証拠

    805 :鬼女日記 2015/09/03(木) 01:44:11 ID:47g
    さっきあまりに過疎スレに間違って投稿してしまい、以下ほぼコピペです、すみません。

    蹴られた首が痛いし、怒りで興奮して寝れないので相談させてください。

    主人:建築業 年収300 32歳
    私:自営業 年収100 28歳
    子供:長女3歳 長男1歳

    帰りが遅いと思ったら、また飲酒運転で帰ってきた。今年に入って3回目。
    今回の言い訳は、スナック(今日の仕事先)のママに勧められて、断ったんだけど「もう注いじゃったから~^^」て言われて誘惑に負けたんだって。
    最初は「もう絶対しない、ごめん」って言ってたくど、(これは私の悪いところで)どうしても許せなくてクドクド責めてた。
    そのうち、勧めたママさんにも腹が立ってきたので一言いってやりたくて店名をきいたら
    「それは言えない、お前も飲食店やってるならわかるだろ?」だって。
    飲食店やってるからこそ車で(しかも仕事で)きてる人に酒を勧める気持ちなんてわかんねぇよ。

    もうどうしても許せなくて別れたい。
    前から喧嘩になる度DVDの気があるから慰謝料欲しいけど、私も掴みかかったりやり返しちゃったりしてるから相杀殳かな...
    だったらせめて借金返して欲しいけど、払う気無いし借用書もなきゃ諦めてさっさと判子押してもらう方がいいかな
    まだ混乱して色々考えちゃって支離滅裂でごめんなさい。

    結局相談は、自分に出来るだけ有利に離婚するためにいまやっておくべきことはなにかありますか?ということです。

    529 :鬼女日記 2016/11/29(火) 01:50:28 .net
    1年半前から妻が携帯肌身離さずになるし夜中にスマホいじるようになる

    夜もレスになる。誘ってもなんだかんだ言い訳されて1年過ぎてしまっている

    妻からは話もしない、目も合わさない

    専業なのに家事が疎か、つうか全くしなくなった
    長女中3と次女中1が家事をしてくれている
    俺もできることは手伝うようにしている()

    846 :鬼女日記 2015/03/27(金) 17:01:15 ID:Md6
    慶弔休暇のうち、弔の休暇をとるときに証拠の書類を添付させる会社があると聞いて、ちょっと驚き。

    ・弔慰金や弔慰休暇の対象の家族親族なら、弔電や生花花輪等で嘘はバレる
    ・遠縁の葬儀なら、普通に年休とる(年休とるのに証拠書類なんぞ不要)

    567 :鬼女日記 2013/12/07(土) 16:07:59
    俺、離婚して5周年で区切りででカキコするんだけど需要あるかな?
    内容としては俺の完全勝利なんだけど…

    725 :鬼女日記 2018/04/09(月) 00:20:02 ID:Jxjmivy9.net
    地元の友人と縁切りしたいと思いつつ、縁切りできないまま数年……。
    理由はその友人と縁切りすると、もう1人の幼なじみとも自動的に縁切りするはめになりそうだから。
    どっちの友人とももう1年以上会ってない。
    今後どうしよう、どうなるかなと悩んでる。
    今月末が縁切りしたい方の友人の誕生日。
    お誕生日おめでとうっていうLINEだけ毎年送り続けてる。
    これはお互いにね。
    私が誕生日の時にもお誕生日おめでとうってくる。
    今年もまた送らなきゃなとか考えてたら面倒だし憂鬱だし本当ちょっとした悩みの種。
    最近はなんであんなのと小学校の頃から付き合ってたんだろうと思うことがある。
    その友人のこと、友やめスレに書いたら、そこの住人からしたら、私の友人はそこまで性格悪い人に感じないらしく、むしろ私が性格悪いと責められた。
    私の親も「そんな子だったなんて!」と、私と友人が成人後に憤ったり、呆れたりしてた。
    もう1人の友人のことが頭に浮かんで絶縁できずにいるから悩みが解決しない。

    982 :鬼女日記 2010/05/25(火) 05:20:52 ID:Yf/EgHdn
    青信号で交差点内に侵入したら
    信号無視の車に突っ込まれて事故を起こした。
    とりあえず警察と保険屋に届け事情聴取。
    相手は、私が赤信号無視だと嘘をついて保険屋+警察に報告
    私は相手が赤信号無視だと主張、まさにカオスな状態になった。

    相手は普通の中年の夫婦で隣に乗ってた妻っぽいオバサンまで
    「旦那は青信号で進んで!あの子が信号無視して交差点内に入ってきた」と証言してきた。
    警察からは完全嘘つき的な目で「じゃあOOさん(私)、もう最初から一回説明いいですか?」だと、

