裏山

    860 :鬼女日記 2012/04/23(月) 23:06:47
    俺が突然会社辞めてきた時に、
    俺を責めることなく、
    それまで好きでやっていたバイトをあっさりと辞めて正社員の仕事に就いた嫁。
    「苦労かけてごめん」って言ったら
    「何言ってんのー。アタシ元々働くの好きだし、フルで働いてるほうが家事サボる言い訳ができて楽(笑)」
    と明るく笑ってくれた。

    俺、この人と結婚できて良かった。
    いつか楽させてあげられるように、すげー頑張る。

    544 :鬼女日記 2010/01/25(月) 21:42:52 0
    あまりにも私への口と態度が悪いため、すっかり疎遠になってるトメ。
    まあ年に1回くらいは顔合わせるんだけど。
    トメのためというよりも、盆正月は他にもたくさん親戚が集まるから
    どっちかは行っておくかって感じで。
    夫の兄弟やその子ども達も来るし、子供同士はイトコだしね。

    で、私は今回の正月、実家の都合により行かなかったんだけど、
    トメは堂々と「嫁ってもんは生きてるだけで気に入らないもんだ。
    それはもうしょうがないからこちらも我慢するが、○(夫)の嫁は
    ひときわひどい。あんなきつい女見たことない。
    それでも○は長男だからそのうちこっちに呼ばなきゃなんない。
    ああいやだいやだ、あんな嫁がうちでメシ作ったり洗濯したり
    掃除したりするなんて、ほんと腹が立ってたまらない」
    と言ったそうだ。

    夫は「何言ってるんだ?頭大丈夫か?いつの時代の話だ?」
    「そんなに嫌なら関わらなければいい。こっちにも義務なんて
    これっぽっちもないんだ。お互いこんないい話はないだろう!」
    でそのまま帰ってきてしまったらしい。泊まる予定だったのに。
    (私と子供は実家にいたので夫のUターンに気づけなかった)

    あのあとどうなった?と義弟が電話をしてきて今日初めて知った。
    どうもこうも、なにもかもしらんがな。
    と言ったら義弟が感心してた。
    母は田舎から出たことがないから、異常なほど視野が狭い。
    いつも嫌な思いをさせて申し訳ないと謝られもした。

    電話きった後、ピンと来て着信拒否指定番号を調べてみたら
    ばっちり夫の実家の番号がww
    夫よありがとう。今日は大好物づくしなので早く帰ってきてください。

    522 :鬼女日記 2014/03/07(金) 23:38:27 .net
    俺の馴れ初めは中々酷いもんだぞ

    野郎だけで旅行に行って、散々飲んでかなり酔ったから、俺一人部屋に戻り寝ることに
    部屋に入って敷かれてた布団で寝たら、その後悲鳴で起こされる
    何事かと起きてみれば、なんか見知らぬ女が叫びながら部屋を出てった
    よく見たら、部屋を間違えてた
    しかも俺は浴衣がはだけ、パンツ一枚
    その後やってきた旅館の従業員さんに酷く怒られ、その女に土下座して謝って何とか警察沙汰にならずに済んだ

    その女が、今の嫁

    11 :名無しさん@おーぷん
    結婚半年。
    合コンでびっくりするほど話の合う旦那と出会い、トントン拍子で結婚した。
    旦那とは5つ違いで、とても可愛がられている。
    義実家との関係も良好。

    だけど、自分が元々人にあまり執着しないタイプなので、旦那の愛情表現が日々重い。
    日本人には珍しく一日に何度も愛してるという人で、起きたらハグ、帰ってきたらハグやキス、おやすみもキス。
    正直重い…
    疲れてる時など軽く振り払ってしまう時もある。
    ディズニーの王子のように、手の甲にキスされる時もある。
    友人らに愚痴っても、「すごい愛されてるじゃん〜何が不満?」とイマイチ分かってもらえない。
    旦那の事は大好きなんだけど、四六時中ベタベタされるとうんざりする。
    愛されすぎて逃げたくなるってこういうことかと思う…

    509 :名無しさん@おーぷん
    夫婦喧嘩の絶えない家だった。
    父の無神経さに、母が怒り、
    父は怒られた事は次からしないようにするものの、
    母の怒りの原因を理解してないように思えた。

    母「なんで5本も大根を買うてきたんや!」
    父「安かったから」
    母「こんなに誰が食べるん?」
    父「ああ、ごめん俺が食べるわ」
    母「そういう話じゃない!」

    次の日

    母「なんでウチワをたくさん貰ってきたん」
    父「配ってたから」
    母「こんなに何に使うん?あんた観音様にでもなるんか?」
    父「ごめん、確かに」 ←後で聞いたらウチワを配ってる人が不憫で貰ってきたらしい。
    母「昨日言うたやろ!」
    父「言われてないと思う」 ←父は大根は買わなかったからいいと思ったらしい。
    母「〜〜〜」

    こういった事が日常茶飯事にあり、
    父は東京の生まれで、母は大阪の生まれで、
    地域性も少し出ていたのかもしれない。
    私は、母の気持ちが良く分かった。
    父は何につけても大雑把な人だった。

