658 :鬼女日記 2015/09/15(火) 11:32:47 ID:c2d
とある集まりでのこと。
8人ほどで話をしてて、ある人が先日銀婚式を迎えたと言う。
そこにいた全員が似たような年代、似たような結婚年数だったことから
これまで離婚をチラッとでも考えたことがあったかどうかって話に。
そしたら8人中7人が頭をかすめたことはあるって。
それは本当に取るに足らない理由で、嫁姑の確執だったり
夫と喧嘩した時だったりにチラッとかすめる程度。
でも夫や家族との結婚生活を天秤にかければ
笑っちゃうぐらい離婚なんて馬鹿々々しいと思っちゃう。そんな感じ。
私なんか、姑も夫も全然悪くないのに
たま~に独身時代の自由が懐かしくなって
今離婚したらどうなるかな~なんて妄想する程度だw
だけど、たったひとり「考えたことない」って言いきったAさんって人が
「大好きな人と結婚したのに離婚なんて言葉、夫婦の間に存在しない」とか言い出してw
「チラッとでも考えたことがあるなんて、あなたたち大丈夫?本当に幸せなの?」って。
で、ある人が「幸せでもちょっと考えてみたりすることあったって言う話でしょ」って言ったら
「ないよー!ないない!おかしいよみんな」から始まって
そんなんだから最近の子供たちがおかしな方向に走るのよ。
昔の母親は一所懸命子育てしてたから、子供たちはみんな純粋に育っていったの
・・・とか、なんかもうワケわからん話に。
ずいぶん壮大な話になってきたなって思ってたらBさんが
「熱弁中悪いけど、あんた子供いないじゃん?育ててから言ってよ」と。
Bさんは子供3人育ててる。
そしてCさんが「子供産んだことのない私でもおかしなこと言い出すなぁって思っちゃった(テヘペロ」
そこからは最後までAさん黙って透明になってた。
穿った見方かも知れないけど、Aさんのそれって
もしかして本当に幸せなんだろうかって思ってしまった。