたら半年ほど立って事件発生
    取引先から発注してたものが届かないというクレームが入った
    現場が対応したり確認しているとそして女上司が一言
    「ヒャッハハハハ!これでお前たちは終わりだー!」
    そう言いながら窓を開けで飛び出していった
    呆然とするしかなかった
    幸い命は助かったようだが完全にイカれてて会社をクビにされてしまう
    よくよく調べてみると、女上司が俺たちすべての仕事を無かったことにしてた
    発注はして無かったことになったりもう滅茶苦茶
    用意するのに数ヶ月かかるシナモノも発注してないことになっていたので1、2年先まで影響が出ることがわかった
    取引先からは激怒の抗議、俺達はひたすら頭を下げに回った
    女上司のプロポーズについては黙っていたので言及されなかったが、中が良かったことは知れ渡ってたので会社の調査で何度も聞かれた
    が上司の名誉のためにもプロポーズされたことは黙っていた
    結局取引先は2社潰れ、10社近くが買収されたり吸収されたりする大惨事になった
    当然うちも解散に
    あれ以来女というものが怖くて仕方ないが、唯一信頼できる付き合っていた彼女と結婚できたことが救いであった

    561 :鬼女日記 2018/03/05(月) 02:28:44 ID:Nututf0T.net
    我が母ながら、呆れた話。
    普通に母と道を歩いてたら、見るからに精神疾患か何かありそうだなと思う人を見かけた。
    にやにやしたり、独り言でえへえへ言ってたり。
    まぁ、暖かくなってきたし散歩したくなるもんだよなーと思っていたら、隣で歩いてた母が
    「うわ、気持ち悪い。怖い」
    とわりと大声で吐き捨て、それがお相手にも伝わったようで、唾を撒き散らしながら追い掛けられる羽目に。
    母は謝ることもせず、その場から逃げ出した。
    後から母から電話で、
    「これだから頭のおかしい人は」
    って言ってたけど、明らかに母が悪いし、思ったことを何も考えずにわりと大声で言っちゃう母の無神経さに驚いた。
    もっと若い頃はそんなことを言う人ではなかったし、しばらく話していない間にそんな性格になっているとは思わなかった。

    519 :鬼女日記 2016/10/10(月) 02:47:31 ID:P26
    某バラエティの芸人と同じレベルで運動音痴なんだけど、中学生の時にそれが理由である女子達に嫌われたことある。
    その女子はバレー部のA子、バスケ部のB子、学級委員のC子。
    特にA子とB子は双子みたいにほぼ一緒に行動してて仲良しコンビだった。
    なんで嫌われたかというと、体育の授業でバレーをする期間があって、その時はA子が部活の試合前だから体育の授業も練習として本格的にプレーするつもりだったらしい。
    まあ運動音痴で素人な私が同じチームだと、本格的にプレーなんてできないわけで。
    A子は「(私)さんが試合前なのに本格的に練習させてくれない!試合に負けたらどうしよう!」とイライラ全快で怒鳴りだした。
    私は(素人いる体育じゃなくて、放課後か朝に練習すればいいのに)と思いながらも反論できず。
    どうしたらいいのか黙っていると学級委員のC子が「A子が怒ってるよ。どうするの?」と言ってきた。
    私「いや、でも…わざとじゃないから。ごめんね」
    C子「はあ?私じゃなくて、ちゃんとA子に謝ってよ?私に謝ってどーすんの?A子に謝って!」
    と謝れコールをされて私は泣きそうになりながらもA子に「下手でごめんなさい」と謝った。
    でもA子は無言のまま、舌打ちしただけだった。
    A子とC子が怖くてバレーの授業は体調不良ってことで全部見学した。
    それで終われば良かったけど、A子はB子に私のことを報告。
    その日から二人から嫌がらせが始まる。
    特に話したことなかったのと、あまり関わりたくなかったから二人のことはスルーするようにしてた。
    けどA子は「(私)さんが私の悪口をB子に吹き込むの!酷い!」B子は「(私)さんがB子と仲良くしたいからA子と絶交しろっていうの!」と周りに言いふらし始めた。
    周りは「いや、(私)さんはいつもオタク仲間といるじゃん」と信じてない感じだったけど、途中からB子が私に手紙を書いてきて周りにわかるように渡してきたり、一緒に帰ろうと馴れ馴れしくしてきた。
    そんなときA子は「B子との仲を裂いた」とか怒鳴り散らしながら机や椅子を蹴ったりしてきてヤンキー丸出し。
    何ヵ月かそれは続いたけど、飽きたのかB子が彼氏ができて忙しくなったのか急に嫌がらせは止まっていた。
    とにかく関わりたくなくて、近付かないようにしたり高校は県外に行き、二人とは二度と会わないようにしたんだけど
    10年経った現在、何故かA子からメールが送られてきた。
    内容は「××中学のA子です!久しぶりだね、元気だった?卒業してから全然あわなくなったね。(私)ちゃんは今はなにしてるの?会いたいな」と仲良かった友達に送るような文章。
    いや、メチャクチャ私を嫌ってたじゃん!
    記憶喪失にでもなったの?頭可笑しいだろ!と動揺してる。
    当時とギャップありすぎて衝撃的なメールだわ。
    ちなみにメールは怖すぎて返信してない。

