被害者

    840 :鬼女日記 2018/05/04(金) 15:43:14 ID:IoTFS5Qe.net
    連休になるたび思い出す修羅場というか日常

    10歳離れた姉が高校生の時いじめで自杀殳した
    加害者は女だけどいじめと言う可愛いもんじゃなくて犯罪だと思う内容
    その日は保育園で青い顔した叔母(遠方住み)が迎えに来て病院へ
    両親がこどもみたいに声を出して泣いてたのが印象的だった
    葬式はさらに地獄絵図
    棺桶に縋り付いてお教どころじゃなくて姉の担任だった先生や校長に泣いて文句言ってた
    私は姉がタヒんだということがいまいち実感がなく、ただただ人が変わってしまったような両親が怖くて泣いてた
    大人になった今ならまた感じ方も違うんだけどね

    393 :鬼女日記 2013/12/02(月) 10:45:06 0
    >>391を見て思い出した話
    姉が心病んでる今が人生最大の修羅場中

    姉は30歳、ちょうど大学通ってる頃に福知山線脱線事故があったんだけど
    姉はあの電車に乗ってた。
    後ろから2両目の車両に乗ってたから頭ぶつけた程度で、
    避難も近くの町工場の人に誘導されて移動した。
    その後、JR職員が居なかったので大学行かず
    近くの人と協力して避難や怪我人の選別、誘導
    家族探す人の手伝いとかして【充実】した時間を過ごしたらしい。
    人の役に立ってる!って実感とか凄かったって。
    姉さ、すっごい役に立ったらしく怪我がひどかった被害者の人が
    JR通して姉を探してお礼の手紙をくれたり、
    被害者の講演会の手伝いに行ったりもしてた。

    その後、PTSDの影響とかあって就職1年で会社勤め出来ず退社。
    突然泣き叫び出すなど家族で必タヒにケア、最近はやっと治って一人でよく出かけてるんだけど、
    用事も無いのに電車に乗ってて駅員に不審がられキセルで保護された。

    家族が姉に説明を求めたら「また事故があったら良い」
    「そうしたら以前より私は的確に動けるし」
    「経験があるから絶対に役に立てると思うの!」
    「人の役にやったあの日、私は凄く充実してた」
    「私は社会の役にたちたい」って言ってた

    結局、治ったように見えて姉が壊れてるんだよね。
    俺だけ一人暮らしで家族全員家売って田舎に引っ越してったよ。
    福知山線脱線がやっぱりダメなんだろうって事で。

    547 :鬼女日記 2014/11/28(金) 02:09:27 ID:Fr6
    ここでいいのかわからないけど吐き出させてくれ。

    人を轢き杀殳したけど全くお咎め無しで終わった。
    タヒんだのは大学生なんだけど坂道を下って俺の車の前に飛び出した。
    深夜だったから気がつくとかのレベルじゃなくて突然目の前に人がいたってレベル。
    50km/hぐらいで走ってたんだけど一瞬でフルブレーキ。
    でも何かがボンネットにぶち当たって吹っ飛んでいった。
    何秒か呆然としていたと思う。フロントガラスに薄っすら血とか付いてたから人を撥ねた実感があった。

    ハッとして手当をと慌てて車から飛び出して被害者見たけど血だらけで曲がっちゃいけない角度で首がねじれてた。
    終わったと思った。衝突音が結構激しかったから周辺の家から人が集まってきて警察とか呼んでくれた。
    俺は被害者のご遺体のそばで座り込んでた。
    正直に言って被害者の惨状みてから何をしたのかほとんど覚えてない。
    警察が来て事情聞かれてそのまま警察署に連れて行かれて逮捕された。
    その後、親が迎えに来てくれて釈放。
    その際におそらく俺にお咎め無しになると警察官から言われた。
    俺の車についていたドライブレコーダーと交差点角のコンビニなどの防犯カメラから被害者の著しい過失(赤信号無視、逆走、酒気帯び)が判明したから。
    遺体からは相当な酒が検出されたらしく、しばらくしてから不起訴になった。
    親からもお前は悪くないと言われ相手の親からもご迷惑をおかけしましたと言われて責められることもなかった。
    賠償とかの話も一切出ず、事故車は親が処分した。

