面倒くさい

    403 :鬼女日記 2016/08/06(土) 05:38:31 ID:Q1e
    下級生にパワ八ラ、女にセク八ラを繰り返すアホが、何処で覚えてきたのか「本質的には尊敬している」といった屁理屈を使うようになった
    「お前たちを大切にする人間は本質的にはお前を尊んでいない。俺こそが真にお前たちを尊んでいる」とのこと
    「お前に社会の厳しさを教えてやる」とか言って下級生に暴 言を吐いたり生活に干渉しようとしたり
    「古来の日本女性.の美徳を崇めている」とか言って女に雑用を押し付けようとしたり性.的な言葉を投げかけたり
    以前からこいつの相手には疲れ果てていたが、流石に面倒臭くなったので、下級生で結託して
    「相手に嫌な思いさせることが貴方の考える愛情や尊敬なんですね?じゃあ我々も敬愛を込めて貴方にお返しさせて頂きますね」
    という名目で反撃することにした
    軽口のテンションでこいつの顔面や趣味を馬鹿にしたり雑務を丸投げして帰ったり、大したことはしなかったが
    こいつも最初は罵倒や怒声で制止や説教を試みていたが、下級生全員が結託したことを知ってからは無抵抗になった
    そうこうしている内にこいつのモラ八ラの矛先は女だけに向かうようになったので、女たちにも手法を教えて実行させて、こちらは女を援護した
    最初に反撃を試みてから一か月も経った頃には随分と大人しくなってくれた
    願わくばこのまま静かにしていてほしい

    39 :鬼女日記 2019/01/08(火) 18:40:56 ID:a8k
    恋人がぼんやりしすぎてて面倒。
    自分が行きたいって行ったところに出掛けるのに、朝起きてこない。
    こっちは正直あまり出掛けたくなくて、起こしてくるかなーと思って布団に入ってたけど無言。
    昼過ぎになっても声かけてこなかったから「出掛けるんじゃなかったっけ」と聞いたら、「はあ」と。
    「出掛けなくて良いの?」「出掛けたい」「じゃあなんでまだパジャマなの?」無言。
    元々こっちがハッパかけないと何もしない相手だったんだけど、自分の行きたい外出に付き合わせる時くらいちゃんと動けよと思う。

    実家だと、家族に外出に付き合ってもらう時は自分が先に準備万端整えて、いつに出発したいとか、車だしてもらう必要あるときはそれもちゃんと自分で頼むのが当たり前だったから、かなり衝撃的だった。
    なんで仕方なく付き合う側が、いちいちハッパかけてあげないといけないんだ?

    89 :鬼女日記 2016/04/17(日) 04:11:01 ID:KTI
    人のいなさそうな時間にひっそりと投下してみる
    ものすごく長いので興味のない人はざざっと読み飛ばしてほしい


    1~2年くらい前、たぶんこの辺だったと思うんだけど、親のことで愚痴ったことがある
    3、4才の頃鼻血が出るまでよく殴られたとか、弟だけ幼稚園に入れてもらえたとかそんな話
    果物を送ってやるとか何とかいうメールが来て弟巻き込んで面倒臭いやり取りの末
    内緒で引っ越してたことと職を変えてたことと、資格取るために夜間の学校に通ってたことがばれた
    両親は私に会えないので弟の所へ話を聞きに行き、弟は私に許可を得て、とりあえず事実だけを話した
    弟によれば、非常にショックを受けていたらしい
    何も知らされてないなんて、娘にそこまで嫌われてるとは思ってなかったようだ
    でもその数ヶ月後の親戚の法事では普通に話しかけてきやがったんだけどね
    従兄弟達が子沢山のおかげで、総勢約10名のお子たち(甥姪含む)の世話にかまけてガン無視したが

    弟たちは、基本的に親とは仲いいが、私と親との諍いでは私の側に立ってくれてた
    両親の暴 力・暴 言、ネグレクトは父の仕事が安定しなかった若い頃が一番激しく
    年を重ね収入が安定するに従って落ち着いていった感がある
    父からは「お前達は動物と一緒だ、だから殴ってでも躾けるんだ」とドヤ顔で言われた記憶があり
    母は私が女の子らしいことに興味を持つことに非常に嫌悪感を示し、否定し続けた
    結果長子であり、唯一の女児である私が、一番長く、一番理不尽な扱いを受けたことになる
    上の弟は親の暴 力の激しかった頃をおぼろげに覚えているのだろうし
    下の弟はその辺ピンと来ないまでも、親が激昂したときは必ず私に庇われたことが今でも印象深いそうだ

