近所

    663 :鬼女日記 2012/09/29(土) 13:33:30 ID:SxsOvc5oP
    台風が来る前に買い物に行きたいんだけど、
    うちの駐車場の前に少しかかるようになって
    知らない車が路駐してあって出られない。
    あー、そういえば今日は近所の小学校の運動会だ。
    うちが被害に遭うのは初めてだけど、
    毎年どこかのお宅が同じような目に遭うんだ。
    11時過ぎに気付いて小学校に電話して放送してもらったら
    お昼の休憩のときに持ち主が現れたんだけど、
    「もう少しだからこのまま止めさせてくれないか」と言われた。
    もちろん断ったけど、そもそも子供が歩いて毎日通ってる距離ぐらい
    自分の足で歩いてこいや。
    それができない事情があるならタクシー呼んだって料金も知れてるでしょが。
    来年からコーンでも置いておこう。

    223 :鬼女日記 2015/12/21(月) 17:41:31 ID:fDM
    普段から「変だって言われるよ?」が口癖の近所のキチママの話。すごく長い。
    うちの3歳息子がたまたまピンクのおくすり手帳を持ってるのがわかると「女の子の色なのにー?変だって言われるよ?」
    ちなみに手帳がピンクなのはなんでもお姉ちゃんと一緒じゃないと気が済まないからっていうだけの話。
    A家では庭にあるブランコを勝手に乗り回され、乗りたがる2歳のA息子を押しのけて乗りまくる小4のキチ子…に対し離れたところから
    「順番まーもーりなさいー!変な子だって言われるよー!」
    という、どっちに注意してるとも取れる言い方をする。
    他にも背負ったランドセルに衿が引っ張られたままの状態で歩いてる近所の1年生にも「そんな格好で歩いてたら変な子だって言われるよ」って言う。
    「どうせ何か言うなら「衿が~」って言ってあげれば…」とか、もちろん「変なのはどっちだよ」ともヒソヒソされてる。
    しかもキチ家、小4から1歳までの子供が6人いる。
    上の子の真似をしたがるとかのきょうだいあるあるにしても、キチが「変だ」っていうのは自分の子だって通過してることがほとんどなのに人には「変」と言う。
    言うまでもなく遠巻きにされてるし、ここまでだったらただの鬱陶しい近所のお母さん。
    こっちが関わりさえしなければまぁ平和って感じだったんだけど、ウザイ人からキチ認定される決定的な出来事は去年のクリスマスだった。

    うちはA家も含めて他にも何軒かの家族と仲良くさせてもらってるんだけど、去年のクリスマスにそのA家から招待を受けたからみんなでお邪魔した。
    それぞれが担当した持ち寄りをテーブルに並べて、さぁ食べようという時にA家のインターホンが鳴る。
    モニター見たらキチ夫婦+子供6人全員、総勢8名…
    えぇ、参加させなさいよという訪問ですorz
    キチ旦那も「いや~どうもすいませんね~エヘヘ」とか言ってるし。
    急に来られたところで8人も受け入れられないし困る、各自持ち寄り&参加させる子供の数だけ予算内でプレゼント用意のルールを最初に作ってることをかなりキツく言っても一家で「うちは気にしない大丈夫」で見事に話が通じない。
    もうインターホン切る、しつこくドアを叩いたりされたら24も辞さないというやりとりをしていたらなぜかモニターの中にうちの旦那の顔が追加された。
    家の鍵忘れたと私に連絡してたんだけど返事がないから悪いけど直接来ちゃった…と。
    旦那にはA家の裏口に回ってもらって事なきを得たんだけど、その頃にはキチ家の4番目から末っ子の3人が寒さに耐えられず泣いてしまった。
    しかし空気は読まないうちの旦那が「人の家のドアの前で騒いでたら 変 だ と 思 わ れ ま す か ら退散しませんか?」と言ったので、泣いてる子達には悪いが堪えきれずにみんなで笑ってしまった。
    ちなみに旦那はキチママの口癖を知らなかったものだから面白さは倍増だった。
    さすがにキチ旦那がマズイと思ったようで、キチママと子供を促して帰っていった。
    空気は変になっちゃったけど、子供たちがプレゼント交換と元ケーキ職人のママが焼いてきたでっかいケーキにテンションが上がったおかげでその場を持ち直すことができた。
    今年のクリスマスもA家から去年と同じメンバーが招待されてるんだけど、何のトラブルもなく楽しいクリスマス会になるように願ってカキコ。

