親切

    698 :鬼女日記 2019/01/24(木) 02:40:16 ID:a/pi80zs.net
    バイトでの出来事
    60代くらいの夫婦が、車から降り、家庭用のプリンターを抱えて店に向かってくるのが見えて
    一同「え?なんだ?なんだ?」状態
    で、店に入ってくるなり
    「スマホのアプリを使って残暑見舞いをこのプリンターで両面印刷したい」
    ちなみに当店コンビニw

    接客した子が「え、いや…それは当店ではわかりませんので…プリンターかアプリのメーカーに言った方が…」と狼狽えてる中
    夫婦が「それじゃ困る!!」と、いや、こっちが困ってるよw
    「こないだAさんっていう髪の短い女の店員さんが、見てくれるって言ったんだよ!!あんたわかんないならAさん呼んでよ!!」と怒り出した
    Aさんというのは紛れもなく当店のスタッフでその日は公休日でいなかった
    聞く話によるとコンビニでの写真プリントの仕方がわからないためAさんに聞いた所親切に教えてくれたと。そこまではいい
    「家にプリンターがあるんだけど、やり方がわからん」と言った所
    Aさんが「あ、じゃあ今度プリンター持ってきてくれれば見ますよ~」と言ったんだそうな
    店長がAさんに事実確認とったら「事実」とw
    いやそんなん業務外だし、うちは電気屋でも便利屋でもエプソンでもないのよwと
    そんなの軽々しく引き受けないでほしいし、億が一にでも引き受けるんだったら、せめて自分の出勤日伝えといてくれない?と注意されてた
    で、この夫婦は「言っちゃったものはしょうがない」と、Aさんのいる別日に来てもらうことにした
    けど、Aさんも詳しいから言ったのかと思いきや、全く使い方がわからず、携帯ショップに振ってた
    (おそらく携帯ショップの人も困惑したことだろう…)

    で、時は流れつい最近
    また店の中から、家庭用プリンター持ったおじいさん(↑とは別の人)が
    「タブレットで作った年賀状を両面印刷したい」
    案の定「Aさんが手伝ってくれるって言った」ってw

    わかりもしないくせに自ら引き受ける上に、全く学習能力のないAさんの馬鹿さにも衝撃だし
    それを間に受けてコンビニにわざわざ車でプリンターまるごと持ってくる人が
    2組もいることにも衝撃だった

    588 :鬼女日記 2018/04/30(月) 10:38:36 ID:1Dy5ZMir.net
    >>587
    電車で子供産んだ友達の前に妊娠中期くらいの妊婦が立ったのに友達はガン無視だったのにはビックリしたな
    結局私が譲ったけど譲られてきた人が1番譲れば良いのにとは思った
    後、職場でも妊婦に1番厳しいのは子持ち
    独身や男は面倒だと思ってか内心はともかく表向きはすごく優しく配慮する
    でも子持ちの女性.は意外と優しくない

    679 :鬼女日記 2018/06/27(水) 16:29:30 ID:kUK8aD8/.net
    かなり前の自分の話。冷蔵庫が突然壊れて冷凍食品やらなんやらが駄目になるって焦った時。
    思わずというか冷蔵庫壊れたことからショックでスーパーに駆け込んで生鮮売り場の店員さんに大量の氷と魚が入ってたであろう発泡スチロールをもらって帰ってきた。
    めちゃくちゃ謝り倒しながらついでにコーラと唐揚げを買っていったのを覚えているけど今考えたらそもそも氷なら高くても売ってるもん買うべきだったなあ、普通に図々しかったなあって反省。
    普通に快く氷くれた上に発泡スチロール返さなくても大丈夫だよって言ってくれた店員さんに感謝。ありがとうございます。

