親友

    984 :鬼女日記 2012/10/24(水) 16:04:18 ID:guSJX7nc0
    親友だと信じていた美人のN子。
    中学から大学までずっと一緒だった。
    でも、「(私)と一緒にいるのは、自分の引き立て役にするため」という彼女の本音を聞いちゃった。
    N子は私に聞かれているとも知らずに、得意げに話し続けていたよ、10年前。
    どうりで・・・・私の好きになる人は、みんなN子に横取りされた。
    N子はいつも「(私)ちゃん、今好きな人いるの?」とか「彼氏が出来たら紹介して」と言ってきた。
    まるっと信じ切って、彼氏を紹介すればN子に取られてきた。
    絶対許せない、一生分の復讐をしてやる!と決意した。

    その年の夏休み前、私は素知らぬ顔をしてN子に相談事を持ち込んだ。
    「凄く好きな人が出来たの、彼ほど素敵な人はいないの、私どうしたらいいかわからないの」
    N子はいつも通り「私に紹介して」と言ってきたわ。
    「私が趣味で参加しているサークルの人なの、今度キャンプがあるから一緒に参加してくれる?
     彼を見て、アドバイスして欲しい」
    N子、目をキラキラさせて二つ返事でOK.

    そして現在、N子は彼の妻。
    キャンプの夜に出来た子を筆頭に8人の年子持ち。
    彼の実家(借家)で大舅姑、舅姑、知的障/害者のコウト2名と同居し
    奴隷奉公の日々。
    彼女の産んだ子ども達のうち、何人かは非常に怪しい状態。

    知ってたんだよね私、顔だけは抜群に良いけど中卒で貧乏。
    ジジババと親と池沼兄弟を抱えた彼は、女と見たら口説いて出来婚に持ち込もうとすること。
    8人も子ども産まされたら、N子の美貌も流石に見るかげない。
    ざま見ろ!と時々貧乏家に遊びに行ってはほくそ笑む。

    704 :鬼女日記 2017/07/26(水) 02:26:04 ID:66VU8Gro.net
    長すぎと怒られたので2つに分けます。

    中学生の時からの親友()をCOした話。

    フェイク入れてるので矛盾点はスルーお願いします。
    親友を仮にMとします。

    Mとは中高が同じクラスで趣味も合い、周りが引くぐらいべったりな仲だった。
    高校卒業のタイミングで進路が分かれて物理的に距離ができた。
    卒業してからも1年半ぐらいは頻繁に連絡も取り合って、連休にはお互いの家に泊まったりもしていた。

    ここまでが前提

    大学2年の夏頃にはそれぞれ新しい友達との関係が安定して連絡する頻度も徐々に減って、お互い本当に困った時にだけ相談する関係になってた。
    私は高校までのベッタリ関係から比べると、かなりいい関係になりつつあると思っていた。

    でも、Mが専門を卒業して地元で働き始めたくらいから毎日のように「会いたい」とか「誰と遊んでるの?」「彼氏とはどこまで進んだの?」と粘着されるようになった。
    ある程度返信はしてたけど、いくら親友といえど踏み込んで欲しくない事も聞かれた。泊まりに来たら、スマホ覗くわ私にべったりくっついて離れないわで「親しき仲にも礼儀ありを知らんのか」と怒鳴りたい気持ちを抑えつつ、新卒で不安なんだろうと気にしないようにしてた。

    493 :鬼女日記 2017/04/23(日) 17:01:48 ID:pllaU0Gf.net
    愚痴
    付き合ってまだ一週間と経ってない彼氏と初めて一緒に食事をしたんだけど、店を出た途端に相手がぐちぐち言い出した

    内容としては
    ・女のくせに俺と同じ揚げ物たっぷりの定食を頼むな、パスタとサラダのレディースセットがあるんだからそっちにしろ
    ・ご飯粒を残らずつつくなんて意地汚い、そもそもあの量を平らげたこと自体ドン引き
    ・食事中しかもデート中なのにトイレに立つな汚い

    タヒぬほど腹立って親友に相談したら大爆笑されて
    「彼氏可愛い」「その程度で別れたいなんて言ったら今後結婚なんかできないよ」と言われてしまった
    明らかにあっちに非があると思ってたんだけどこっちも問題あったろうか…

    843 :鬼女日記 2015/12/06(日) 11:05:38 ID:YeKGE1DU.net
    ある披露宴での出来事。私は新婦の大学時代の親友。
    ノミのハートの私がスピーチに指名されてカチカチに緊張して順番が来てマイクの前に立った。ら、背後から衝撃を受けて天井が真正面に見えた。
    私がいるはずのスタンドマイクの前に30代のおばはんが立っていた。
    パニックで酸欠の金魚状態の私、何も言えない。
    おばはんがマイクを握った。
    「新婦さん、私の夫を不倫して寝とっておいて、別の人と結婚おめでとう!!!(←シャウト)」
    司会役の友人も会場の人たちもとっさのことに何も言えなかった。
    異常事態の中で我に返った会場スタッフが彼女を排除しようと動き出した時、彼女が「他人の夫とホテルに出入りしてた証拠はこれじゃああああああ」って写真をバラ撒いた。「他人を不幸にしておいて結婚おめでとう、キャハハハ」。動き出したはずのスタッフも固まっちゃった。
    私はようやく身を起こして周囲を見たんだけど新婦は真っ青な顔して気絶寸前、新郎両親は爆発寸前。
    そうしたら新郎が立ち上がって、大きな声で彼女に話しかけたんだ。
    まず、つらい思いをしたんですねって。
    会場はますますシーンとしちゃって。彼女も一瞬言葉が出なくなったようで、会場を沈黙が支配した。

