鬼女日記 -鬼女・修羅場・キチママ系まとめ-

当ブログは主に既婚女性・男性板、 生活板、家庭板などから管理人が気になった話をまとめたサイトです。

    離婚

    214 :鬼女日記 2022/05/02(月) 22:51:41 0.net
    離婚して元嫁に引き取られた元娘がウチの会社に入社したらしい
    元娘が所属予定先にいる元部下で今係長が発見
    係長の上司で同じく元部下の課長代理に報告
    課長代理から私に確認のメールがあった
    生年月日教えて、今係長に確認中

    もし元娘だったら、所属先の部長に話すべきかな?
    それとも黙認かな?

    親の事「そのうち過労タヒするね」とか言った奴がウチの会社に来るかね?

    あ〜最悪

    290 :鬼女日記 2012/12/06(木) 11:47:35 0
    私の両親は私が小学生の時に離婚、以後母子家庭で育った。
    数年前から私と弟のもとに、父が生活保護を申請してるので面倒見れないかとの連絡が来るようになった。
    父と言っても離婚以後は一度も会っていないし
    養育費ももらっていない、赤の他人以下の存在。
    うちも弟家も年寄りを養うだけの余裕はないので拒否している。
    ああいう連絡は忘れた頃にやってくるので、出来ない理由を書いて送り返せばいいだけで
    それだけを我慢したら何のことはないけど
    弟嫁はそれが嫌なんだと。弟嫁実家からも「面倒見てやれ」と言われるらしい。

    これは弟の話なんだから、弟嫁が手を出す必要もないし、
    そういう通知が来ることを実家にペラペラ話さなければいいだけの話。
    弟嫁には関係ないんだからいちいち気に病むことはないと言ったら
    「私さんみたいに薄情じゃないんです。毎日辛くて辛くて。」
    と捨て台詞。
    父の事で迷惑かけてごめんと言わせたいらしいんだけど、
    勝手に弟宛の手紙を読んで、その都度実家にしゃべってるんだから、完全に自己責任。
    弟に嫁を止めれと言ったら「ヒロイン体質だから無理」だとさ。
    さっさと別れてくれ。

    377 :鬼女日記 2012/12/08(土) 12:42:51 0
    終わった話。くそむかつくので注意。
    当時30の兄が結婚したいと同い年の彼女を連れてきた。
    彼女はシングルマザーで女の子が一人いるとその時に告白した。
    彼女は31歳で子供は14歳。高校一年の時に先輩としちゃって
    妊娠したことに気が付かず、親がおなかが大きいことに気が付いて
    騒いだときにはもうおろせない時期だったので産んだそうだ。
    高校は中退したが、相手は逃げてしまったのでずっと一人で
    親の助けを受けて育てて来たそうだ。
    うちの親はドン引きだったけど、兄が結婚したいと言うのに反対も
    できず受け入れた。
    後日連れてきた娘は、敬語もしっかりしていて清楚なかわいい子で
    親はこんな子に育ててるならと納得して結婚話も先に進んだ。
    ぶっちゃけちゃうと娘は祖父母と同居の兄夫婦にぶん投げられて
    育てられて、躾も身だしなみもすべて伯父さんのお嫁さん仕込だった。
    一人で苦労して育ててますっていうから信用した馬鹿なうちの親と兄。
    養子縁組してほしいと頼まれて、兄と養子縁組してマンションも買って
    三人で暮らし始めた。成績もいいので有名な私立女子高に進学し
    学費も兄が出した。

    331 :鬼女日記 2016/09/09(金) 19:04:33 ID:2bN
    結婚してもうすぐ3年なんだけど、もう駄目かもしれない
    結婚前に話し合って、子供無しと家計はそれぞれが15万ずつ出し合うと決めてた
    ただ、私の収入は手取り19万で、夫の収入は多分40万以上+家賃とか株やらの収入があるみたい
    家計の中から夫婦としての貯金はしているけど、私個人の貯金は出来ないのに、夫は個人財産増やし続けてる
    家事は折半だから遠慮していたけど、とうとう我慢出来なくなって改善を要求した
    結婚前はいらないと言ったけど、やっぱり子供も産みたいし、年々仕事が体力的にきつくなってきてるから、できれば専業か、パートに切りかえたい
    それらが通らないとしても、家計の負担額は変えて欲しいとお願いした

    夫からの答えは全て拒否
    結婚前に決めたんだから守れとしか言わない
    今の生活だと何の為に結婚したのかわからないと泣いても、お前の要求通りにしたら、俺に結婚した意味あるの?と言われ、半々の負担で不満なら離婚しようかと言われた