    547 :鬼女日記 2017/01/23(月) 03:11:17 ID:WT8BKmmW.net
    最近どこかで読んだことのあるコピペみたいな出来事が自分の身に起こって驚いた
    朝、始発から終点手前まで乗るし座りたいから少し早く出て快速ではなく普通に乗ってるんだけど妊婦バッジをつけてる妊婦さんが気分悪そうに壁にもたれてたから席を譲った
    翌日も座ってるとその妊婦さんが現れてわざわざ「昨日は本当に助かりました」とお礼を言ってくれた
    それで終わるかと思いきや「この電車って始発駅でほぼ席埋まっちゃいますよね」「今日も終点まで行かないといけないけど体がつらい」という話をされてああそうですかとも言えずにまた席を譲ってしまった
    そしたらそれが日常化してしまい席を変えても車両を変えても現れて「昨日はすみません、助かりました、今日も終点まで行かないと…」と言われてしまう
    私も酷い腰痛持ちでこの時期は冷えで悪化するから座りたくて快速ではなく普通に乗ってるし始発駅とはいえ時間帯が時間帯だからその普通でさえ並んで席を確保してる
    一度だけどうしても座っていたくてイヤホンをして寝たふりをしていたら肩をポンポンと叩かれてそれでも寝たふりを続けていたら「すみません、すみません、あのぉー」と肩を揺すられて驚いた
    目をあけると「昨日というかここ数日ののお礼を言いたくて…実は今日も終点まで…」という話
    正直に「私は酷い腰痛持ちでそんなに毎日は席を譲れそうにない」と話し謝ったら「ここ数日のことは感謝してるけど責任をとれないなら自尊心を満たす為に中途半端な親切をするのはやめたほうがいい」と叱られた
    自尊心もなにも体調が悪そうな人に一度席を譲ったら毎日譲り続けることになるとは思わないでしょ
    一度でも席を譲ったら責任をもってその人が電車を利用しなくなるまで譲り続けないといけないなら誰も席を譲らなくなりそう
    見た目や口調も派手だったりとくに非常識そうな人ではなく本当に普通の女性.だった
    こんな人が本当に存在するとは思わなかった

    43 :鬼女日記 2015/06/19(金) 23:36:13 ID:0kJ
    最近見知らぬ人からやたらと親切にされる

    急に雨に降られて小走りで帰ってたら知らないご婦人に相合い傘で家の下まで送ってもらえたり、
    大荷物持って歩いてたら最寄り駅の改札口まで知らないおじさんが運んでくれたり、
    駐輪場から自転車出すときに100円玉いるんだけどちょうど切らしてたから
    コンビニでお札崩しに行こうとしたら知らないお兄さんが100円くれたりとか
    他にも小さいことが色々沢山

    この話をしたら旦那に「俺が甲斐性なしだから嫁ちゃんがみすぼらしく見えて皆が助けてあげなきゃって気持ちになるんだよ!
    俺もっと嫁ちゃんが楽できるように仕事頑張るから!今出世候補に名前上がってるんだよ、俺頑張るから!」と
    何か私に対してだいぶ失礼な発奮の仕方をされたけどまぁやる気出たならまぁいいや

    でも私は別にそんなみすぼらしくは見えてないと思うんだけどwwというか思いたいww

    129 :鬼女日記 2016/09/13(火) 16:25:23 ID:TX1
    大型ショッピングセンターで2歳と0歳の子と歩いてたら2歳子が突然嘔吐。
    咄嗟に私が手で受けたけど受けきれず、廊下に吐しゃ物が少し落ちてしまった。
    両手で受けちゃったから私身動き出来ず、0歳子はベビーカーでギャン泣き。
    廊下だったから店員にも気づかれないし、通りかかった若いカップルから「臭い」「汚い」と言われ、年配の方も顔をしかめたりするだけでスルー。
    2歳子もそんな周りの反応を察したのかギャン泣きし始めた。
    トイレに連れて行こうとしたけど2歳子は私にくっついて動かず、情けないが私もパニックで泣きそうに。
    そしたら25、6くらいの若いカップルが「大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。
    女の子はすぐに自分の買い物袋から買ったものを自分のカバンに詰めて、袋を広げながらこれに吐しゃ物入れて下さいと言ってくれた。
    そしてお手拭ティッシュかおしりふきはありますかと言われ、私に手を拭くように渡してくれて、更に2歳子に「大丈夫だよ、びっくりしたね」と話しかけながらお手拭用のティッシュで顔や服を拭いてくれてた。
    男の子の方が店員を呼んでくれて床の片をしてくれる様にお願いしてくれて、更にトイレまで付いてきてくれた。
    男の子はトレイまでベビーカーを押してくれて、女の子は2歳子に色々話しかけて泣きやませてくれた。
    トイレでも泣いてる0歳子を抱っこしてくれたり、2歳子の嘔吐付き服を嫌な顔一つせず脱がしてくれた。
    私なら他人の子の嘔吐物なんて近づくのも嫌だから、申し訳なくて女の子に謝り倒すと「私保育士なんで慣れてますし、全然気にしないでください」とニコニコ。
    何かお礼をと思い名前や連絡先を聞いても教えてくれないし、せめてケーキでも買って渡そうとしても頑として断られた。
    もし自分が独身時代にこんな状況に出くわしていたらどうしただろう、きっとスルーするな。
    例え自分が保育士でも業務外にわざわざ他人のお世話しないと思う。
    こんなに親切な人もいるものか、と衝撃を受けた。
    妊娠したり子育てしてると、今まで気づけなかった他人の優しさに触れて衝撃を受けることが増えた。

