非常識

    893 :鬼女日記 2018/01/16(火) 00:02:05 ID:Dq+vEY/+.net
    かなり長文になります。
    嫌いな方は読み飛ばし推奨です。

    娘がまだ3歳の頃、ある施設の駐輪場に自転車を停めて鞄を肩に掛けて自転車のチャイルドシートのベルトを外そうとしていたら、同じ駐輪場にエンジンのかかった原付きバイクを1人が手で押し、もう1人はその横を歩いてきた制服のJK2人組がいた。

    そしたら突然、バイクを押していたJKが「きゃああ!!!」と言いながらバイクをウイリーさせながら駐輪場に突っ込んで来た。
    前にあった自転車数台をなぎ倒しながら突っ込んできて私と娘は一瞬でバイクと数台の自転車の下敷きになった。

    身動きが取れず、娘もギャン泣き。
    娘のか私のか分からない血がアスファルトに流れてるのが見えた瞬間、痛みも吹っ飛びJKに「救急車呼んで!!このバイクどかして!!早く!!!」と叫んだけどJKは、あわあわしながら泣き出して動かない。
    吹っ飛んだ鞄の中に携帯が入ってたから手が届かずJKに「あの鞄に携帯入ってるから早く救急車呼んで!!子供が怪我してる!!早くして!!」と言っても泣いてばかりで動かない。

    騒ぎを聞きつけた施設の人が救急車を呼んで、上に乗ってたバイクと絡まった数台の自転車をどかしてくれてそのまま救急車で運ばれた。

    私も娘も数針縫う怪我でした。
    後日、JK2人とその両親が謝罪に来たいと連絡があり、会うことになった。
    バイクの横を歩いてたJK Aは免許取り立てで「友達がバイク押してみたいと言うから押させてあげた、急にアクセルを全開にして吹っ飛んでいった。無責任なことしてすみませんでした。もう二度としません」と両親共に泣きながら謝ってきた。

    続きます。

    874 :鬼女日記 2017/09/22(金) 12:08:28 0.net
    先に書くけどもう断った話です。
    連休に義実家に呼ばれて、義兄夫婦の不妊治療で身内からの精/子提供って方法があると言われ
    見たくもない説明書き読まされて、私の旦那の精/子提供を求められた。
    同じ身内だけど義父は年取ってるからダウン症とかあるかも知れないって義兄嫁が拒否したって。
    義兄はどうせなら血縁のほうが似てるだろうしって言けど義兄と旦那は似てません。
    旦那は今時の体型で顔はあっさり、義兄は手足が短く顔が濃い。
    縄文と弥生の兄弟だって笑うねたになるくらい似てません。
    元々うちの旦那は子供は好きじゃなかったけど自分の子が生まれてみたらものすごく愛おしくなってしまったから
    精/子提供でできた子でもよその子だとは思えないからダメだって旦那が先に断った。
    説明書見たら身内じゃない第三者からの提供も在るらしいから、若いのもいるだろうしそっちにしてと私が断った。
    義両親もわかってくれた。義兄は渋々だけどよその精/子に頼むことに納得。
    義兄嫁一人だけ「それだったら子供いらない」と粘ってメソメソ泣いて、
    私に向かって「子供がいるくせに気持ちがわからないとか頭おかしい」と言った、おかしいのは義兄嫁だ。
    今まで義兄夫婦や義両親と仲が良かったのにもう絶対ダメになった、義兄嫁の顔見るのも声聞くのも気持ち悪い。
    義両親は「義兄夫婦も可哀想なんだから。断ったんだから水に流して今まで通りに」って言うけど絶対イヤだ。
    気持ち悪すぎて私の身内にも友達にも話せないから吐き出しときます。

    11 :鬼女日記 2018/05/30(水) 21:53:42 ID:gnj
    20代半ばの時に2歳年上の彼女が出来た。
    付き合い始めて3回目だか4回目だかのデートの時に
    膝上10cmぐらいのデニムスカートに生足と言う恰好でやってきた。
    ぽっちゃりタイプの彼女だったから
    俺としてはあまり好みじゃないと言うか、
    いつものパンツ姿の方がいいなぁと思ったがそこは我慢。
    映画見たあと喫茶店に入ったんだが、彼女がトイレに立った時に
    後ろ姿を見て「ん?」と思った。
    彼女の膝小僧の裏側、両足に2つずつ黒い点がある。
    それが洗い遺した垢だと気付いた時にスッと冷めた。

    127 :鬼女日記 2014/11/07(金) 12:09:51 ID:izdNKCHIv
    家族とのささやかな幸せの話。
    私は就職した会社を1年足らずで辞めてしまいました。原因はストレス。
    自分はなんてダメな奴なんだろうと日々後悔していたら、
    婚約者に「じゃあ家にいてよ」と言われ専業主婦になりました。
    でもその時は罪悪感でいっぱいでした。
    裕福じゃないのでギリギリ食わせてもらってる状態。
    しかも家事はするけど、働いている人と比べて労働量もストレスも少ない。
    身内にも「非常識だ」「働け」と言われ、その通りだと思っていました。

