離婚

    714 :鬼女日記 2015/06/09(火) 10:40:11 ID:W9e
    嫁を説得する策をみんなにも考えてもらいたい。
    俺はバツ2なんだけど、その離婚理由が俺の母親。
    いや、もちろん俺が守りきれなかったのが1番の原因だってのはわかってる。
    最初の嫁は職場恋愛から結婚、結婚後も共働きしてたんだけど母親は、女が男と肩を並べて働くということが気に食わなかったのか、散々イビリまくった。
    いびられてるってのは嫁から聞いたけど「これは私の問題だから手を出すな。私が解決する。」と言って1人で対処してた。
    なので見守ってたけど嫁に500円玉台のハゲが出来てしまってさすがにこれ以上はほっとけないと俺が母親に注意したら「手を出すなって言ったのにそんな事も聞けないの?」と離婚された。
    2番目の嫁は小学校でクラスメイトだった女性なんだけど、ご主人が事故で亡くなって2歳の女の子を1人で育ててるシングルマザーだった。
    結婚後は専業主婦になってもらった。
    母親とは以前の事もあるから俺の携帯だけ繋がるようにして住所は教えず実家から2個隣の市に引っ越した。
    これで安心してしまったんだが、母親は興信所でも使ったのかわからんがうちを突き止めて、俺が出張でいない間に家にやってきて約2ヶ月間居座り続けたらしい。
    (嫁は俺の母親だからと追い出すに追い出せなかったと言ってた。)
    娘を人質のように取られていたらしく出張から帰ってきたら精神的に病んでしまってて、嫁の両親から離婚してやってくれと言われ別れた。
    こんな事があったから今の嫁になってからは携帯も番号を変え、住民票はロックし、知り合いの全くいない実家から遠く離れた県に引っ越して、母親はおろか親族にも結婚した事も伝えてない。
    なんとしても嫁を守りたいのに、嫁自身が母親に挨拶だけでもしたいと言い出したんだよ。
    「我が子の結婚を祝福しない親はいない、我が子の幸せを邪魔する親はいない。」ってのを盲目的に信じてるしそう言うんだよ。
    今までの嫁達がされた事を話しても「それはきっと嫁側にも問題があったからだよ。」って言うから、たぶん挨拶だけしに行かせたら次は同居してあげようとかなんとか言い出しそう。
    どうすれば嫁を止められる?

    185 :鬼女日記 2015/10/18(日) 22:47:54 0.net
    年収300万(額面)会社員 42歳 オレ
    年収200万?(額面)パート 41歳 妻
    子供 娘 一人(小6)
    中古持家 月5万 残り23年(950万)
    貯金 630万 保険300万 合計930万
    同棲5年 結婚期間16年
    お互い初婚、親は離れた県内に別居
    最終的に記憶から消したい。

    嫁は年の割に見た目キレイな方、今年の3月頃、嫁職場が忙しくなり、(3人中、2人辞めた。店)帰りが23時前になる。休みもほぼなし。
    その間、娘の食事、家事等はオレ

    嫁は筋金入りの守銭奴で同棲の頃から、全額オレの給料全額渡して、オレの自由になる金はほぼ無しで21年間年に1、2回飲みにいくだけの地味な生活。嫁も服にきを使う位。
    家の預金額は何回聞いても教えてくれない。

    一生懸命、パートし子育てし貯金するペット好きの嫁を信じていたので、安月給、ゴミ、等の酷い暴言にも21年堪えた。

    余りの酷い暴言に、物に当たる事はあったがケガさせた事はない、その後、野獣と化した嫁に噛みつかれてケガした事は何度もある。

    娘は、幼少からピアノ、家には、分不相応なグランドピアノ嫁は昔から娘だけにはお金を使ってた。

    699 :鬼女日記 2011/12/26(月) 00:26:10
    新郎新婦は不幸にはならなかった筈だけど、一部出席者は凄い緊張感で過去の不幸をほじくり出された式

    家族ぐるみでお付き合いしてる方(新婦)の結婚式+披露宴に夫婦+子供3人で参加したら
    新郎側親族に元夫と姑とその親族数名がいた。
    そら浮気相手と結婚するために放り出した妻子が再婚相手と現れたらバツがわるいだろうね。

