鬼女日記 -鬼女・修羅場・キチママ系まとめ-

当ブログは主に既婚女性・男性板、 生活板、家庭板などから管理人が気になった話をまとめたサイトです。

    雑談

    992 :名無しさん@おーぷん
    >>988
    乙華麗!
    埋めがてら愚痴半分をダラダラ投下。

    私たち夫婦は珈琲にハマっている。
    私は飲む専門で、旦那は飲むのも淹れるのも大好き。
    最初は個人経営の喫茶店巡りをし、店主と珈琲談義をして知識を深めるだけで満足していた。
    しかし、旦那のコレクター心に火がついたようで、次第に珈琲グッズを集めるようになった。
    ドリッパーやフィルター等は10種類以上所持。
    コーヒーカップも15種類ほどあるはず。
    流石に電動ミルは3台しかないけど、手挽きミルは17種類くらいある。
    変な話、ちょっとした珈琲店より道具が揃ってる。
    最近はオールドミル集めにハマっているみたい。

    それに伴い、Facebookでも
    「今日はこの機種を使ってハンドドリップ。ドリッパーはこれとフィルターはあれ。」
    「室温何℃でお湯は何℃を使用し、何分間蒸らしてから何分かけてドリップ。」
    とアホなことをたまに語るようになった。
    珍しい豆が手に入ったら、行きつけの喫茶店で常連に振る舞ったりもする。
    「美味しい珈琲が飲みたい(凝視)」と言われたら、喜んで珈琲を淹れに行くバカ旦那。
    喫茶仲間はもちろん、友人・知人にも珈琲マニアと周知されていて、珈琲グッズを購入する時は、大抵相談を受けてるみたい。
    相談すれば、旦那が最適なグッズを紹介して、購入前のお試しで2〜3ヶ月ほど無償で貸すから。

    こう書くとクレクレホイホイに思うかもしれないけど、幸い周囲の人に恵まれているので、トラブルが起きたことはない。
    逆にお返しとしてケーキ等をいただくので、逆に気を使わせて申し訳ないくらい。

    85 :名無しさん@おーぷん
    自分でもどうでもいいことだと思っているんだけど、未だに夢で見るので衝撃的だったんだと思う。
    幼稚園の時、授業(って言うのかはよくわからないけど)の一環で書道をやった。
    クラスのみんなは正座して幼稚園児なりに真剣にやってたけど俺は片手で鼻くそほじりながらやってたんじゃないかと思う。書道で使った筆にはなくその乾いた跡とかあったりするし。
    で、同じクラスのA、こいつは書道の習い事をしていて、多分一番真剣に書道やってた。

    その時書いた奴は市の書道大会の園児の部みたいなのにに出展されたんだけど、よく分かんない結果になった。

    金賞 他の幼稚園の誰かが書いた奴。子供心ながらきれいな字だと思った
    銀賞 俺の 字のバランスも大きさも書き順もおかしいし、なんか半紙の隅に墨汁じゃない変なシミもある
    銅賞 Aの 子供心ながら金賞と同じぐらいカッコイイと思った
    佳作 五作品ぐらいえらばれた。金銅とくらべると少し劣る気はするけどそれでも綺麗な字だった


    なぜか鼻くそほじりながら書いた俺の奴が、書道を習って一番頑張ってどう見ても綺麗なAの奴より上の賞とっちゃったんだよね。
    幼稚園のみんなは「なんで俺君が銀賞何だろうねー?」なんて言うし、俺自身「どんなに高く評価しても努力賞ぐらいだろう」なんて思ってた。
    Aはただ俺に「おめでとう」とだけ言ってくれた。

    俺自身が銀賞って言うのに納得いかなくて先生や親に聞いたことがあるんだけど、流石に本人に「お前が賞を取るのは確かにおかしい」なんて言えなかったみたい、
    苦笑いしながら「字は綺麗じゃないかもしれないけど、書いてるときの頑張りが審査員に伝わったんだよ」見たいなことを言われた。鼻くそほじりながら書いた作品に。

    一週間ほど駅前のビルの中で賞をとった作品が展示されてたんで、母と見に行ったことがあるんだけど
    そのときにAとA母を見かけて、A母がAに何か怒っていてAが涙目でA自身の作品を見ていたのが鮮明に記憶に残ってる。
    他のところは日記からひろったりうろ覚えだったりするのに。

