非常識

    434:名無しの心子知らず[sage]2010/06/04(金) 00:08:26 ID:z7qhPks6
    今日、授乳中にトメがいきなり入ってきて(同居)「あら、母乳でちゅか~」と私をガン無視で赤を引っぺがしてどこかへ連れて行こうとした。
    急に無理やりおっぱいを取られた赤はびっくりして泣き出した。
    私が、「授乳中なんですけど・・・なにか用事ですか?」と聞くと私は無視して泣いている赤に「ママ怖いね~ばぁばと一緒に行こうね~」と言って連れ出し、トメの自室に連れて行かれた。

    連れて行く間、ずっと赤は泣いてるし、私が何か言っても無視。掃除もロクにしてないタバコ臭い部屋から早く出したくて「おっぱいの途中ですから!せめて終わってからにしてもらえますか?」と言って赤を連れ戻した。
    同じこと今日2回された。
    なんなんだ?なにがしたいの?やめてほしいんだけど。
    あと、里帰りから帰ってきてトメが風呂に入ってるのを見たことないんだけど・・・汚いから触らないでほしい。うちにも来ないでほしい。赤触りたいなら手ぐらい洗えって何度言われたらやってくれるんだ。
    マジ汚くて近寄りたくない!!

    25:名無しさん@HOME2015/02/17(火) 01:08:50.05 0.net
    私、21歳で結婚して現在24歳。
    1歳の息子がいるんだけど、兄嫁が何を思ってか知らないが私にデキ婚pgrして来る。

    私がデキ婚なら息子はお腹の中に何年いたことになるのwww
    会うたびに毎回言ってくるからいい加減うざいんだけど、説明しても
    「わけわかんなーいwデキ婚の言い訳www」
    って言われて更にうざいw
    兄嫁30歳で年下の兄26歳と結婚したから何か年齢的な僻みみたいなものがあるんだろうか?
    仲良くやっていきたいと思ってたのになー。

    135 :鬼女日記 2010/08/09(月) 17:53:52 ID:lTRCBHom0
    彼の友達Aから、「愛してるよ(はあと)」&寝ている私の頬に顔をくっつけている写メが届いた。
    しかも、同報メールorz
    彼、彼と共通の友人にも送られてるよ。
    訳が分からなくて、メールしたら、週末に彼の家で宅飲みした時に、
    「こいつ(私)、酔って寝ると何しても起きないよ~」と彼が言って、
    鼻にポッキーを入れたりいたずらしたらしい。
    その時に彼友Aも図に乗って、頬にキスしたり、写メをとったりしたそう。
    すごく気持ち悪くて、顔が赤くなるまで洗ったけど、まだキモイ。
    気が動転して、上のやり取り、全部、同報メールでしてたんだけど、
    彼、彼友が気持ち悪いってことで、メールにアドレスがあった友達や
    その周辺からCOメールが来てるらしくて、彼から私に文句のメールがガンガン来る。
    同じクラブで、同じ専門なので、共通の友達が多いんだよね。
    気持ち悪いので、私もCOしようと思います。

    806 :鬼女日記 2017/09/02(土) 22:03:33 ID:4DW/Fvx1.net
    新婦が不幸、他の招待客が不快になった披露宴の話。


    私は新婦親戚として出席。
    アラサーの新郎と新郎友人が、金髪色黒で見た目チャラチャラした感じで声も大きかったため、披露宴が始まる前から少し目立っていた。サーフィン仲間らしい。

    途中まではいい披露宴だったが、食事中に新郎友人席から「うわ!」という声が聞こえた。お酒を飲み過ぎた新郎友人の一人がその場でいきなりリバース。その友人はスタッフ達に両脇を抱えられ退場。私含め、それを目撃してしまった人達は、不快であまり箸が進まない。

    続きます。

    292 :鬼女日記 2018/06/14(木) 22:17:14 0.net
    もともと貧乏育ちの義実家の義母に数千万のお金が入ってきた
    義兄は新築二軒立ててもらいなおかつ2000万弱の借金を返してもらった
    うちの夫は1000万現金で貰っただけ。 いや1000万って大金だしだけって書きかたはよくないけど義兄と比べるとだけって表現になってしまう
    そこまでして貰って義母の面倒は見ない
    施設に入れるのも金がかかるから自分でなんとかしろ 義兄嫁も相当義母を嫌ってるみたいで私にかなり悪口を言ってくるけど そのくせ週に2.3回は子供を預けてる 何をしてるかは知らんけど
    同じ敷地の中に家を建てるつもりだったけどやめた
    もう義兄義兄嫁と関わりたくないわ