    私が説明すると相手の中年が「若い子は嘘つきで嫌だねぇ~」って聞こえるように言ってくる。
    結局モメまくりで近くの警察署まで全員連れて行かれた。
    腹立たしかったんで「じゃあ私の車に車載カメラが付いてるんで確認しましょう」って事になった。

    相手の中年夫婦は相当動揺してたけど、そんなものハッタリでカメラ何て無いとふんでたらしく
    私の車から警察の方とカメラ持ってくるまで「また嘘が始まったwwwpgr」とか言ってた。
    当たり前だけどカメラの内容確認したら相手が嘘を言ってるのがバレた。
    相手は今度は「プライバシーの侵害」とか「カメラ積んでるなんてまともじゃない」とか怒鳴りつけてきた。
    最終的に「なんでカメラなんか積んでやがる!?」って言われたんで

    「私は結婚してこちらの県に来たんですけど、
    結婚する時に両親から【名古屋は嘘つきが多いから、
    証拠はいつでも取っておきなさい】って言われて付けたんですよ」

    って言ったら、私を疑ってた警察も相手の中年夫婦も押し黙って。
    先ほどのグダグダが嘘のようにスラスラと動画と私の証言で調書を取って帰宅した。
    保険屋にも動画を提出。7対3でまとめようときてきたけど、
    嘘をついてきたことが悪質だったので、私がゴネまくって9対1にしてもらった。

    本当は両親に【名古屋は嘘つきうんぬん】なんて言われてないし、
    車載カメラはつべにうpするためにつけてるので嘘つきは私なんだけどね。

    183 :鬼女日記 2016/10/10(月) 03:07:22 ID:tUD
    もう10年以上前、地元ではまあまあ有名な会社に非正規ではあるが働かせて貰ってました。
    そこで働く2年目くらいに、サーバ管理の担当者から、職員の保存データが多くなりすぎたから、整頓するのを手伝って欲しいと頼まれました。
    在籍している社員の個人フォルダについては、1人あたりのデータ量を設定し、期限を設けて整頓してもらうことにして、
    退職した社員の個人フォルダの確認を手伝うことになりました。
    各社員は自分でパスワードを設定できて、個人フォルダには自身と管理者のアカウントでしかアクセスできないようになっているのに、共有フォルダに入れるべき資料等を入れずに退職してしまう人がたまにいました。
    私用の仮の管理者パスワードをつくり、数日かけて退職者の個人フォルダをざざっと確認&削除。必要そうなデータは担当者に確認。

    昨年まで一緒に働いていた女性のフォルダを開いたとき、「一時保管」的な名前のフォルダを発見し、開いてみました。
    その中にはメールがいくつか保存されてました。個人的な内容は見てはいけないとわかりつつ、好奇心に負けて1つ開封。
    当時の現社員(別フロア・立場的にはかなり上司)から、女性あてのメールでした。

    「僕の言う通りにすれば間違いない。」とか、
    「今日も時間あるかな?いつものところで待ってて。可愛い◇◇ちゃん。」などといった内容。
    サーッと血の気が引いて、フォルダごと即削除。

    当時、女性は独身。その現社員さんは女性より10歳くらい上で妻帯者、確か本社がある他県に家を買っちゃったとかで、こちらに単身赴任中でした。
    女性の退職時にちょっと揉めたと聞いたことがあったが、私たちには退職金についての揉め事だったと説明されてました。彼女も非正規だったから、契約書には退職金はないとはじめから示されてるのに変だよな~って思ってた。