    512 :鬼女日記 2015/01/16(金) 13:47:46 ID:g7q
    俺の家事担当:洗濯物、ごみ捨、平日の買い物等外に出る必要のあるもの
    嫁の家事担当:その他、土日の買い物
    自治会で行う草刈りや溝掃除等体力仕事は俺が参加してるが、日頃のご近所付き合いは嫁がしてくれていた

    去年末に俺の兄嫁さんが体調を崩して急遽一週間ほどの入院が必要になった
    兄夫婦には双子の幼稚園児の子どもがいたので、子どもに懐かれていた俺嫁が平日の5日泊まり込んで幼稚園の送り迎えや家事をしながら仕事に行っていた

    俺は有給の消化もあって25日から休みだったので、嫁のいぬ間に早めの大掃除と大掛かりな模様替えを始めた
    収納棚から中身を取り出し、一時的に家具をせっせと車庫に運び出していた
    家具は嫁が独身時代のものが多かったので勘違いされたのか、奥さんどうされたの?と聞かれることがチラホラあった
    いま親戚の家に居ますよと事実を伝えたが、3日後には俺が嫁を叩き出したことになっていた
    買ってきた木材を使い、外で日曜大工をしているとご近所から声をめっちゃかけられる
    ジロジロ見ながら挨拶してくる人や、明らかに何かを期待してソワソワしながら挨拶してくる人、俺が自分から口を開くのを期待してる人
    全部女性だったことも驚きだが
    「お一人でこの家は広すぎでしょう?どうなさるの?」とか「奥さん、旦那さんに家事させて酷いと思ってたのよ」と、今後の身の振り方や嫁の悪口を言ってくる人がいたことも驚きだった
    この時ご近所との世間話をしていて初めて知ったことだが、嫁は専業主婦が多いこの辺一帯の女性から嫌われていた
    嫁はパートだが、扶養から外れるくらい働いているし、俺もそのことに反対はない
    嫁は家事があるので仕事時間を五時間におさえているが、働いている分は当然家事を手伝うべきだというのが俺の考え

    家に帰ってきた嫁に聞いたら
    「そうだよ、旦那ほったらかして子どもも生まずに仕事とるなんて嫁失格、女として間違っていると言われるよ」
    とケロっとして答えた
    よく専業主婦が叩かれると聞くのでそうだと思ってたよとこぼしたら、嫁は笑いながら
    「女の世界を知らないのね、女って陰湿なのよ、自分より優れた家庭は妬ましいし、壊したくなるものなのよ」
    嫁は人の家に目を向けるだけの暇も余裕もあるなら、趣味を見つけたり自分も働けばいいのにねと言っていた
    ご近所付き合いの恐ろしさを実感したのが衝撃でした

    ちなみにこの話を上司にポロッとこぼしたところ
    「そうやって外ばかり目を向ける家ってのはな、総じて家の中に問題があるものなんだよ。君の家は君と奥さんとで完結しているから外との繋がりが希薄なんだろう、それは悪いことじゃない、奥さんを大切にしなさい」
    とのお言葉を頂いた

    125 :鬼女日記 2017/06/17(土) 12:54:38 ID:GM+mEoz4.net
    まだうちは直接的な被害は受けていないのだが、近所に凄まじいのが引っ越してきたみたい。

    引越し作業の段階で狭い道路にヤンキー仕様の軽ワゴン停めて「なんだかな~」と思っていた一家
    子供が6人(おそらく夫婦ともに連れ子ありで再婚)で両親はナマポ。
    そのくせ父親は旧車会みたいなのに入っていて、家にはカワサキのデカい族車バイク。

    子供は上の子が5年生女子で茶髪
    子供全員が最初のうちは学校にも行かずに平日昼間からフラフラ。
    教育委員会から指導が入ったらしく上の子二人は毎朝教師が家まで迎えに来て何とか登校するように。

    既に近隣の家では勝手に上がりこむ・そこの家の子を恐喝するをやらかして学校でも超問題になってるらしい。
    憂鬱だ。

    673 :鬼女日記 2014/10/18(土) 11:58:17 ID:uApFOVNAw
    近所であった話。現在進行形なのでちょこっとフェイク入れてる。
    そこの家の家族構成は、父、祖母(父の母)、叔母(父の妹・出戻り)、中学生の兄弟。
    母親はタヒ別らしい。嫁いびりでタヒんだとかいう噂もあるが真偽不明。
    父と祖母がなぜか兄弟のうち兄だけをひいきして、弟を放置していた。
    虐待とかごはん食べさせないとかはなくて、単にほったらかし。
    弟が小学生の頃から夜中まで公園で遊んでるのをよく見た。でも誰も迎えに来ない。
    兄は弁当あるのに(うちの中学は給食なし)弟はいつも昼パンで
    PTAとか授業参観も兄のほうだけ行って弟は放置とか、噂をよく聞いた。
    弟はグレる気力もないらしく、学校は行ったり行かなかったりだけど粗暴になることもなく
    無気力にダラっと生きているようだった。