    とりあえず会釈でやりすごす。
    式が台無しにしないようにという配慮はあるらしく、私達家族に話しかけるとかもなく終了。
    ただ、気にはなるらしく激しくチラ見された。

    披露宴の後に元夫に話しかけられたけど、子供たちが「パパのトコ先に行ってるね」って言って
    元夫に「失礼します」って挨拶してさっさと去って行った時の
    元夫と姑はちょっと不幸だったかも。

    子どもたちは本当の父親や祖母の事を覚えていましたが
    子どもたちと先に会っていたのに気がつかなかったので
    「会ったらとたんに面倒くさくなってどうでもよくなった」
    「忘れたい嫌な事いっぱい思い出した」「関わり合いになりたくなかった」と知らんぷりしてました。
    離婚当時7歳と5歳、7年ぶりの再会だから気がつかないのは無理ないですが。

    480 :鬼女日記 2013/11/29(金) 16:27:38 0
    プチスカで長文失礼します。
    文才がないので分かりにくかったらごめんなさい


    トメ(ウト故人)とトメ母(義祖父故人)と
    良大祖母さん(トメ母のトメ)3人暮らしの近距離別居
    大祖母さんはご飯だけはトメ母が作ってましたが90代にして
    自分の身の周りの事すべて自分で出来て元気なおばぁちゃん。

    トメ母は自分のトメである大祖母さんと可愛い孫を取った私が気にくわず
    いつもイビリまくり。
    あんたみたいな奴は誰も嫁にもらってくれん!感謝しれ!
    この売れ残りが!(20代前半)
    あんたが来てから食べ物がなくなる!(別居だったため台所使ってない&食べに来いと言われても私のない)
    食べ物がない!食費だせ!
    孫ちゃん(旦那)は私の料理じゃなきゃダメ!私の料理を知れ!
    料理でこうしろあーしろと言うのは幼稚園児に出すのか?と思うものばかり。
    例えば魚は骨とれ、目玉焼きは黄身とご飯混ぜて出せ、
    とんかつは一口サイズにしろ、串焼きは串からとれなど・・・・w

    続きます

    71 :鬼女日記 2013/02/19(火) 16:31:56 0
    失礼します。落ち着いたので勝手に投下。
    旦那40歳 私32歳 子3歳 1歳 トメ81歳 コトメ55歳 ウト10年前に他界。

    かなりフェイク入ってるんでおかしい所あるかもです。
    まずは旦那の生い立ちですが、幼少期トメに捨てられた。ここ必要なら後で書きます。
    トメは離婚後旦那を捨ててから(後旦那ウトに保護され暮らす)コトメだけを引き取り生活。
    その後トメは再婚と離婚を数回していたそうだ。

    そんな母を持つ旦那は、私と結婚する前から自分の生い立ちを話してくれて母に対する思いも話してくれた。
    とてもデリケートな事だし、此方からズケズケ聞くことはしなかったが後に私達は結婚。
    結婚の報告をするためにトメに会いに行ったんだが旦那は1年ぶりぐらいに会うとのこと。
    ずっと疎遠だったらしい。旦那と久々に会うや否やトメは旦那に「あの時はごめんね」と何度も謝る。
    私も過去にあまり興味がなかったというか、私が愛しているのは旦那さんだからそんなトメのことなんて眼中になかった。
    トメと関わる気なかったし適当にあしらってスルーしてたんです。

    その後私達は結婚。子供にも恵まれてとても幸せな日々を送ってます。
    子供が生まれてから疎遠だったトメも3か月に1回ぐらい孫見に我が家へ来てたけど快く迎えてやった。

    子供たちも大きくなったしそろそろ家建てるかって事になり、一応トメから電話きたときに
    「家建てることになりました」とだけ伝えた。
    そしたら「同居したいから1部屋私の作って!」と言われた。
    ここまでが前提です。一旦切ります。少し遅くなるかもだけど書かせて頂きます。

