電車

    585 :鬼女日記 2017/08/24(木) 09:22:30 ID:2cwjjqiB.net
    朝から嫌なものを見た
    通勤時間の電車内なので当然混み混み
    そこに母と子が乗り込んできて子(5歳ぐらい)が座席の前にグイグイ入って行き
    「僕ここ座りたい!」「疲れた座る」と大きな声で騒ぎ出す
    母は「座れないの」「誰かが座ってるでしょ」「我慢しなさい」と言うだけでなぜダメかみたいな言い方はしないし座ってる人に対しての配慮は無し
    子供はヒートアップして「ガマンできないっ!座るの!座りたい!プギャァァァァー」と喚き散らす
    サラリーマンが嫌々立ち上がり席を譲ると食いつくように座り即泣きやみ携帯ゲームを開始(音量付き)
    母から礼は無し、子供も礼の一言も無し
    そして二駅先で直ぐに降りてった

    朝の通勤時間帯はサラリーマンも疲れてるし糞ガキなんだから二駅ぐらい立たせておけよ
    きっと毎日こうやって周りを追い立てて席をゲットしてんだろうな

    380 :鬼女日記 2017/06/12(月) 17:02:26 ID:V8UQD07U.net
    友達3人と電車のボックス席に座っていたら
    30代後半ぐらいの女性がやってきて大声で
    「あなた達4人で席取っちゃったら、他の人達が座れないでしょう!」と叫ばれた
    えっ?と思って混乱したけどずいぶん年上の人だし見ず知らずの大人に大声を出された事がショックで
    つい全員で立ち上がって席を譲ってしまった
    お礼も言わず仏頂面で幼稚園児ぐらいの子供と座る女性
    子供も鼻をほじりながらバカ面で私達を見上げていた

    今思うとかなり意味不明な非難だったからびびって譲った私らが馬鹿だった
    でも同時にとても図々しいと思う

    394 :鬼女日記 2015/07/03(金) 13:36:18 ID:XHI
    修羅場というか何というか。

    電車で移動中、めんどくさいBBAに出会った。
    わたしが座っている席の前に、二人の高齢者が乗ってきた。
    一人はサザエさんのフネさんを白髪にして、もう少し御年を召した感じの方。
    もう一人は、高須クリニックの彼女の西原某が描きそうなオバタリアン的BBA。
    どちらに席を譲るかすこーしだけ悩んだけど、どう見ても頑丈そうなオバタリアンは乗って早々携帯で話し始めたので譲る必要なしと判断、フネさんに譲ることにした。
    「ありがとうございます~」と、控え目に微笑み座るフネさん。
    ありがたがられたいわけではなかったけれど、喜んでもらえて嬉しかった。

    が、ここでしゃしゃるオバタリアン。
    電話を切って、「何でわたしに譲らないの?!」と怒鳴る。
    わたし「電話でお話されてましたので、こちらの御婦人にお譲りしました」
    オバタリアン「わたしが切るのを待ってからわたしに譲ればいいじゃない!」
    「(あ、こいつあかんやつや)」と思ったので、この時点で話を聞く気を失う。

    そんなわたしを見て尚更喚くオバタリアン、気まずそうなフネさん。
    フネさん「あの、わたしが立ちますので…」
    オバタリアン「そういう話しじゃないのよ!」
    フネさん着席、喚き続けるオバタリアン、イライラしはじめて「はぁ」「そーっすか」しか返さないわたし。
    はよ降りたいしか考えれなくなったところで、オバタリアンヒートアップ。

    オバタリアン「あんた聞いてんの?!」
    そう言いながら腕を掴んで、何故だかオバタリアン自身のほうに引っ張ってくる。
    意味がわからない。
    電車が揺れる状態で引っ張ってくるって、まさか抱き締められたいのだろうか。
    困惑と苛立ちとない交ぜになるわたしに、オバタリアンの追撃。
    オバタリアン「ほんとどんな親に育てられたらこうなるの?!昔だったらね、あんたみたいな小娘はわたしみたいな身分の人間とは口も聞けなかったんだからね!身の程を知りなさいよ!」
    実際はとある地方の方言まじりだったので、もっと酷い言い方だったが、もういいやと思って怒ることにした。

