記憶

    326 :鬼女日記 2016/01/23(土) 17:05:00 ID:XT2
    豚切りごめん
    神経わからんスレに書き込もうかと思ったけど、微妙にスレ違いなのでこっちに。
    胸糞悪いというかモヤモヤして気分が悪いので吐き出し。

    もう30年近く前、大学で同じゼミだったA(男)。

    大学卒業目前、Aが付き合っていた彼女の妊娠が発覚。
    Aは大きな会社に就職が決まっていたし、
    当時は好景気真っ最中で新入社員でも福利厚生やら充実していた。
    彼女も親のバックアップが得られる条件があり、出産に前向きだった。

    ところが、Aは拒否。彼女に中絶を求めた。理由は「まだ遊びたい」
    素で、面と向かって言われた。さらにAが言うには、Aが理想とする
    人生設計には、20代前半で家庭もち、子持ちになることはあってはならないことらしく
    「俺には分かる。今子供を持ったら、将来はダサいおっさんにしかなれない。そんな人生は嫌だ」
    とか今でいうドヤ顔で言ってたと記憶してる。

    で、私含むゼミのおせっかいな数人で、Aの家でAを説得。
    年取った今ならもっと落ち着いて話もできたかもしれないけれど、
    若いからヒートアップして「自分の行動に責任を持て」
    「計画通りに行く人生などあるものか。現実を受け入れろ」とか
    責め立てる感じになってしまった。Aも声を荒げて反論したりしていたが、
    ゼミのリーダー格の男子がぎゅうぎゅうに詰めると、Aも半泣きになって
    床にあおむけになり「嫌だ、嫌だ!」とわめきだした。

    もう小さい子が駄々をこねているような感じで、
    「嫌だ」というよりも「ヤダヤダヤダァ!ヤダヨォ!」という感じで、
    手足をバタバタさせていた。いい年した男のそんな姿にみんなドン引き、
    来ていた彼女さんは過呼吸みたいな状態になって気を失うし、
    私も吐き気がして吐いてしまった。

    その場はぐちゃぐちゃになって終了、Aと私たちはその後会わないまま
    大学を卒業、彼女さんの妊娠は残念な結果になったらしいということは後から聞いた。

    81 :鬼女日記 2016/01/08(金) 12:37:31 ID:9ky
    若い頃、毎日9時始業で翌5時終業、会社に寝泊まりしてて睡眠時間3時間なんて生活を送ってた
    その頃はやっただけ残業代が出たし、やればやるだけ成果が出て評価の対象にもなるしで
    仕事が楽しくて仕方なかったから、私以外にも数名がそんな感じの働き方をしてた

    それがあるとき、会社の役員が不祥事起こして逮捕→取引先が逃げてあっという間に倒産
    俺は他社からお誘いを受けていたのだけど、その転職先が隣県だったので引越しの準備しなきゃなぁと
    思いながら帰宅したまでは記憶がある

    気がついたら病院
    過労で内臓がぼろぼろだったのと、精神的に張りつめていたものがぷつりと切れたせいで倒れたらしい
    玄関の外でカギを握ったまま倒れていたので、隣の人が発見して通報してくれたとのこと
    2日間意識不明だったと言われた

    そこで医者と色々話をしていて判明したこと
    俺の意識としては「就職して2年くらい、その会社が倒産して2日くらい」と思っていたんだけど
    実際には就職して5年たっていた(倒産してから2日というのはあってる)
    自分の中では、連綿と続いている記憶のはずなんだけど、実際の経過よりもぎゅっと圧縮して覚えている状態らしい
    要は、忙しすぎて時間がたつのに気付かなかった!の強烈なもの・・・ということだとか
    頭がパンクしないように無意識に記憶を圧縮しているのではないか、と医者が言っていた