    848 :鬼女日記 2013/03/03(日) 20:08:31 ID:yPoCRQiq
    小さいころ飼っていたウサギが明らかに病気だろうという感じになってて
    私が抱き上げて車に乗せて母と病院行こうとした瞬間「キュー」みたいな感じに鳴いてタヒんじゃった
    母はネットとかやらないし動物の知識もないから「○○の腕の中でタヒぬことができて幸せだね、タヒぬ場所を選んだんだね」って言って泣きながら私を慰めてくれた
    私もその時は知識持っていなかったから手遅れでタヒんだんだと思って泣きまくった

    成長してウサギのこと調べてたら仰向けに抱っこするのはダメと書いてあった
    当時の私の抱き方はお尻を支えて仰向けに抱っこする奴
    未だに母が思い出したように同じこと言ってくれるから「私がとどめ刺した」なんて言えない

    421 :鬼女日記 2016/08/03(水) 05:36:20 0.net
    もうずっと忘れて生きて来たのに
    栃木のキャンプ場孤立のニュース見て思い出した修羅場

    俺が小4、妹が小2だった夏休み
    父親は仕事柄、半年とかの単身赴任や出張が多くて、その時も1週間の出張だった
    大雨が降って、土砂崩れが起きてあるキャンプ場が孤立して
    ヘリが必要な物資を投下しているニュース映像が流れた
    俺と妹は、夏休みの午前中にやるアニメの再放送を見ていたが
    CMの間に、ザッピングしていてそのニュースを見てしまった
    キャンパーの中に父親がいた
    俺はなんとなく察するところがあって、とっさにチャンネルを変えようとしたが
    妹が母親に「ママー、パパだよ!!パパが大変だよ!!」と声をかけてしまった
    同じ部屋で本を読んでいた母親が、映像を見て顔をこわばらせた

    父親は同じ会社の独身女子社員と不倫旅行中に災害に遭っていた
    夏休みが終わっても父親は帰ってこなかった
    学校の皆は、うちの母親の顔は知っていても父親の顔は知らなかったので
    誰も父親の事には気が付かなかった
    二学期の終わりに、母親の名字になって母と妹と三人で母の実家に引っ越した
    両親の間でどういう話し合いがあったのか知らない、父親が再婚したかどうかも知らないが
    俺たちの大学までの学費は援助していてくれたみたいだったので、就職した時に礼状だけ出した

    後で知ったけど、父親は出張が多かったわけでは無く
    不倫してはプチ別居を繰り返していたクズだった

    大人になってからは父親の存在自体思い出す事が無くなってたけど
    子供が学校から持って帰って来たヘチマの鉢と、キャンプの映像を見てたら記憶が蘇った
    離婚直後より数年後、妹が事情を理解して自分を責めて病んだ時が修羅場だった

    このページのトップヘ