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/04/09(月) 12:10:07.620 ID:+/WE3hEkM
    水セルフで自分だけセルフしやがったんだが

    新人とラーメン屋に行ったら、自分の分だけお水をコップに入れて持ってきて
    『今日 は全然いいんだけど、こういう場合は自分の分だけじゃなくて
    先輩達の分も一緒に持っ てくるとかそういう心遣いも必要だよね』と言ったら
    『でもあそこに“お水はセルフサービス です”って書いてますよ』と言われた。

    108:名無しの心子知らず2018/04/07(土) 14:19:49.81ID:Fu6jQXlZ
    さくらこ、かおるこみたいな古風な名前にしたくて、すみれこにしようとした。
    けど…なんかお花畑でもくれこにしてしまった。

    本当に馬鹿だと思うんだけど、ちゅりぷこも考えたんだ。
    それはすごく反対されて辞めたんだ。
    反対されて今では感謝してるけど、もくれこも周りの反応が微妙すぎてつらい。
    すみれこにしたら良かったよ…。

    漢字は木蘭胡です。

    414あられ 2018/04/02(月) 22:38:21.48 ID:3byuOyti0
    しょうもない愚痴だ。聞いてくれ。

    先日、嫁の田舎で行われたフリーマーケットに行ってきた。

    嫁は趣味でアクセサリーを作っていてそれを売るためだ。
    他にも衣類や小物などを車に詰めて2時間半ほどの道のり。

    当日は俺、嫁、娘(2歳)、嫁妹夫、嫁妹、嫁妹娘(7か月)、嫁母。

    嫁妹夫婦たちもフリーマーケットに参加し、食べ物を売っていた。

    子供たちの面倒は嫁母と俺が見ていた。


    フリーマーケットも終盤になりお客さんもまばらな状況に。



    久しぶりの休日に長旅&子供の世話で疲労はたまっていたが、
    みんな楽しそうだったので俺も嬉しかった。

    嫁「あ!あなたが人からもらってずっとタンスにあったハンカチ200円で売れたよー!200円やるねー」

    俺「・・・・・・は?」


    嫁が勝手に俺のものを売ってました。

    俺は病院勤務。

    いけないことなんだが、患者さんから断りきれずお礼を頂くことがある。
    大体使えずにいて、タンスにしまっておく。
    (しかしタンスにしまっておいたことは忘れていた。)


    疲れを通り超して脱力

    俺「いや、売りに出すなら先に言おうよ」

    嫁「は?ずっと使ってなかったのに?」


    この時点で会話をやめました。

    何を言っても無駄だと悟りました。

    人のものを夫婦といえど勝手に売れるその心境が分からない。

    みなさまはどう思われますか。

    926:おさかなくわえた名無しさん2018/02/24(土) 01:57:50.41 ID:mIIg8/IO.net
    マーチ卒なくせに一般常識がなさすぎて、別れた。
    「ナチスがユダヤ人大虐杀殳したからユダヤ人って、絶滅したんだよね?」

    「四字熟語使って話しないでくれる?」
    「徳川家の末裔が今の天皇なんだよね?」
    などなど名言は数知れず。しかも自分の無知加減に気付いておらず、そのことを口にしても恥ずかしいという認識が全くなかった。
    美人でスタイルも良かったけど、結婚して子供ができた時、絶対問題になると思ったら別れるの一択になった。


    487 :鬼女日記 2011/11/09(水) 16:50:50 ID:GxGxQtx80
    昨日旦那が食事中、私は台所を掃除してた。
    食べ終わったのかごちそうさまー、と聞こえたんだけど、手が離せなかったんで
    ちょっと待ってーと言った。いやそれは確かに言ったよ、うん。
    でもさ、食べ終わったんならお盆に食器乗っけて持って来るぐらい出来るよね?
    何ずーっと、両手膝の上に置いて本当に待ってんの?
    食器ぐらい持ってきてよと言うと「だって待ってろって言ったじゃん」…
    あんたバカですか?おあずけ!って言われた犬じゃあるまいし、汚れた食器は必ず洗うんだし
    じゃ手前まで運んどこうかなって思わないの?って言ったら「だってお盆がどこにあるのか知らないもん」
    おーまーえーの目の前にあるこの何年も使ってる茶色いお盆は何だー!!!

    何でだろう、運んでっていえば運んでくれるけど、台所まで持ってこず
    手前のカウンターテーブルに置いて去ってくし(うちは定食屋じゃねえ)
    一回言った事は一回限り。毎回毎回毎回毎回言わないと正しく動かない。
    携帯だって一度変換したら学習機能でそれを覚えてるのに、何お前は一回一回初期化されてんだ。

    このページのトップヘ