253 :鬼女日記 2016/11/04(金) 23:43:28 ID:PW3
    父が脳出血で急逝した。
    母のことが大好きな父だった。仕事の虫だったが、年に一度必ず家族旅行に連れていってくれた。
    私たち兄妹の進路について真剣に相談に乗ってくれる、真面目な人だった。
    後1年で退職することとなり、倒れる1ヶ月前の正月に家族で集まったとき、
    「退職金は、母さんと二人きりの世界一周旅行に使うからな、お前らは期待するなよw」
    と言いつつ、すでに一人立ちしている私たちにお年玉をくれるような人だった。
    父の葬儀が終わるまでは気丈に振る舞っていた母だったが、49日法要が終わり納骨が済んだとたんに心労で倒れ、
    しばらく兄夫婦の家で面倒を見てもらうことになった。
    私は、父の遺産や遺品の整理を任されたため、休みの度に実家に帰り、家の整理を行っていた。
    面倒なお金の処理が終わり、父の書斎を片付けていたときだった。
    本棚の奥に、何か隠されていることに気がついた。
    本を全て避けてみると、隠されていたのは古い大人のビデオだった。
    古くさいVHSのパッケージが、10本以上。
    あちゃーと思いつつ、あの真面目な父がねぇ、とおかしくもあった。
    興味があり見てみると、全て同じ女優さんの大人のビデオ。そしてその女優、なんか見たことがある。
    顔や体にある特徴にデジャブを感じる。
    母だった。
    それに気がついたとき、修羅場だった。
    これは隠さねばならないと段ボールに積めて自分の家に持ち帰ってしまったが、その後どう処分しようか頭を悩ませた。
    ネットで女優の名前を検索すると、当時は売れっ子の女優だったらしい。
    画像検索したら若いときの母の裸画像がずらーっと表示されて、orzとなった。
    母は年のわりには若いし垢抜けているが、まさか過去にそんな仕事をしているなんて微塵にも感じなかった。
    普通の、どこにでもいる主婦だったんだけどな。
    ビデオを持っているってことは、父はもちろん知っていたんだろうけど…。
    こんなこと誰にも相談できないし、母はまだ元気がなく聞けるような状況じゃない。
    ほんと、たまにうわーって叫びたくなる。
    あと、喪があける来春から婚約者と同棲するために引っ越すのだが、それまでにビデオをなんとかしなくてはならず、それも修羅場です。

    908 :鬼女日記 2012/03/06(火) 16:51:16 ID:U2M+8bOd
    何年も前の話ですが

    人付き合いの苦手な私が幼稚園の役員になってしまった。
    周りの役員さんたちは美人で華やかな人が多くて、
    ブスで頭の悪い私は居心地が悪かった。
    それでも何度か集まると、ほかの役員さんと世間話くらいはするようになった。

    その中のAママはなんだか不思議な魅力を持った人だった。
    要領の悪い私の話を熱心に聴いてくれた。
    Aママは聞き上手で、相手の目を見ながら、頷いたり、質問したり
    「それはこういうことかな?」と上手にまとめながら聞いてくれた。
    表情も小動物のようにクルクル変わって、笑ったり、考え込んだり。
    私の話を聞いたAママが笑い転げてるのを見ると嬉しくなった。

    941 :鬼女日記 2014/03/22(土) 23:32:58 0
    嫁が三姉妹の長女の為、俺婿入り。同居。
    三女コトメ(専業・小梨・現在近距離別居)は昔は素直ないい子だったんだが
    大学卒業後すぐに高学歴()彼と結婚したら、すっかり勘違い奥様に大変身。
    「旦那くんは○○大学で優秀だった」が自慢。口癖は「介護は長男家の務め。遺産は山分け」。
    生きてる親の前で言うか普通。

    俺も義実家も低学歴だし、子供は普通に学校出て就職して結婚してくれればいいかなって感じだったのだが
    何の突然変異か娘は優秀で、俺は初めて聞いた名前だが偏差値の高いらしい大学に合格。
    合格の報告したら三女が凸。
    お祝いに来たと見せかけて義両親が学費援助しない様に釘刺しに・・・頼まんわ。
    そしてここでも嫌味炸裂。
    「娘ちゃん頑張ったんだってぇ?でももうちょっと頑張って○○大学目指せばよかったんじゃない?pgr」
    すると娘が三女に
    「伯父さんって何学部だったんだっけ?」
    「△△学部よ♪」

    「私そこ滑 り 止 めで受けたよ^^^^^^^^^」

    「・・・だっ、だけど○○大学のが有名で・・・」

    「三女伯母さんは大学どこなんだっけ?^^^^^^^^^^^^」
    三女顔真っ赤ぷるぷるしてファビョって帰ってったw
    三女大学受験時から知ってるけど、どこにも入れる大学ないって大変だったよなあw

    後で聞いたんだが、俺らのいないところで学歴()以外にも三女からいろいろ嫌味言われてて頭来ていたらしい。
    それ以来ウチに学歴トークはしなくなった。
    次女娘にターゲット変えたみたいだけど今年医学部に合格したらしいから、残念だねwww

    42 :鬼女日記 2011/09/23(金) 19:03:20 ID:jlGsQ5Ww
    父親の妹56才(最近離婚されて独身無職、じいさんの年金で生きてる)を
    じいさんがタヒんだら我が家で面倒見なきゃいけなくなりそうなこと

    その人多分軽度知的障害ありそうで(ADD?とかなんとか障害)
    働けそうにもない家事できないヤバい人
    子供2人いるけど、両方とも新婚だから引き取りたくないらしい
    私は1人暮らししてるけど(実家と近い)
    実家が大変な目に遇うの嫌だー