    俺が人を轢き杀殳した事実はあるけど、それが罪にはならなかったことがすごくモヤモヤしてしまう。
    先がある大学生を杀殳してしまった。
    確かに俺は悪くないって言えるけど、心のなかで俺が杀殳したって意識が消えない。
    少しでも罰を受ければ少しはそういった意識が軽くなるのかもしれないけど全くないから罪を意識してしまう。
    大学生ぐらいの年齢の子を見るとあの大学生もこういった生活していたのかと想像してしまう。
    命日には必ず花を供えに行ってるけど心のモヤモヤが全く晴れない。

    今も心の中は修羅場だ。どうすればいいのかわからない。

    460 :鬼女日記 2016/09/29(木) 14:57:46 ID:7ej
    仕返しになってないかもしれないけどヘタレの自分にしては頑張ったと思う。
    前半はくわしく書くのがしんどいので淡々と書かせてください。
    妊娠中に浮気された。
    お腹の子のため再構築を決めたけど子供は駄目だった。
    浮気とタヒ産のフラバが1日に何度も襲ってきて、胃炎と不眠に苦しんだ。ハゲもできた。
    夫は私のハゲを見て笑った。
    やめてよと言うと「冗談だろオバサン」この頃から私をオバサンと呼ぶようになった。
    でも「再構築は自分が決めた道なんだから」とエネME一直線だった。
    家事をちゃんとして家をきれいにしてニコニコしていれば
    いつか夫は戻ってきてくれると思ってた。
    ある日夫が言った。
    「なんでそんないつも暗い顔してんの?こんな家に帰ってこなきゃいけない俺の気持ち考えたことある?」
    そのとき、夫が自分のことを被害者だと思ってるのがわかった。
    夫は浮気した加害者ではなく、夫の中では「安らげない家庭のせいで、やむにやまれず外に癒しを求めた被害者」で
    私は「夫を浮気に追い込んだばかりか、人生を束縛する加害者のオバサン」だった。
    その瞬間全部どうでもよくなった。
    無理にニコニコするのをやめた。夫が何時に帰ってこようが先に食べて先に寝た。
    家事は週末にまとめてやり、文句を言われたら「私だって働いてるんだけど?」で黙らせた。
    弁当?コンビニの方がマシなんでしょ?アイロンくらい自分でやれば?靴?自分で磨きなよ。
    異動願いを出して、皆があんまり行きたがらない残業バリバリの部署へ移った。
    夫より帰りが遅くなる日も増えた。
    「浮気か」と言われたがタイムカードのコピーを見せて黙らせ「自己紹介乙」と鼻で笑った。
    なぜか夫は私をオバサンと呼ぶのをやめ、食事に誘ってくるようになった。断った。
    私の心が離れたのがわかったんだろうね。
    「結婚記念日に旅行へ行こうか」と誘ってきた。断ったら驚いていた。
    「なぜ」と言うので「だってあなたと二人でしょ。お金かけてそんな苦行いやだよ。楽しみたいなら友達と行く」と答えた。
    夫は心底びっくりした顔で「もう俺を好きじゃないって意味か」と言った。
    「好きじゃなくなったら楽になったよ」と答えました。夫はなぜか涙目。
    翌日離婚届をもらって来ました。
    夫はゴネた。「浮気であって本気じゃない」「ごめん、甘えてた」「これからの俺を見てほしい」
    「私は見たくないです」とお断り申し上げ、
    「浮気発覚からまだ3年経ってないから慰謝料請求だってできるんだよ」
    「浮気相手ちゃんにも請求しちゃうよ」
    と脅したら条件付きで離婚に同意してくれた。
    条件は「再婚の可能性を残すこと」と「メールに必ず返事すること」OKした。
    翌週から別居し、2ヶ月後に離婚届を出して他人になった。
    しばらくは夫から長い長いメールが何通も来たけど機械的に「へー」「そう」の一言だけ返した。
    返事は返事です。
    一回会社に凸されて「再婚の可能性を残すって言った!」とキレられたけど
    ファミレスへ誘導し、トイレ行くふりして逃げて「0.000000000000001%くらいの可能性なら残した」とメールし放置。
    半年くらいでロミオはおさまり今は平和。
    今思うとよくあんなに突っぱねモードが長続きしたなと思う。鬱の反動でハイだったのかも。
    再婚の予定はないけど今はうさぎを飼って癒されてます。