    文章下手だな。雰囲気伝わらない。書くのって難しいね。
    でも続けさせて。一旦切る。

    772 :鬼女日記 2012/08/29(水) 17:35:02 ID:kwsg/08A0
    失礼して投下。DQN注意
    小学生の頃とあるスポーツの少年団で親友Aとその友達にいじめられた。理由はA達を差し置いて私が試合に選抜されたからだと思う。
    結局卒業まぎわに少年団をやめ中学生になってからその部活に入った。
    学区が同じだったAも同じ学校同じ部活。
    あろうことか何も無かったかのように話しかけてくるAに復讐してやりたいと思い、大会で優勝してやった。中学三年間で手に入れた賞状は優勝一枚、準優勝二枚。全部個人戦だ。Aは個人で一度も入賞せず。
    Aが泣いてるのを見て思いっきり謙遜してやった。余計泣いてた。
    DQNだったのはあまり練習に出なかったことと、それで団体戦のメンバーに選ばれなくて部活の皆に迷惑をかけたこと。

    935 :鬼女日記 2018/04/13(金) 13:11:13 ID:O5B
    マジで神経わからんイライラする
    共働き子持ちの親友が離婚予定。許可を得てるので書く。
    育児家事ぜーんぶ親友に丸投げ、昨年から保育園に入り復職までしてるのにオムツ1つかえない。
    夫は私の同僚なんだけど、仕事はゆるやかなデスクワーク。
    朝から戦争のように保育園準備、掃除お弁当全部やって働いてまたお世話して家事する親友より、1つの仕事をデスクに座って自分のペースで進めてた方が遥かに楽に決まってる。
    それなのに俺は正社員で疲れてるんだ云々で、お前は楽でいいなと当たり散らすもんだから、親友からも両親族からも徹底的に責められ今離婚調停中。
    親友は離婚して2度と会いたくないレベルなのに、未だに「いつまでスネてんの?そろそろ機嫌直せよ」「お互い謝って終わりにしよう」とお手本のようなメールが来るけどなんなのこれ?
    許可を得て私の携帯からブチ切れ連絡したら「俺は許すつもりです。妻に意地をはるなと言ってください」。
    ここまで現実を受け止める力がないとは思わなかったし「男なんてみんなこんなもんだって。既婚者ならわかりますよね?妻も我慢が足りないと思いませんか?」だと。
    男がみんなこんなもん、な訳ねーだろ!!さり気なくうちの夫まで一緒にすんな!!世の男に謝れ!

    944 :鬼女日記 2017/08/02(水) 23:58:24 .net
    たいして黒くないかもだけど…
    弟の親友が私のせいでタヒんだ。
    家庭教師してた時に惚れられて、美少年だったから最初は可愛くてちょっと遊んであげたりしてたんだけど、だんだん本気になられてしまい面倒になった。
    束縛しようとするし重たかったからプライベートでは邪険にし始めたら目の前でリスカしたり、シンナーもやり始めた。
    タヒんだ夜電話が来ていつも会ってた場所に呼び出されて泣きつかれたんだけど、シンナー臭かったから冷たい態度で突き放して帰った。
    その場所でタヒんでいたらしい。
    携帯に最後に残ってた番号だったから警察から色々聞かれたけど会った事は言わずに「遅いからまた明日ね」と言いました、と申告。
    人通りが全くない場所だったからバレなかった。
    タヒぬほどのことじゃないだろうと未だに思っているのはちょっと黒いのかも。

    203 :鬼女日記 2018/01/23(火) 13:13:19 ID:KJ21ZInn.net
    突然、彼女の親友の A子から「あなたを好きになったかもしれない…」と言われた。
    彼女とA子は小学校からの友達で、おとなしく控えめな彼女に対してA子はサバサバしてて背の高い美人。

    控えめな性格だが、俺の前で明るく笑う彼女を好きになって付き合い始め、親友として紹介してもらったA子も応援してくれてた。
    そんなA子が親友の彼氏にこんなこと言うの?!と思って「俺、B子(彼女)の彼氏だよ?!」と言うと「うん…でもB子には黙ってて」と言われた。
    こんな話ししたらA子に裏切られたと彼女がショックを受けると思い黙ってた。

