驚き

    498 :名無しさん@おーぷん
    巨乳すぎて人生転びまくりでタヒにたい
    病んでるから長々と書かせてもらいます

    高校生まではCカップだったのに
    高校出た途端、胸だけ急成長を始めた私の体
    大学1年でD→E→Fと膨張していった

    入学間もなくして街中でスカウトされてモデル事務所に入って
    グラビアやタレントを目指すと大学との両立が難しいから
    学校が休みの日だけレースクイーンのバイトをすることにした

    ちやほやされて、当時は正直調子に乗ってた
    ところが2年生3年生になっても胸の成長が止まらず
    Hカップを超えた頃から用意された衣装が入らなくなり事実上クビに

    チェーン店の飲食店などのバイトを探したけど、全部制服がアウト
    就活もあったので、3年生の終わりに家庭教師のバイトに落ち着いた

    知人の紹介で高校生の男の子を教えてたけど
    ある日様子がおかしく、「体調悪いの?」と聞いたら突然押し倒されて胸を揉まれた
    無我夢中で逃げて、その家との契約終了
    その件があったので、次は女の子を紹介してもらった
    中学生の女の子だったけど、バイトがない日も一日何度もメールしてきたり
    甘えん坊だなと思ってたら、ある日押し倒されたorz
    男の子みたいに暴力で抵抗できないから
    相手に怪我をさせないように抵抗してたら
    柔道やってた女子の力にまけて、上半身脱がされて胸揉まれた
    全力で振り払って服着て逃げたけど恐怖で膝がガクガクしてた
    後日お母さんから「うちの子をそそのかして同性愛者にした!訴える」と抗議された
    (実際は訴えられなかった)

    もうバイトはやめて倹約して暮らして社会人になった

    221 :名無しさん@おーぷん
    ショッピングモールでリアルオタサーの姫を見たときがすごく衝撃だった
    アクシーズっぽい茶色いワンピースにビスケットっぽいリュック、ニーソ、おばあちゃんみたいなぺたんこ靴、ぽちゃ気味ですっぴん、パサパサの黒髪
    …という、twitterとかで「オタサーの姫の現実」と茶化されてそうな容姿の姫だった
    姫は「これ可愛いー」と言いながらリズリサ系の甘々ワンピを手に取ってキャッキャしてたが、店員さんの顔がタヒんでた
    騎士の一人(典型的オタク青年)が「僕的にはこちらの紅色の方が○○さんの魅力を最大限に引き出すと思うのですが○○さんどうでしょうか」とオタク特有の早口で演技がかった口調で違うの薦めてた
    しかし姫のお気に入り騎士はもう一人の茶髪フツメンだったらしく、その茶髪フツメンが姫が手に取ったワンピも騎士が薦めたワンピも興味なさげだったので何も買わずに帰っていた
    ぶっちゃけ姫の容姿はデブスと言っても過言ではないレベルだったんだけど、側に控えている騎士にはあれで美少女に見えてるのか?と疑問
    明らかに隣にいる店員さんの方が可愛いのに、比較したら一目瞭然なのに、ものすごく姫をちやほやしていて(主に典型的な方が)別の世界を見ているようだった
    あとオタサーの姫って実在したんだーとちょっと感動してしまった

    137 :恋人は名無しさん 2015/10/28(水) 01:01:54.97 ID:8mBGvv7I0.net
    9割くらいのLINEの返信が「うん」だった人。
    そこで私が新しい話題を振らないと怒る。
    私はうんってこられると返信いらないんだと思って返信しなくなるけど、
    返信してほしいらしく返信しないと怒る。
    「うん」で返されても話題に困る、返す速さよりも内容を私は重視するって
    言っても、「うん」は直らなかった。
    私がうんってならないように文面を選ぶことにも疲れたある日
    いきなり疲れたと言われて振られた。

    637 :名無しさん@おーぷん
    やっと一日が終わった。一人の部屋は落ち着くな。
    私21歳、兄25歳。大学院生として実家から新幹線の距離に暮らす兄が就活の関係で実家に戻ってきている。
    そして兄と大学入学時から交際している彼女も就活の事情で私実家に泊まって三日目。これで二度目。
    我が家にとって、子供が交際相手を連れてくるのは彼女が初めてなので両親は大歓迎。
    兄たちは互いの両親に挨拶も済ましており、彼女の実家(飛行機の距離)から我が家に泊まりのお礼が届いたこともある。
    父は「夏休み中はずっとウチにいればいいじゃん」とノリノリ。まあ、これはいい。
    問題は母。
    母は兄を溺愛しており、サービス精神旺盛。そしてすこし空気が読めないところがある。
    「せっかくうちの地方にきたんだから○○に行きましょう!」と名所を案内したいらしく、今日は私の運転で母と兄と兄彼女を乗せてお出かけ。
    楽しかったのだが、母が二人のいないところで一言。

