891 :鬼女日記 2016/06/19(日) 22:14:52 ID:oMG
高校生の頃、学校の帰りにおじさんに背後から声をかけられた
どうも電気屋さんに行く道が分からないとのことだった
口で説明したり紙に道を書いたりしても首を傾げるだけだから、じゃあ一緒に行きましょう?学校の近くなので案内しますよ。って言ったら喜んでくれた
で、まぁ途中までは「部活でどんなことしてるの?」「美術部ですー」とか「学校は楽しい?」「楽しいですよー再来週には運動会がー」みたいな当たり障りのない会話をしていた
だけど途中から「自分で身体触って気持ちよくなったことある?」とか「男の子とくっつけごっこして遊んだことはある?」とか、会話の雲行きがおかしくなってきた
これはヤバいと思って「すみません。さようなら」って言って立ち去ろうとした
そしたらなんと肩を掴まれた
そりゃあもう全速力で振り切って逃げた。その辺で談笑してた年配の女性のところに駆け寄った
おっさんはこっちを睨んだ後にどっか行った
おっさんが立ち去った途端、汗がブワッて出てきて指の震えが止まらなくなった
年配の女性は私が落ち着くまで(30分ぐらい)そばにいて下さって背中を撫でて下さった
もうさっさと忘れたかったんだけど、通報しておけば次に何かあった時に警察も迅速に動ける、って言われて、とりあえず学校と警察に連絡した

次の日に学校から母の携帯に届いた一斉送信のメールには、出来事の詳細に関する説明には「女子生徒に道を尋ねた男性がいた~」ぐらいしか書かれてなくて、それだけじゃねーよ!と突っ込みたくなった
変なおじさんも学校のアホな対応もまとめて衝撃的だった