    150 :鬼女日記 2017/08/26(土) 10:44:53 ID:Yen
    口を開けば誰かの悪口ばかりだった、学生時代の同級生A。
    相手が目の前にいる時は褒めたり、意見に同調したりもするけど、相手がいなくなった途端悪口や批判ばかり。
    友人や彼女に対してもそんな調子だったから、当然関係は長続きしたためしがない。

    そんなAが結婚したと友人経由で知った。
    相手は学生時代の同級生B子。
    Aの人となりを熟知しているはずなのに、結婚し、数年後子供まで授かった。
    しかし、二人目の子供が産まれた直後に離婚。
    理由は当然ながらAのモラハラ発言の数々。
    こうなる事が分かりきっていたのに結婚して子供まで産んだ神経がわからん。

    と思っていたら、B子は元々第二子が産まれたら離婚するつもりでAと結婚したのだとか。
    Aの見た目が好みで、どうしてもその遺伝子を持つ子供が欲しかったらしい。
    Aの性格が結婚やB子の出産で変わるとは思えなかったから、絶対A有責で離婚できるとふんでの事だったらしい。
    さらに神経わからん。
    子供が可哀想だと言ったら、物心つく前だから全く問題ないとのこと。
    そういう問題じゃない。

    694 :鬼女日記 2017/01/15(日) 15:16:51 ID:xQo8g63c0.net
    初めての書き込みのため不手際がありましたらご教授ください。

    ◆現在の状況
    嫁が義実家の過干渉をやめさせろと言っている。
    今年中にやめさせることが出来ないなら離婚するとの事。

    ◆最終的にどうしたいか
    親の過干渉は独身のときから続くもので、過去何度も反発したが治らなかったもののため
    過干渉出来ないよう物理的に距離をおきたい(引っ越ししたい)
    同時に、こちらから一方的に距離をおくため、親からの援助も受けないようにしたい。

    ◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
    39才・会社員・手取り500万円弱

    ◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額)
    36才・無職・0円

    ◆家賃・住宅ローンの状況
    中古だが持ち家・ローンはなし

    ◆貯金額
    共有名義も嫁管理なので正確には分からないが
    一昨年の夏のボーナスで500万に到達したと言っていた。

    ◆借金額と借金の理由
    なし

    ◆結婚年数
    5年

    ◆子供の人数・年齢・性別
    1人・3才・男

    ◆親と同居かどうか
    別居。ただし実家とは徒歩5分以内の距離

    ◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由
    なし

    686 :鬼女日記 2017/09/01(金) 11:34:02 ID:TQb
    結婚してから連絡が途絶えて何となく疎遠になっていたA子から数年ぶりにCCメールが来た。
    「離婚しました。もし元夫がそちらに行ったらすみません。何も知らないと言って下さい」
    驚くというより「何これ意味わからん」だった。
    A子と最後に会ったのは結婚式で、以後はずっと年賀状だけの付き合い。
    旦那さんも式と披露宴でしか見てないけど、小太りで頭髪薄い、おとなしい優しそうな人だった。
    A子に「どうしたの」と返信したけど返事はないし
    電話しても電源切ってる。
    夫にA子からのメールを見せて「どうしたんだろうね」と話した十日後くらいに
    本当にA子の元旦那が来た。
    夜の22時くらいだったかな。夫がドアロック越しに応答してくれた。
    夫が私に「来るな」と合図してたから、私はA子元旦那の顔を直接見てないんだけど
    夫いわく「目がおかしかった」そうだ。
    たぶん年賀状の住所を見てうちまで来たんだと思う。
    「A子をかくまっているならあとで困ったことになるんじゃないですか」とか
    「隠し事ってよくないですよね。後悔するようなことになるかもしれないね」
    とか遠まわしにイヤ~な感じで探って行ったらしい。
    でも私たちは本当にA子の情報を何も知らないし、夫が頑として入れなかったら諦めて帰った。
    A子元旦那はそれきり来なかった。