    259 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/14(水) 01:58:08.15 ID:zL1qICxr.net
    こないだの週末、職場の数人と飲みに行く約束をしてた
    その中には好きな男性も居てすごく楽しみにしてたんだけど
    その日の昼休憩中、彼と仲いい人が大好きなパチスロ談義に花が咲いたみたいで
    彼筆頭に「飲みの予定中止して、駅前のパチ屋行こうぜ」と言い出してしまった
    結果、それに便乗する人達と、パチスロやらない嫌いor飲みに行きたい組と別れてしまった
    私はタバコや騒音がダメなのでパチ屋はNG
    彼はしばらく「えーー!行こうよ行こうよー!飲みは終わった後でいいじゃん!」と騒いでた
    こっちはこっちで楽しんだけど、飲みの予定は事前にみんなのシフトや予定あわせて決めた事なのに
    それ覆すか!?って感じ
    しょっちゅうメッセージのやりとりして、二人きりで食事とか行くくらいにはいい感じだったけど
    自己中というか、自由すぎだし
    あと単純に、もし付き合ったらパチスロデートとかさせられんのかなと思ったら冷めてしまった

    265 :名無しさん@おーぷん
    駅で電車を待っていると「のどかわいた〜」とタダをこねる子供とそれをあやす母親がいた。
    母親は子供をあやしながらキョロキョロ。
    ここの駅は自販機がわかりにくい場所にあるから、探してるのかなぁと思いながら見てた。

    しばらくキョロキョロした後、近くの女性に近寄って行ったので、場所を聞くのかと思ったいたら、
    そのまま女性のカバンから少し出ていたペットボトルのお茶をスッと持っていく母親・・・。女性は特に何も反応せず歩いて行く。
    母親は持ってきたペットボトルを当たり前のように子供飲ましてた。
    わけがわからず母親の方をガン見してたら、子供を抱えてどこかに行ってしまった。

    その後、電車に乗りながら色々考えているうちに
    あれは泥棒だったのでは?
    しかも、すごく自然に持って行っていたところを見ると、普段からやっていたっぽい?
    ペットボトルみたいな安い物だと、本人もどこかに忘れてきたかと問題にもならないのかな
    そういえば、私も数ヶ月前に何故か飲み物がカバンに入っていなかったことがあったぞ・・・
    と、不安になってきた。
    盗むこともだけど、何が入っているかわからない人のペットボトルを子供に飲ます神経もわからん。

    148 :名無しさん@おーぷん
    (フェイクありです)
    昔、私がまだ小学生だった頃、
    嫁不足の私の田舎でお見合い番組の収録があった。
    ナイナイの前、紳助がやってた頃。
    小さかった私は自分の街がそんなに嫁不足だったことも
    その番組に村がどれだけ力を入れてるかも良く分かってなかった。
    でも、独身だったおじちゃん(父の兄)が親戚の人たちに物凄く応援されてて
    なんか凄いことがあるんだってことだけ理解してた。
    おじちゃんは一番二番人気ではなかったけど家には5人ぐらい来てて
    最終的に告白した20代の女性にOK貰って付き合い始め、
    その人はおじちゃんのお嫁さんになった。
    父も母も祖父母も、みんながでかしたでかしたって喜んでて
    村でも割と大きな規模で結婚式をやった。
    私も姉も、華やかな雰囲気の花嫁さんにうっとりしたものだった。

    が、しばらくするとその女性が本性を出してきた。
    嫁不足の村に嫁いできてやったんだから
    農作業はしないが豊かな生活を保障しろって態度。
    おじちゃんからお金を引き出しては東京に遊びに行って
    あれやこれや買い物して帰ってきた。
    当時は千疋屋なんて店があることすら知らなかったけど
    そこの高級な果物をしこたま買って帰ってはひとりで食べてた。
    旅行なんかもしょっちゅうしてた。
    おじちゃんとじゃなくて、両親や自分の地元の友達と。
    もちろんお金の出どころはおじちゃん。

