鬼女日記 -鬼女・修羅場・キチママ系まとめ-

当ブログは主に既婚女性・男性板、 生活板、家庭板などから管理人が気になった話をまとめたサイトです。

    驚き

    115 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/16(日) 19:58:48.15 ID:OjfNKUtI.net
    夫婦で参加していた某snsのコミュニティ(園芸愛好会的な)の管理人Aさん(50代?)が
    私たちの住んでいる地方に出張で来ることになり、
    最初飲みに行く約束をしていた旦那に急用ができたため、
    代打で私が参加することになった。

    旦那とAさんは何度か東京で飲んでいた仲だったので、
    私もなんの不安も抱かず手土産を持ってAさんと落ち合った。

    いつも旦那がお世話になっております、の挨拶から始まったはずなのに、
    Aさんは、お酒が進むうちに私が既婚者であることを忘れてしまったらしく、
    ホテルまで送ってほしい、道に迷ってしまうかも…などと駄々をこね始めた。
    へんな人だなと思いながら無理やりタクシーに押し込んで、私は地下鉄で帰宅した。
    家について携帯を見たら、迷ってます!迎えに来て!などのメールがたくさん入っていた。

    次の日もAさんは同じホテルに滞在して、1人飲んでいるみたいだった。
    私は夜勤だったから、休憩時間に携帯を見たら、
    昨日忘れ物をして困っている!至急電話ください!と番号が送られてきていた。
    どうしました?と連絡をしたら、忘れ物は実はあなたの携帯番号です、○○というところで飲んでいます、と言われた。
    私は夜勤ですよと伝えて電話を終えて勤務に戻った。
    次の休憩に電話を見たら、本当に、びっくりするくらいの着信とメールが入っていた。
    あなたに会いたい、今夜抱きしめたい、というような内容だった。

    次の日の昼、Aさんから謝罪のメールが来た。
    沢山電話してスミマセン、あなたみたいな素敵な女性が独身だと聞いて舞い上がってしまった、と書いてあった。

    Aさんからのメールを全部旦那に見せたら、
    旦那にも、素敵な女性を紹介してくれてありがとうとメールが来ていたようだった。

    これは旦那から、と渡した手土産も、出張先で知り合った女性から…
    とAさんの日記にのっていた。

    26 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 01:51:43.87 ID:effldqeV.net
    友達が…
    3回も堕ろしてたと知った瞬間
    大麻やってたと知った瞬間
    過去に一度覚せい剤もやったことあると知った瞬間
    知り合いに人杀殳しがいるということを聞いた瞬間
    どこで絶縁するべきかわからなくなって
    今は最低なクズだなと思いつつFOしつつ連絡は取ってる
    絶縁すべきか、悪影響は私にはないのでこのまま放置でよいか
    もう基準がわからないww

    96 :名無しさん@おーぷん
    今でもあれは現実だったのだろうかと不安になる話。

    もうすぐ3月になろうかという肌寒い時期のことだった。私は別れた彼氏に会っていた。貸したものを返してもらって、全て清算するためだった。

    「それじゃ」
    私をふり、元カノとヨリを戻した彼氏は冷たく素っ気なかった。踵を返しさっさと帰っていく後ろ姿を見て、(あーあ、これで私とあの人をつなぐものは何一つ無くなってしまった)と心底悲しくなった。

    うっかりすると道端で大泣きしてしまいそうで、急いで駅に向かった。涙の滲んだ目に晩冬の風がしみる。なんとか涙の粒がこぼれる前に駅に着くことが出来た。

    改札を抜け、ホームまでの階段を昇る途中、(失恋した後に涙を拭きながら電車に乗るなんてドラマみたいね)と自嘲した。

    901 :名無しさん@おーぷん
    初書き込みなんで、なんか変なところあったらすみません。

    付き合ってもいませんがナンパしてきた方からロミオメールきたぁーーー!
    初恋とのことなので、気がすむまでメール送るくらいはさせてあげようと思って、受信だけしてた。
    読まずに放っておいたら途中からロミオメールだった。