    920 :鬼女日記 2015/04/27(月) 23:31:39 ID:vMIi1VoT.net
    小1の頃の話なんだけどどうにも納得いかないから、書きます。

    友人家族と家の家族で電車で旅行に行った帰り、何線だか分らないけど四人掛け向い合わせの自由席に座っていた時の事。
    結構混んできて自由席の通路に人が沢山立っていた。
    通路隔てて父とは離れて座っていた。

    外面だけはいい父親がデカイ声で、通路に立っている私と同い位の子が可哀想だから、私の席に半分座らせてやれと言ってきた。
    小1でも、一人で座れると思っていた座席を半分譲り、知らない子と1つの席に二人で座れと言われるのは不快だった。
    母は余計なこと言わなくていいのにと小声で言っていたが、結局知らないその子の母親も頭を下げて、その子と1つの席に座ることになってしまった。

    私は体が小さく細かったがさすがに1つの席に二人はきつかった。
    その後おにぎりのお弁当を食べようとなったが、父親はまたもデカイ声で半分その子に分けてやれと言ってきた。
    声が大きいから周りも注目してくるし、イヤとか言えない家庭だった。
    その子も食べる気満々で選ぼうとしているし、その子の母も頭を下げてきて、泣きたくなるほどイヤだったけど、おにぎりとおかずをあげた。

    とにかく狭いし、その後の水面下での肘バトルもストレスで、姉も友人もみんな寝始めていて、私もそんな事になる前は疲れていたのだが、とても寝るような状態ではなくなってしまった。

    その後我慢したが耐えきれず私は半泣きで母に助けを求めたら、母がトイレに連れ出してくれた。その子がイヤでたまらないと言ったら母は理解を示してくれたが、今さらどうしようもないし、我慢してくれと言われた。
    席に戻ると、私の席にはその子を膝に乗せたその子の母親が座っていた。
    「私の席は?」と声に出して言ったが、知らんふりされ仕方なく何故か父親の膝に乗って帰った記憶。

    その親子の図々しさはもちろんだが、いつも自分は席を譲るでもないええかっこしの父親がスレタイ。

    942 :鬼女日記 2015/03/30(月) 16:42:36 ID:sPI
    今はもうアラサーなのでそんな元気もないけれど、若い頃の私は正義厨だった。
    子供の頃の通知表には、「正義感が強く~」という言葉は高確率で書かれてあったし、自分自身も警察官になりたかった。
    だからといって、学級委員長やリーダー格になるような性格ではなく、どちらかと言えば大人しい性格。
    それでいて、クラスの子が何か悪いことをすれば、誰よりも先に先生に告げるというタチの悪い子供だった。

    確か、私がハタチくらいのころ、母と電車に乗っていた。
    電車は満員とまではいかないけれど、私が乗っていた車両の席は埋まっていて、立っている人が数人いた。
    私と母は席に座っていたんだけど、どこからか女の話し声が聞こえてきた。
    どうやら女は電話で話しているようで、かなりの大声。
    しかも緊急を要する会話ではなく、世間話。しかも下ネタ。
    みんな聞こえないふりをして、俯いていた。
    そんな中、私は「迷惑!」と思った時には席を立って、女の声の方へ歩いていった。
    女は同い年くらいの人で、私は女に「五月蝿いんですけど!」と怒鳴った。
    すると女は、目が合ってもニヤニヤしながら電話を続けた。
    私はもう瞬間湯沸かし器のように怒りが込み上げてきて、女に取っ付きかかった。
    それで抵抗する女から電話を取り上げて電源を切ってやった。