    さらに数年経ってそんなことも忘れた頃、
    A子からメールが来た。元旦那に接見禁止令?が出たとかいう内容。
    電話したら今度は出た。
    A子元旦那は結婚した途端DV夫に豹変し、でも外面のいい人だったので誰も信じてくれなくて
    数年軟禁生活を送ったという壮絶な話だった。
    生理が止まったので元旦那に言うと「子供だ!」と元旦那は喜んだそうだ。
    (そこは喜ぶんだな、と不思議)
    そして産婦人科に診察に行ったら体中の不審な傷がバレて、病院から通報されたらしい。
    そこからあれよあれよと引き離されて離婚になった……「らしいよ」と他人事のように言うA子。
    なんでかというと当時のことを90%くらい覚えてないとA子は言う。
    「記憶喪失だよードラマみたいでしょ」
    と冷静に言うA子に唖然とした。
    覚えてないから当時の話をしても感情が揺れないんだって。
    今は全然縁もゆかりもない土地に引っ越したとかで
    「住所教えられないけどごめんね。この電話も近々解約するから」
    とのことだった。
    こっちがメール二回電話一回、元旦那の来訪一回程度の経験の間に
    A子が想像もできない壮絶な体験をしていたことが衝撃だった。

    439 :鬼女日記 2014/03/13(木) 13:48:09 0
    私の兄が、不倫後に離婚、そうして不倫相手と再婚した。

    でも、家族の目から見たら、ここで離婚待ちしている人が思い描くのとは違う現実が見えた。

    兄は、昔から両親に甘やかされて育って、他力本願な癖にプライドの高いナルシストだった。
    そんな兄の不倫を知ったのは、
    義姉さんが実家に戻ってしまって、義姉さんのご両親から怒りの電話が我が家にかかってきたからだった。
    散々甘やかしてきた父も母も、その時は兄をたしなめた。
    兄は兄で、義姉さんが実家に帰ってしまってから、
    仕事も休み、朝から夜まで義姉さんの実家に頭を下げ続けた。
    それでも義姉さんのお父さんが許してくれなかった。
    うちの両親も何度か兄と共に頭を下げに伺ったのだけど、とにかく向こうのお父さんが離婚を頑なに決めていて、
    兄は義姉さんに会うことすら許されなかった。
    結局、離婚になったのだけれど、
    離婚届けにサインしたその夜、兄は自杀殳未遂で救急車で運ばれる騒ぎを起こしている。
    入院中、不倫相手だった現義姉が、会社から知らせを受けて駆けつけ、付きっきりで看病をした。
    離婚した義姉さんの名前を叫びながら泣く兄を慰めていた。
    退院したその流れのまま、現義姉の部屋に兄は転がり込み同棲、その後再婚した。
    私たち家族も、何も言わなかった。
    あんな兄の面倒を見るのは正直嫌だったから。
    今、実家には、兄と離婚した義姉さんとの思い出の写真やら手紙やらがいっぱいしまってある。
    前の結婚生活をしていた家から、兄が運び移した。
    兄の心は兄にしかわからない。
    でも、これで良かったのかなっと、兄の顔を見ると思う。
    現兄嫁も頑張っているのは伝わるんだけれどね。 

