351 :鬼女日記 2013/10/04(金) 12:49:07 0
中学の時の祖父の葬式依頼、音信不通だった従姉妹から突然連絡があった

結婚して子供が生まれたんだが子供が危険な状態で輸血しなきゃいけない
でも血液型が特殊で輸血の確保が出来るかどうかわからない
型が合う血縁に心当たりがあったら連絡とって下さい、と医者に言われた
と電話口で号泣

当時まだ学生だったが友人に事情話して教授に説明してもらうことにして
有り金全部下ろして飛行機に飛び乗った
病院にむかってる途中
いつの間に結婚してた!?結婚祝い&出産祝いどうしよう!?いやいや今はそれどころじゃない!?
私の型あうの!?赤ちゃんは!?
とかなりおかしな思考回路になってた

結局、輸血パックが間にあって危機一髪で赤ちゃんは助かったのだがここでふと疑問が
従姉妹が住んでる県の隣の件には別のいとこに加えて叔母夫婦が住んでる
なのにわざわざ飛行機の距離にいた自分を真っ先に呼び出したのか、と

ここで衝撃の事実が発覚
数ヶ月しか年齢が離れていない従姉妹(母同士が姉妹)と異父姉妹でしたorz
そりゃあ真っ先に自分を呼びますよね……姉妹だもんね…
というか知らなかったの私だけ…
あぁ、音信不通になったのってこれを知っちゃったのが原因でしたか…
血縁上は妹&姪っ子が出来てすごく嬉しい気持ちと
色々複雑な家庭の事情を知ってしまって鬱な気持ちがないまぜになってしまって
なんと表現していいのか分からない状態におちいったのが人生最大の修羅場