    その番組が馴れ初めで結婚した夫婦は
    おじちゃんとこ以外にも何組かあったが
    子供も生まれて夫婦仲よくて、家業もしっかり引き継いで・・・って所は
    3組ぐらいだったと思う。
    結婚してもすぐに「やっぱり田舎は嫌」って実家に帰っちゃった人もいたけど
    そっちの方がまだマシだったと思う。
    おじちゃんは結局、おじちゃん名義で貯金してたお金を殆ど食いつぶされて
    3年ぐらいで離婚した。子供もなし。

    当時はおじちゃん可哀想、女ひどい、と思ってた。
    でも大人になって結婚すると、違った角度から見えてくるものがあった。
    確かに女も酷い。
    でも年収1000万とか見栄張って、農家だから必要経費とかもあるし
    年収には波があるのにそういった話はきちんとせずに、いいとこだけ話して
    年齢とちょっとばかり見栄えのいい女ってだけで選んだおじちゃんもアホ。

    おじちゃんが番組に出演した頃、すでに40歳になってたと思うが、
    そんな崖っぷちの独身男が、番組に出た途端に若い女に目がくらむのは
    一体どういう病気なんだろうと今でも思う。

    137 :名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 20:07:33.75 ID:+fe4TF/t.net
    10代後半頃から、背中に痛みが… 病院で検査しても原因がわからず、途方に暮れてた、
    ある人の紹介で霊能者に見てもらったら
    貴方の先祖が他人に対して受けた恨みなどが背中に着いてるなど怖い事を言われましたが
    スーパー銭湯で整体を何回か施術してもらったら
    すっかりよくなりました

    66 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/27(金) 02:20:27.65 ID:EGpFgY8e.net
    塾で思い出したバレンタインの修羅場

    高校受験の時に塾に通ってたんだけどバイトで大学生が数人教えにきてた
    20前後と15歳だから歳も近いし正社員の先生に比べて話もあう
    それに中学生の女子からみた大学生って大人でかっこいいお兄ちゃん
    私もA先生に恋心をいだいていた
    よくプライベートなことも話していたし相当仲良かった
    バレンタインが近づきお世話になってる先生たちにチョコを渡すことにした
    もちろんA先生が本命
    A先生にも「チョコ渡すから楽しみにしてて」なんて宣言したりしてウキウキ状態
    母親が娘の恋に結構興味しんしんで手伝う気満々
    2人でバレンタインの数日前にショッピングモールに行き何種類かのチョコを購入して帰って試食
    その中から可愛くて味もいい商品に決めて再度買い出しに行くという力の入れよう
    バレンタイン当日はA先生は休みの曜日だったから次の日に渡すために残った1個を冷蔵庫にいれておいた
    塾から帰ってご飯食べて母と話したりしてふと父を見ると冷蔵庫の前でA先生に渡すはずのチョコを手に取って包装紙をビリビリにやぶいてチョコを口に入れるところだった
    もう15年生きてきて初めて絶叫したってぐらい悲鳴をあげてしまった
    ビリビリの包装紙をうばってワーワー泣く私
    人にあげるものか確認してから食え!!って父にキレまくる母
    チョコをどうにか元にもどそうと箱に戻してウロウロする父
    とりあえずその場でオロオロしている兄でその場はカオス状態
    次の日に買いに行ったけどいい商品は残ってないでショックすぎて数日父と口きけなかった
    めっちゃ小さい修羅場だけどあんなにウキウキしてたことをいっきに突き落とされた感じで恋する中3としては忘れられない光景だったわwww

    799 :名無しさん@おーぷん
    10年位前の話。
    妹が家に来た時が最大の修羅場。

    人間関係がややこしいんですが、自分の母は実父と離婚、のち再婚。
    継父、母、自分で当時生活していました。

    で実父の方も再婚していたらしく、離婚後も面会していたある日に幼稚園くらいの女の子と一緒に来て妹だと紹介されました。
    つまり異母妹ということなんですが、「いきなり紹介されても……」と思った(再婚していたことすら知らなかった)し、
    異母妹もよく分からない感じだったし微妙な雰囲気のまま。
    で、しばらくしたら「ちょっと面倒見ていてくれ」といって席を立つ実父。
    その時は飲み物かタバコでも買い行ったのかと思ったんですが、いつまで待っても戻らず。
    いい加減に自分も家に帰らないといけないのにと思いつつ待ち続けても戻らず。