    一部だけど
    一人で抱えるには重いけど、友達にはさらせないので
    フェイクいれて書かせてほしい

    「もう会えないのなら、あの時あなたが花になってしまえば諦められた。ギリシャ神話の物語みたいに。

    キューピットの矢に射ぬかれた心地です。

    友達としてでも他の人同伴でもかまいません。
    もう一度お会いできませんか?」

    神話は私が興味を持ってたから出てきたんだとは思う……。
    いい人だと思ってたけど
    これって付き合わなくてよかった案件なのかな?となんか混乱。

    573 :名無しさん@おーぷん
    昔うちは両親と兄、姉、私の五人家族で、そのうち姉は養子
    こんなこと言うと非難されるかもしれないが、
    母親主導でその分ちょっと待遇に差がついてた

    産みの親は母の妹
    シングルの叔母が若くして亡くなり、当時8歳の姉が家に引き取られたんだけど、
    母の親戚筋なのに母が冷たく、これが実子と養子の差か?と居た堪れなく育った

    ある時、ホールケーキが食卓に出たんだけど、
    姉だけそのホールから切り取られたものじゃなくてじゃなくて、別の一応豪華なショートケーキ
    流石に目に余って兄がショートケーキがおいしそうだから
    姉が良ければ交換したいって申し出たんだけど、姉はうつむいて何も言わない
    私も母にこれはちょっと酷いって責めるように言ってしまったら、
    普段は姉に優しいが特別母から庇うようなこともしない父が、母を庇った

    要約すると姉は父と叔母との不幸な過ちで生まれた子供だから
    母さんもうまく接することができない、いっぱいいっぱいなんだよ
    責めないでくれって、同じように母も傷ついてるって庇う庇うw

    895 :sage
    職場で一緒になっていたある女性の話

    私の住んでいる所にある職場へ一時間程かけ車で通勤していた。
    通勤に使う道路は片道三車線の道路と、片道二車線のバイパス。どちらも交通量が多く、渋滞もおきる。飛ばしてく車も多い。法定速度は50km
    一応これが前提です。

    その方を含め数人と仕事を片しながら話していた時に、「こっちの人は凄く飛ばしてくんだね!!怖い」と言っていて、
    確かに高速の右車線並みに出す車いるなーと聴いてたんだけれど次の言葉が、「私最高で40kmまでしか出せないの!」で
    そりゃあの道法定速度以下で走られたら迷惑だろうと驚いた。
    さらに視界が悪いと思った日は20km以下でしか走れない!とも言っていた。
    えっむしろ貴女が怖いって驚いた私の方が悪いのだろうか……声にも顔にも出さなかったし、マスクもつけてたから表情は見られなかったとは思うが、どうなんでしょ……

    185 :名無しさん@おーぷん
    旦那親と同居だったんだが、
    義母が亡くなって百日法要が終わった頃から義父の様子がおかしくなった。
    最初にあれ?って思ったのは、しょっちゅう探し物をしてて
    「何探してるの?」って聞いても言わないの。
    黙ってあちこち、それこそ家中探してる。
    暫くしたらテレビ見てるから「見つかったの?」って聞くと無視。
    そんなことが何度かあって、もしかして認知症だったらどうしようって不安になってきた。
    そのうち夕焼けを見て「今日もいい天気になりそうだ」とか言い出してちょっと待て、みたいな。
    人間ドッグは毎年行ってて、喜寿を迎えても薬ひとつ飲んでない健康自慢の義父だったから
    改めて体の健康と認知症は別なんだと思って、今後の長い介護を思うと正直怖くなった。
    だけどそれとは別の想定外の恐怖が訪れた。

    ある日、義父に襲われた。
    襲うって字面だと強カンみたいなイメージされそうだけど、そうじゃなくて
    たぶん新婚時代に意識が戻ったんじゃないかと思うけど
    お代官様の「よいではないか、よいではないか」みたいなあんな感じで抱きついてきた。
    私を義母だと思ってたんだろうと思う。
    年とっても仲のいい夫婦だったし。
    義父は背も低くてガリガリ体型でエスパー伊東みたいな感じだったし(顔は似てないけど)
    こっちはガタイがいいから、相手が男でもまともにやりあって負ける気はしなかったが
    とにかく突然のことだったからビックリして抵抗してるうちに
    アナコンダバイスみたいな感じで義父を押さえつけてた。
    今度は義父の方がビックリして一瞬正気に戻ったのか「怖い嫁じゃあ」とか言いながら逃げた。
    漫画みたいな展開だけど、修羅場と言えば修羅場。
    その事があってから、義父とふたりっきりになるのが怖くて
    でも長い時間ひとりにするのも危ないし。
    それで夫と相談して義父には申し訳ないけどホームに入ってもらうことにした。
    うちには年頃の娘もいるから。
    夫は夫で、自分の父親が嫁を襲ったってこともWでショックだったようだ。