    883 :鬼女日記 2017/07/09(日) 15:00:49 ID:Yhr
    女叩き大好きな人には胸がすく話だけど、一般人には胸糞話なので注意

    私が住んでたところは小学校の全校生徒が100人に満たないようなところで
    学年で我が家を含め3家庭(東家、西家、南家)だけ、特に人里離れた感じのところに家があった
    その内の1つ、東家は息子しかいなかったので被害に合わなかったけど
    南家の私と西家は娘だったので、変質者に狙われた
    西家の子は声をかけられ、体を触られただけで済んだと話してた
    学校も警戒して警察にも伝えてたが、西家の次に私が被害者になった
    西家の子で失敗したからか、入念にス㋣ーカーで情報を集めた後、両親がいない間に押し入られた
    両親はすぐに引っ越しして、その時の学校より少し大きな学校へ転校することになったが、
    親は転校先の担任に強カン被害にあったことを伝えていたため、セカンド強カンを受ける羽目になった
    田舎の性.質もあって、問題を抱えた私は根暗になりコミュ障になっていたため、即よそ者としてハブられた
    それを見た担任は何を思ったのか、私が男性.に乱暴 されたとクラスに話したあと、私にその時何があったのか話すように促した
    警察どころか実の親にさえ話せなくて手紙にしたためて渡すことしかできなかったのに無理な話だった
    親にまた手紙を書いて親が動いてたけど、それからその小学校には行けなくなった。
    中学生からは校区をずらしたため、元通り通いだした
    高校進学が決まり、小学校の黒歴史など忘れかけた頃、私のことを知る人たちと同じ高校の同じクラスになった
    一人(女)は小学生の頃の転校先にいた人らしいけど、私は全く覚えてなかった
    そしてその人は天気の話をするように私に話しかけ、クラスのみんなの前で「あんた、男とセ○クスして不登校になった子だよね?
    登校できるようになったんだ」
    と大きな声でバラした
    それも私心配してあげてたのよ、という言い方で

    同じクラスには一人だけ、中学時代から仲良くしてくれてた子がいて、その子が瞬時にかばってくれた
    「私子はそんな子じゃない!学校も普通に来てた!そんなことしてない!」
    ごめん友子、そいつの言ってることは嘘じゃないんだ
    言いたかったけど、声が喉に引っかかって出てこなかった
    女は「本当のことだし、私を嘘つき呼ばわりするのか」と怒って友子と喧嘩になりそうになって、そこでなんとか友子を止めた
    友子は深くは聞かなかったけど、友子にバレてから友子との間に大きな溝ができた気がした
    バレたからにはもう仲良くできないと私が勝手に決めつけてた
    高校三年間は偏見の目で見られて終わった
    大学は地元から遠いところにした
    その後はまた被害のことも忘れて過ごし、彼氏もできて24で結婚して子供もできた
    私の体調が悪化したので里帰り出産することになったが、その間でまた私の強カン被害を知る人と出先で鉢合わせした
    私が妊娠しているのを見ると驚いたように「あんなことされても子供作れるんだ」と言われた
    そしてその人から話が広がり、強カンが嘘だった疑惑、実際に大したことない疑惑、淫舌レ疑惑が出て酒の肴にされてると友子が教えてくれた
    「どうしても鉢合わせは避けられないし、大事な時期だから何を言われても聞く耳持っちゃダメだよ」と励ましてくれた
    家から一番近い、妊婦の私でも行けるお店に就活失敗してアルバイトしてる同級生がいたから、友子のアドバイスは助けになった
    何言われても心構えができてたから流せた
    今は幸せになってるとはっきりと言えるけど、幸せになってることが信じられないといった風に言われることもある
    こういう人たちは強カン被害者をなんだと思ってるんだろうとスレタイ