    831 :鬼女日記 2004/08/24(火) 00:43:00 ID:H9Y+O3aJ
    4年前、まだ学生だったころのわしの体験談。
    深夜に、ラーメン屋に入って、肉ねぎ炒め定食を食っていた。
    そこへ入ってきた、若い疲れた感じのお姉さん。たぶん、働いている人だったはず。
    店のテーブル席は埋まっていたので、お姉さんはわしの隣のカウンター席に座った。
    そのお姉さんは、ラーメンのみを頼んだ。530円。税込。
    しばらくしてラーメンが来て、お姉さんが食べ始めたと思ったら、
    そのお姉さんがびっくりした表情を浮かべている。

    ふと店員を見ると、意味ありげな表情を浮かべている。

    ふと横を見ると、お姉さんのどんぶりのそこに、厚切りチャーシューが
    これでもか!!
    というぐらいに敷き詰められているのが見えた。
    その上には普通にラーメンだから、見た目は普通のラーメン。
    実質、チャーシュー大盛チャーシューメン。

    たぶん、疲れた感じのお姉さんを見て、店員さんがサービスしたんだろう。
    ええはなしや・・・わしはちょっと胸がスーッとした。

    でもお姉さんの胸は、むかついていたようだ。怒っていた、という意味ではなくて。
    がんばって完食した、疲れた感じの若いお姉さん、GJですた。

    48 :鬼女日記 2015/06/13(土) 01:55:02 ID:???
    批判食らうかもしれないけど、私って美人で可愛いんだなと最近気付いた。

    3兄妹の末っ子長女で、親しい従姉とも11歳以上違うという環境で育ったから
    小さい頃から蝶よ花よと育てられた。
    ただ小学生のとき、芸能界に憧れを持った私に母が
    「あんたくらいの子は芸能界にゴロゴロいるから通用しない」
    と言われ、同級生に美人や可愛い子が多いことも相まって、私の容姿は並なんだと思ってた。

    初めてのバイトは時給に釣られて派遣会社を受けた。
    接客業の募集に応募したのに、何故かコンパニオンの仕事ばかりさせられた。
    「女の子が足りないから助かったよ!」
    と言う社員の言葉を
    「面接に来た女の子はみんなコンパニオン採用」
    と誤変換し、送迎はもちろん、夕飯を御馳走になるのも「当たり前」と思ってた。
    コンパニオンだからお客様からもチヤホヤされ、差し入れとか貰うのも「当たり前」だと思ってた。
    小学生の頃、夕方に再放送してるトレンディドラマにハマッて見てたからか
    「いくら出したら愛人になってくれる?」
    等のセクハラ発言も「当たり前」だと思ってたのも原因かも。
    セクハラ発言を笑顔でかわす代償が送迎や食事、差し入れなのかなと。
    (念の為に書きますが、愛人になったことはありません)

    22歳になって、いつまでもこんなことしていられないなと思い、職業訓練を受講。
    元々パソコンは好きだったからCS検定2級を取れた。
    そのまま事務職の世界に足を踏み込んだ今、すごく大変な思いをしている。
    何故か一部の女性陣から総スカンを食らう。
    姉御肌や家庭的な人からは仲良くしてもらえるけど、お局様やギャル系の人からとにかく嫌われる。
    嫌がらせをされたり、仕事の邪魔までされる始末。

    そのことを姉御肌の先輩に相談したら
    「あなたが美人で愛嬌があって可愛くて甘え上手なくせに仕事も出来るからよ」
    と言われ、バカにされたと思って男友達に相談したら
    「私ちゃんは美人で可愛いから、事務職なんてしたらやっかまれるだろうね」
    と言われ、ハロワで真剣に相談しても
    「あなた愛想が良くて人懐っこくて可愛いから僻まれるのよ」
    と身も蓋もない回答をされる始末。

