被害者

    611 :鬼女日記 2012/12/12(水) 13:32:44 ID:u3byd0J6P
    週末、1泊で温泉旅行に行ったんだけど
    そこの露天風呂で偶然中学時代の同級生に会った。
    私は気付かなかった(目が悪くてコンタクト外してた)けど
    向こうが気付いて声掛けてきて、
    正直私のぬっ杀殳したいリストに名を連ねてるやつなので会いたくなかった。
    でも無視するのも大人げないし、適当に話を合わせて
    のぼせたフリして先に出ようとしたら、ついてきて
    懐かしいからまたお茶でもしようよって言われた。
    私は今は地元にいないので、そのうちね~って適当い濁して別れた。
    せっかくの旅が台無しだ。
    いじめられた側は忘れないけど、いじめた側は忘れるって本当だな。
    中学時代、太っててメガネ掛けてるってだけで
    女の子なのに豊作ってあだ名つけたのはそいつだった。
    (当時巨人の星の再放送してたから)
    このあだ名のせいで、私がトイレに行こうとしたら
    両手両足をみんなで押さえつけて「あんちゃ~んごっこ」とかされたし。
    お湯につかりながら「あの頃は楽しかったね~」って
    私はちっとも楽しくなかった。
    ずっと忘れてたのに、思い出してしまって落ち込んでる。
    でもでも今は幸せだし、いい人とも巡り合ったし
    あの頃はあの頃、今は今。
    忘れよう忘れよう。
    でも腹立つーーーー!

    304 :鬼女日記 2015/06/19(金) 15:38:16 ID:7YA
    専業とはいえめったに家から出ない母といつもくっついていた父の話

    母は娘時代、ずっとストーカーされていた

    大学時代、こいつに良い仲になりかけた人と割かれて、変な噂をばら撒かれた
    その余波で別の人間に冤罪かけられて中退
    親にも信じてもらえず家族とは疎遠に

    引きこもるように籠ったアパートの郵便受けにはマッチポンプの癖に
    「僕は○○ちゃんを信じてる」「本当の君を分かってるのは僕だけ」
    「だってあの時間○○にいたもんね」とメッセージ

    それでブチ切れて、直接会って罵倒してやることにした
    しかし現れたのは180オーバーのガタイがよすぎる男
    警察にはもちろん言ってあるけど「自意識過剰」
    「被害が出てから」の決まり文句で門前払い

    もうタヒぬ思いの直談判だったが
    予想に反してストーカーは理忄生的でぺこぺこ謝ってきた
    意外に会話が成立するかと思いきや
    どうしてもどうしても付き合いたいという一線は譲らない

    結局平行線、ストーカーはストーカー行為は辞めない
    風邪気味で帰宅すると風邪薬とスポドリが冷蔵庫
    誕生日には母の好きなスイーツが宅急便

    何度目かの直談判でもう嫌だと泣き喚くと、
    ストーカーは定期的に会う機会を持ってくれるなら、
    手紙攻撃も電話攻撃も噂のバラマキもやめる
    自分が大学卒業するまで男に近寄らないなら、真面目に授業に出るし
    その間ストーカー行為をしないと約束すると言った
    母は退路がないので乗るしかなかったが、案の定勝手に付き合ってる認定された

    601 :鬼女日記 2007/01/20(土) 23:36:03 ID:7OKwidJy
    二十歳位の時、玄関に腰掛けて友人と電話していたら人が訪ねてきた。
    時間を聞かれたので持っていたPHSで時間を確認し教えてあげると、ありがとうと言い私の目をジッと見ながらズンズン近付いて来た。
    あまりに凝視するので私も目が離せずにいたら20㎝位の所まで近付いて一言
    「…コ□すぞ」
    ハッとして下を見るとお腹の所に包丁が突き付けられている(刺さってはいない)。
    思わず条件反射で蹴りをかましてしまった。
    そして犯人は私の横に置いてあった財布をつかみ、カナヅチを私に投げつけ逃走。

    後日、犯人は自首して来たのだけどアバラは2本程折れたかヒビが入ったかで、胸には靴の跡の痣がくっきり残っていたらしい。
    長くなるから色々端折ったけどまとめるとこんな感じ。
    武勇伝かな?