    436 :鬼女日記 2017/03/13(月) 23:30:27 ID:LbR
    約15年前、私が小学生でまだネットがそれほど普及してなかった頃(MEくらいの頃)
    学校では誰にでも挨拶しましょう、優しくしましょう、困っている人がいたら助けてあげましょうって教育をしてた
    結果私は知らない人に道を聞かれ、地図を見ているときに後ろから襲いかかられて性犯罪の被害者になった
    加害者からはお前のせいでうちの息子が!と責められて、怖くて他人に挨拶が出来ない子になった
    通学中に下を向いて誰にも挨拶しない私を見送り中の保護者は詰り、あんな態度だから性犯罪にあったんだと聞こえるように言われた
    あんな暗くてジメジメした子なら襲っても騒がないだろうと思われて襲われるのは当然だと言われた
    高校生になって犯罪防止のために携帯を渡された
    でも通学中の電車の中で痴漢にあって、不登校になった
    痴漢だと訴えて駅員に犯人を差し出したのに、冤罪の問題が世間で出始めていたから尋問のような形で本当に痴漢されたのか問い詰められて、立ち直れなかった
    ボランティアで心のケアをしてます、通学復帰に協力しますという人たちが家に来て、昔受けた被害と痴漢行為が重なって怖くて電車に乗れないし、異性(学校の先生)も怖いと話した
    「誰にでもニコニコ愛想笑いするからいけないのよ、八方美人じゃ勘違いされて襲われても仕方ない
    今時常識でしょう、自分の悪いところを自覚して克服しないと」と言われた
    たった一日で余計心に傷ができて、その後ボランティアの人が来ると吐くようになった
    親が泣きながら追い返すのに何度もきては「彼女は弱くて逃げてるだけ、その弱さを受け入れられないから吐くの
    お母さんがそうやって庇うから彼女は前に進めないの」と言われて、親のせいにまでされるくらいならタヒのうと思った
    食事がとれなくなったので倒れたとき救急車で運ばれたのが幸いした
    いい先生に巡り会えて、私のことを肯定してもらえて、一年かけて復帰した
    大学も行って定職にもつけて結婚もした
    自画自賛じゃないけど、私だったから、人生軌道修正できたと思っている

    大学生の頃どこから話を聞いたのか私の性犯罪被害の体験を外に発信しないかと言ってくる人がいた
    私も親にそんな本を渡されたけど、全く役に立たなかった
    それにこれまで外に話しても帰ってくるのは罵倒と自己責任という言葉ばかり、外に発信したところで何がかわるとも思わない
    そう答えると同じ被害者の気持ちがわからないのかと憤られた
    あなたもそうやって私をせめるんでしょ?あなたはあなたのお金儲けのために私の経験を買いたいだけでしょ?
    下心で他人を利用しようとするあなたも私からしたら性犯罪加害者と同じ
    と答えるとぶん殴られた
    お前の経験も今の言葉もネットに晒してやると吐き捨てて帰っていった
    大学と警察に相談して親から謝罪を貰ったけど、その男からは謝罪はもらえなかった
    うちの大学の生徒じゃなかったらしく、大学に不審な人物が入り込んで勧誘するという注意喚起が大学中に張り出される自体となった
    そのことを知ってる人からお前がいつまでも引きずってるからそんな奴らがたかってくるんだよと偉そうに説教された
    そもそもが私のトラウマ経験に触れようとしてくるやつはどんな人でも私にとっては敵だ
    なのに世の中親切ぶったり高潔ぶったりして触れようとしてくる人たち全員が神経わからん
    私は私の受けた被害において100%被害者であり自分の落ち度なんか一滴たりとも無かったと断言できる
    それを他人が自己責任にしてくる神経は一生理解できない

    世の中性犯罪が軽く見られすぎている
    窃盗が万引きと言われて軽んじられている以上に痴漢も日常溢れすぎてて軽んじられている
    性犯罪を起こした人は男なら玉を切り落とし、女なら穴を縫い付けてしまえばいい
    それが過激だというのなら、顔面に性犯罪者の入れ墨を入れればいい

