誕生日プレゼント

    194:名無しさん@お腹いっぱい。2009/02/08(日) 13:42:58
    結婚して4年目なのですが、もう嫁の顔を見たくないほどに疲れ果ててます。
    嫁は、とにかく気が強いです。私にちょっかいを出してはその反応を見て
    楽しんでいるような感じです。若い頃は、そんなツンデレ気質に惹かれました。
    しかし、ものには限度があります。私は嫁の誕生日にプレゼントしようと、
    手作りのアクセサリーケースを製作していました。アクセサリー類を収納できる
    木製の薄い箱に彫刻を施したものです。嫁を驚かせようと以前から隠れて
    製作していましたが、数日前、会社から帰宅するとその小箱が無残に壊されて、
    リビングの床に転がっていました。呆然とする私を見た嫁は、高笑いをしながら
    「隠れて何をしてるのかと思えば・・こんな物で私の気を引きたいわけw?」
    私はそれからのことをよく覚えていません。覚えているのは初めて嫁をビンタしたこと。
    嫁が号泣しながら私に謝ってきたこと。そんな嫁を振り切って家を出たこと。
    その日以来、家には帰らずビジホ暮らししています。嫁から私の携帯に
    数多の着信がありますが、何かもうどうでもよくなっている自分がいます。
    器の小さい男だと笑われても仕方ないですが、もう本当に疲れてしまいました。

    106 :鬼女日記 2016/03/12(土) 23:00:34 ID:QXP
    うちは小さい会社をしていて、事務所と自宅が併設してある
    今日は休業日なんだけど、私の誕生日だからと従業員全員でお祝いを持ってきてくれた
    私からも、秘蔵の酒とジュースを出して、昼から事務所スペースでプチパーティ

    従業員たちが持ってきてくれたのは、ケーキとお花とデパ地下の食品のほかに
    私が以前から探していた腕時計
    ブランド物というわけではないけど、10年以上前に限定発売されたものだから
    見つけるのはとても苦労したと思う
    皆でお金を出しあって買って来てくれたんだと
    結婚もせずにただ会社を必タヒで回してきたのが報われたような気がして本当に嬉しかった

    ・・・んだが、パーティ中に従業員の一人の奥さんがカメラ片手に会社に飛び込んできた
    「どういうことですか、うちの人とデキてるんですか」って写真撮りながら言われても困る
    その従業員は今日まで時計を家に隠していたそうなんだけど、奥さんがそれを発見して
    自分宛ではなさそうだ→もしかして浮気相手に!?と邪推してあとをつけてきたそうだ
    カメラは証拠集めのためか?

    会社のドアを開けたら、見たこともない女(私です)が旦那が隠していたプレゼントを
    ニコニコして開封しているところだったから、いきなり爆発した模様
    その従業員は若い頃ずいぶん女癖が悪くて奥さんを泣かしていたそうで、最近も怪しいところが
    あったらしく、知らない女と一緒にいる旦那を見て、思わず飛び込んできたようだ

    会ったことはなくても、旦那の勤務先の社長が女だと言うことは名前から察しがつくだろうし
    (うちみたいな零細なら特に。毎年奥さん手書きの年賀状をもらってるし)
    私と2人きりならともかく、他の従業員もたくさんいて、いかにもお祝い事みたいな
    雰囲気のところを密会現場と勘違いするって、ちょっとおかしすぎる

    泣きじゃくる奥さんをなんとかなだめすかして、従業員と一緒に帰宅させたけど
    すっかりしらけてしまって、その場でプチパーティ解散
    片付けながら、なんで35歳にもなって誕生日くらい穏やかに過ごせないのか・・・と悲しくなった
    従業員たちの気持ちは本当に嬉しかったんだけどね、そこからの落差がすごすぎて
    未だにちょっとショック状態だわ

    39 :鬼女日記 2012/04/04(水) 20:52:42 0
    えっと、先日トメの誕生日祝いをレストランでやったんだけど
    プレゼントに何でも文句を付けるので
    頭に来て、褒めてくれたオーナーの親戚っぽい女性.に
    「これトメが気に入らないみたいなので、よかったらどうぞ」とあげた

    お祝いにお金も包んだし、もう来年から物はあげないことにした

    プチ

    253 :鬼女日記 2018/01/26(金) 19:15:00 ID:EMn8nMdy.net
    「誕生日に年齢の数だけバラの花束をプレゼント」なんてベタなことをやってみた
    翌日彼女のSNSには「バラ風呂なう」画像
    明日会うけど笑顔でいられる自信ない

    このページのトップヘ