障害

    116 :鬼女日記 2012/05/30(水) 14:04:30 O
    職場の同僚と付き合い出し、結婚まで考え始めたところで
    彼女に無職引きこもりの姉、重度知的障害で要介護の弟がいること、
    彼女の中ではその2人まで俺が面倒見ることになってたことが発覚。
    数回話し合っても考えが変わらなかったので別れを告げてから
    しばらくの間、彼女がストーカーと化した。
    上司、親戚、警察、ありとあらゆるところに相談したけど
    「よく話し合え」「男なら彼女を受け止めてやれ」
    「結婚まで考えた仲ならもっと大らかになって」と
    全く話にならなかった。

    ここまでが修羅場でこっから蛇足。
    会社に転勤願い出して関東→東北で転勤し、やっと平和になったと思ったら
    去年の大震災で東北支社が大ダメージを受けて俺は関東へUターン。
    また彼女に付きまとわれる恐怖に震えていたら、別の同僚がロックオンされてて
    その同僚はどうやら何も知らずに幸せそうにしていた。
    先週末式場の下見をしてきたらしいけど、俺は同僚が
    不幸になるのを黙って見てるべきなのか?
    今真面目に仕事も手につかんくらい真剣に悩んでる。

    379: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/04/02(木) 12:23:10.36
    嫁が「男子厨房に入らずよ」とか言って家事教えてくれない 
    でも俺だって覚えとかなきゃいけないだろうし、
    できるに越したことないから
    今朝嫁が出て行った後、
    冷凍ピラフをフライパンでいためてたら焦がしてしまった 
    慣れないしこんなもんだろと思って、
    嫁が帰ってきたので謝ったら激怒された 
    「よりによって火を使うなんて!」って言って出て行って
    携帯もつながらない 
    ガスの元栓締められたみたいで、お湯も沸かせない・・・

    俺は軽度の発達障害で、
    結婚前の同棲のときに風呂をあふれさせたり 
    洗濯機にフリース突っ込んで壊したりしたから家事禁止されてた 
    でも嫁的には「子供の頃、揚げ物をしようとして家を半焼させた」って 
    エピソードが許しがたいらしく、
    上記の失敗も併せて家事禁止令を出された

    812 :鬼女日記 2017/12/07(木) 10:38:51 ID:80f
    妹が重い自閉症で小学校から徒歩圏内の支援学校に通ってる。(本当に数分の距離だけどバス通学)
    妹はちょっとの会話はできるけど、ずっとわけわからない言葉を発したりしていて、高等部に入学してからはいろんな言葉を話すようになった。
    この前は、いきなり部屋で三代目のダンスを踊り出して家族みんな驚いた。どうやら高等部になり、中学まで地元の中学校だったけど、高等部から支援学校に編入してきた生徒が沢山居るらしい。
    そういう子の殆どが、発達障害とからしく、知的には高いけど、ちょっと精神的に安定しなかったり、輪に入らなかった子らしい。母が参観の時、普通の高校生を見ているようで驚いたと言っていた。
    懇談でも、そういう子たちがダンスをして、妹はそれを見てコピーして踊っていたらしい。
    刺激があるんだね。すごいねと家族で話していたんだけど
    先日、近くのコンビニで買い物をしようとしていたら、私服の高校生、だけど、支援学校の生徒とわかる名札のようなものを鞄につけている男女のグループが居て、シャボン玉買おうという話をしていた。
    一見本当に普通なんだ。でも、行動や言動なんとなく幼い。それでああ、やっぱり支援学校の子なのかな?とか思ってたら、その子達の口から妹の名前が出た。
    妹の名前は、ちょっと特徴のある名前。なかなか名前は被らない。しかも支援学校の生徒となると私の妹のことに決まっている。耳を立てていると…
    「〇〇(妹の名前)おもしろいよなー。なんでも真似するじゃん?」
    「そうそう、この前変なポーズさせて俺腹抱えて笑った」
    「あいつさー、ブッサイクだよなーほんと、ガイジってすぐにわかる顔してるし」
    「女捨ててるんだろなー。ま、そんなこともわかんないけど」
    頭の中が、真っ白になるってこういうことなんだろうな。何も言えなかった。もし言っても向こうは支援学校の生徒。親同士で揉めるし、妹は何されるかわからない。ただ、ぐっと我慢して泣きながら帰った。
    親に凄く心配されて、コンビニでの出来事を伝えた。母はすぐに学校に電話して相談していた。妹は泣く私の涙をずっと指でほじくっていた。
    普通学校に発達の子が居ると大変なのはわかる。彼らも今まで普通学校だったのに、支援学校に来てしまってつらい気持ちなのもあると思う。普通学校ではきっと他人と違うからと後ろ指さされていただろう。
    だからって、支援学校にきて今度は自分達が後ろ指さすようなことをするのが理解できない。彼らも理解できないんだろうけど。
    「どうして障がいをもつ人が生まれてしまうんだろ」なんて言うと元も子もないけど、悲しくなった。
    以上愚痴でした。