    808 :鬼女日記 2018/09/15(土) 21:20:46 0.net
    小さい頃、某野球選手と結婚すると本気で思ってた
    その野球選手が今監督になって時々スポーツニュースに映るとドキドキする
    それを見た夫が「それは浮気だ!お前は浮気性.だ!」と怒る
    激しく面倒くさい

    1 :鬼女日記 2017/05/30(火) 21:36:45 ID:36CjzJdv.net
    めっちゃキレられた。
    キレるくらいなら送ってくんじゃねーよ。
    離婚届はブラフの道具じゃねーんだよ。

    154 :鬼女日記 2018/08/23(木) 09:29:26 0.net
    義兄夫婦は小梨
    うちと義弟夫婦は小蟻
    義実家は数年前から兄弟間のお年玉は廃止した(義両親からはアリ)
    義弟嫁がそのことについて文句を言ってくる
    元はと言えばお前が義兄家からのお年玉の金額にケチ付けたのがきっかけなんだよ
    と柔らかーく指摘したけど聞いちゃいねえ
    「いまどきはお盆玉があるくらいなのに!」だとさ
    バカは嫌いだ

    970 :鬼女日記 2017/09/29(金) 10:00:11 ID:lCKpLltI.net
    交際3年足らずで結婚の話が出ていた相手と公園デートすることになった
    事前調査でレストランがあるにはあるようだが、不定期営業らしいのと
    広大な公園なのでレストランまでかなりの移動をしなければならない可能性.もあったので、少なめにお弁当を作っていった
    しかし一切手をつけてもらえなかった
    レストランは営業していなくて露天も無人
    公園の出入口でクッキーや飴が売られていただけだった
    それでも手をつけてもらえず、私1人で食べろと言われてそうした
    この時点で手作り不可の潔癖症だったら面倒臭いなと少し冷めた
    しかしその一ヶ月後に結納の話が出たとたんに手料理が食べたいと言われた

    488 :鬼女日記 2010/09/01(水) 19:19:43 ID:/jpzzp41
    本音と建前が違うことがしょっちゅうあった元彼

    例えば2人でご飯食べて「ここは俺が払うから」
    「いや、割り勘でいいでしょ」と言っても「いいよいいよ、男が払うもんだから」

    結局「わかった、ごちそうさまです」と答えたら急に超不機嫌に。
    訳を聞いたら「男が払うと言っていても半分払えよ。女がおごられるのが当然と思うなよ」

    彼が忙しい時に私が出かける用事があって、電車で行こうとしてたら「現地まで車出してやるよ」
    「忙しいんでしょ?いいよ」と言っても「遠慮しなくていいから」

    当日不機嫌顔で運転しながら「俺が忙しいの判ってるよね?」とブツブツ。

    「○○してあげる」と向こうから言い出すけど、それに乗ると不機嫌になる、の繰り返し。
    だからといって固辞し続けると「今日は本当におごっていいと思ってるんだから素直におごられろよ」とまた不機嫌になっていた。
    彼に言わせると「お前は俺のオーラを読めてない」らしい。
    そうかも知れない、と思っていちいち彼の本心を読む努力をしてみたけど、段々疲れてきてさめた。

    ちなみに別れ話した時も「お前が嫌ならいいよ」とその場はすんなり去ったと思ったら、その後2年くらい付きまとわれた。

    186 :鬼女日記 2011/10/31(月) 04:23:20 ID:YyiXHtKw0
    昨日、私がスカイプ友(彼女あり)と話してたら嫉妬で怒り
    興奮したのか、嫌がらせなのかジュータンにゲ○吐かれた。
    2度洗いしてもとれない・・・><

    別に顔も知らん人だし一回り以上年下だし彼女おる人で半年振り位に
    世間話しただけなのに(しかもスピーカーで音声出して)

    ちなみにスカイプ、メール、携帯、ブラウザ履歴、twitterは全てチェックされている


    まだ帰って来ないんだけど電話した方がいいかな~
    ハァーめんどい(´Д`)

    243 :鬼女日記 2018/06/26(火) 11:58:07 ID:xHT2wcMT.net
    去年の冬に年少の途中から入園してきた子がいるんだけど、そのママが「私の子、他の子達みたいに遊びに誘われないし、他のママさん達からも話しかけられない」と自分の旦那に話したみたいで、その旦那が園に電話で相談したみたい。
    来週に皆さんから話が聞きたいからとうちのクラスだけ個人面談。
    自分から話しかけてこないし、お迎えの時も後ろの方で1人でいるし、話しかけても「そうなんですね」と言うくらいで話題が広がらないし、ランチ会も話に混ざらなかった。
    あと遊びたかったら自分から誘ってきたらいいのに。
    きっと園からしたら、いじめがあるんじゃと思われてるのかな?

    このページのトップヘ