    妹が泣き始めて自分も軽くパニックになって家へ電話。
    休日だったので継父に迎えに来てもらい、経緯をパニクりながら説明して継父が警察へ連絡。
    もしかしたら事故にあったかもとその時は考えたらしいですが。
    そのうちKの人が来て周囲を捜索するも実父らしき人はいないし、交通事故等の報告もない。
    母から連絡用の番号を聞いてかけてみるも出ず。

    妹は帰り方もわからないし大泣きするし。
    継父がKの人と相談した結果、とりあえず家で預かることに。
    Kの方で受け入れ準備と調査をするからということでその日は解散。

    937 :名無しさん@おーぷん
    職場でいつも一緒にお昼を食べている人たちに、私が育ちの良い人間だと思われているw
    カップ麺やレトルト食品を食べない→良い物を食べて育ったから口に合わないから
    毎日手作りの弁当を持ってくる→母親にしっかりと家事を仕込まれたから
    食べ方がキレイ→親の躾がちゃんとしていたから
    と言う理由らしいけど、全っ然違うんですよーw
    私ははっきり言って物凄く育ちが悪いんですよーw
    市営の古い団地で底辺の親から産まれて、放置子生活してたんですよー。
    カップ麺が嫌いなのは、ヒキニートの母親が昼寝する隣で音を立てないように毎日食べてて飽きたから。
    料理が出来るのは、レトルト食品に飽きて自力で覚えたから。
    弁当を毎日作るのは、親に弁当を持たせてもらう友達が羨ましくて手作り弁当に憧れていたから。
    食べ方がキレイなのは、図書館で借りた食事マナーの
    本をよく姉と一緒に読んでたから。
    マナー本に載っているごちそうを見て「いつかこんなん食べてみたいなー」「大人になって食べる時の為に練習しとこう」とか言ってお嬢様ゴッコしていたから。
    躾に関しては、母親からは『母親に恥をかかせない他所の大人との受け答えの方法』
    父親からは『母親の機嫌を損ねない方法』しか教わった記憶がない。
    中卒で働いて家に金を入れろって言われたけど、親戚の援助とバイトと奨学金と借金で何とか大学まで出た。
    そんな生まれも育ちも残念な私が、上部だけでも真人間に見られているなら嬉しいな。
    今は姉も私も、親から逃げて1人暮らししている。
    年に2回ずつ、それぞれボーナスが出たときに一緒にごちそうを食べている。
    ホテルのディナーとか高級中華とかフレンチのお高い店で、お嬢様ゴッコ実践編を楽しんでいる。
    週末は人生初の回らないお寿司を食べに行く。超楽しみ。



    878 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 17:07:37.03 ID:2cY8ekhP.net
    前にお化け屋敷に住んでた。
    元々住んでたおじいちゃんが怖い顔で仏壇のあった部屋に立ってるもんだから、
    我が家なのにお邪魔しまーすという感じ。
    ところが、近所に住んでるここの家の親戚の子どもがうちの子と同じ年で(お化けおじいちゃんの玄孫)
    良くうちに遊びに来るようになり、それからはお化けのおじいちゃん柔和になり
    うちにとって都合の良くない人は早く帰し
    助けになる人は、縁を作ってくれたりしてた。
    大変感謝してる。
    T路地の真ん中に立つ家だから、霊道なのかしょっちゅう色んな人が出入りして
    子どもたちも見えるから色々あったけど、それも整理された。
    家の中で写真撮るとシャボン玉みたいのがたくさん写った。
    猫も空中の何かにいつもじゃれついてた。
    懐かしい思い出…

    821 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/02(月) 10:44:40.66 ID:anDO4rBf.net
    話題を変えるぞ 時効だが若干フェイク有り *はフェイクと読んでくれ

