遺産相続

    133 :鬼女日記 2017/11/04(土) 23:18:45 ID:rFaWcjxJ.net
    私の実の両親は、運命的な出会いから大恋愛の末、
    数多の困難を乗り越えて結ばれたといいます。

    資産家の一人娘であった母と対照的に、父の家庭環境は恵まれたものではありませんでした。
    そのような2人の結婚に周囲は猛反対しましたが、
    勤勉誠実な父の人柄と、母の愛ゆえの覚悟が理解されると、親族知人の全てが2人を祝福したといいます。

    その後、私が産まれました。大変な難産だったといいます。
    私の誕生は、両親にとって生涯で最も幸せな瞬間だったといいます。

    そんな幸せの絶頂は、皮肉にも、父の人生最大の哀しみに繫がります。

    母は私を産んだ翌日、父を残して天に召されました。
    その時の父は、悲壮のあまり、母の後を追うことさえ頭を過ぎったといいます。
    しかし、そうはしませんでした。

    哀しみの最中、母の残してくれた、大いなる遺産を相続したことに気付いたのです。このことは、私が成人した日、母の墓前で父が申し訳なさそうに告白してくれました。

    資産家の令嬢でもあった母の遺産には、莫大な金額に相当する不動産や金融資産がありました。
    しかし、それらは全て、母の遺産の付属品にすぎないのだと、父は語りました。

    母の全ては父に受け継がれました。
    父の全ては母であり、それは母の残した私という遺産なのだといいます。

    ー省略ー

    いま、私の手の中にある銀のナイフは、亡き母の輝きです。
    そしてそれは、闇に捕らわれかけた父の魂を照らし救う、唯一なる祝福の光です。

    842 :鬼女日記 2015/07/23(木) 12:46:49 ID:???
    親の財産をひとり占めしようとする長男や長男嫁の話ってよくあるけど
    それが成功したとて……という話。

    親戚にSという一家がいて、Sさんは中小企業だけど経営者で、業界では知られた人だった。
    S夫婦には息子が2人いて、長男は親はそうじゃないのになぜか長男教に感染していて
    「俺は長男だ跡取りだ敬え!ひいきしろ!」と威張っていた。
    子供のたわごとならまだしも、大人になってまで言って回ってるから、あきれられていた。
    頭の出来は今一つで、大学を出ても就職先がなく
    もしかしてSさんの会社に入れてもらうつもりだったかもしれないけど
    Sさんはコネで遠くの会社に放り込んだ。
    その土地で結婚したけど、嫁さんがまた
    「跡取りの長男だからお金があると思って結婚した」と公言する猛者。

    次男は明るくて人当たりがよく(長男と比べるからかもだけど)
    勉強がすごくできて、東京の地名のついた大学に進み、公費留学でアメリカの大学院へ行き、
    帰国して東京の有名企業に招かれた。
    嫁さんはお金持ちのお嬢様で頭が良くて優しい。

    SさんはS奥さんが他界して気落ちして、会社はたたんだ。
    数年後Sさんも逝って、相続となった。
    長男夫婦は「財産はすべて跡取りの長男のもの!」と主張して
    ギャンギャンわめきちらして暴れるので
    次男夫婦は生命の危険さえ感じて、相続放棄する代わりに
    今後は互いに一切かかわらないと取り決めた。

    56 :鬼女日記 2012/07/25(水) 09:08:05 0
    私は40歳で結婚し、旦那の両親同居、旦那の妹は近くに住んでいて、よく金の無心に来ていた。
    義妹夫婦には中学生と小学生の男の子(当時は手のつけられないような悪ガキ)がいたので
    義両親の遺産はこの二人に相続されることになっていたらしい。
    しかし、その後私が高齢出産で双子の男の子と女の子を出産。この頃から義妹の嫌がらせが
    始まった。
    私にしか聞こえないように言ってくるので誰にも信じて貰えなかった。
    そんな中、寝たきりだった旦那の父方の祖母が亡くなり葬儀が行われることに。
    自分の双子は保育士の妹に預けて私も出席したのだが、義妹の長男がお葬式なのに
    髪を金髪にし、中学生なのに咥え煙草で出席、案の定義妹は頭ごなしにブチ切れ。
    その後も親戚中からの冷たい視線に義妹は耐えられなかったのか酒を浴びるほど飲み泥酔。
    その後義妹は「私は我慢して二匹もガキを育てたのにこの女(私)のせいで何もかも
    無くなって・・・何のために産んだと思ってるんだよ!」と支離滅裂な事を絶叫。
    すると姑が義妹の顔面をグーで殴り
    「てめぇがこんなんだから何の罪もない子供たちが非行に走るんだよ!
    私の方こそなんでお前なんか産んだかわかんねーよ!今すぐここから出でけ!
    そして帰ってくるなバカ娘!」と説教。
    普段はおしとやかな姑があんな風になったのは驚きだが、その後は先述の
    私の疑いも晴れてスッキリした。

    このページのトップヘ