    電車を降りたあと、その一部始終を見ていた母から「アンタ、恥ずかしいよ」と言われた。

    母によると、周りにいた人々も私についてヒソヒソと話していたそう。
    「黙ってりゃいいのに」とか「どっちも迷惑だよ」とか。

    私は正しいことをしたと思っていたのに、世の中の大人からすればどっちも恥ずかしい行為だったことが衝撃的。

    ちなみに私は今、基本スルーで生きています。

    649 :鬼女日記 2015/12/02(水) 23:52:54 ID:???
    今日の電車ですぐ近くにいたおっちゃん
    おっちゃんというより爺ちゃん
    サラリーマンの年齢ではないけど、ちゃんと背広着て
    ネクタイしてカバン持って、サラリーマンが着るようなコート着てる。
    ドアの左右に立っていたんだけど、どうも誰かと会話している様子
    「次は市川だね」「あの工事は何ができるんだろうね。」
    「ああ、あれは○○で○○だから・・・」とか結構大きな声
    リビングでテレビ見ながら返事しない奥さんに一方的に話しかけてる感じ。
    でも誰もいないんだよ、隣に・・・
    イヤホンもしてないし、携帯で話している様子もない。
    でもフツーに「あー、あれはなんだよ、あれな・・・」と独り言。
    誰もが見てみぬふり。
    そのうちスカイツリーについてのウンチクが始まったけど、
    幸い錦糸町で降りる人が立って、そっちに座りに行ったので助かった。
    でも私より隣の席に座っていたお姉さんの方が心底安心した顔してた。
    でも隣に座られた人たちは迷惑だろうな・・・

    1 :鬼女日記 2014/11/11(火) 19:23:34 ID:KULC+q/h0.net
    ワイの隣に座ってた大学生っぽい奴ら2人が
    「年寄りとか妊婦より、サラリーマンに席譲るほうがよくね?」って話しだしたwwww





    これが日本人の民度か・・・

    943 :鬼女日記 2018/04/13(金) 16:23:25 ID:cyT
    発達障害+パニック障害+過換気症候群持ちでヘルプマークをもらって身につけてる。
    普段の配慮ってのはそんなに必要ないんだけど電車に長時間乗らないといけないとパニック発作を起こすことがあったり何かあったとき(災害や事故に巻き込まれたとき)にパニックや過呼吸を起こしたり適切な対応を取れなくなったりするから念の為って感じ。
    普段は親の車に乗せてもらって仕事とか通院とかしてるから徒歩とか公共交通機関を使わないといけないときもたまにあるし何かあったときに周囲の人に無駄に被害を増やさないようにって方がメインの目的で持ってるかな。
    裏には障害の説明や服用している薬、過呼吸やパニックを起こしたときの対応、かかりつけの病院、その他自分が説明できない状況になったときのために必要なことを出来る限り書いてる。
    ここから本題。
    この前親の急な出張と私の通院日(薬の服用の関係があってずらせない)が被って自分で電車とバスを使って病院行かないといけなかったんだけど、幸いうちが始発駅だったこともあって座って乗れたのね。
    体調が悪かったこともあって空いてる席に座ってウトウトしてたんだけど、なんか横から抱えてる鞄をすごい引っ張ってくるから何かなーと思って横を見たら小学低学年くらいかな?って感じの女の子が鞄を引っ張ってたの。
    なにかなー?