    自分が幼稚園児の頃は今と違って神社や寺の境内駐車場で周囲の子供たちが
    何十人も年齢問わず遊んでいた時代だった。
    その中には知的障碍児童が少なからずいたけど誰も差別や区別せず仲良く遊んだ。
    区画整理事業がまだ無い時代で砂利道の細い道と間口の狭い家屋が軒を連ねて町内の人の
    プライベートは筒抜けで身内の様な付き合いしてた時代だった。
     遊びの集団の中に*おでん屋を細々とやっている知的障碍児餅の母子家庭がいた。
    A君の母親は「自分の息子と遊んでくれてありがと」と売れ残りのおでんを
    神社に持ってくる優しい人間であった。
     年が経ち、いつしか最年長は15才のくらいのA君だけになり小学生連中と以前の様にビー玉とか隠れん坊して
    楽しい時間を過ごしていたが、ある日の事、いつものように神社に行こうとしたら
    母親が「 A君と遊ぶな、 今日はどこにも行くな 」と鬼の剣幕で外出を阻止した。
    子供の自分は意味が解らなかったが、そのまま数日経たある日。
     A君のお店に町内の人達が集まって中を覗いた。自分も気になって大人の間を掻い潜って
    薄いガラス越しに見たらA君母が汚い土間に土下座して大号泣してた。その前には怒鳴りつける町内の夫婦。
     その足で帰宅し母に「A君の母親が泣いとった」と伝えたら
    母が言うには「A君が女の子を襲った、今度は二度目だ」と。 
    ガキだったから
    「襲った」の意味は叩く、蹴る、髪の毛引っ張った程度に想像し、そんなの自分もやっとるわいと反発したが
    母は怒り狂って「遊ぶな」の一点張りだった。 
     その日を境にA君の姿は神社や寺から消えた。
    一週間後、A君の葬儀が速やかに行われ小さい*おでん屋の前に白黒の布が一日だけ人目を憚るように掛かっていた。

     後日、母からA君は間違って台所の床に置いてある猫いらずを食べてタヒんだって…と聞かされたが
    子供の自分でも「(店に入ると台所まで丸見え)年中置いてある猫いらず食うバカいるのかよ!!」と
    理解不能だったが
     今なら理解できる… 

    90 :名無しさん@おーぷん
    昔の夢を見て起きたら吐き出したくなったので誰もいない時間にこっそり書き捨て
    私は昔いわゆる多重人格だった
    厳密には今も完治はしていなくて寛解状態
    それでも記憶が飛ばない、気がついたら知らない所にいる
    恐怖から解放されたのはとても嬉しい

    多重人格、正確には解離性同一性障害だけど
    普通なら人格は一人に一つなのにストレスやトラウマによって
    一つだった人格が割れてしまった状態らしい

    増えたのではなく割れてしまっただけなので
    人格は一部の感情しか持っていなかったりする
    怒りしかない人格、悲しみしかない人格
    そうかと思えば子供の頃の幸せな記憶だけを持っている人格
    人格=記憶の一貫性なので人格がうまれると
    その人格の持つ記憶も断片的なものになる
    そして本来の人格からもその分記憶がなくなって行く

    352 :名無しさん@おーぷん
    10年ちょっと前、中小企業の卸売なんだがパソコン増設時に会社でLANケーブルが足らず近所に電気屋がないから歩いて数十秒の自宅に戻ってかしめとパーツ持って自作で間に合わせたら翌週には電算室長になってたこと

    社長が電算室という部署が有る会社というなんだかよく解らんことに憧れがあったらしく「俺君パソコン詳しいんだ!よし電算室の責任者ね!」と言いだし冗談だと思って「あははお任せ下さい」と言ったら名刺渡された

    丁度管理システムとかの入れ替え時期でもあってそれまで社長が対応してたのを俺に丸投げ
    経理も管理も解らん若造だがシステム会社に教えてもらいながら格好ついたと思ったら今度は社長のお友達の会社でもシステム入れ替えだからと正式に出向させられた
    それを数十回繰り返し数年前システム開発販売課になり部下が十人以上出来た

    いまだに俺が流れだけしか解っておらず言語殆ど解らないのを部下達が気付いていない

    888 :名無しさん@おーぷん
    もう終わった話だが

    今まであんなに「DQNネームとかwwwマジないわーwww」って言ってた姉ちゃん
    いざ妊娠して、名前の候補に挙げたのが
    ・空堕威(てんだい)
    ・閏光(うるみ)
    ・麟翔(りんしょう)
    ・未来飛(せんだつ)

    なんだろう・・・この虚しさは・・・
    人はマタニティハイの業からは逃れられないのだろうか・・・

    まぁ親族総出で阻止したけどね
    俺が先陣切って反対しまくったせいで姉との仲は険悪になったが、
    甥っ子の未来は守れただけ良しとしよう

    826 :名無しさん@おーぷん
    神経わからんというか、訳がわからない話です。
    義弟嫁さんが体を壊してしまい、義弟がちょくちょく義弟子を義実家に預けるようになった。
    義弟子は幼稚園児。義弟嫁さんは実家で療養中。
    我が家は義実家から車で30分ほどの距離。義弟のアパートは徒歩10分くらい。

