通報

    627 :鬼女日記 2013/11/30(土) 19:11:56 ID:8pqb+RF9
    エテ公の託児を拒否ったら仕返しに赤ん坊虐待で通報されたよ…
    両隣の家と懇意だったから事実無根で済んだけどさ。

    虐待関係で警察や児相がピリピリしてるの逆手に取る狡いヤツも居るから皆気をつけてね?

    586 :鬼女日記 2013/12/14(土) 15:38:21 ID:uUYozdd5
    修羅場が一段落してみたら突発性難聴の診断受けたから吐き出したい。
    関係者に見られても私が潔癖拗らせてるのは周知の事実なのでいいや。

    義姉30代・クリスマスに入籍挙式の予定。
    私20代・未婚・対人恐怖症で在宅ワークメイン。

    先月、義姉からドレスコードの追加指示がメールで届いた。
    某ブランドのランジェリー着用必須との事。
    意味がわからないとだけ返信して仕事してたら、名刺に記載してた仕事用アドレスにまで義姉メールがみっしり。

    途中から返事の催促ばかりになったけど要約すると
    『1人寂しいクリスマスを送る義妹に幸せお裾分け^^』なお花畑。
    それで下着指示する理由が気持ち悪い方にしか考えられなかったので兄に確認。
    私「こういうメールが届いてるけど何なの?」
    兄「は?え?何それ転送して!」
    この時点で兄の与り知らぬ事だと判明。

    家を守ってくれる貞淑な女性として取引先の独身男性に紹介すると勝手に約束してたらしい。
    人前に出なくて済むラッキーとばかりに式欠席の旨伝えてフェードアウトしてたら
    仕事用アドレスに爆撃してきたので着拒。
    更にアドレス変えて再爆撃してきたのでプロバイダに通報。

    父母と兄がこれから家族になる人にあんまりな仕打ちだとか抜かしたので
    じゃあ私はその家族から一抜けするわと宣言。

    656 :鬼女日記 2015/11/04(水) 08:49:41 ID:WYD8HlX6.net
    うちが202号室だとすると、
    102号室には、八十過ぎたおじいさんが住んでいて、
    このところ体調を崩していたため、五十代の息子さんが通いで介護していた。
    このおじいさんが先日亡くなり、その息子さんが退去手続きを済ませ、102号室は空き部屋になった。

    昨日のことだが、近所では見かけない小学生くらいの男の子が
    102号室のドアを叩いて「おかーさん、開けてー!」「もう悪いことしないからー!」
    とかなんとか、雄叫びをあげていたらしい。
    101号室には家主さんが住んでいるのだが、家主さんは即座に警察に通報した。
    来た警察官に男の子は「僕が悪いことしたから、お母さんが中に入れてくれないの」と涙ぐんで答えたとか。
    ただし、自分の名前も母親の名前も「個人情報だから言いません!」とハキハキ黙秘した、とのこと。
    警察官が男の子を保護し、パトカーに乗せようとしたところで、
    こちらも近所では見かけないオバサンが寄ってきて、
    「事情は知らないけど、お母さんが留守なら他の部屋で預かればいいじゃない」と口出ししてきたらしい。

    514 :鬼女日記 2015/06/25(木) 18:47:25 ID:oVg
    車で通勤してるんだけど音がうるさいと向かいの住人から苦情が来てる
    あまりにしつこいからこちらから警察に通報してやったが、
    未だに文句を言ってくる
    ドアを閉めるときは優しくしてるし、改造とかもほとんどしてないのに…
    向かいの住人の旦那さんには精神病院に通ったらどうですかと提案するも通ってないみたいだ

    622 :鬼女日記 2013/07/18(木) 14:42:39 ID:vbv6O9gg
    職場(店)に露出狂が出たこと
    バイトの子に言われて見に行って通報、現行犯逮捕
    警察署で30代位の男性刑事さんに事情聴取されたんだけど、
    過去に男性の局部は見たことがありましたか?とか想定外なこと聞かれて顔真っ赤だった
    まさかエ□画像でのみ見たことがありますとも言えないしさ…

    121 :鬼女日記 2016/08/30(火) 13:07:07 ID:TZd
    近所の公園での昔の修羅場。
    当時のママ友たちで集まって砂場で子供たちを遊ばせながら傍でペットボトルティータイム。
    期限切れ間近の非常食クッキーを食べながら談笑していると
    公園に大きな黒い犬が入ってきた。
    近くに飼い主はいないし切れたロープっぽいのを引きずっていてこれはヤバい
    とママ友たちと子供を庇いつつお城みたいな遊具の上に避難。
    黒い犬は茂みをゴソゴソしたりおしっこしたりでこちらに興味なしだったから大丈夫だろと観察。
    ほっとしたのもつかの間。
    突然こちらに駆け寄ってくる黒い犬。近くで見るとかなり大きい。
    わんわん吠え始めて子供たちが泣き出した。
    ママ友の一人が残っていたクッキーを放り投げるけど食べると戻ってくる。
    そしてついに滑り台を伝って登ってきた。
    流石にこれは危険と助けてと叫んだけど広い公園で自分たち以外は誰もいない。
    警察に通報をとママ友が110番してる最中に犬が滑り台を登ってフロアに到達した。
    私ともう一人のママ友が子供を庇いつつ台から蹴り落そうと足で応戦。
    犬は吠えて向かってくる。
    このとき完全にパニック。
    そして応戦していたママ友が足をガブリと噛まれてそのまま滑り台から犬と一緒に引きずり落された。
    凄い叫び声でママ友が叫んでいたけどどうしようもなくて右往左往していたら警察が到着。
    自転車で一人だったけど笛を吹きながらこっちに突進してきた。