    なぜその女性がメールを保存してたのかわからないけど、いつも穏やかでニコニコしてた彼女がちょっと怖くなったりもしました。

    今は私も別な仕事して結婚して過ごしてるけど、旦那が時々、「お前あの会社にいたことあるんだろ~スゲェなぁ~」って言うたび、ノドまで出かかるこの話。

    何故か今日の夢にその女性が出てきて、目が覚めてしまったから書き込んでみました。
    長くてゴメンなさい。

    929 :鬼女日記 2010/05/29(土) 00:25:03 P
    流れ豚切り
    近距離別居でよく凸してくるうちのトメ
    嫌みを言ったり傘で突いたりするのだが、
    料理や物を捨てるような証拠が残る事はしない
    しかも「私ったら家事が下手糞でごめんなさいね」とか言いながら叩くなど、
    音だけで判断すると私が加害者みたいな事を口走りながら叩いたりするので録音できず
    上の台詞は食器洗ってる時に「あらまあ汚れが残ってるじゃないの(洗った後の水です)」
    とか「洗濯機止まってるわよ?干さなくていいの?(食器洗いの後に干すつもり)」とか
    いちいち気に障る事を言った後に布団叩きで叩かれながら言われた言葉
    最初は我慢してたけど限界が来て夫に相談しようとするも最近帰ってから
    疲れたような、悩んでるような表情なので相談できなかった
    そこで、録音ではなく録画にしようと思い、
    思い立ったが吉日とビデオをセッティング
    そして凸してきたトメ
    いつも夫が出た直後に来る
    会話はビデオに映る場所で、とイメトレしてたら、
    外で車の音がしてなんと夫の車が!
    え?忘れ物?とか思ってると、夫が玄関の扉を開けたタイミングで
    トメがおたまで壁をガンガン叩いて
    「ギャー!嫁子が殴った!」と叫んだ

    改行多すぎと怒られたので続きます

    114 :鬼女日記 2017/12/27(水) 18:00:52 ID:Yy8
    愚痴を書き込む。
    財布を届けたら後日警察に泥棒と疑われて電話が来た。
    なので潔白を証明してきた。1日経ってもまだ腹が立っている。

    今から一週間程前、職場でお客さんが忘れたであろう財布を見つけた。
    こういう事は割とよくある事。
    そして見つけた人は職場長に報告して指示を仰ぐ事になるけど
    今回は『警察にそのまま届け出ろ』というものだった。

    私はこうなるのが嫌だったから財布に関わりたくなかった。
    けど仕方ないからビニール袋に入れて、ガムテープで封印して持って行った。
    その際、監視カメラにしっかり作業が映るようにして慎重に持って行き、絶対に手が触れない様にしながら袋に入れた。

    …というのは、この職場とは関係無かった頃の話だけど、
    昔知人が財布を届けたら『財布を届けたら中の金が減っている。届けた奴が盗ったんだ。』と持ち主から被害届を出されたらしい。
    『こんな事になるのなら、財布なんて届けなければ良かった』と涙していた。
    その後どうなったかは分からないけど、この酷い話は私の中で強い教訓になった。

    この話がまんま私にも降りかかってきた。昨日警察から

    『この前の財布の件ですが、今ならまだ罪にはならないから正直に言ってください。
    被害者(この時点で既に被害者と言った)の方から
    あのお財布から7万円がそっくり消えていまして窃盗の被害届を受理しており
    御社から監視カメラデータを頂戴しまして捜査中でした。
    その結果、提出頂いた監視カメラの映像からは、あなたしか触っていない事が明らかでして…。
    あなたはここに持って来られる際、車内で窃盗を行いましたか?』

    …と電話が掛かってきた。だから「指 1 本 触って い ま せ ん !!あなたもカメラ見ましたよね?私が袋に厳重に入れている所と触ってない所を!!そのまま持って行ったじゃないですか!?」
    と激しく抗議した所『ですから、車内での犯行の可能性が…』と返ってきたので
    「触ってない証拠ありますから!今から証明に行きます!!」と怒鳴って行ってきた。

    職場長に届け出ろと言われた時、私は同僚に知人の話をして、
    万一疑われたら怖いから私のスマホで財布を袋に入れる所から警察署の入り口まで財布の撮影を頼んでいた。
    カメラと別視点になるように頼んだから、監視カメラには映っていなかった。

    これは個人的な動きだったし、あくまで「念の為」だから会社には黙っていたけど、
    これが本当に役に立って私の無実はあっさり証明されたし、警察から謝罪も受けた。
    だから窃盗犯扱いされた事はもういいけど、話がおかしいから持ち主とシッカリ今回の件を話し直して欲しいと伝えてきた。

    証拠って本当大事だね、危ないところだった。そしてやっぱり財布には関わりたくないわ。

    258 :鬼女日記 2017/09/10(日) 17:24:20 ID:U5zlrvyM0.net
    閲覧注意 ゲロ話
    19の時に摂食障害になり過食嘔吐していた。
    当時付き合っていた彼氏と食事デートしてその後彼氏の家に泊まることになったが
    その時にどうしてもどうしても食べたものを吐きたい衝動が抑えられなくて彼氏が寝た後こっそり庭に吐いた。
    上から土をかぶせて水を撒いて証拠隠滅したつもりだったが、翌朝夜勤明けで帰ってきた彼氏のお父さんが「庭がえらいことになっとる」と慌ててた。
    「庭にカラスが集ってたから追い払いに近づいてみたら生ゴミが捨ててあったわ」と。
    どっかの浮浪者が食べ残したカップ麺捨てやがった、という結論に至っていた。

    本当に最低なことをしました。ごめんなさい。

    このページのトップヘ