    611 :鬼女日記 2012/12/12(水) 13:32:44 ID:u3byd0J6P
    週末、1泊で温泉旅行に行ったんだけど
    そこの露天風呂で偶然中学時代の同級生に会った。
    私は気付かなかった(目が悪くてコンタクト外してた)けど
    向こうが気付いて声掛けてきて、
    正直私のぬっ杀殳したいリストに名を連ねてるやつなので会いたくなかった。
    でも無視するのも大人げないし、適当に話を合わせて
    のぼせたフリして先に出ようとしたら、ついてきて
    懐かしいからまたお茶でもしようよって言われた。
    私は今は地元にいないので、そのうちね~って適当い濁して別れた。
    せっかくの旅が台無しだ。
    いじめられた側は忘れないけど、いじめた側は忘れるって本当だな。
    中学時代、太っててメガネ掛けてるってだけで
    女の子なのに豊作ってあだ名つけたのはそいつだった。
    (当時巨人の星の再放送してたから)
    このあだ名のせいで、私がトイレに行こうとしたら
    両手両足をみんなで押さえつけて「あんちゃ~んごっこ」とかされたし。
    お湯につかりながら「あの頃は楽しかったね~」って
    私はちっとも楽しくなかった。
    ずっと忘れてたのに、思い出してしまって落ち込んでる。
    でもでも今は幸せだし、いい人とも巡り合ったし
    あの頃はあの頃、今は今。
    忘れよう忘れよう。
    でも腹立つーーーー!

    304 :鬼女日記 2015/06/19(金) 15:38:16 ID:7YA
    専業とはいえめったに家から出ない母といつもくっついていた父の話

    母は娘時代、ずっとストーカーされていた

    大学時代、こいつに良い仲になりかけた人と割かれて、変な噂をばら撒かれた
    その余波で別の人間に冤罪かけられて中退
    親にも信じてもらえず家族とは疎遠に

    引きこもるように籠ったアパートの郵便受けにはマッチポンプの癖に
    「僕は○○ちゃんを信じてる」「本当の君を分かってるのは僕だけ」
    「だってあの時間○○にいたもんね」とメッセージ

    それでブチ切れて、直接会って罵倒してやることにした
    しかし現れたのは180オーバーのガタイがよすぎる男
    警察にはもちろん言ってあるけど「自意識過剰」
    「被害が出てから」の決まり文句で門前払い

    もうタヒぬ思いの直談判だったが
    予想に反してストーカーは理忄生的でぺこぺこ謝ってきた
    意外に会話が成立するかと思いきや
    どうしてもどうしても付き合いたいという一線は譲らない

    結局平行線、ストーカーはストーカー行為は辞めない
    風邪気味で帰宅すると風邪薬とスポドリが冷蔵庫
    誕生日には母の好きなスイーツが宅急便

    何度目かの直談判でもう嫌だと泣き喚くと、
    ストーカーは定期的に会う機会を持ってくれるなら、
    手紙攻撃も電話攻撃も噂のバラマキもやめる
    自分が大学卒業するまで男に近寄らないなら、真面目に授業に出るし
    その間ストーカー行為をしないと約束すると言った
    母は退路がないので乗るしかなかったが、案の定勝手に付き合ってる認定された

    601 :鬼女日記 2007/01/20(土) 23:36:03 ID:7OKwidJy
    二十歳位の時、玄関に腰掛けて友人と電話していたら人が訪ねてきた。
    時間を聞かれたので持っていたPHSで時間を確認し教えてあげると、ありがとうと言い私の目をジッと見ながらズンズン近付いて来た。
    あまりに凝視するので私も目が離せずにいたら20㎝位の所まで近付いて一言
    「…コ□すぞ」
    ハッとして下を見るとお腹の所に包丁が突き付けられている(刺さってはいない)。
    思わず条件反射で蹴りをかましてしまった。
    そして犯人は私の横に置いてあった財布をつかみ、カナヅチを私に投げつけ逃走。

    後日、犯人は自首して来たのだけどアバラは2本程折れたかヒビが入ったかで、胸には靴の跡の痣がくっきり残っていたらしい。
    長くなるから色々端折ったけどまとめるとこんな感じ。
    武勇伝かな?