    ある日の出勤前、婚約者が「今日は遅くなるから」と言ってきました。特に理由も言わない。
    私は(ああ、浮気かな、今後どうするかな)なんてやけに冷静に、その日を過ごしていました。
    そして夜帰ってくると、「話があるんだ」と言ってくる。今後のことかなと思いました。

    すると、リビングに着くなり「今日は講演会に行ってきたんだ」と言う。
    予想外だったので「どういうこと?」と聞くと、次のように話してくれました。

    「行ってきたのは食育の講演会なんだ。はなちゃんの味噌汁って知ってる?
    亡くなったお母さんの意思を受け継いで5歳から味噌汁を作る女の子の話。
    俺その話聞いてウルっときたんだ。
    味覚が完成されるのは5歳で、その完成度が人生の食事で大きな影響を与えるんだって。
    だからね、きちんとした料理を作るのはお母さんにとってすごく大事なことなんだ。
    それを毎日する君、そしてこれから子どもに受け継がせる将来を想像したら、
    毎日ご飯作ってありがとうって、伝えたくなったんだ」

    大体こんな感じの話をしてくれました。それを聞いた途端、胸が詰まって声が出なかったよ。
    嬉しかった。私、一応役に立ってたんだと思うと泣きそうになった。

    私は会社に利益をもたらす人でもお客様に還元できる人間でもない。
    社会の役には立てないけど、それでも家族の役に立てたら、それでいいかなって思えたんだ。
    思わせてくれた将来の旦那さん、ありがとう。私の大事な家族です。

    778 :鬼女日記 2010/02/08(月) 12:32:44 0
    うちは母子家庭(父タヒ亡)で、妹が結婚することになったとき
    妹義実家の要望で行きつけの料亭とやらで顔合わせ食事会をした。面子は妹婚約者、両親と姉、こっちは母妹私

    ウトメコトメ「母子家庭じゃこんないいところで食事したことないでしょpgr母子家庭pgr
    こんな女うちに相応しくないけど、息子ちゃんがどうしてもと言うから貰ってあげるわせいぜいうちに尽くしなさいよpgr」
    してくれて、妹と母は泣きそう。私は頭沸騰していたが妹のためだと我慢してた。
    妹婚約者はぼーっとした顔で聞いてたんだけど、いきなり口を挟んできた。
    婚約者「うちの親と姉はそういうつもりらしいんです。妹ちゃんがうちの嫁に相応しくないって。
    で僕考えたんですけど、僕が婿に行けば問題ないと思うんです。あ、もちろんお母さんとお姉さんが迷惑じゃなかったらなんですけど」
    ウトメコトメぽかーん。でその後長男が婿に行くなんてとんでもないと喚いてたんだけど
    婚約者「なんで?みんな妹ちゃんがお嫁に来るのいやなんでしょ?でも僕は妹ちゃんと結婚したいんだよ」
    で、私と母に頭を下げて「そういうことなのでふつつか者ですが、婿として迎えていただけますか?」
    もちろんOKだよ!で、その日はぐだぐだで終ったんだけど、一週間後に妹婚約者が身の回りのものをまとめてうちに来たwww
    「親不孝者は出ていけ、もう親子の縁を切るといわれたので・・・」と困った顔をしていて、そのままうちの実家に住み着いてしまったwww
    今は妹夫婦+母でそこそこうまくやってるらしい。
    母から「○くんのテンポなんかくるうわー」とメールがあったので「わんこみたいでかわゆす」と返しておいた。
    研究職の変人だと聞いていたけど、いいやつじゃんと思った。
    うちも嫁いびりがひどい姑だが、夫が姑に妹の話をして「俺も婿入りしたらみんな丸く収まると思う」と言ったら、
    私トメがあわあわしてて、それ以降微妙に優しいwww

    40 :鬼女日記 2018/05/11(金) 13:03:00 ID:plm
    愚痴

    家のそばにおにぎり屋さんができることになった。
    チラシもポストに入ってて、上の娘3歳がそりゃもう楽しみにしまくってた。
    オープンまであと1週間だねー
    5日だねー、明日だねーと凄くワクワクしてたのに
    今日お店に行ってもシャッター閉まってた。
    近所の人たちも「あれ?今日だよね」とか言っててチラシと店を交互に見てた。
    娘、ショックで落ち込んでしまってご飯も食べずに寝ちゃった。
    昼休み中の旦那にそのことを話すと「出勤の時(7時頃)開いてたよ」とのこと。
    娘と行った時間は10時。
    チラシには7時~18時って書いてる。
    もしかしたら朝、昼、夕方しか開けてないのかもしれないけど、今のところまだ開いてるのを私は見ていない。
    娘が寝てる間に明太子おにぎり、シャケおにぎりを作っておいて、娘は喜んで食べてくれたけど
    オープンの日に時間を決めてしか開けないなんてなんだかなあと思った。
    隣の人が朝一で買いに行った時、50種類のおにぎり、天ぷら!と書いてたのに天ぷらはないわ、おにぎりもコンビニで揃うような6種類くらいしか今は用意できません(キリッ)と言われたみたいだし
    早々に潰れるのが想像できてなんとなくカキコ。