    3年近く一緒に暮らしてきて、こんなにあっさり離婚とか口にするのが信じられない
    情とかないのかと聞いたら、相手に平気で負担押し付けるようなのに情なんてわかないと笑われた

    このまま結婚生活続けるか、離婚して出て行くか、今月中に決めてねだって……
    今32で、離婚したとして再婚出来たとして、子供は望めるのかわからない
    給料は上がる見込みないし、生活自体には困らない今の暮らしを取るべきかわからない

    1 :鬼女日記 2017/08/28(月) 09:41:37 ID:Ti5
    必タヒに嫌がったから、黒だなと思ってワクワクしてたのに、鑑定と探偵事務所の結果も白だったんだが
    白でも離婚って騒いでるってことはよほど心当たりがあったんやな
    後、病気やガンなどのことがわかるってお前らが言ってたけど大嘘じゃねぇか

    710 :鬼女日記 2004/05/25(火) 15:54:00
    ヘタレ期間が長いのでヌカかもしれませんが・・・。

    同居2年目、同居した日から大トメ、ウトメ、コトメ、コウト(×2)の食事の用意や
    掃除洗濯をさせられていた。
    でも私は仕事をフルでしていたので残業や出張もあるので4時に起きて
    諸々の家事をする日々。
    朝からうるさいだとか言われていたけど、時間的にこうするしかないので
    我慢して頑張っていた。
    ちなみにトメ専業、コトメ無職、コウトフリーターなので私より時間があるのに
    手伝うことは皆無。

    昨日、はじめて言えた。
    「無職の人間が家事をすべきです。今後一切家事はしません。
    非生産的な生活を送っていて恥ずかしくありませんか?」
    義一族ぎゃーぎゃーわめいてたが無視。
    夫と別れても、来月中にはこの家でてやる。
    なんかやっとふっきれたよ。


    574 :鬼女日記 2008/10/09(木) 18:24:52 0
    友人が泣き笑いしながら避難完了、祝事投下
    テンプレウトメ+モラ八ラ旦那、友人両親他界後にひどいいじめ開始2年
    「お前がタヒねば保険金出るし、新妻と子供もできて家が幸せになる」と
    㬥カ以外全部あり、保険金8000万
    身長160センチなのに30キロ前半まで追い込んだ

    タヒのうと泣きながら電話を私にかけてきて判明
    洗脳とくのに半年、そこから共闘開始、板読んで勉強した
    弁護士も生活相談課(相談の既成事実を作る為)も㬥言録音も浮氣の証拠も押さえた
    お金の心配もされたが投資、弁護士が余裕で取れるから心配ないと返事

    友人、義家族が昼食中、弁護士名刺と緑の紙をおいて家にきた
    うちの家族も全面協力、家は距離あるし、知らないし、
    来れるなら来てみろの立地(警察すぐ)

    もちろん、礼儀を重んじて、嫁ぎ先へのお礼も忘れない
    ・「お前の出入り口」と言われていた裏口を、防犯の為にアロンアル○ァで接着
    ・自分が働いて買わされたDⅤD再生機、ゲーム機にもレンズ部分や入り口に
     うっかりアロンアル○ァ数滴
    ・浴槽洗浄後、うっかり粉末洗剤を穴部分に投入
    ・洗濯機をカラにして、うっかり洗濯槽の外側の隙間に洗剤を一箱投入

    家にきたとき、時間がなくてこれしかできなかったと悔し泣きしてたww
    さあ、宴会だ!

    613 :鬼女日記 2008/10/09(木) 20:03:07 0
    離婚後に元義実家したプチスカなので、ちょっとスレ違いかもですが。

    当時は義実家で同居でしたが、テンプレ通りの色々やDⅤ・モラが原因で離婚。
    私は元の姓に戻して転職し、転居も二回ほどしました。
    別居中から元義実家宛ての郵便物は転送してもらうよう設定してたのですが
    一年ほど様子をみて、重要なものは届かなくなったことを確認し、計画実行。

    旧姓嫁子の名前で、元義実家の住所と電話番号宛に、サンプルや資料の請求。
    元義実家の人たちは私宛の郵便物も平気で開封したり捨てたりする人だったので
    当然、開封するだろうことは予想の上です。
    数ヶ月経っても連絡等なかったので、郵便物の転送が切れたと思っていたか
    サンプル類は使えるしウマーって感じだったんじゃないでしょうかね。
    で、徐々に資料請求の内容を徐々にFXとか先物系のものを追加していきました。