    460 :鬼女日記 2016/09/29(木) 14:57:46 ID:7ej
    仕返しになってないかもしれないけどヘタレの自分にしては頑張ったと思う。
    前半はくわしく書くのがしんどいので淡々と書かせてください。
    妊娠中に浮気された。
    お腹の子のため再構築を決めたけど子供は駄目だった。
    浮気とタヒ産のフラバが1日に何度も襲ってきて、胃炎と不眠に苦しんだ。ハゲもできた。
    夫は私のハゲを見て笑った。
    やめてよと言うと「冗談だろオバサン」この頃から私をオバサンと呼ぶようになった。
    でも「再構築は自分が決めた道なんだから」とエネME一直線だった。
    家事をちゃんとして家をきれいにしてニコニコしていれば
    いつか夫は戻ってきてくれると思ってた。
    ある日夫が言った。
    「なんでそんないつも暗い顔してんの?こんな家に帰ってこなきゃいけない俺の気持ち考えたことある?」
    そのとき、夫が自分のことを被害者だと思ってるのがわかった。
    夫は浮気した加害者ではなく、夫の中では「安らげない家庭のせいで、やむにやまれず外に癒しを求めた被害者」で
    私は「夫を浮気に追い込んだばかりか、人生を束縛する加害者のオバサン」だった。
    その瞬間全部どうでもよくなった。
    無理にニコニコするのをやめた。夫が何時に帰ってこようが先に食べて先に寝た。
    家事は週末にまとめてやり、文句を言われたら「私だって働いてるんだけど?」で黙らせた。
    弁当?コンビニの方がマシなんでしょ?アイロンくらい自分でやれば?靴?自分で磨きなよ。
    異動願いを出して、皆があんまり行きたがらない残業バリバリの部署へ移った。
    夫より帰りが遅くなる日も増えた。
    「浮気か」と言われたがタイムカードのコピーを見せて黙らせ「自己紹介乙」と鼻で笑った。
    なぜか夫は私をオバサンと呼ぶのをやめ、食事に誘ってくるようになった。断った。
    私の心が離れたのがわかったんだろうね。
    「結婚記念日に旅行へ行こうか」と誘ってきた。断ったら驚いていた。
    「なぜ」と言うので「だってあなたと二人でしょ。お金かけてそんな苦行いやだよ。楽しみたいなら友達と行く」と答えた。
    夫は心底びっくりした顔で「もう俺を好きじゃないって意味か」と言った。
    「好きじゃなくなったら楽になったよ」と答えました。夫はなぜか涙目。
    翌日離婚届をもらって来ました。
    夫はゴネた。「浮気であって本気じゃない」「ごめん、甘えてた」「これからの俺を見てほしい」
    「私は見たくないです」とお断り申し上げ、
    「浮気発覚からまだ3年経ってないから慰謝料請求だってできるんだよ」
    「浮気相手ちゃんにも請求しちゃうよ」
    と脅したら条件付きで離婚に同意してくれた。
    条件は「再婚の可能性を残すこと」と「メールに必ず返事すること」OKした。
    翌週から別居し、2ヶ月後に離婚届を出して他人になった。
    しばらくは夫から長い長いメールが何通も来たけど機械的に「へー」「そう」の一言だけ返した。
    返事は返事です。
    一回会社に凸されて「再婚の可能性を残すって言った!」とキレられたけど
    ファミレスへ誘導し、トイレ行くふりして逃げて「0.000000000000001%くらいの可能性なら残した」とメールし放置。
    半年くらいでロミオはおさまり今は平和。
    今思うとよくあんなに突っぱねモードが長続きしたなと思う。鬱の反動でハイだったのかも。
    再婚の予定はないけど今はうさぎを飼って癒されてます。

    このページのトップヘ