    104 :鬼女日記 2015/07/16(木) 22:22:50 ID:lgl
    少し前のチカンの話を読んで思い出した。
    まず自分の修羅場

    15歳くらいのとき、朝電車に乗っていたら、しつこく尻を触る奴がいる。
    身をよじっても、満員の中体をずらしても追ってくる手。
    一応勘違いや事故だと悪いので、逃げても追って触ってくる、というのを
    チカンの基準にしてた。
    その日のやつも確実にチカンだった。
    今と違って、騒いでも誰も捕まえてくれないどころか
    チカンに遭うほうが後期の目で見られたり、男同士のためか、
    駅員や周りもむしろチカン寄り、という時代だった。
    その日もチカンと攻防してるうちに名古屋駅に着いた。
    名鉄の名古屋駅を降りて、地下鉄に行こうとした時、
    そのチカンが付いてくる。あまつさえ肩を抱こうとしてくる
    日曜の早朝の電車で利用客も少なく、当然誰も助けてくれない
    「お姉ちゃんいい所行こうよ」「○〇でxxしようよ、おじさん上手なんだよ」
    「仕込んでやるよ」「いい気持ちにさせてやるよ」などと声かけてくる。
    周りはそれなりに人がいるのに、何度も手を伸ばしてくるので、
    急いで逃げるように歩きながら「うるせーチカン野郎ぶっ杀殳すぞ」
    などと威嚇するも全く効かない。
    いくらその時代だって名古屋駅の地下でそんな大声出したら、
    逃げないチカンなんて居ないんだけど、こいつは物凄くヤバい気配だしまくり
    焦って逃げて逃げて・・今思えば地下鉄に乗ってしまえばよかったんだけど、とにかく逃げようと歩いてるうちに、
    近鉄のほうへ逃げてしまった。名古屋の人ならわかると思うけど、
    そっちは長い通路があって、当然人気がない、まして早朝…
    どこかの通路の端にでも追い詰められたら本気でヤバい。
    (まず人が来ないので、襲われててもたぶん誰も気づかない)
    相手もそれが判ってニヤニヤして追ってくる。
    人間怖いと隠れられるところに逃げようとしてしまうらしいけど、まさにそういう状態だった。
    一瞬迷いで足が止まった所で追いつかれて、
    抱き付かれて本当に通路の奥の突当りに引っ張り込まれそうになり
    (シャッターが開けば行き止まりじゃないんだけど、近鉄のその乗り場は
    大阪行きの特別な改札で、始発がすごく遅い)
    ずるずると引っ張り込まれていきながら、胸は揉まれるわスカートはたくし上げられるわで、
    どうしていいかわからず、大暴れしたら、たまたま私の頭が相手の顎にがっ!!と
    音を立てて当った、

    相手の腕が緩んで、ふらついた隙に逃げだし、
    地上への出口に駆け上がって何とか逃げられた。
    外の光が見えた時は本当にほっとした。

    マジで、若いお嬢さんは逃げるときに、人のいるほうに逃げるように
    そのあと何年かして、帰り道につけられた時も、
    ひと気の無いほうへ逃げて怖い目に遭ったので、
    意識して逃げる時は気を付けて…

    348 :鬼女日記 2016/01/20(水) 23:27:58 ID:85T
    ある日、電車に乗った時のこと。
    目的の駅について降りようとしたら開いたドアのすぐ前に人がいる。
    こちらもいつもは使わない駅でこれからの用事のことで考えごとをしていて人が真ん中に立ってるのに気づくのが遅れた。
    だいたいは降りる人が終わってから乗り込むパターンが身についているので、
    そこに人がいる可能性を失念。
    うわっ!と思って無言で咄嗟に避けたら、ギリギリぶつからず、ヌルっとかわした感じに。
    すると、その人はものすごい勢いでつんのめって、駆け込むように車内へ。
    20代前半くらいのスマホ片手の男性。
    結構な足音でドドっといったので転ぶのでは?反射的に振り返る。
    すると、その男性、こちらを睨んで舌打ちのあと、「くっそ…BBA!」
    こちらアラフォー。仰る通りなので別にいい。だが。
    なんだか不自然な勢いだったし、こちらは避けたのにあちらは突進してきていたし。
    そして今の返しで、コイツ、わざとぶつかろうとしてた?と察する。
    トロそうなBBAでもやっつけてすっきりしたかったのかね。
    何か言い返したくなった私。
    にしても、このクソガキ!じゃ、同レベルというか対義語みたいでつまんない。
    んでもって、ああん?って感じですんごい睨んでくる。こちらもエーって見返してたけど。
    けど、ドアが閉まりかけたそのとき、
    「うるさいなぁ。この…うんち!」って返してみた。
    言い終わったところでドア閉まる。
    ヘタレなわりに思ったより声が通ってしまって、ドア近くに座っていた数人にすんごい見られてBBAはずかしい。
    しかしながら当の彼は鳩豆ってこういう顔なんだー…というとてもいい表情をしてくれた。
    そして発車するのを確認したので、手を振ってお見送りしました。笑顔で。さよならウンチ。
    今あなたがいる車両のヒトたちに、「あいつへんなおばさんにウンチって言われてた」って思われながら、
    良い旅をしてください、と心のなかで手を合わせました。ウンチばいばい。
    よほどのことがないかぎりその路線&駅は使わないからもういいやー。
    旅の恥はなんとやら。

    このページのトップヘ