    166: おさかなくわえた名無しさん 2015/05/06(水) 20:40:59.97 ID:FjjTShSb
    終わった話だけど、姑の話を書かせてもらいます。
    長いのでいくつかに分けます。

    姑は電車で1時間の距離に住んでるのに、
    私たちが結婚してすぐから毎週のようにアパートにやってきて泊まっていく人だった。

    しかも毎回突然「私よ、わーたーしー。」と玄関でわめく。
    上げ膳据え膳で何もしない姑の世話は本当にめんどくさかった。 


    285 :鬼女日記 2017/07/27(木) 07:48:54 ID:oFP
    大学時代から付き合っていた彼氏と、お互い就職して一年経った頃に結婚しようって話になった。
    それで彼の実家にご挨拶に行ったとき、母親がニコニコして玄関に現れたのに私を一目見てからは急に静かになった。
    父親は単身赴任中で、妹さんは合宿か何かで留守だった。
    彼が一生懸命場を和まそうとしてくれたけど母親はほぼ無反応で、なんか私、嫁候補としてはNGらしいなと感じた。
    帰り道で彼に「なんか私、嫌われたっぽいね。なんか拙いことしちゃったかな」って言ったら
    彼が「そんなことないと思うけど、今晩聞いとく」って言われて、お茶したあと別れた。
    翌日、その母親から電話があって(あとから知ったけど、私の番号は彼から聞いたわけではなくこっそり彼の携帯の電話帳から仕入れたらしい)
    最寄りの駅まで来てるので出てきてほしいと言われて出向いたら、結婚はあきらめてほしいと言われた。
    何故か理由を聞いたら「私の人間性を否定してるわけではないので、そこは分かってほしい」と言いつつ「背が低いお嬢さんはちょっと」って。
    私、身長153cmでチビではあるけど、それが結婚の障害になるなんて晴天の霹靂とはまさにこのこと。
    ちなみにその母親も私と同じぐらいの身長で、彼は175cmぐらい。
    で、母親の説明によると、父親は160cmぐらいで妹さんは150cmに少し足りないぐらいなんだって。
    双方の祖父母さんたちも曾祖父母さんたちも皆、低身長だったそうだ。
    「父方も母方も親戚は低身長な人ばかりで、そんな中でやっと170㎝越え(彼)が生まれて
    低身長の遺伝をなんとかしたいと常々夫婦で話してた」そうで、息子の嫁には170cmぐらいある女性を望んでたらしい。
    そんなこと言われて「そうですか、じゃあ結婚止めます」とは思えず「それなら彼にそういう女性と付き合うように
    小さいころから言い含めておけばよかったじゃないですか。ここまで来てそんな理由で断られても私の気持ちはどうなるんですか?」
    と反論したら、申し訳ない申し訳ないって謝ってきたけど「息子が女性とお付き合いしてることを知らなかった」そうだ。
    就職後には一人暮らししてるとは言え、大学卒業するまで自宅通いだったし、そんなもん?
    その後、彼とご両親の大バトルがあった。父親も母親と同じ意見で、単身赴任先から戻ってきて彼を説得したらしい。
    妹さんだけが味方になってくれて「私が好きな人との結婚をそんな理由で断られたらタヒぬほど辛い」とまで言ってくれたらしいけど
    せめて160cmはないと無理って言い続けてたらしい。
    うちの両親も「そこまで反対される家庭に嫁がせるのは・・・」と不安がっていたら、
    俺の両親の許可なんか要らんって彼が言ってくれて「今後一切自分の家族とは接触させないから」と私の両親を説得してくれて結婚。
    結婚式は教会で私両親と彼妹と、互いの親友だけを呼んでひっそりしたものだった。
    結婚してもうすぐ10年、子供も男の子がふたり生まれたけどまだ身長が伸びるかどうかわからない。
    彼の実家には、彼の宣言通り一度も行っていない。彼の両親はいまだに私を嫁と認めてないようだし。
    思い出すと今でもちょっと面白かったのは、義妹が母親に言い放ったという「デカ林素子ぐらいじゃないと遺伝に勝てるか」と言う言葉。
    その義妹は165cmぐらいの男性と結婚したが、やはり身長のことで反対されたらしく義父母とは疎遠気味。
    「それ以上大きな人だと首が疲れるのよ」って言ってた。

    939 :鬼女日記 2017/02/21(火) 18:43:10 ID:C12LIXzR0.net
    不倫発覚からゴタゴタ続きで旦那はそのままプリと住んで、私とは離婚しないまま約1年
    私の気持ちも落ち着いて、このスレからも遠ざかっていたんだけど再び出戻って書き込ませてもらいます

    私の友人がプリの友人と接点があるので聞いたんだけど、
    少し前にプリ、事故で大きな障害を負ったらしい
    詳しくは書けないけど、見た感じ外見ですぐに健常者じゃないとわかるくらいの
    故郷のプリ親には彼氏と同棲してるから生活は大丈夫だと言って様子を見に来たプリ親と旦那も対面したらしいけど、そこで既婚者ですとは紹介出来ず挨拶のみ
    旦那と住んでるからなんとか生活出来るけど、もし別れたらちょっと1人で暮らすには厳しい身体だそうです