    本当に不思議だと思うのは、自分の年齢も生年月日も就職した年月日も覚えているので、そこを起点にして
    「今自分は何歳、就職して何年」というのを考えればきちんとわかるはずなのに、自分の記憶だけを頼りにすれば
    就職して5年たっていていても、自分の中には2年程度の記憶しかないということ
    入社式のことも覚えているし、社内研修のことも、旅行のことも覚えているし、何回もお正月を迎えたのも記憶してる
    だけど5年分の記憶と言われたら「?」だし、何度お正月が来ようと2年分としか認識できなかった

    その後、病院でカウンセリングを受けながら、転職先でまともな働き方をしているうちに時間感覚はまともになった
    だけど当時のことを思い出すと、今でもやっぱり2年間だとしか思えない

    818 :鬼女日記 2018/02/13(火) 06:50:37 0.net
    記憶が曖昧なんだけど、幼稚園ぐらいの頃に夜中に目がさめると両親がケンカしてて母親が泣いていた。
    父親の隣には見たことないツンとした若い女の人がいて、幼心に「お客さんの前でお母さんが泣くなんてただゴトではない!」と思いリビングに乱入した。

    母親は泣き続け、父親はビックリしてあたふたしてたけど、女はチラッと私を見ただけでまたツンと横を向いた。
    「お母さんが泣いてるのはコイツが原因だ!」と思ってその女に「こんばんは!◯◯です!」と元気よく笑顔で挨拶した。
    その女は「あー」と言ってまたツンと横を向き、父親が慌てて「お父さんの友達のランちゃん(みたいな名前)だよ!よろしくね!」と言ってきた。
    当時私は子役時代の安達祐実に似てていつも「かわいい!」「安達祐実ちゃんみたい!」とどこに言っても言われていて自分の容姿にかなり自信があり、そのツンとした女は私の幼稚園の担任に比べたら厚化粧で全然可愛くなかった。
    なので「お姉さん、人の家に来たらちゃんとご挨拶しないとダメなんだよ!」とか「お姉さんの目はなんでそんなに黒く塗りつぶしてるの(ぶっといアイライン)?私はお目めパッチリだからそんなことしないよ!」とか
    「髪の毛がタワシみたい!私の髪の毛サラサラでしょ!」とか叔父が確かバリ島のお土産でくれた木彫りの人形を指差して「◯◯叔父ちゃんがくれた外国のお人形に似てるね!ホラ、あのテレビの横に置いてるヤツ!私はリカちゃん人形に似てるって言われるよ!」と
    父親が止めるのも聞かず懐くフリをしてソファーの隣に座り女の容姿下げ自分の容姿上げで話しかけ続けた。
    そしたらその女は「なんなのこのガキ!!ケンカ売ってるの?!」みたいに父親にキレ出したが、私は半べそで「お父さーん、このお姉さん怖い~」と泣きついて父親が私を庇うような姿勢だったのが気に入らなかったみたいで女は怒って出て行ってしまった。
    父親は途中まで追いかけたみたいだけど、すぐ戻ってきて「さぁ、もう遅いし寝ようか!」と言った所ぐらいまで思い出したが、その後のことはまったく思い出せない。

    この事はずーーっと忘れてて、私の子供が幼稚園に入った去年、フラッシュバックするように思い出した時が修羅場だった。
    セリフは曖昧だけど、だいたいこんな感じの事を言ったかな程度です。
    後、今は安達祐実に似ても似つかないのも修羅場です。

    100 :鬼女日記 2012/04/12(木) 22:02:51 ID:PrnnGS8s
    5ヶ月経っても顔がきちんと覚えられなかった
    会えば好きだと思ったし、キスなんかもしたけど、待ち合わせでちゃんと見つけられないし、毎回(こんな顔だったけ?)と思ってた
    自分勝手だけど、いつまでたっても見慣れない人間っていうのがなんとなく気味がわるくてさめた
    今すれ違っても見つけられない自信がある!