    497 :鬼女日記 2014/02/22(土) 22:05:35
    今月やっとこ浮気嫁と離婚した。

    まだ全部スッキリとは終わってないけど、離婚なんて嫌だなんて思ってたけど案外スッキリとするもんだな。
    今はなんであんなに悩んでたんだろうなぁって感じ。

    257 :鬼女日記 2017/01/11(水) 14:36:48 ID:V4B
    友達から年賀状で結婚と出産の報告があったんだけど、写真にあった旦那が年下のイケメンで年明け早々イライラする
    しかも、友達はバツイチなのに旦那は初婚だって。騙されてるんじゃないかと心配
    てゆーか、私が子ども出来て結婚した時は反対したのに、自分だっていい歳してデキ婚じゃん!
    友達の出産はまだ4ヶ月くらい先だったから、うちで使わなくなったチャイルドシートとかベビーベッドのお下がりを安く譲ってあげようと思って電話したら、もう買ってあるからって断られた
    そんな早く準備するなんて、気になってどんなの買ったか聞いたんだけど、どれも最新のグレード高いやつばっかり
    チャイルドシートはうちの倍くらいの値段だったし、ベッドなんてプーリ?とかって10万くらいするブランドのやつだった
    中学からの同級生で昔からまぁまぁ美人でモテてて、それなのに大学行って大企業入ってって、友達の人生は上手くいくことばっかりで
    5年くらい前に離婚した時はやっと平等になれたと思ったのに
    友達は子どももいなかったから、たまに会うとうちの子によく服とか買ってくれてたけど、それも無くなるのかなぁ
    せっかく大手なのに子ども出来たから仕事辞めるとかだったらどうしよー。飲み代とかも割り勘になっちゃうのかなー。
    初産で色々わからないから教えてねって言われたけど、そんなのそのイケメン旦那に頼んで調べてもらえばいいのに
    なんで私は一回りも上のおっさんと結婚しちゃったんだろう。しかも安月給。友達の旦那は会社の同僚って言ってたから、多分稼いでるんだろうなー
    世の中ってなんでこんなに不公平なんだろ。。。

    1 :鬼女日記 2015/06/28(日) 12:02:02 ID:WiX+06zr0.net
    離婚を前提に話を進めているが難航している

    経緯を軽く書くわ

    クソ嫁がSNSでネ果を晒す
    調子に乗ってライブチャットとかいうのにも晒す
    両家の親族の集まりで親戚の人が嫁に激似だと俺に見せる
    その時にライブチャットの動画を見つける
    映像に映し出されたのは俺の家だった
    この席では黙っておくように頼んだ
    夜に酒飲んだその人が暴露


    嫁はガチギレし俺を非難しだす
    嫁を連れて帰ると義両親が言う
    それから話し合いをしたいと嫁に言ったが
    離婚したくないとふざけたこと言う始末
    弁護士に来週相談する予定です

    339 :鬼女日記 2014/05/14(水) 12:16:17
    誰もいなそうだから勝手に書く。
    俺は再婚。嫁は初婚。

    俺の一回目の結婚は出来婚だった。
    二十歳そこそこの時に7つ年上の元同僚となんとなくで付き合ってるうちに出来ちゃってそのまま結婚。
    正直愛があったかと聞かれるとなかった。でも、子供をおろさせる気もなかったので責任とって結婚。
    元々ぷらぷらフリーターしてた身だったから、元嫁の親から同居を結婚の条件に出された。
    それから1、2年は穏やかに暮らしてたと思う。
    しばらくして、子供のためにとにかく金が欲しくて、でも所詮学歴も職歴もない俺は肉体労働するしか道がなかった。
    考えた末、近県の寮付き三交代の工場で二交代分働いた。
    昼と夜の仕事時間に働いて朝の時間帯に寝るって生活な。二人分だから底辺工場でも結構稼げたよ。
    寮費と工場に備え付けの食堂で食べる飯代以外は全部仕送りした。今考えるとよくやってたなと思う。
    そんな生活を一年続け、一年ぶりに家族に会いに家に帰った(帰省代をケチって帰ってなかった)。
    元嫁妊娠してた。

    806 :鬼女日記 2017/05/07(日) 01:15:09 ID:SsD
    元嫁の話。

    数年前に些細な理由で夫婦喧嘩。
    俺に暴力振るうなど大暴れ。俺は娘(当時一歳半)に飛び火しない様に必タヒ。
    しかし乳を求めた娘に面と向かって『娘ちゃんは要らないのお父さんの所に行きなさい』
    と娘にとんでもない発言。俺そのまま実家に娘連れて避難。アンド別居開始。
    すぐ監護権の争いが始まるが、嘘と悪口を重ねる元嫁に対して、俺と両親は過去の元嫁の非礼や
    子育てに対する姿勢、俺が仕事から帰宅後は食事、入浴、寝かしつけ全てやってた事の証明など
    真実と娘に対する気持ちのみ伝える事に終始し、見事親権を勝ち取る。高裁まで行ったけど、
    元嫁の主張は突っぱねられた。だって育児放棄と認められちゃったからね。また『あの人使えない』と吐き捨てて弁護士(何故か東京の弁護士)
    変更してきたけど意味無し。
    結局、貯金半分の解決金を俺が支払う事になった。でも、元嫁は養育費の支払いを拒否った
    挙句、面会の要求してきた。まぁ仕方ないので(裁判してもどうなるかわからないため)飲んだけども。