    それから20年ぐらい経ってるし、その間地震に巻きこまれたり目の前で交通事故があったり、それなりに衝撃的な体験はしているんだけど、たまに見る悪夢は8割ぐらい、幼稚園児のAが泣きながら「なんでお前が銀賞何だ」って言ってくる夢。
    Aは一度も俺にそんなこと言ってないはずだし、小学校までは普通に友達だったはずなんだけど。

    未だに芸術家が芸能人の作品を批評する番組何かを見ると芸術家や家族の評価と俺の評価がまるっきり正反対だったりする。

    40 :名無しさん
    約1ヶ月前の大雪のときの話

    自分は長野在住なんだが、ちょうど雪がふりはじめた日に
    特急で一時間ほどの松本市に行く予定だった
    その日は、週末で込み合っていて
    特急の自由席は満席
    仕方なくドア付近で立ってた

    遅れてます、というアナウンスが入り
    やっぱりなぁ…と思っていると白人で40代くらいの男性が
    「なんて言ってました?遅れる?」
    と日本語で声をかけてきました

    私は英語さっぱりなので(日本語ではなしかけられてるのに(笑)
    ちょっとテンパりながら
    「あ、遅れるとは聞こえましたが…」

    「あー、ビール買いに行きたいんですけど…間に合うかなぁ」

    とキヨスクをチラチラ
    いまの場所からだと一車両ほどはなれた場所にキヨスクが
    何人かは買い物して出てきているようす

    「何分遅れるかまでは聞いてませんでした…」と答えると
    彼はそうかーいけるかなぁーと、ゆっくり車外へ

    ちなみに、この特急の最終列車なので乗り遅れるわけにはいかないし、車内販売もなくなった悲しい特急

    私も大丈夫かな?と様子を伺っていると

    「10分ほど遅れます」とアナウンスが!
    彼は私の方を振り返り、満面の笑みを浮かべ(*゚▽゚)bキヨスクへ

    良かったなぁ、と思っていたら
    わざわざ私の方まで来て(彼は席があったようでもっとキヨスクとは近かった)
    「ビール買えましたよ!」( ´艸`)
    「良かったですね!」
    と電車も遅れててちょっとテンション下がっていたけど
    なごなごしました

    34 :名無しさん@おーぷん
    流れ無視で、昨日あったプチネタ。
    会社の同期で、とても残念な奴がいる。黙ってると「金持ちでセンスの良いイケメン」なんだけど、喋ったら馬鹿さ加減がハンパない!そういう訳で仕事の方も推して知るべし、という感じ。実際すごい金持ちな家らしいけど、それをひけらかすことしないから周りも自分も嫌ってはいなかった。

    んで昨日の休日出勤の時、同期がデカい新車で会社に来てた。どうしたんだコレ?と聞いたら 「〇ちゃんがこの車好きで乗ってみたい、って聞いたから」親に買ってもらったらしい。
    ちなみに〇ちゃんとは、自分らの後輩ですごく良い子。まさか狙ってたのか?と思ったんだが、その場はスルーして行こうとした時、〇ちゃんも出てきた。
    「あ!ハチロクだー!」
    「いいでしょう!俺のだけど、乗ってみない?」
    「・・・え、いいんですか?」
    同期の誘いかけに戸惑いつつ、そそられてる感じの〇ちゃん。
    「〇ちゃんみたいなかわいい子なら大歓迎!どうぞ!どうぞ!」
    じゃ、ちょっとだけという〇ちゃん。迷わず 運 転 席 に乗った。
    乗り心地やら前面のパネル部分やら色々確認した後、満足げに降りてきた〇ちゃんは、丁寧に頭を下げて同期にお礼を言った。「やっぱり同期さん位体格良くないと、この車厳しいですね!」とも言ってた。職業体験の中学生と間違えられたこともある位ちっちゃいからな。
    ここまで、自分達はただ立ち尽くしたまんまだった。放心してる同期をなんとか慰めて、二人ともそのまま帰宅。明日から〇ちゃんを見る目が変わりそうな予感。