    義母が亡くなった時に夫が受け取った保険金、そのまま投入して
    すぐに入れる介護型有料老人ホームを探して入所。
    そしたらたった2週間で嚥下事故で亡くなったんだ。
    誤解されるといけないので一応書くけど、事件性はない。本当の事故。
    だけど義叔父からはものすごく批判された。
    何も知らない人には、まだ元気な兄貴(義父)を厄介払いしたように見えたんだと思う。
    落ち着いたら説明してもらうように、夫から義叔父の奥さんにそうなった流れを話したけど。

    なんで認知症なんて病気があるんだろう。
    義父のこと、決して嫌いではなかった。むしろ実父よりずっと好きだった。
    せめて向こうの世界で又、義母と仲良く暮らしてたらなと思う。

    長くなってすみません。

    627 :名無しさん@HOME 2014/06/21(土) 15:43:00.41 0.net
    人件費も高くなったし、地縁で素封家に行儀見習い=お手伝いさん・ねえや→嫁に行く
    って習慣も廃れたね。物凄く衰退していても>>626の家に中興の祖が出るかも知れんよ

    403 :名無しさん@おーぷん
    すまん401の上一行目が抜けた。やりなおす。

    同僚Aは女上司と結婚している。
    現在は違う課になったので正確には元上司だが、結婚を決めた当時は直属の上司部下だった。
    この女上司Bが、とにかく口うるさい。
    仕事はできるんだが、いわゆるヒス。細かいことをキーキーと実に小うるさい。
    同僚Aは皆に「よくあんなヒスと結婚したな」
    「デキ婚でもないのに、気の毒に」と同情されている。
    予想では3年もたないだろうと言われていたが、現在6年目に突入した。

    先日、別の同僚の結婚式があり俺とAも出席した。
    二次会の帰り、なんとなく飲み足りなくてAと他2人とホテルのバーで飲んだ。
    その中の1人CがAに
    「おまえBとよく続くなあ。家でもあんななんだろ?ストレスでよその女に逃げたくならないか」と言った。
    A「Bさん(苗字にさん付け)は会社でも家でも変わらないよ。それでいいんだよ」
    C「家庭でキーキーあんなに口うるさく言われたらしんどいだろう」
    A「うちの父親がうるさい人だったから、同じくらいの人でないと休まらない」

    話を聞くとどうもAの父は毒親ってやつで、一日24時間誰かの文句を言ってるような男だったらしい。
    A母は奴隷。

    893 :名無しさん@おーぷん
    私の実家は超田舎の盆地
    電車もなければバスもない
    買い物は山を越えた先の街に行かなければならない
    ご近所付き合いは平気で上がり込むのが当たり前
    だから基本的に玄関、窓に鍵をかけるという習慣がなかった
    これが修羅場を招く起爆剤になる
    高校の夏休みその日は私以外は出払っていた
    特にすることもなく日当たりのいい部屋で昼寝をしていた
    気持ちよく寝ていると体に違和感を感じ目を覚ますと
    見知らぬおっさんが私に覆いかぶさるように荒い息を吐いて、服を脱がそうとしていた
    「え?誰?何?」と頭を過ぎったと同時に叫んだ
    もうそれはそれは喉が破裂するんじゃなかろうかってくらい叫んだ直後
    物凄い怒声と共におっさんが吹っ飛んだ
    何が何だか分からない状態で、目の前に現れた大きな影に抱えられ救出された
    助けてくれたのは向かい家(と言ってもそれなりに離れてる)の絶賛片思い中のお兄さん
    抱き抱えられる中で事態を把握して助けられた安堵感から大泣き
    その後ぞろぞろとお兄さん家族が駆けつけた
    お兄さんが事態を説明して通報、私の家族に電話
    あとはお兄さん家族が対応してくれて
    近所の方も気が付いたのかゾロゾロと来た

    続く

    このページのトップヘ