    30 :名無しさん@おーぷん
    仕事の待ち時間中に書き逃げ。
    ほぼ夜勤で平日休み。年末年始GWも土日祝日もない底辺仕事の俺が、昨日誕生日だったんだ。
    帰宅時間は日によってまちまちで明け方から昼前になるんだけど、誕生日の日は帰宅したのは朝の5時半くらい。
    当然嫁は寝てる時間だから、そーっと中に入ったんだ。

    711 :名無しさん@おーぷん
    昨日のできごと

    朝、息子(2歳4ヶ月)にぽんぽんされて起きた。

    私「おはよう、早いね〜」
    息子「(´・ω・`)」何やら神妙な顔

    私「?なしたの?」
    息子「ちーがね、出てね、びしゃびしゃです(´・ω・`)」

    深刻そうな顔してるから何かと思えば

    オムツがずれて、おしっこが漏れてた模様
    そして水溜まりなったシーツを指差して自己申告

    私「そっか〜教えてくれてありがとうね」
    息子「(°∀°) 」

    嬉しそうに、一緒に寝ていたアンパンマン抱っこしてベッドを後にした息子

    (°∀°)


    そして夜、洗濯したシーツをこっそり干していたら
    気配が感じたのかむくりと起き上がり
    目を瞑ったままで、母の枕を指差して

    息子「はい、ままもねんねしようね、ここね」

    それだけ言うと、また眠りの世界へ

    494 :名無しさん@おーぷん
    うちは月末が給料日なんだけど、
    給料日には我が家はキャバクラに変貌するの
    家の廊下にはご丁寧に看板(旦那お手製)も出して
    私は目一杯着飾って旦那を出迎えるんだ

    この日ばかりは旦那もノリノリで
    「いや〜、今日も綺麗だね、可愛いね」
    と普段口にしてくれない言葉をポンポン言ってくれる
    もう嬉しすぎてタヒぬるw

    私も旦那にしなだれかかったりポッキー口移しみたいな
    普段恥ずかしくてできない事をやったりするんだけど
    旦那、顔真っ赤でチョー可愛い!

    それでお会計が旦那の給料→お釣りという名目で
    今月の旦那の小遣いを渡す…

    というのが毎月恒例のイベント
    まぁ家庭内イメクラなんだけどすっごく楽しい!
    今月末からは妹夫婦も参加する事になってるけど、旦那の隣は
    たとえ妹でも渡さん!そこは私だけのものだぁーっ!

    701 :名無しさん@おーぷん
    隣の夫婦がものすごくラブラブ
    引っ越してきてから5年経つのにラブラブ度がおとろえない
    どれくらいラブラブラブかというと、毎月2人でお出かけは欠かさない
    夏はそれが浴衣になる
    奥さんが着付けできるみたいで、2人で浴衣着て出かけてる
    春と秋はペアルックが多い
    でもこう、ラブラブ!って感じのペアルックじゃない
    この前は奥さんが黒字のクリボーの服、旦那さんが白地のノコノコの服だった
    震災があった頃は二人して色違いの「頑張れ日本」と書かれたシャツを着ていた
    ボランティアしたときの服だと言ってた

    そんな感じで二人してラブラブだから、イキイキして凄く若く見える
    旦那さんは来年30になるらしく、奥さんも数歳年下なだけらしいけど
    二人ともほんとに10代に見えるくらい生命力に満ち溢れてる
    年齢より若く見えるのはネガティブに捉えられることが多いけど、あんなにラブラブで幸せな日々を送っている夫婦にネガティブなところはみられない

    209 :名無しさん@おーぷん
    俺はされた側だけど、嫁のくだらない仕返しの話

    嫁はだし巻き卵が好きで甘いのは苦手
    俺は甘い卵焼きが好きだが嫁の作る卵焼きはなんだって美味しい


    そんな嫁は普段甘い卵焼きを入れてくれるんだが、それが最近甘い卵焼きとだし巻き卵をランダムに入れてくるようになった
    特に気にせず食べてたんだけど、ある日気になって聞いてみたところ

    嫁「ふっふっふ、甘い卵焼きだと思って食べたら実はしょっぱかった
    しょっぱい卵焼きだと思ったら甘かった
    あのがっかり感を毎日俺くんに味合わせてあげようという私なりの小さな嫌がらせなのだよ!!」

    「いや、俺、甘いのもしょっぱいのも好きだし、お前が作った卵焼きはなんだって美味しいから特にがっかりはしないけど」

    嫁「(゚Д゚)」

    その後腹をボコスカ殴られた

    翌日、二段弁当の上段がふっくら卵に占領されてた
    多分嫌がらせなんだと思うが、中に混ぜこまれた細かく切った野菜(多分ほうれん草とじゃがいも)と下に敷かれたベーコン、卵
    卵生地に練りこまれたマヨネーズとチーズのおかげでめちゃくちゃおいしかった

    料理の腕前のせいで空回りしとる

    このページのトップヘ