    最近わかったのですが、元義理実家は電話を解約か番号変更されたみたいですね。
    電話番号がいわゆる良番だったんですけど、もったいないですね。
    あと、風の噂で元義実家が借金で大変っぽい話は聞きましたけど。
    「元」義実家のことですし「血の繋がってない」他人の私には関係の無い話です。
    当時も散々言われましたが「馬鹿女」で物覚えも悪い(心療内科で投薬の影響)なので
    「ついうっかり」昔使ってた名前とか住んでた住所書いちゃったんでしょう。
    悪気なんてまったくないですよ。


    ちなみに資料請求とかはポイントサイトやアフィリエイトを使いました。
    けっこうな額戻ってきましたので、慰謝料の追加分としてもらっておくことにします。

    691 :鬼女日記 2017/11/03(金) 16:11:58 ID:vF6K3vq0.net
    ここでいいのか分かりませんが、相談させてください。
    結婚して2年未満の20代後半の子無し夫婦です。
    義弟夫婦が離婚することになりましたが、双方親権を手放すらしいです。
    義弟嫁実家も面倒は見ない、義実家は義母しかいないので一人で面倒を見ることは出来ないとのことで私達に連絡が来ました。
    甥っ子は2歳でネグレクト気味だったようです。
    一応お祝いは送っていたけど、ほとんど会ったことはなく名前は知ってるくらいの子です。旦那は義実家に預けられた甥っ子を数回見ているそうです。
    旦那も弟との折り合いは悪く、結婚式等に呼びたくないというので、リゾート婚で義母と私側家族のみで行いました。
    旦那は子供に罪はないが義弟と接点を持ちたくない、それでも甥っ子の事を思うと施設に預けるのは気の毒。義弟達が今後何かするとは思えないので、必要最低限の面倒はみてやりたいと思ってしまう。
    引き取るのは現実的じゃないし私に負担が掛かるしいつか実子が欲しい。と言いながら葛藤しているようです。
    もし結婚してなくて恋人もいなかったら実家に帰り同居で引き取ると思うと言っていました。
    私は中途半端に接点を持つくらいなら引き取りも考えた方がいいのではないかと思ってます。簡単なことではないのは承知していますが、もしも引き取るのなら早い方がいいと思っています。
    そろそろ子供も考えようかと話していた矢先の事です。
    どうしても情が勝ってしまい引き取る方に気持ちが傾いていますが、安易に引き取るのも良くないのは分かっています。
    もしも引き取ることになった場合、義母と実家も協力はすると言ってくれています。
    一度引き取ったらやっぱり施設に行って欲しいということはしたくありません。
    また引き取った場合、実子は2~3年は無理だろうとも思っています。甥っ子との相忄生や生活がどれくらいで安定するかにもよるかと思いますが。
    感情だけなら引き取りたいと思いますが、現実問題厳しいのも分かっていますが、客観的に見てどうでしょうか。

    629 :鬼女日記 2008/10/09(木) 20:39:10 O
    全てが終わった。
    目が滑ったらゴメン。一部フェイク有り。

    コウト(高校生)が家(私が独身時代に買った分譲マンション)を無料酒場兼ラブホにしてた。
    注意しても「兄貴(旦那)の許可取ってる、女が口出しすんな」とふんぞり返ってた。
    コウトの彼女に接触してコウトの男尊女卑発言を録音した物を聞かせ別れさせた。
    酒盛りの様子を隠し撮りして写真をコウトが通う高校に送った。
    コウトが停学になり、旦那が私を〆るためウトメを連れて帰宅。
    だがウトメは真面目な人たちで私ではなく旦那とコウトを叱った。
    ウトメに叱られてキレた旦那に毆られて鎖骨が折れた。私を庇ったトメもパソコンを投げつけられて中指を折られた。
    ウトが暴れる旦那を羽交い締めにした所に私の兄(旦那の上司)が到着。途端に萎れて大人しくなる旦那。
    兄「旦那君、誰の家で暴れてんの?」
    旦那「すみません」
    兄「女に㬥カ振るっていいと思ってる?」
    旦那「いいえ」
    兄「私子とは別れて貰うよ。大事にできないみたいだし」
    旦那「……はい」
    ウト「コウトはまだ高校生だから仕方ないが、お前は勘当するからな」
    旦那「…はい」
    兄「じゃあ旦那君の荷物は貸し倉庫にでも預ければいいかな?」
    旦那「…ありがとうございます」
    不謹慎だけど、旦那お前はマヤかwと思った。

    慰謝料&治療費として旦那の独身時代の貯金と結婚してからの貯金を全額貰う事で合意。
    ウトメは旦那を見放した。
    旦那はしばらくホテル住まい。部屋の鍵も替えた。

    そして今日、離婚成立。私はマンションを引き払って実家近くに引っ越す予定。荷物の運び出しも終わった。
    なんだか重たい荷物が消え失せた感じ。

    スカッとしなかったらゴメン。

    このページのトップヘ