    続きます。

    779 :鬼女日記 2014/08/29(金) 00:36:06 ID:e1300s4le
    去年の冬の恐怖体験を書く

    夕方6時くらいだったけど、冬なので真っ暗だったある日
    いつものように愛犬の散歩をしていた時のこと

    うちの愛犬は、●をするのに時間がかかる
    お気に入りの電柱付近を行ったり来たりうろうろし
    ぐるぐる回って精神を集中させてから挑む
    なので●の時はその電柱の付近に5分くらい留まっている

    その夜、いつものように愛犬が精神統一中で
    後始末セットを持って私も心の準備をしてたら
    背後の私のお尻あたりに、ドンっと軽く衝撃があった
    「え?」っと思うと同時に腰(骨盤の上のあたり)を掴まれた感覚があり
    ビックリして振り返ると私の真後ろに人がいた

    なんと 全 裸 の お 爺 さ ん だった

    626 :鬼女日記 2017/11/22(水) 01:36:55 ID:8Tq
    高校生の頃 DVを目撃した事
    駅前のハンバーガーショップで働いていたんだけど
    ある時20代ぐらいのカップルが来た
    男の方の服装とかはあんまり覚えてないんだけど
    髪は多少茶色いもののわりと普通の人と言う印象
    で彼女の方は酷い顔で視界を圧迫するほど瞼が晴れ上がり
    骨格の感じとかでだいたいこれぐらいだろと思われる
    顔の大きさの2倍くらい膨れ上がっていて
    一目でわかるほど顔面ボコボコのサンドバック状態
    カウンターで注文を初めても彼女に
    「おい早くしろよ」 「おせーんだよ このグズ女」
    などと暴言を吐いて 彼女を小突き回していた
    彼女の方も 「わかった、 ちょっと待って」と妙に冷静で
    一切やり返したりしない
    当時の私は、そんな激しいDVなぞ見た事がなかったので
    めちゃくちゃ怖くて、注文間違えたら私も殴られるかも
    自分も親が毒親でなぐられたりしていたのもあって
    その彼女さんが人ごととも思えず、怖かった
    そんなこんなでなんとか注文を終えたカップルが
    壁際の席に座ったんだけど、そこからもその彼氏の
    攻撃はやまない 「お前 悪いと思ってるか!」
    「はい、思ってるよ」「なんだその口の聞き方?あぁ?」と
    彼女の髪を掴み思いっきり壁に叩きつける
    店内の異様な様子を察知した他の客も
    シーンとして そのカップルを見ていたものの
    彼氏はヒートアップして 何度と壁に顔を叩きつけたり
    フルスイングビンダ グーパンチなどを繰り返し
    壁には彼女さんの血しぶきみたいなのが
    ついたり、映画とかでした見たことないくらい
    鼻血をだしていたりして「やめて……やめて」と
    弱々しい声で抵抗するものの 全く止む気配のない
    彼氏の暴力 たまりかねた店長が止めに入るも
    逆上した彼氏は手が付けられず警察に通報して
    事なきを得た あんな普通っぽい人ががっつり しかも女の人を
    人眼も憚らず、顔の原型がとどめない程殴り倒す人が
    居ることが衝撃的でした 。出先じゃなくて家とかなら
    杀殳されてるじゃないのか?と思うほどの暴力で
    当時高2の自分にはお岩さんフェイスと
    度を超えた暴力にいろいろトラウマでした

    643 :鬼女日記 2014/04/19(土) 23:47:05 ID:YiwiuJdN.net
    10年ほど前のこと。
    当時全寮制の学校にいて、外出許可でバイトに行って20時頃に帰寮のために夜道を自転車で走っていた。
    寮は少し丘の住宅街にあって、登りを必タヒにこいでいたら突然横から人が出て来て自転車を蹴られて倒れた。
    スピードは遅かったけど結構な衝撃で動けずにいたらがばっ!とのしかかられて押さえ込まれた。
    痴漢だ!ってすぐわかったけど全然声がでなくて、助けを呼ぶ声じゃなく抵抗の声しか出せずやだ、やめて、いやだしか言えず…
    ハアハアされてそうこうしてたらあっという間に離れてポツンと置き去りにされた。
    しばらく呆然としていたけどあまりのショックと体の痛み、ジーンズのアレと思われる汚れにも気づいてそのまま泣き出してしまった。
    腰が抜けて立ち上がれなかったのもある…

    そしたら、少し離れたところから犬をつれた老夫婦が駆け寄って来てどうしたの!?と声をかけてくれ、痴漢…自転車倒されて…とボロボロ泣きながら説明を。
    するとおじいさんが奥さんに「そこの家に電話借りて通報しろ!君は待ってろ!心配ない!」といって「○○号!行くぞ!」と走り出した。

    このページのトップヘ