    それから、なぜか彼女との仲がギクシャクするようになった。デートしてても楽しくなさそうだし、ラインも既読スルーされたり返事が次の日だったり。

    彼女に思い切って「最近なんか変だよね?俺なんかしたかな?ちゃんと話してほしい」と言ったらしばらく黙っていたが「実はあなたと付き合ってもイマイチ自信が持てなかった。A子に相談したら「私が彼男くんに告白してキッパリ断れば自信持てるんじゃない?」と言われ
    A子に告白してもらった。でもあなたはA子に「俺B子の彼氏だけどいいの?」だった。A子からも別れた方がいいと言われたけど、好きだから気持ちが付いて行かず悩んでた」と泣かれた。

    「俺はあのさっぱりした性格のA子が親友の彼氏にこんな事言うなんてと思って、俺B子の彼氏だよ?!何言ってるの?!と言う気持ちで言った答えだ。B子の彼氏だけどいいの?なんて気持ちは微塵もない。
    黙ってたのは悪かったと思うてど、親友のA子がこんな裏切りをしたと知ったら君が悲しむと思って黙ってた。だからあれからA子に会わないようにA子が来る集まりは断っていた。それだけだ」と言ったが
    「でもA子があなたが告白を受け入れたと嘘つくなんて…」「でもあなたが好きだから諦めきれない…」「A子とは親友なの…親友があなたとは別れた方がいいって言ってる…」と泣きながら言い始めたらすーっと醒めその場で「じゃあ別れよう」と言って帰った。

    案の定、A子から「何で気持ち分かってやれない?!」とか「B子のこと大事にするって嘘だったの?!」とか「B子泣かせたら許さない!」と山ほどラインや電話がきた。
    もうどっちにもうんざり。

    568 :鬼女日記 2018/03/08(木) 22:12:58 ID:9WB
    小学2年の時に他県へ転校した
    仲良くなった友達と離れるのは寂しかったが、特に保育園児からの友達だったAちゃんと離れるのが悲しかった
    学校へ行くのも帰るのも一緒で、放課後もお互いの家に行くぐらい仲が良かった
    なので、葉書を書いて送ろうと約束をした
    当時は連絡手段と言えば、固定電話か公衆電話、手紙や葉書で
    電話での長話は親に叱られる事もあって、私は毎週のように葉書でたわいもない事を書いてAちゃんに送っていた
    私は引っ越し先で、転校生という事で虐められていた事もあり、友達もなく寂しかったのもあるが
    毎週葉書を書いて送るって、今考えてもウザかったと思う
    最初はよく返事をくれていたAちゃんから、だんだん返事が来なくなり、最終的に「しょっちゅう送って来ないで。迷惑」と返事が来た時が人生最初の衝撃だった
    なにせこんなに仲の良い友達同士なんだから、相手も快く返事をくれて当たり前だと思っていた私は
    その返事がショックで、それならどれくらいの間隔で葉書を出したら迷惑にならないか考えたが
    最終的に葉書を出さないと言う事にした
    Aちゃんの「迷惑」と言う最後の一言が子供心ながらに重くて、もはや葉書を出す事すらも迷惑なのでは?と思い至った
    そこから自分勝手な想いは、相手に迷惑な事もあると言う事を学んだ

    Aちゃんあの時はごめん

    944 :鬼女日記 2012/10/08(月) 09:30:24 ID:Z784fvGs0
    吐き出し。
    短大時代に知り合って、気が合って仲良くしていた友人。
    卒業してお互い別々の会社に就職したけど、同じ市内だったから
    仕事のあとに待ち合わせて映画見に行ったり食べ歩きしたり
    たまに旅行に行ったりして付き合いはずっと続いていた。
    私は24、彼女は25で結婚したけど、披露宴にはお互い呼んで呼ばれて
    スピーチもし合ったぐらい仲が良かった。
    結婚後は、私は地元でパートしながら平平凡凡に暮らしてたけど
    彼女はもともと遠距離恋愛だったので、結婚と同時に遠くに行ってしまって
    しばらくは帰省のたびに必ず会ってたけど、
    お互い結婚して15年も経つと、年賀状で近況を知らせる程度になってしまった。
    付き合いが絶えたわけじゃないけど、自分たちの日々の生活に意識が向いてしまって
    滅多に会わない人のことは普段は思い出さないし、そんなもんだと思ってる。
    その彼女から珍しくメールが来て、久しぶりに帰省するから
    都合のいい日に会わないかと言ってきた。
    すごく嬉しくて、よかったらうちに来ないかって誘ったんだ。
    ○日なら旦那もいないし、ゆっくり話せるしって。
    そしたら彼女も了解してくれて、我が家に遊びにきた。
    で、まぁ小一時間ぐらい思い出話や近況を話しながら楽しく過ごしたんだけど
    突然神妙な顔つきになって、実はお願いがあって会いに来たって言われて
    その瞬間に「ああ、これが今回の目的だったのか・・・」って身構えてしまった。
    同時にお金のことだって思った。
    たぶん、それが顔に出てしまったんだと思う。

    このページのトップヘ