    ある日、兄が事故に巻きこまれてタヒんだ。
    そしたらその家が家庭崩壊した。
    祖母は「兄がかわいかったけど、タヒんだんだからしょうがない、弟を代わりに跡取りとしてかわいがろう」とした。
    叔母は「弟じゃ兄の代わりにならない。かわいいのはタヒんだあの子だけ」と祖母の言い分を拒否。
    それを聞いていた父「おまえら何を言ってるんだ」とキョトン。
    「いらない子のほうがタヒんだんじゃないか、あの子はかわいそうだが弟がタヒななくてよかった」と。
    かわいい長男のタヒでちょっとおかしくなっちゃったのか、父は
    生き残った弟のほうを「もともとかわいがってた」と脳内認定してしまっていた。
    過去の記憶も全部、兄と弟が逆になった。

    でも現実には無気力ななつかない弟がいるわけで、タヒんだ兄命だった叔母(父妹)は
    弟に父がなにかしてやろうとするとギャンギャンわめく。
    祖母は「叔母の気持ちがわかるけど、今は生き残った弟をかわいがるしか…」と、ある意味一番まとも。
    まともでもないけど。
    結局父と叔母(父妹)が刃物を持ち出す喧嘩騒ぎになり、タヒ人は出なかったが叔母が怪我。
    祖母はこりゃ手におえんと親類の家に逃げ、
    父は警察の取り調べでいわゆる「意味不明な供述」をしたらしく糖質と診断されて病院へ。
    弟は誰も育ててくれる人がいなくなったので施設へ送られた。
    最後まで無気力でドヨンとしていた。

    父親は長く入院してられるわけじゃなく、半年くらいで出てくるらしいと知り
    今、近所の住人がパニクってて修羅場。

    571 :名無しさん@おーぷん
    私が5歳の頃まで祖父母が健在
    その祖父母の家の隣に住んでた家族に女、女、男の三姉弟がいた
    私の記憶には上の姉妹しかいなかったんだけど、その姉妹の妹のほうに執拗にいじめられていた
    もう20年は前の記憶だからほんとうに曖昧なんだけど、妹は私より年上で、とても綺麗な能面のような表情が張り付いていた
    彼女はまだ3歳かそこらの私を遊びに誘っては、私がタヒんでもおかしくないようなことを繰り返した
    ジャングルジムのてっぺんに登らせて両手を離して立たせたり(鉄にぶつかりながら落ちた)
    鉄棒の上に立てと言われたり(顔面から落ちた)
    滑り台の上から飛び降りろと言ったり(突き落とされた)
    知らない道に連れて行って放置したり(教会の十字架を目印に帰ってこれた)
    漕いだブランコから飛び降りろと言ったり(頭かち割れて大流血した)
    すべて両親共働きで祖母に預けられている間のこと
    妹の方はなぜか周りからイイ子として扱われており、私がこんな大怪我をしても誰もそいつが犯人だとは思わなかった
    私は怪我をさせられるたびこっぴどく周りから叱られることが続いた
    妹のほうがやったと言っても、叱られたくなくて人のせいにしてると思われてた
    今でも当時負った傷の跡が残っている
    相当ひどい怪我だった
    心の中では「なんであの根性悪の妹を大人たちは可愛がるの」と思いながら、常に妹の方に恐怖していた

    大人になり、ふとその時の話を思い出して母にした
    すると私の知らない真相を母が知っており、母の知らない真相(上記)を私が知っていることが判明

    母によると、私が恐怖し恐れていた妹は「全く笑うことのできない」子供だった
    原因は母親の愛情不足
    顔の表情が一切変わらなくなったことも、母親は幼稚園の先生に指摘されるまで気づかないほど放置されていた
    表情が消えてから数年経っても改善しなかった
    しかも妹のほうは大人の前ではまるで気弱で内気な女の子のように、物陰に隠れ、一言も発せず、大人の言うことに小さく首を動かすことしかしなかったそうだ
    大人からはとてもか弱く儚い少女に見えていた
    私の知っている人物像とはまるで違う
    私の知る妹は、能面の顔で残酷なことを告げ、多弁で罵り、従わなければ暴力、時に崖から突き落とすような真似を簡単にする人だった