    901 :名無しさん@おーぷん
    初書き込みなんで、なんか変なところあったらすみません。

    付き合ってもいませんがナンパしてきた方からロミオメールきたぁーーー!
    初恋とのことなので、気がすむまでメール送るくらいはさせてあげようと思って、受信だけしてた。
    読まずに放っておいたら途中からロミオメールだった。

    一部だけど
    一人で抱えるには重いけど、友達にはさらせないので
    フェイクいれて書かせてほしい

    「もう会えないのなら、あの時あなたが花になってしまえば諦められた。ギリシャ神話の物語みたいに。

    キューピットの矢に射ぬかれた心地です。

    友達としてでも他の人同伴でもかまいません。
    もう一度お会いできませんか?」

    神話は私が興味を持ってたから出てきたんだとは思う……。
    いい人だと思ってたけど
    これって付き合わなくてよかった案件なのかな?となんか混乱。

    419 :名無しさん@おーぷん
    以前義実家に一時的同居をしていた頃に遭遇した衝撃でも。

    夫の転勤に伴って義実家の二階を借りて一時同居。
    その二階のベランダはお向かいの家の玄関がよく見える位置だったのね。

    お向かい家はご両親に息子君二人の構成だった。
    そこの兄君が、とてつもなく鳥に好かれてたみたい。

    義実家の地域は変わった鳥がいた。白黒の鳩位の大きさ。変な鳴き声。
    でも頭はいいみたいで、人の様子をよく見てる感じかな。
    その鳥が朝になると、兄君のお部屋の窓の外で鳴いてるの。
    そしたら窓が開いて餌やって終了。

    その次は門柱に止まって兄君のお見送り。出てきたら出てきたで、少し先の電柱に止まって更に見てる。

    帰って来る頃も電柱の上やうちの屋根の上から観察してて可愛かったw

    餌付けしてるとは言え、ここまで鳥に好かれてる人がいるのが衝撃だった。

    因みに私も弟君も餌付けしてみたけど、心開いてくれなかった…

    91 :鬼女日記 2015/10/28(水) 11:21:39 ID:VH4
    既婚の男が会社でする雑談といえば、どこも同じようなもんだと思うが嫁のドジ話か子供の話か仕事の愚痴。
    愚痴を言う空気の職場じゃないんで、自慢にならないギリギリラインの子供話と
    ノロケにならないギリギリラインの嫁への愚痴(昨夜の味付けがイマイチとか、嫁がデブだとか)の割合が多い。
    新入社員Aがそれを横で聞いて「なんで離婚しないんですか?」と真顔で言う。
    「料理がイマイチでデブで劣化した妻なんている意味あるんですか?」
    カチンときたが「あーまーいろいろあるんだよ」でゴマカした。
    しばらくして気づいたがAが頭がいいんだが、言葉をそのまま受け取るタイプのやつで
    謙遜の「こないだの××自信なかったんですよね」に「自信ないのに提出したんですか?」と返すようなヤツ。
    だんだんそういうヤツだとわかってきたんで、周囲もそれなりに扱うようになった。
    ある時Bという社員が、ご近所トラブルに巻き込まれたとかで昼休みにその話をしていた。
    ご近所に騒音を撒き散らすジジイがいて、ちょうど町内会の役員(持ち回り)だったB家が巻き込まれたとかなんとかだった。
    Bが「カミさんがついカっとなって言い返して、まいるよ…」
    いつの間にかいたA「なんで離婚しないんですか。トラブル起こす妻なんかいらないじゃないですか」
    B「あのな、子供がいると離婚なんてそう簡単にできないんだよ」

    1 :鬼女日記 2018/12/01(土) 12:44:42 ID:gq+5+fvt0.net
    ヨッメ「子供ってほーんと勝手にいろいろ触るよね~」

    ママ友「ね~、ほんと困るよね~、、てかパパ私服ヤバくない?」

    ワイ「…え?」

    唐突すぎて何も言えなかったわ

    1 :鬼女日記 2022/12/20(火) 10:43:11 ID:MJt+9Eqh0.net
    敵1「すまん急遽会議やるわwww」
    敵2「昨日の深夜に依頼出しておいたで!午前中によろしく!」
    敵3「暇やからチャットで雑談しよやwwww」

    ワイ🤮🤮🤮🤮🤮

    このページのトップヘ