    そこから今まで面会が月1ペースで行われてるけど、元嫁は子どもと遊ぶ様な格好で来ない。
    30overなのにヒラヒラ付いた服着て、パンツ丸見えでドタドタ走って娘を追いかけてる。
    娘は元嫁に対して愛された記憶が無いし、ずっと俺と過ごしてきてるので、元嫁に懐くはずが無い。
    最近じゃ手を繋ごうとしても拒否られ、遊んでても眼中にない様子。試しに『あの人誰かわかる?』
    と娘に聞いたら『怖い人』だそうな。俺が元嫁に蹴られてるの見てるからなぁ。それに恐らく虐待も
    受けてたっぽい。根拠は無いけど。でも、今元気に育っててくれてるから本当に嬉しい。

    こんな状態で娘も嫌がってるのにノコノコ会いに来る元嫁の神経が分からん。ちなみに係争中元嫁敗色濃厚な時に
    2度ほど再構築を打診されましたが、子どもを捨てた人間は信用出来ないと断ってます。
    娘が大きくなれば、真実を知ることになるだろうし、そうなれば元嫁は更に嫌われると思うんですけどね。
    面会中親しげに話しかけてきたりして、本当に気味が悪い。もう自分の思い通りにならないのだから潔く身を引いてほしいのですけどね。
    まだこちらと縁があるような振る舞いも本当に神経が分からんです。

    98 :鬼女日記 2017/08/14(月) 16:08:05 ID:f3y
    20代のとき、かなり年の離れた男性と結婚した
    男性には10歳の子供がいて、交際時にかなりなついてくれてた
    男性がかなりずぼらで、ゴミだらけの家を掃除したりおしゃれのお手伝いをしたりしたら大喜びで、「お姉チャンがお母さんになってくれるなんて夢見たい」ち
    と言ってくれた
    でも結婚し母になったら、急にその子からいじわるをされるようになった
    私が作ったご飯をたべずに捨てて、夫が帰ってきたら「ご飯をくれなかった」と泣きついたり、体育でできたアザを見せて「ぶたれた」と言ったり
    男性は娘命だったから娘の言うことを鵜呑みにして私を叱った
    やってないと何度言っても信じてもらえなくて、夫から殴られることもあった
    今から思えば、その子の行動は「試し行為」だったんだとおもう
    私が夫に怒鳴られているとき、その子はいつも泣きそうな目で見ていた
    でも態度は変わらず、最後には夫と夫両親にほぼリンチのように殴られて離婚した

    離婚してボロボロになってタヒのうと思ってたんだけど、周りの人が皆私の味方になってくれた
    こいつは虐待なんてする子じゃないって皆が夫に詰め寄ってくれた
    鬼のように厳しい上司も私のために泣きながら動いてくれた
    それが嬉しくて嬉しくて呼吸ができなくなるくらい泣いた
    それで夫だった人が女の子に話を聞いたところ、全部嘘だったって告白したらしい
    でももうそれで何が変わることもなく終わり

    それで本題だけど、昨日その女の子と街で会ってしまった
    シミとシワが目立つ服を着て、とても太ってた
    私を見たら駆け寄ってきて、あの頃に戻ったみたいに自分のことを話しだした
    女の子の後ろでニヤニヤしてるおじさんがいて、元気か?って馴れ馴れしく聞かれたからよく見たら元夫だった
    本当に浮浪者一歩手前のみすぼらしさだった
    元夫の「あのときは間違っていた」って話を聞いてたら、アイスを買いに行っていた夫と娘が帰ってきた
    女の子はうつむいて、元夫は絶望した顔をしていた
    そのまま逃げるように離れたけど、そっと振り返ったら元夫も女の子も泣いてた