    母には「なんでその時言わなかったの」と言われたが、まだその時私は3歳か4歳
    弁の立つ年上の妹の言い分は私の言い分より理路整然としていて説得力があり、泣きじゃくりうまく喋れない私が真実を話す前に周りの大人たちは妹の言うことから偽の事実を予想しそれを信じ込んだ
    「遊びたくないといえばいいじゃない」と言われたが、面倒見のいい優しい妹と評判だった彼女の遊びの誘いを断るのは子供の立場からして辛いものがあった
    子供は扱える言葉数が少ない分、自分でも不思議なくらい空気を読む
    残酷な妹が面倒見のいい女の子、私が手のかかるグズな子と大人が見ていれば、私は大人の当てはめた役を演じるほかなかった
    私が大人の作った役から外れれば、大人が困るということを3歳にしてなんとなく理解していた
    大好きな祖父母も母も困らせたくはなかった

    今思えば妹にとって私は唯一のストレス発散の相手だったのかもしれない
    母によると、私が幼稚園に行ける年齢となり、遊ばなくなってから、より症状が悪化したようだ
    本当は私が週に一回も母に会えず、夜に寂しくて泣いていることも知らず
    母と私が楽しく縁側で談笑している姿を見ては、私に嫉妬してか、私を遊びに誘い、母の目がなくなった隙に大怪我をさせられていた

    私は妹から執拗にいじめられていた理由が分かったし、母は私がなぜこうも大怪我を繰り返していたのかの真相が判明したが、お互い残ったのはその妹がどうなったのかという心のシコリだけだった
    母も私も忘れたままでいたほうがよかったのかもしれない

    445 :名無しさん@おーぷん
    鯉のぼり盗まれたのが、我が家では大事件だった。
    といざ○すで買った量販品の、真鯉が一メートルちょっとぐらい
    の奴で。
    庭のウッドデッキにポール括って飾ってたんだけど、朝起きたらポールごと無くなってた。
    毎朝起たらて鯉のぼりを眺めに行ってた2歳の息子、号泣。

    泣く息子に朝食食べさせ、交番に被害届を出しに行ったが、鯉のぼりの盗難なんて正直真面目に操作なんてしてくれない
    だろうなと思ってた。
    だがしかし、犯人が間もなく捕まった。

    近所の奥さんが女の子ママのママ友で集まった時、その一人のママが
    「庭に鯉のぼり飾ってるうざい家があったから、夜中に取って隣のマンションのゴミ捨て場
    に捨ててやったw男産んだ自慢うざいよねwざまあ」
    と言ってて、その場で反論したがまるで悪びれず、怖くなって警察に相談してきたとのことだった。

    我が家の鯉のぼりは、市の指定でないゴミ袋にアルミのポールものぼりも一緒くたに入れられていたらしく、マンション
    の管理人さんが怒って捨て場から回収して保管していて無事でした。

    正直、けちのついた鯉のぼりをもう飾りたくないと思いましたが、息子が「鯉のぼりしゃん帰ってこないかな」と毎日言うので
    「帰ってきたよ〜」と渡したら、踊って喜んでたので、やっぱり解決して良かったです。

    怖い人がいるよなぁと驚いた思い出です。
    その基地なママは、悪行が近所に知れて、新築の家を売って家族で引っ越したそうです。

    175 :名無しさん@おーぷん
    うちの向かいのA家はいわゆる道路族
    ある日の夕方、今日もうるさいなーと思いつつ家で子と過ごしていたら
    突然窓ガラスが割れ、物体が飛び込んできた
    びっくりした我が子が私の元に駆け寄ろうとしたけど、近くにはガラスの破片
    「来ちゃダメ!」と叫び、安全な場所へ場所へ救出
    外を見ると近所のA兄弟が立っていた
    「Aくんたちが割ったの?」と聞いても無言
    とりあえず、警察に連絡して、Aママも来た
    A兄弟から話を聞くには、じゃれあっていたら手が滑って持っていたDSを飛ばして窓に当たったらしい
    Aママも口先だけの謝罪で、あまり誠意は見られなかったが
    窓ガラスの修理代と、破片を被ったカーペットやおもちゃの弁償に同意したので
    時間も遅くなるしその日は解散

    そして翌日、Aママが菓子折りを持ってうちに来た
    相変わらず軽い謝罪と安い菓子折りだったけど
    それなりには対応してくれる人なのか…と思っていたら
    「私さんち火災保険入ってるんでしょ?それで直せない?
    カーペットやおもちゃだって掃除機でガラス破片吸えば大丈夫でしょ?」って言いはじめた
    無理だと言ったら、お決まりの「子供がしたことだし」攻撃
    終いには「投げたDSは壊れたから、新しい買わないといけないからお金キツイし」だと
    昨日と話が変わるなら被害届出しに警察行くと言ったらしぶしぶ帰っていった
    そしてその夕方も道路遊び…

