357 :鬼女日記 2019/01/28(月) 10:54:37 ID:6ZsUteO+.net
姉の作るカレーの不味さが修羅場だった

10年くらい前、俺がちょっと病気になって、入院までする必要はないけど頻繁に病院に行かなきゃならなくなった
週2回くらい
(場合によってはそのまま入院とかちょいちょいあったけど)

で、当時小4だった姉が俺の通院日の夕食を作る係になったんだが、メニューは大体カレーだった
最初は普通のカレーだったんだけど、途中から変な味になり出した

「インドではカレールー使わないから」と
カレー粉ドバドバの水っぽい、スープカレーと言うのも無理なようなカレーとか
「そういうのを入れるカレーもあるから(?)」と鰹節の入った舌触りザラザラのカレーとか
「玉ねぎを沢山炒めると美味しいから」となんか焦げた物の浮いてる苦いカレーとか、まあ酷い酷い
散々緊張したり嫌な思いしたりして病院から帰って来た後にそんな物が待ってるその状況を想像して欲しい
俺は食うのを拒否した
親も怒った
でも何故か姉はカレーを作り続ける
「弁当買ってくるから」って言ってあったのに
冷蔵庫の中身で作られたと思われる不味いカレーらしき物体が用意されてたりして子供心に恐怖を感じた
病気そのものよりそっちの方が修羅場だったかもw

俺はその事件で姉を人外レベルのメシマズと認識してたんだが、今作る料理は普通にそんなこと無いので
小学生ってそんなものなのかなと思って許したけど、しばらくトラウマでカレーを食えなかった件については謝って欲しい
でもその時の話持ち出しても「やめて!」って逃げられるから未だ謝ってもらえてはいないwwwww