    460 :鬼女日記 2016/09/29(木) 14:57:46 ID:7ej
    仕返しになってないかもしれないけどヘタレの自分にしては頑張ったと思う。
    前半はくわしく書くのがしんどいので淡々と書かせてください。
    妊娠中に浮気された。
    お腹の子のため再構築を決めたけど子供は駄目だった。
    浮気とタヒ産のフラバが1日に何度も襲ってきて、胃炎と不眠に苦しんだ。ハゲもできた。
    夫は私のハゲを見て笑った。
    やめてよと言うと「冗談だろオバサン」この頃から私をオバサンと呼ぶようになった。
    でも「再構築は自分が決めた道なんだから」とエネME一直線だった。
    家事をちゃんとして家をきれいにしてニコニコしていれば
    いつか夫は戻ってきてくれると思ってた。
    ある日夫が言った。
    「なんでそんないつも暗い顔してんの?こんな家に帰ってこなきゃいけない俺の気持ち考えたことある?」
    そのとき、夫が自分のことを被害者だと思ってるのがわかった。
    夫は浮気した加害者ではなく、夫の中では「安らげない家庭のせいで、やむにやまれず外に癒しを求めた被害者」で
    私は「夫を浮気に追い込んだばかりか、人生を束縛する加害者のオバサン」だった。
    その瞬間全部どうでもよくなった。
    無理にニコニコするのをやめた。夫が何時に帰ってこようが先に食べて先に寝た。
    家事は週末にまとめてやり、文句を言われたら「私だって働いてるんだけど?」で黙らせた。
    弁当?コンビニの方がマシなんでしょ?アイロンくらい自分でやれば?靴?自分で磨きなよ。
    異動願いを出して、皆があんまり行きたがらない残業バリバリの部署へ移った。
    夫より帰りが遅くなる日も増えた。
    「浮気か」と言われたがタイムカードのコピーを見せて黙らせ「自己紹介乙」と鼻で笑った。
    なぜか夫は私をオバサンと呼ぶのをやめ、食事に誘ってくるようになった。断った。
    私の心が離れたのがわかったんだろうね。
    「結婚記念日に旅行へ行こうか」と誘ってきた。断ったら驚いていた。
    「なぜ」と言うので「だってあなたと二人でしょ。お金かけてそんな苦行いやだよ。楽しみたいなら友達と行く」と答えた。
    夫は心底びっくりした顔で「もう俺を好きじゃないって意味か」と言った。
    「好きじゃなくなったら楽になったよ」と答えました。夫はなぜか涙目。
    翌日離婚届をもらって来ました。
    夫はゴネた。「浮気であって本気じゃない」「ごめん、甘えてた」「これからの俺を見てほしい」
    「私は見たくないです」とお断り申し上げ、
    「浮気発覚からまだ3年経ってないから慰謝料請求だってできるんだよ」
    「浮気相手ちゃんにも請求しちゃうよ」
    と脅したら条件付きで離婚に同意してくれた。
    条件は「再婚の可能性を残すこと」と「メールに必ず返事すること」OKした。
    翌週から別居し、2ヶ月後に離婚届を出して他人になった。
    しばらくは夫から長い長いメールが何通も来たけど機械的に「へー」「そう」の一言だけ返した。
    返事は返事です。
    一回会社に凸されて「再婚の可能性を残すって言った!」とキレられたけど
    ファミレスへ誘導し、トイレ行くふりして逃げて「0.000000000000001%くらいの可能性なら残した」とメールし放置。
    半年くらいでロミオはおさまり今は平和。
    今思うとよくあんなに突っぱねモードが長続きしたなと思う。鬱の反動でハイだったのかも。
    再婚の予定はないけど今はうさぎを飼って癒されてます。

    466 :鬼女日記 2017/09/25(月) 18:29:10 ID:kIc
    3年以上になる話だけど深夜3時ぐらいに友達2人とドライブをしていたんだけど(友達一人は後部座席で爆睡、隣もウトウトしていた)
    迷ってしまい、疲れとカーナビに集中していたせいでブレーキが緩み前の黒っぽいデカイ車にコッツンしてしまった。
    慌てて車に近づこうとしたらシートベルトを外してないことに気がついてあたふたしていたら前の車が赤なのに急発進して消えていった。
    警察に連絡しなきゃ!と電話しようとしたら隣に座ってた友達が「いや、やめた方がいい」って。
    私があたふたしてる時にみえたらしいが前の車の影が明らかに人数オーバーで誰か一人を押さえつけるというか、暴れているのを押さえつけようと数人でしている影がみえたって。
    そもそもナンバーもうろ覚えだし早すぎてどこに向かったのも分からないし警察に連絡したところで情報ぶそくで意味ないし、トラブルなるからって。
    大体100%こっちがわるい事案で被害者が逃げるなんてなんかあるよやめとけ!って言われてやめてしまった。

    犯罪自慢じゃないけどこの時期になるとたまに思い出す。

    125 :名無しさん@おーぷん
    顧問に変な目で見られていたのを知った時

    高校の部活の顧問は若くて熱血タイプの男性だった。
    懲罰交代や今だったら問題発言になるような事は日常茶飯事で入部した部員の3分の2は3ヶ月でやめてしまった。

    私はスポーツ推薦を狙っていたのと純粋にそのスポーツが好きという気持ちから必タヒに続けた。
    部長に指名されてからは毎日のように見せしめとして部員の前で怒られていたのがなつかしい。

    ただ部自体は前の顧問がいたときよりも強くなることはなかった。
    最後の年も地元の進学校に敗北。私自信も上手くはなかったので推薦などくるはずもなかった。
    そんなわけで部活を引退してからは勉強漬けの毎日を送ることとなる。

    そして文化祭も終わり後は受験のみという時期に顧問に呼び出された。
    思えばここで場所が職員室でない時点でおかしいと気づくべきだった。
    「お前は俺の指導に感謝していると思う。これからは指導者ではなく恋人として見てくれ」と。

    もうショックが大きすぎた。当然顧問として慕ってはいたが男性としての魅力を感じてはいない。
    ましてや教え子を異性として見るなんて職業倫理って知ってますかレベル。
    「これからは優しくするから」とか「今までとのギャップですごい優しくて面白いと思うよ」などと気持ち悪い発言がさらに続く。
    彼氏がいるからと言おうと思ったが彼氏が標的にされると思い言葉がなかなかでない。
    なんとか「校長先生に言いますよ!」と叫んだらものすごいガッカリして「誰にも言わないでくれ」と去っていった。

    自分の中では上手く整理できず教育委員会や警察に言うべきだったと今でも後悔している。
    名前を検索しても出てこないが被害者がでないか今でもビクビクしている。

    このページのトップヘ