    因果応報だね!とその友人に言われたけど、ちょっと不倫の因果にしては大きすぎるかな
    慰謝料ももらったし

    旦那とは別居後も週1程度で子供交えて食事して、旦那側の冠婚葬祭やらも出席してる(私側は私親から旦那が逃げているので来ないクズです)からわりと頻繁に会ってるけど
    旦那の口からはプリのその件は聞いていない
    少し前に2週間くらいバタバタとしてた様子だったので、多分それが事故の時だったんだろう

    プリもそんな身体になって落ち込み半端ないらしく、さらに旦那に逃げられたらどうしようとビクついてるみたいで、私に強気で攻撃してきてた頃の面影はもうなくなったらしい
    既婚者男と住んでる家には友人は呼べず、かといって今までのように出かけて楽しむこともままならず、これからの人生、また別の意味でも旦那が全てになるかと思われます

    私は婚費ももらってるし離婚も特にしたいとも言われず、したいとも思わず平和に暮らせているので、
    これからの旦那とプリの動向を友人経由で聞いて、まるで他人事の噂話のように楽しむつもりです
    本気の愛()ってやつを是非ずっと見せてもらいたいですね

    (障がいを持ってる方、家族などにいる方、不快な思いされたらごめんなさい)

    492 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/11/30(月) 15:28:11.34 ID:DntLCuMi.net
    私は内蔵系の病気で月イチ通院、
    長男も私と同じ病気で月イチ通院(6種類の薬を飲んでる)、
    運動の発達が遅れてるけど知能は普通。
    最近産まれた次男は障害があった。
    今の医学では治療できないと医者に言われた。
    (ちなみに目です…)
    旦那も最近は欝傾向で気が滅入ることしか言わない。
    毎日、仕事辞めたい、仕事1年間休みたいばっか。
    お前には育児を任せられない!
    俺が育児やるからお前が働けと言われるけど、
    今まで全然やってこなかった人に出来るとも思えず。
    次男を抱っこすることもなく、
    悲しそうな顔して目をじっと観察するだけ。
    旦那の方が子どもより大変。
    辞めても休んでも良いけど、それで家族の役に立たなかったら
    離婚するからねと言って、なんとか止めてるけど…。
    普段から家のこと何にもしないし、
    お前は俺の言うことに「はい」とだけ言え!逆らうな!と威張るので、
    こんな旦那に四六時中いられたら耐えられない。
    まぁ家事や子育てを半分やって、
    しかも威張らないなら良いけど…。
    私って子ども産むべきじゃなかったんだなぁ。
    私と旦那は子どもが産まれる前は、共働きで忙しいながらも、
    旅行や温泉など楽しみを見つけながら生活してた。
    誰かに「あなたは普通の子どもは産めないよ」と教えて欲しかった。
    もう戻れないんだなぁ。

    347 :名無しさん@おーぷん
    中学2年の林間学校での出来事。
    うちの中学は1学年5クラスだったが、それとは別に1クラス特殊学級ってのがあった。
    いわゆる知的障害の生徒のクラスで、そのクラスは普段は近くにある小学校の校庭の隅に独立した専用校舎?があった。
    運動会や何かの行事のときだけ先生が引率して中学の方に連れて来るんだけど、そこの生徒は2年生は2人だけだったし
    私は5クラスの一番最後のクラス(5組)だったので、うちのクラスと行動を共にすることが多かったんだよね。
    で、林間学校の時に事件は起こった。
    実はその前年までは特殊学級の参加はなかったんだ。
    だけど父兄が他の子たちと同じように思い出を作ってあげて欲しい、参加させてほしいって訴えての参加。
    その2人は、先入観があるせいか多少おかしな雰囲気(話し方とか表情とか)はあったけど最初は特に危ないって意識はなかった。
    普通に話し掛けて、普通に一緒に笑ったりもした。
    林間学校では基本的に山の家と言われる施設で寝泊まりするんだが、一晩だけ近くのキャンプ場でテントで暮らす。
    そのテントを張っている時に、特殊学級の男子生徒が木槌に興味を持ってあちこちトンカントンカン叩きだした。
    私、その班のリーダーやってたから何となく危ないなと思って先生に軽い感じで「ちょっと危なそうなんですけど」って話した。
    そしたら先生が「じゃあ木槌取り上げといて」って言うんだよね。
    えー、私が?とか思ったけど先生忙しそうだったし、どういうふうに言おうか迷って
    同じ班の男子A君が気が付いてくれて「どした?」って聞くから事情を話していたまさにその時
    材料を運んできたワゴン車のボディをガッシュガッシュ叩きだしたので慌てて冷静さを失ってしまった。
    A君が後ろから羽交い絞めにして私が木槌を取り上げようとした。

    このページのトップヘ