    282 :鬼女日記 2017/08/13(日) 22:42:08 ID:ahAM2riS0.net
    誰か助けてくれ

    これは俺が園児だった頃だ

    そん時はボロアパートに住んでて近くに公園があったんだ。
    そこに行った、特にすることもなく。

    することなかったから砂場で砂遊びしてたんだよ
    そしたら4人組の子たち(当時の俺と同い年だった気がする)が来た。
    手には消防車のミニカーを握っていたんだ。

    俺はそれを見て「欲しいな・・・」って考えてた。
    その後の記憶はないが、途中のアパートに帰るまでは覚えてる
    で、玄関開けて帰ってきたら母親が出迎えてくれた

    んで、母親が俺の右手を指さし一言
    「何それ?」

    手にはあの子が持っていたミニカーが・・・

    俺はその子たちにミニカーを貰った記憶が全くない・・・
    なんで持ってたんだろう・・・

    今でも不思議でしょうがないんだ

    342 :鬼女日記 2018/01/07(日) 20:28:27 ID:yTzzx96E.net
    同窓会で発覚したこと。
    中学生当時、マンガを貸したりお弁当のおかずをあげたりと仲の良かった子が、今話しかけても無視。私がその子と同じグループで話してても、私が会話に混ざると席を立って別な子とヒソヒソゲラゲラ。

    ようやっとわかったわ。
    私はその子のパシリでしかなかったわけよ、マンガを貸してたけど貸してもらったことは無い、おかずをあげたけど持ってこいと強要されてたからだし。
    仲良しから外れたくなくて何でもやってたよ、その子頭良いから金銭的なことは一切無かったし、いじめとも思ってなかったから仲が良いと思い込んでた。
    他にも、その子は勉強を友達から教わることはあるけど、教えることは一切無かったみたいで、何でもかんでも自分が一番優秀になれるようにしてた記憶がある。今思えば確信できるよ。
    そこまでして中学の内申が必要だったんだろうねー。
    都合いい時だけ使ってたんだなぁ。
    大人になった今は必要ない、切り捨て人材なんですねー。
    二次会行ってくるわー、飲むー。女子はグループ作ってて入れる隙間もないし、男子と話してるとまた女子からグチグチヒソヒソ、もういいわ飲むわ。

    そんな性格してて教師になりたいんだってさ。
    精神病んで通院して薬飲んでた私に、
    『中学生はうつ病にならない、怠けてるだけの負け犬』
    って言ったこと、忘れないよ。向こうは忘れてるだろうけどね。
    そんな人が小学校教師になれるなら、不思議な世の中ですよほんと。

    1 :鬼女日記 2018/02/27(火) 11:00:56 ID:uaJvSxVN0.net
    初めてスレ立てます。
    やっと出産が間近になったので、無事に赤子が産まれるように厄落としさせてください。

    突然思い立ってスレ立てたので、書き溜め無しで長くなりますが、お付き合い下さい。

    フェイク有りなので、辻褄可笑しかったらすみません。

    767 :鬼女日記 2017/08/20(日) 16:45:41 ID:VoCZH1tU.net
    妹の結婚式
    妹は母親のことをあまり覚えていない
    母がタヒんだのは妹が5歳の頃なので、多少の記憶はあるのだが虐待されていた部分がスッポリと抜けている
    食事が冷蔵庫から出したコチコチに冷えた御飯だけで温めてももらえず、食べないと殴られ口に突っ込まれていたことも
    お風呂も洗面器で2~3杯のお湯をぶっかけられるだけだったことも
    そのため髪にゴミがからまっていたのを力任せに引き抜かれたことも
    習わせてもいないピアノやフルートやバレエや算盤を「なぜ出来ないんだ」とタコ殴りにされたことも
    幼稚園の同級生の女の子を誘拐してきて「この子が娘ならよかった」と目の前で可愛がって、私たちは夕飯抜きだったことも
    全部忘れている
    覚えていないけれどきっと可愛がってくれていただろう母
    私達を残してタヒんだことがきっと心残りだっただろう母
    母の遺影に席が用意され、亡き母への手紙が読み上げられ、花束が供えられた
    私は全てぶちまけたい衝動にかられたが、せっかく妹が忘れている最悪な記憶を掘り返して突きつけることになってしまう
    父も妹が本当は母が浮気して出来た子であることは墓まで持って行く
    母はどうせタヒんでいるし
    不幸と言うよりは何か苦い1日だった