    その晩、今度はAパパが来た
    「妻が失礼な事を言ったようで申し訳ない、弁償と今後の対応は私がきちんとするので」
    と、マトモそうな人だったので
    「我慢していたが、日頃から道路遊びに迷惑していた
    その結果、こういう事故がおこってしまったのに今日も遊んでいた
    反省してる様子がないので、Aパパからも注意してほしい」とお願いし、了承してもらった

    すると、翌日Aママ再来orz
    「お金巻き上げて、子供の楽しみまで取り上げるのか!」と言ってきた
    「家の前で遊んじゃいけないとかおかしい」
    「次からは気をつけて遊ぶから大丈夫なの」
    「窓ガラスが割れないように塀をつけてないのが悪い」
    「公園に行くまでの時給を払え、タイムイズマネー!」
    「公園に行く途中に事故に合わせて復讐したいんでしょ」
    とぶっ飛び発言満載
    話にならないので無理矢理追い返した

    その後も何度かAママ来訪して同じようなこと叫んでたけど
    Aパパに報告→謝罪の流れを繰り返したらいつからか無くなった
    そして、Aパパから弁償を全額+αしてもらい金銭的には終了したけど
    相変わらず平日は道路で遊んでる
    週末はAパパの目があるからか、ほぼ無くなったけど

    141 :名無しさん@おーぷん
    前にどこかで愚痴ったんだけど、家庭菜園をしていて食べ切れない野菜を家の前に置いて自由に持って帰ってもらってた者です
    前は娘が絡まれたんだけど、今回は私がいらんことを聞いてしまったので愚痴らせて

    上にも書いたとおり、我が家では畑を借りて祖父がかなり本格的な家庭菜園をしてる
    採れる量が食べられる量より多いので、毎日採れたての野菜を家の前に吊るして「ご自由にお持ち帰り下さい」の札をかけてた
    娘が玉ねぎ大好きで、且つ玉ねぎは日持ちするから一年分丸々作ってたのね
    で、ご近所さんから見える位置に干してたら欲しがられたので、少しだけどおすそ分け用に吊るしてた
    毎日5個か6個ずつ、紫玉ねぎの普通の玉ねぎを置いてたんだけど、吊るして仕事に行って帰ってくると必ず無くなってた
    日曜日お隣の玉ねぎを欲しがった奥さんの1人が外で車を洗ってて、いらっしゃるならお野菜吊るそうかなと準備してた
    野菜を入れた網を持って外に出たら、旦那さんも外に出てきて、丁度奥さんと話してるところだった

    奥「今日はまだ野菜ないのね」
    旦「毎日飽きもせず玉ねぎ玉ねぎ玉ねぎ、玉ねぎばっか並べやがって糞マズイんだよ
    玉ねぎ作るしか脳がねーのかあのババアと老いぼれジジイのやつ
    赤い玉ねぎとか腐ってんじゃねーのか」
    奥「ド下手なのはド素人だからでしょ、言ったら可哀想じゃな・・・」

    そこで私が居ることに気づいて奥さん顔面蒼白
    私が野菜を吊るそうとしてたところだと気づいてアワアワ
    「ごめんなさいね、気づかなくて。もう二度と吊るしません」
    笑顔でなるべく穏やかに言ったけど、内心腸が煮えくり返ってた
    夕方頃別のご近所さん経由で「あの旦那さん玉ねぎ嫌いだから」「あの人口は悪いけど悪い人じゃないから」とか意味不明なフォローがあったけど、もう二度と許さない
    口が悪いのは前から知ってた
    未就学児の一人娘に「ぶっ杀殳すぞ!」「トロいわボケが!」「邪魔じゃ蹴り飛ばすぞ!」とものすごい怒鳴り声で怒鳴ってるのいつも聞いてるから
    口が悪い人ってやっぱり性格も悪いのね

    祖父の農業歴30年超えてるのに、私だって家庭菜園歴10年超えてるのに、ド素人だってさ
    お向かいの奥さんなんか、小さい娘さんといちごを育てたいからって菓子折り持って作り方習いに来たのに
    見返り求めてるわけじゃないけど、野菜持っていくだけでろくにお礼もせずこんなこと言われるなんて、頭にきて仕方ない
    なにより失言しといて本人たちから謝罪がないことが何より、人間として最低だと思う

    最近てんとう虫の幼虫が多くて大変だけど、雑草と害虫にストレス向けて発散してくるわ!
    てんとう虫くん、雑草のじゃなく、うちの野菜の害虫食べてね!

    このページのトップヘ