    働くのが嫌になってまとめサイトを読み漁ってたら
    私が「当たり前」だと思ってたことは当たり前じゃなかったことに気付いた。
    特別な親切だったり、有り難いことだったんだなーと。
    それを当たり前のことだと思ってたことが反感を買ってたんだなーと。

    懲りずにまた事務職してるけど、お局様の当たりが強くて辛い。

    782 :鬼女日記 2015/05/17(日) 20:54:27 ID:JUIyeg75.net
    修羅場といえば修羅場なので投下させてもらいます。

    少し前、資格とりたくて数年勤めた職場を退社してフリーターしながら資格の勉強してた。
    バイト先は牛丼屋で、基本は22時から朝までのシフト。
    2年前のちょうど今時、深夜1時頃にある父子が客で入ってきたんだ。

    父親は30代くらい。子供は女の子でたぶん2才~3才くらいかな。
    深夜にもかかわらず女の子は眠い感じがなく、活発に喋ってた。
    お冷を持っていったら父親「ちょっと注文考えさせて下さい」と。

    当時は1人シフトで地方都市の国道沿いの店なもんで他に客は無し。
    父子の会話が明瞭に聞こえてきた。

    娘「これナホちゃん食べたいなー」
    父「ナホはこれ食べたいんだなー(財布の中身見て)いいよ、これ頼もうか!」
    娘「ぎゅどんておいしいー?」
    父「うん、すごくおいしいよー!」

    呼び出しが鳴ったので注文を取りに行った。

    父「すいません、この(小盛の牛丼)をひとつください」
    俺「他にご注文は?」
    父「以上です」

    え、子供の分しかないじゃん。お金ないのかなーと思った。
    この父子をよく見れば、父親はけっこう着古したスラックスにヨレヨレのYシャツ。
    娘はもう5月も終わる時期なのにスウェットっぽいズボンに毛玉いっぱいついた長袖。
    荷物は汚い大き目のリュックひとつ。
    明らかに何日かは風呂も入ってないなって感じの風貌だった。

    続きます

    646 :鬼女日記 2017/01/02(月) 22:28:05 ID:Yrk
    15年ぐらい前に旦那が入院した時のこと。
    当時は子供もまだいなくて共働き、おまけに互いの両親も遠距離だったので
    連絡だけで特にヘルプは頼まず、落ち着いてからは退社後に顔を出していた。
    そんなある日、友達が大勢で見舞いに来てくれたらしくて
    冷蔵庫に入れていたお茶が全部無くなってしまい、
    ノドが乾いたのでお茶を買いに行きたいけど
    個室だったので頼める人もいなくて、まだ歩けなくて困ってたら
    看護師が様子を察して代わりに自販機で買ってきてくれたらしい。
    もしもの時の為に貴重品の引き出しに小銭入れを入れておいたので
    それを渡してお願いしたそうだ。
    買ってきてもらったのはペットボトル500mlを2本。
    で、何気に小銭入れの中を見たら千円札1枚と小銭が
    100円玉10円玉合わせて300円ぐらいしか無かった。
    他にお金使った?って聞いたらそれだけだって言う。
    小銭入れにはきっかり2000円入れてあったのに。(千円札1枚と小銭千円分)
    こんなセコイ疑いを持つのもなんだけど、一度気になったらどうしようもなくて
    もう一度小銭をきっかり千円分に戻しておいた。
    それから数日後、同じ看護師さんが「また困ってることないですか?」って
    声を掛けてきたらしい。
    で、その時は売店でスポーツ新聞を買ってきてもらったらしいが
    スポーツ新聞なんて120円かそこらだと思うんだが
    500円ほど消えていた。
    レシートがないのはスポーツ新聞だからしょうがないかと思った。
    まさかこんな細かい小銭をくすねるってのも信じられないけど
    もう一度だけ千円分に戻して、そこで初めて旦那にこれまでの不信感を話した。
    しばらくしてまた「御用はないですか?」と言ってきたので
    のど飴を買ってきてもらったらしい。
    で、戻ってきた時、看護師の目の前で小銭入れの中を確認し
    「ここの売店ではレシートはもらえないんですか?」と聞いたら
    急におどおどしだして「ずいぶん高いのど飴のようですが」と言って
    2000円入ってたのに、何故1300円(ぐらい)しか残ってないのか問い詰めたらしい。
    そこで初めてこれまでのことも認めたそうだ。
    続きます。

    このページのトップヘ