    614 :鬼女日記 2018/02/18(日) 04:08:50 ID:AOd
    小一の頃の黒歴史思い出したから書いていく。
    小一の時に学芸会で劇をやることになり、私がやる役は歌って踊るのが得意なパンダその3だった。
    でもおかしなことに、パンダが合唱するシーンを練習する時に何故か周りのみんながくすくす笑ってた。
    当時の私は理由が全くわからなかった。
    で、本番の時も合唱のシーンで上級生が大声でゲラゲラ笑い、大人達はニヤニヤ。
    面白いシーンでもないのに何でだろうとその当時は思ってた。
    月日がたって、久々に実家に帰ったら例の小一の時の学芸会の映像が収められたDVDが発掘された。
    母と一緒に再生してみたところ、みんなが笑っていた理由が判明した。
    みんな合唱のシーンでは棒立ちで口もあまり開けずに歌ってる中、私だけ超ノリノリでゆらゆら左右に揺れて大きな口開けて歌ってた...orz
    母の話によると、みんな地元の保育園出身だったが私だけ唯一キリスト系の幼稚園出身だった。
    そこの幼稚園では「歌う時は元気よく、左右に揺れて口を大きく開けて歌いましょうね」という指示がされていたそうでその癖が小学校に上がっても抜けてなかったそうだ。
    これを見た時、母は娘のあまりにもKY過ぎる姿を見てタヒぬほど恥ずかしかったらしく、帰ったら速攻げんこつして怒ろうと思ったそうだ。
    しかし、先生や保護者、地域の人達からは「あの子、楽しそうに歌っててかわいい~!」と褒められまくったので、怒るのをやめたそうだ。
    その話を聞いて本気でタヒにたくなった。
    あの直後に上級生から「障害児」「キチ外」とからかわれるようになった原因が今になってわかったよ。
    もう、関係者全員の脳内から幼き日の私が変に張り切って歌っている姿の記憶を抹消したい...orz
    ちなみに、現在の私はあの時のような活発な女の子からは遠く掛け離れてるウジウジしたオタクな陰キャに無事に育ちましたとさ。

    472 :鬼女日記 2017/11/17(金) 11:20:17 ID:Uic
    悲しい話。自分の立場がどれかはぼかす。
    A男はB子と付き合いはじめた。
    A男はつらい過去があると皆言うが、具体的には誰も語らなかったからB子も聞かなかった。
    結婚の話が出てA男の方から話した。
    過去の彼女が亡くなり、彼女のタヒ後裏切りが判明しトラウマになっていると。
    B子はA男は悪くないし、自分は裏切らないと約束し婚約が決まった。
    トラウマを打ちあけてからA男の話にはしょっちゅうタヒんだ元カノが出てきた。
    B子は傷ついているんだと思い聞いてやった。
    A男の実家に行き親に合わせたあと、外食した。
    A男はいつものように元カノの話をした。
    狭い町だったため客か店員がばらしたのか、後日A男実家に元カノの親が来た。
    デタラメを言うな訴えるぞと。
    元カノが亡くなったのは本当だった。しかし浮気のもつれじゃなく相手は無関係の通り魔だった。
    事件直後A男は「彼女を守れなかった」と自分を責め情緒不安定になり
    周囲のすすめで地元を離れた。
    おそらく罪の意識から自分を守るため、記憶のすり替えが起こった。
    A男は両親から罵倒と涙の電話を受け、正しい記憶を取り戻した。
    元カノの名誉は回復されたが、代わりにA男は病んだ。
    A男は婚約破棄し今も一人で精神科に通っている。
    誰も幸福になれなかった。

    このページのトップヘ