証言

    92 :鬼女日記 2016/03/06(日) 22:58:51 ID:L5qOA+jo.net
    全然かっこよくない話 しかも少し長い。ごめん。

    それなりに混んでるバスで、ちょっと太ってる親子が二人掛けの座席をそれぞれ1人で占領してた。
    停留所に止まるたびにお客さんは乗ってくるから、車内はドンドン混んでいって、その度に運転手さんが「中程までおつめ下さい。お席を譲り合って下さい。」ってアナウンスしてた。

    いくつかそんな感じで停留所過ぎたあたりで、その親子の母親の方がいきなりキレだして「ちょっと!運転手さん!疲れて寝てる人も居るんだからそんな何回もアナウンスしないでくれます?迷惑です!」みたいなことを叫んだ。
    車内はシーンとして、誰も直接は何も言えなくてヒソヒソって空気になった。
    その親子の子供の方が「しょうがないよ、運転手やってるような人間なんて…」とバカにしたように大声で言ってた。

    その後もその母親は「私はこの会社の株主なんですのよ!!」「あなたみたいに乗客のことを思いやれない運転手なんて!」と騒ぐ騒ぐ。(その間も混んでる車内で2人とも座席占領したまま)
    結局降りるときにわざわざ運転席に歩いてって「あなたの名前覚えました。会社に報告しますから覚えてらっしゃい」みたいなこと言って降りて行きました。(子どももニヤニヤしながらついていってた)

    すごく悔しかったのは何にも出来なかったこと。
    運転手さんは乗客の為に当たり前のことをアナウンスしただけなのに…。

    終点まで乗ってた自分はせめて…と思って、降りるときにメモに名前と電話番号を書いたものを運転手さんに渡しながら
    「自分は運転手さんが正しい事をしてくれたと思います。あの方に何か言われたら、自分が証言します。」と言いました。

    836 :鬼女日記 2017/12/11(月) 02:12:43 ID:Hzc
    スーパーの店員が神経分からんかった

    サッカー台で荷物詰めてたら隣のグループのババアがくるりと半回転してこっちを向いて
    「あら、こんなところにもう一つあったわ」
    と言いながら俺の買った商品を持っていこうとするんで、持っていかれないように手で押さえて
    「俺んだよ」と言ったら
    いきなり「いやぁ!ドロボー!離しなさいよ!ドロボー!」って叫びだした

    若いにーちゃんが「どうしました?」ってやって来たんだが
    こっちの話は無視してババアの言うことだけを聞きやがる
    位置的にも距離的にもどう考えても俺のものだし
    俺が手を載せて押さえつけてるのを持っていこうとしてるんだからどう見ても向こうがドロボウなのに向こうの言うことを信じる

    で、少しして警備員のおっちゃんが来て「何があったんだ?」って聞いたら

    「この人が、こっちのお客さんの荷物を盗ろうとしたんです」とか言いやがんの
    「俺のだっつってんだろうが」と言ったら
    警備員のおっちゃんが若いにーちゃんに「見たんか?」って確認したら
    若いにーちゃん「はい、見ました」って
    「嘘つくなやゴラァ」って言ったんだが

    結局、俺だけ事務所に連れてかれてババアは俺の買った商品持って帰ってしまった

    「認めないなら警察呼ぶことになるよ」とか脅してくるんで「呼んだらええやろ」と
    で、警察来ていろいろ聞かれて若いにーちゃん嘘つきまくりやったけど
    話してるうちにどんどん矛盾が出て来て
    取り繕うほどにドンドン怪しくなっていって

    突然、警察に「レシートとかないの?」って聞かれてポケット探ったらくしゃってなったレシートあって
    俺が買ったって証明できた

    「なんで嘘ついた」って言われてにーちゃん
    「だってお客さんがコイツが盗んだって言ったから」って
    警備員が「俺が見たんか?って確認したら 見たって言うたやないか」って突っ込んだら

    「だって、若い男の人が生理用品買うなんておかしいじゃないですか」って

    別におかしくもないし買ったのは生理用品ではなく
    大人用オムツの交換パッドだ
    親が要介護なんだよ

    取り敢えず俺が犯人なのは間違いないからそうなるように嘘をつくのはOKと思ったらしい
    何だかんだで結構重い罪になるらしい

    18 :鬼女日記 2014/06/19(木) 16:04:23 ID:6lMR7NSmV
    すみません、初書き込みです。

    私には妹がいるのですが、誰に似たのか可愛い。モデルにスカウトされること数回。自慢。進学で私が住んでる町の少し離れたところに引っ越してきた。一緒に住んでも良かったのだが、親の自立の為には一人暮らしが必要という方針のもと、妹と近距離別居。とはいえ心配でご飯差し入れたり、雑貨をわけたりと交流は頻繁だった。
    いつものように、おかずのお裾分けにと妹のバイト終わりに自転車で妹の家へ向かった。そしたら防犯ブザーの音がかすかに聞こえる。嫌な予感がして激こぎして向かうと3人くらいに囲まれてる我が妹。いったいどういうつもりか聞こうと近寄ると殴りかかってきた。よく見たら妹泣いてるし顔が赤い。もしやコイツら妹殴りやがった!?とパニック。そこからあんまり覚えてないけど気付いたら私血塗れ。男3人も血塗れで呻いてる。とりあえず警察につれてかれた。正直に覚えてないと話すと怪訝な顔をされたが、妹と、警察呼んでくれた人が証言してくれて私開放。男3人は捕まったと聞いた。
    私は殴られても殴られても向かっていったらしい。んで、自転車ぶん投げたらしい。しかも何回も。男3人のうち一人は指の骨折っていたみたい。私も結局頭を切っていて二針ほど縫ったけど(だから血塗れになってもーた)。妹は顔とお腹を殴られてたけど傷は残らなかった。これだけは本当に良かった。過剰防衛で訴えられたけど、妹をそういうことが目的で拉致しようとしたこと、私が女だったこと、空手とかの段位もない素人だったことが幸いして無罪だった。慰謝料請求に素直に応じたから相手方の親は悪い人ではなかったのかもね。
    買ったばかりの自転車が即廃車になってしまったことと、実家の親に号泣されたこと、そして病院にきた彼氏がテンパってプロポーズしてきたことが修羅場。
    あ、ちなみに妹は精神的後遺症も残ってないです。私の鬼のような姿の方がトラウマらしい…

    このページのトップヘ