音信不通

    367 :鬼女日記 2016/12/22(木) 03:11:55 ID:PLX
    この前あった出来事

    数ヶ月前、私が勤めている事務所が引っ越した
    その際、鍵も新しくなったんだけど業者さんのミスで従業員が持つ合鍵が人数分できてなかった

    うちの事務所は出入りが激しく、事務所を空にして出かけることも多いので、
    一人一人鍵を預かっていないと非常に不便
    そこで、業者さんから借りた暗証番号付きの金属製の箱(名称忘れた)を
    事務所の外の目立たないところに取り付け、その中に鍵を入れておくことになった

    そういうわけで、鍵ができるまでの一週間くらいはそれで対処すること、
    鍵は使ったら忘れずに戻して置くように、と所長からお達しがあり、
    それでとくに何の問題も起こらず、一週間後鍵は皆に配られた
    んで、金属製の箱はこちらでは取り外しできないので、
    そのうち業者さんが回収に来ること、でも中にはもう鍵は入れていない、と説明を受けた
    これは鍵が配られた日の朝のミーティングで確かに全員が聞いていた

    前置き長かったけど出来事はここから

    鍵ができてから更に一週間後くらいったったころ、
    私が外出から戻ると、事務所の入り口の前でパートのAさんが「鍵がない!」と大騒ぎしていた
    最初私は鍵をなくしちゃったのかと思ったんだが、どうやら違う
    Aさんは「金属製の箱の中に鍵がない」と騒いでいた

    私はわけがわからなくて、
    「鍵はもうその中にはないですよ、個人用の鍵受け取ったじゃないですか」
    と言ったら、Aさんは「確かに鍵は受け取ったけど、家に置いてきた」と…
    私は更にわけがわからなくなり、「なんで家に置いてきたんです?」とAさんに聞くと、
    「この箱に入ってるから必要ないと思った」との返答…

    198 :鬼女日記 2015/07/21(火) 10:56:22 ID:gZe
    よくありがちですが、うちは父方祖父母と同居でした。しかも祖父は優しい人でしたが、祖母は嫁イビリ孫イビリするクソババア。
    父は仕事と趣味に生きる人で平日の帰りは遅く、季節によっては月に数回しか家に帰ってこないことも。
    幼少の頃の私は笑う事のない、感情表現の乏しい子どもで、幼い頃の願いは「母さん離婚して、自分を連れて家出ていってくれないかなぁ…」でした。
    私も中学入学位になると、生活の事を考えると離婚しないと言う選択肢を母が選ぶ事にも納得し、それなら自分はそれを前提に人生プランを立てていこうと考えるように…
    この時点で祖父は鬼籍、祖母は寝たきりで要介護。父は介護を手助けする事もなく、やはり趣味と仕事の人。

    私が高2の冬、母は我慢できなくなり突如として離婚。まあ仕方ないとは思った。だからその当時、私は母を責めなかった。

    その後、私は親と音信不通にした期間もあったが、今は母と暮らしている。私は未だに独身。
    離婚も衝撃でしたが、それ以上に今になって母を責める気持ちがムクムクと芽生えていることが現在進行形で衝撃。離婚して10年以上経っているのに、今になって母に恨みをぶつけてしまう事がある。
    何故、私が小さい頃に離婚しなかった?逆にそこまで我慢したのに、あと1年半我慢できなかった?と問い詰める事、しばしば。
    そのなかで

    898 :鬼女日記 2012/07/04(水) 15:21:06 0
    当時高校2年生、友人から知り合いとして紹介された7歳年上の彼は
    容姿端麗、多才な趣味の持ち主ですごく格好良かった。
    特に親しくなったわけではなかったけど、私が元カレに振られて落ち込んだときに
    話を全部聞いてくれて、とても優しく慰めてくれた。
    そして、そのまま流れるようにホテルへ。
    さらに、流されるようにホテルへ。
    阿呆だった私は、しばらくして「私たち付き合ってるの?」と確認作業。
    彼は「不安にさせてごめんね」と優しく、流れるように(ry

    デートといえば、家具屋やブライダルフェアに行くことが多く
    結婚後の未来を語り合ったり、まさに幸せの絶頂だった。
    その一方で、音信不通になることやドタキャンが続いたりがしょっちゅう。
    人を愛するって苦しい…。でも、彼と結婚するために頑張らなきゃ!と、盲目状態。
    そんな関係が半年ほど続いたある日、自宅に知らない女性から電話が。

    「もしもし、○○(私)さんですか?」
    「はい。どちら様ですか?」
    「私、××(彼)の妻です。
    慰謝料請求しますから、ご報告のお電話をしました。」

    電話ガチャ切り。私フリーズ。
    彼は結婚していて、3歳の娘がいた。
    内容証明は届いてたかもしれないけど、放心状態でよく覚えてない。
    両親には言えなかった。
    これが一番目の修羅場。ここから怒濤の展開。

    707 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/02(月) 19:11:59.10 ID:bE2bPV2s.net
    あんなに好き好きと一途でいてくれたのに、
    自分がバカで冷められてしまった。タヒにたい。

    なんか体がおかしいな・・・と思いながらも頑張って必タヒに仕事行ってたら、
    デートの翌日に起き上がれず。
    そのまま這うように病院に行くと、うつ病の診断。
    誕生日含めて4ヶ月ぐらいは心配して彼女から電話もメールも何度も来てたけど、
    返事する気力もなく病の事も情けなくて言い出せず
    全て音信不通。
    彼女の事を好きだからこそ迷惑かけたくない、
    弱いとこ見せたくないという思いもあった。
    寛解し、音信不通から1年2ヶ月たってから
    事情説明の連絡したけどダメだった。

    一応、病気で大変だったんですねとは言ってくれたけど、
    復職してから随分たつのに一言も連絡を寄こさなかった事、
    音信不通の間に彼女の愛犬が亡くなったり父親が生タヒの境をさ迷い
    大手術があったりと辛い時に全く寄り添えなかった事、
    等で冷めてしまったらしい。
    ほんの一行のメールでもあれば、もう少しゆったりした気持ちで
    待てたと思う。今更遅いです。貴方を嫌いになったわけでも
    憎んでいるわけでもありませんが、
    もう信頼も尊敬も出来ません。どうぞ他の方とお幸せに。
    と敬語で言われた。

    結婚前提で付き合いを申し込まれてる人がいるらしい。
    30代の女性を放置した俺が悪いのはわかってるんだけど、
    こちらも好きで病になったわけではにのに、遣る瀬無い・・・。
    見捨てられるとは思わなかった。

    このページのトップヘ