    873 :鬼女日記 2015/09/21(月) 09:50:33 ID:3Jm
    学生時代の話
    仲間数人でバイキング形式の店に行った。週末の夕方ということで家族連れも多く賑わっていた。
    小上がりのテーブルに着き仲間と他愛のない話しをしながら食事をしていたら、隣のテーブル着いていた2~3歳位の子供が食事と飲み物をこぼしてしまったようだった。
    母親はおしぼりやティッシュで片付けを始め、父親は店員を呼んでいた。店員が来て片付けを始めたのだが父親は一緒に片付けるでもなく指をさして、そことそこを拭けみたいな態度、しまいにはズボンの膝辺りを指さしてここも拭けと。
    店員さん、えっ?て顔してたけど適当に拭いてあげてた

    なんだか嫌な人だなと思って食事を続けていると、突然パチン!と乾いた鈍い音がして隣を見ると先ほどの母親が頬をおさえてうつむいて、ふてくされた顔をした父親が食事を続けていた。理由はわからないが恐らく父親が手を上げたようだった

    すっかりテンションの下がってしまった私達はすぐに店を出てしまった。
    あの家族は今でも家族をやっているのだろうか。

    800 :鬼女日記 2018/03/08(木) 03:31:56 ID:64FQBqH9.net
    web制作やってるんだが先日営業の先輩が
    「やばい・・・完全にこの案件忘れてた、俺くん頼む!3月末に納品間に合わせたいんだけど俺くんだったらいけるよね!?マジでお願いします!」
    と言って来た。仕様書を見せてもらうと通常なら3ヶ月くらいのスケジュールがあってもおかしくない量。
    俺「いやぁ・・ただでさえ今は年度末のもろもろの案件でろくに家に帰れていないのにさすがにこれは無理っすよ・・・」
    と答えた。
    とはいえ、いつも傲慢で嫌いな先輩がここまで頭を下げるのは初めてだったので、仕様書を見ながら
    納期を1週間伸ばして貰えればギリギリいけるかもしれないけど、4月まで家に帰れないなぁ・・・と考えていると、
    突然俺のデスクを蹴って、
    「使えねぇええええええええええ!」
    と捨て台詞を吐きどこかへ行った。

    数時間後、上司に呼ばれて行くと先輩もいた。
    上司「先輩くんから聞いたけど○○の案件、2月に俺くんに相談いってたんだって?全く手を付けてないらしいけど」
    と言われ、先輩の顔を見ると謎のアイコンタクトをバチバチ送って来ていたが、
    俺は「いえ、全然聞いてないっすね。さっき初めて聞きましたけど。たとえ2月にこの案件言われてもあの段階でこのボリュームを受けれないのは上司さんも分かってるでしょ」と言うと
    上司は「だよなぁ・・・本当に俺くんに相談した?」と先輩にもう一度確認すると
    先輩「あ・・あれぇ・・?俺くんじゃなかったっけな・・・?誰だっけなぁ・・・?」
    と白々しく独り言を言っていたが制作の責任者は俺だから俺が聞いていなければ他が聞くはずがない。
    俺は時間の無駄だったので席に戻り仕事を続けた。
    でもあのアイコンタクトは何度思い出してもイライラする。
    始末書だけじゃ済まないって上司は言ってたけどこの後どうなるかは分からない。

    50 :鬼女日記 2017/12/12(火) 17:33:39 0.net
    義実家に神棚があるんだけど よく見たら人の写真が飾ってある
    旦那に聞いたら気づかなかったとの事 旦那は家の事には元々関心がない
    おそらく姑の母親(故人)じゃないかと思う
    50代で亡くなったらしいから かれこれ40年?くらい前のものになる
    仏壇は無い家なんだけど 神棚に人の写真なんて 聞いた事も見た事もないし
    物凄く罰当たりに思えてならない
    私の考え違いでしょうか

    506 :鬼女日記 2013/02/05(火) 01:47:16 ID:LLx47/Fz0
    妹の旦那(以下義弟)は1時間半かけて通勤しているんだけど
    1月に妊婦に席を譲ったことがあって、そこまでは良い話だった。

    それから続けて妊婦が前に立つようになり
    義弟は優しいもんだから席を譲ったそうだ。
    最初は同じ人だと気づかなくて、
    とりあえず妊婦が乗ってきて自分の前に立つので譲っていたらしい。
    でも同じ駅からなので「あ、そうか」と気づいたらしい。

    その妊婦は義弟が乗ってから20分くらいの駅から乗ってくるので
    譲ったら義弟はその後1時間以上立つ羽目になる。
    毎日譲るのは幾ら優しい義弟でもとてもじゃないけど無理だし
    その妊婦の席とりのために座ってるわけじゃないので
    心を鬼にして翌日は眠った振りをしていたら
    かばんをさりげなくぶつけられて起きるように促されたとのこと。

    仕方ないから翌日は別の車両に乗ったら
    探されて前に立たれて「…探したんですよー」と小声でつぶやかれて
    なんだかもうすごく怖くなって、明日から1本早めに行くそうだ。
    妹は「笑えない話だよねー…」と愚痴ってた。

    このページのトップヘ