    帰ってきてずっと、胸が苦しくて苦しくてたまらない
    今更その親子に愛情も何もないけど、ただただ涙が出る
    どうしたらいいのかわからない

    474 :鬼女日記 2016/02/08(月) 20:21:35 ID:uEB
    デモデモダッテ状態が急にすっとひいて完全に目が覚めたときの行動力が、我ながら凄かった。
    元旦那は義実家を巻き込んだ旅行が大好きで、そのプランや予約は決して自分からはやり始めない。
    「やり始めない」と言うのは、まず最初に私に丸投げして後から全て元旦那案になるということ。
    家を出る時間から帰宅時間に至るまで、私に計画をたてさせて何度も何度もやり直しをさせられ、それを1週間繰り返して、次こそは大丈夫かなと思った矢先で
    ぽっと出の元旦那案で決まる。たまに元コトメ案。
    2年間その繰り返し。最終的に元旦那案になるなら何故最初に私に丸投げするのだろう。
    ちなみにその旅行に私は参加できない。周りからは散々離婚を勧められていたにも関わらず、究極のデモデモダッテ状態に陥っていて2年も奴隷状態。

    329 :鬼女日記 2008/08/30(土) 19:28:59 0
    お盆に(といっても代休)家族で小旅行してきたんだけど、
    ついでに家の実家にもちょっと寄って来た。
    それをトメに「旅行はどうだった?」って聞かれたので素直に色々話し、
    「あとついでに実家に行って…」と言ったらトメが豹変した。
    「何それ、聞いてない!嫁子ちゃんどういうつもりなの!」
    なんかトメ理屈では実家には行っちゃいけなかったみたい。
    「私に隠れてこそこそ う ち の 孫勝手に連れまわして!
    あなたがお盆に帰るべきはここでしょ!
    いつまで私実家家の人だと思ってるの!あなたは夫実家家の人間なんだから!
    だからいつまでたっても嫁として認められないのよ!」
    ちなみに夫実家は中距離、車で1時間ほど、お盆期間は子連れで日参したんだけど。
    それを淡々と指摘、そして「別にトメさんに嫁として認めてもらわなくてもいいですが?」
    と言ったら、トメが夫に電話。
    「嫁子さんがあんたと離婚するって!!!」
    受話器奪って「しないってば」「嫁じゃないんだから離婚でしょ!!」「バカじゃないですか?」
    夫仕事中だったから「まあ後でねw」と言って切った。
    肩で息をするトメを尻目に今度は私が電話、相手はウト実家。
    大トメとウト兄夫婦、それと敷地内にウト姉夫婦という構成で、かけたのはウト姉宅。
    「ウト姉さん、お久しぶりでございますーw」と言った瞬間、
    ダッシュでトイレに駆け込み鍵w
    トメは後追ってきてドンドンドア叩いてきたけど
    家の姑の不義理をわび、自分はいけないけどトメさんがそちらに行き、
    夫実家家の嫁として働かさせていただきます、と伝えた。
    「遠いから」って理由でもう何年も行ってないんだよね。
    自分の実家には行きまくりだけどw
    もちろん飛行機のチケットも取ってあげました、往復で、期間は2週間。
    取ったチケットはまずウト兄宅へ送り、そこからウト兄名でトメ当てに書留。
    大トメや時代錯誤なウト兄、コトメいびりの好きな一家の女王ウト姉も大喜び。
    とうとう断れなくなり、本日無事機上の人へとなりました。
    捨て台詞は「覚えてなさいよ!」、
    「そっちこそよーく覚えてて下さい」って言い返したらビクってなってた。スッキリ。


    1/2
    541: 後妻 ◆ws4olznY7c 2012/11/28(水) 16:20:31.06 0
    すみません。 
    昨日は大変お世話になりました。 
    元妻さんへの逆恨みを認めたくなくて馬鹿なことを考えたり発言したり、冷静に、客観的に考えると恥ずかしいです。 
    あのあと主人と話し合った中で、こちらの皆様がおっしゃっていた不安なことがボロボロ出てきてしまい、今勢いで実家に戻ってます。 
    後で相談しにきても邪魔じゃないですか?