    >>11
    セカンド、サードオピニオン行ってきたらどうだろう…
    某声優さんも、乳ガン(悪性腫瘍)と診断されて手術したら
    他の病院で悪性ではありませんと言われたそうだよ

    14 :鬼女日記 2015/09/10(木) 17:30:33 0.net
    ちょっと愚痴らせてくれ。
    自分長男で、親と自分の家族と同居してきた。
    家は結婚してしばらくしてから土地を購入し建てたもので、土地代→親、建物代→自分だった。
    過干渉な所もあったがお互い妥協しつつうまくやっていたと思う。
    子どもも独立したころ、母が亡くなり、そしてその後父が足→ひざ→腰とトントン拍子で悪くなり動けなくなった。
    最初は妻が仕事を休んで看てくれ、昼夜で分担していたが、ひざを悪くしているあたりでどんどん父が横暴になってきた。
    もともと愛想が良い方ではなかったが、礼を言わないの当たり前、ご飯に文句をつけ、リハビリはしない、医者に行かない、テメエ調で話すなど。
    妻に対してもそんな調子だった。
    腰も痛かったはずなのに言わず、やっと病院に連れて行った時には骨折が進行していて手術をしても歩くのは難しい状態になってしまっていた。
    この時点で要介護5。
    父とも話し合い、手術後はリハビリも出来るホームに入ってもらうことになった。
    ところが、妹二人が自宅で介護すべきだと言ってきた。父もそれを望んでいると。
    我々夫婦は共働きであり、自宅介護は難しい。
    例え1人辞めたとしても大柄な父を1人で担いだり看れない、夜中にベッドから落ちたりもしていたので、24時間介護するのは厳しいと話したが、かわいそうだの一点張り。
    なら妹二人のどちらかが引き取るか自宅を開放するから介護するかと話したらおさまった。

    615 :鬼女日記 2016/09/22(木) 20:42:48 ID:IhmwcDap.net
    私は子どもが出来にくい身体で、それでもこの間ようやく妊娠しました。
    喜びも束の間で、あっというまに流産。
    わずか7週で天国から地獄。
    その時の旦那の対応にかなり不信感を抱いてしまい、よからぬ事が頭をよぎる事が多くなりました。
    車の運転中、このハンドルを切ったらあの子のところに行けるんじゃないか。と考えていた時にハッと我にかえり、自分で自分が怖くなります。
    こんなことを口に出してはいけない、自分の中で消化しよう、時間が癒してくれるのを待とうと頑張ってはいますが、いつ魔が差すのか自分でもわからず怖いです。
    産婦人科の医師から心療内科を紹介してもらい、受診しましたが、今は無理しないでとしか言われませんでした。
    しかし家に帰れば、旦那からいつも通りの生活をしよう。もう泣くのはやめろ。と言うので泣く場所もありません。
    両親はおらず、姉も先月出産したばかりなので心配はかけれません。
    旦那の転勤で地元をはなれ、友達とも気軽に会えないため、悩みを相談する人もまだいません。
    男性と女性では考え方や感じ方は違うと思いますが、一緒に悲しんでほしいと言っても、実感がわかないから悲しいという感情がわかないと言われました。
    やはり自分の身体のことでなければ一緒に悲しむことは難しいですか?

    579 :鬼女日記 2014/10/19(日) 20:23:45 0.net
    トメ「息子がまだ三十路前なのに毛が薄いのは結婚生活でストレスが溜まってるせいね。かわいそうに」
    私「ウトさんも若い頃から薄毛で悩んでたそうですし、遺伝じゃないですか?」
    トメ「ハァ!?血が一滴も入ってないのに遺伝するわけないでしょほんとバカなんだから!」
    私「えっ」
    トメ「あっ」
    旦那「は?」
    ウト「おい」

    後日ウトメは離婚し、良ウトと同居することに。
    本人以外知らなかったので私もびっくりしたし義実家は若干修羅場になりましたが、
    私的にはクソトメバイバイなスカッとした展開を引き出した一言ということでお邪魔しました。

    791 :鬼女日記 2015/12/18(金) 16:57:58 ID:6j0
    習い事で知り合った友人Aは悲劇のヒロイン型相談女。
    ネガティブな自分語りばかりで基本的に人の話を聞かない。すぐ、「私もね
    ー」と言って自分の話をしてくる。
    それでも2,3カ月に一度会うかどうかなのでその時くらいなら聞き役でもいい
    かな~なんて思ってゆるいお付き合いをしていた。
    続きます

    593 :鬼女日記 2013/09/26(木) 23:16:41 ID:KhBevzt8
    流れ読まずカキコ
    短くまとめる
    母親「DNA鑑定なさい」兄嫁「そちらこそなさったら?兄君と俺君全然似てないですよねwww」→鑑定→俺&兄「血縁関係アリ」、兄&兄子「血縁関係ナシ」→離婚→兄嫁「それぐらいで離婚なんてフジコ!再婚してって言ってきてもしないから」
    時は流れ
    元兄嫁「間男君は鬼だった!騙された!!子供もほんとのパパがいいって言ってるし昔の事は水に流してまた仲良くしよ☆」

    俺は兄貴じゃない

    426 :鬼女日記 2017/09/24(日) 14:22:29 ID:qxz
    夫と赤ちゃんと近所の散歩をした。
    赤ちゃんは抱っこ紐で夫が抱いてくれていたので、久々にヒールも履いた。
    そしたら通りすがりのお婆さんに母親のくせにヒールなんて…と聞こえる程度の小さな声でブチブチ言われたが、子供抱っこしてるわけでもないのに、一体何がいけないのか。
    母親が抑圧された時代の被害者なのかもしれないけど、虚しいなー。

    このページのトップヘ