    2/2
    337: 名無しさん@HOME 2012/11/27(火) 08:54:07.22 0
    相談させてください。 

    ・私(31)初婚 夫(36)バツイチで元妻のところに12歳の男児あり 
    ・付き合って3年、今年のはじめに妊娠が発覚して入籍、式などは挙げていません。夏に女児を出産し、3ヶ月ほど実家(車で1時間ほど)にて静養し、現在は夫の実家で義父と同居。 

    悩みは、夫と元妻&子供との関係についてです。 
    元妻とは4年ほど同棲し、結婚。すぐに長男が生まれ、実家近くの賃貸で5年ほど暮らして実家のそばに家を建てたそうです。 
    その後、妻とうまく行かなくなり妻の方から離婚を切り出し、話し合いの末離婚、子供は妻が連れています。 
    しかし、新築したばかりの家を売るのもどうかということで、名義の関係上夫が実家へ戻り、妻と子供は今現在もそこに暮らしています。 
    私もそれは知っていましたが、事情があって夫の実家を出ることができません。 
    妻の家とは目と鼻の先に実家があり嫌でも目に入る状態。当然、近所の人達も皆事情を知ってます。 

    夫は離婚後、子供のために月3万の養育費を支払い続けています。 
    しかし、現在元妻は再婚して新しい夫がいて、経済的に困窮している様子はありません。むしろ、私達夫婦の方が経済的には苦しいです。 
    夫は父親の勤めとして子供に養育費を払ってるみたいですが、正直もうやめてもらいたいのです。 
    また、元妻とたまにですが今も連絡をとっているのも非常に不愉快です。 

    もうお互い新しい家族を持っているのだから、過去の家族と関わるのはやめてもらいたいのです。 
    どう話せばいいでしょうか?

    681 :鬼女日記 2016/07/26(火) 22:53:45 ID:???
    よく主婦が「子供が産まれてから旦那が急変して生活費も入れなくなって…」
    って書き込み見るたびに思い出す。
    姉は妊娠してから凄く忄生 格が悪くなった。
    もう自分中心で周りなんて見ないし
    入り口のど真ん中に急に立ち止まる→後ろの兄ちゃんが不可効でぶつかる→睨む
    ぐちぐち文句言いつづける とか 人の話3割しか聞かないくせに斜め上発言とかもうキチに近い感じ
    臨月に近づくと姉から他人にぶつかる妊婦様になった。
    出産すればマシになるかな?ってみんな祈る気持ちで静観してたけど
    出産したらしたで今度は子供を伝家の宝刀にし始めた!
    子供がー子供がー育児が大変でーっていうわりには実家に入り浸り
    母も勤め人で平日仕事土日は孫の世話とか最初は喜んでたけど
    だんだんキツくなって断ったら発狂。向こうから絶縁だ!とか将来孫に面倒見て
    貰おうなんて思わないでね!と捨て台詞。
    孫はまだ1歳にもなってないw
    子育に夢中で家事や夜の生活完全拒否、旦那気遣いなし
    (自分とガキだけの分しか食事を作らない等)
    じゃそりゃ愛情目減りするし寄生虫だって思いたくなるし言葉の暴力傍目から見てひどいもんだった。
    貯金しようとするのは悪くないけど稼ぎ頭が1人の段階でそれやろうとして
    締め付けしすぎて旦那さんお小遣いほとんどなくて借金してからタガが外れた。
    そっちがそういう態度ならって私でもなるわ
    素質があったかもしれないけどそう言われすぎて変化したかもしれないし
    そんな生活してたら荒むんだと思う。

    結局姉夫婦は離婚したよ。

    姉は「養育費なんていらない」キリッって言ったけどアテにしてた
    実家は両親が日本一周資金の為に売りに出されてなくなったし
    育児休暇取る前後から件の態度の悪さで職場に総スカン(妊婦様テンプレ態度)くらって
    閑職→ヒス起こして退職→コンビニアルバイト

    プライドが邪魔して元旦那に泣きつくことも出来ずに市営アパート暮らし
    たまに家に来た時ふと携帯画面をみたら2ちゃんで「元旦那にストーカされてる」って創作書いてたw
    再婚予定ってもう何年も男の知り合いすらおらんやん

    あと少子化に貢献とかデカイこというなら8人ぐらい産んでから言って
    もちろん定職について税金納められる人間に育てるの前提で!

    このページのトップヘ