    義弟は義弟子を義実家に預ける時、「卵アレルギーがあるから注意して」と言ったそうだ。
    義父母は卵アレの知識がなく、私にネットで調べるよう頼んできたり
    保健師さんに聞いたりして、言われたとおり卵の除去食を作ってあげた。
    2ヶ月くらいして義弟は「乳製品アレルギーもあることがわかった」とさらに連絡。
    制約の中、義母は頑張っていた。及ばずながら私も協力した。
    それが半年くらい続いたかな?
    ある日、義父母に呼ばれて夫と義実家に行った。以下、義母の話。
    「義弟子ちゃんが、戸棚の上の方に隠していたお父さん用のビスケット(義父は甘党)を
    踏み台にのぼって取り、食べているのを見つけた。ビスケットは卵も牛乳も使われているから
    吐き出させようとしたが、すでに半分以上食べられていて、義弟子は何ともなかった。
    病院に連れて行こうとすると義弟子は泣いて『お医者に行くとお父さんにばれて叱られる』と
    抵抗した。
    義弟子に『アレルギーが治ったのかもしれないから、ちゃんとお医者に見てもらおう』
    と言うと、義弟子『もとから食べられる。我慢していただけ。お父さんが食べちゃだめと言うから
    叱られたくなくて言うとおりしていた。本当は卵は大好きだ』と泣いた」

    28 :名無しさん@おーぷん
    姉は地元が大嫌いだった。出る杭は打たれるが罷り通るクソ田舎で、スポーツ至上主義、頭良くても運動出来ない奴はpgr…姉には苦痛な場所だったはずだ。
    そんな姉、この度実家を新築し両親にプレゼント。超が付く豪邸になった。でも、それはあくまで「別荘」扱いで姉の職場の近くの介護付きマンション買ってあるって。ちょっと俺も何が起きてるのか分からない。
    姉は地元から出世頭なんてもてはやされてるけど無視。寄付もしてくれと頼まれてるけど無視。姉の金を期待した同級生共が臨時の同窓会するって連絡きたけど無視。
    さらには俺と妹の学費も全部持つからこの田舎から出ろと。姉貴ちょっと何言ってんのか分からない。
    衝撃的なのは、家は貧乏でもなけりゃ金持ちでもないこと。そんな大金何処から出てんだと両親が姉に尋ねると「株で儲けた泡銭だから」
    姉の頭が良いのは知ってたけど、株って…そんな難しいこと…
    何で田舎から脱出させたいのに実家を豪邸に建て替えたのか聞くと「馬鹿にしてた私が建てた家と、大事にしてた息子娘が建てたショッボイ家と比べて、クソ共が惨めになりゃいーなって。そんだけ。されたことは一生忘れらんない。許さない。」って。
    家族にゲロ甘の姉がこんなにも闇を抱えていたことに衝撃的でした。
    引越しの用意がおわんねえ…

    385 :名無しさん@おーぷん
    夫の実家は小さな教会で、ごくまれに結婚式を挙げることもある。
    うちの隣家のAは、旦那さんが敬虔なクリスチャンで、10数年前に夫実家の教会で式を挙げた。
    (A自身は改宗していない)

    去年の夏くらいにAから連絡があって、たまたま義父が外出中で私が電話を受けたんだけど、
    「教会でお式を挙げたいから貸しきらせてくれ」という。
    結婚式かな?と思ったら、「離婚式」をやりたいというのでびっくりした。
    うちの教会は地域の方に貸し出しもしてて、キリスト教徒まったく関係のない集会なんかで使われることもある。
    でも、いくらなんでも縁切りの儀式に教会を使ってほしくはないと返したのだけど、
    「いいじゃん!貸してね!私たちの門出をお祝いしてほしいから、利用料はなしね!お祝いよろしく!」
    って一方的に言うだけ言ってガチャ切り。

    お祝いって何だよ!だいたい、日取りも詳細も何も聞いてないよ!と慌ててかけなおしたけど、ずっと話中でつながらず。
    隣家なので直接行けばいいんだけど、なんか意味不明な電話にビビってしまって行く勇気が出なかった。
    仕方ないので、義父と夫が帰宅してから相談し、週末ミサのときにA旦那に釘を刺してもらおうということになった。

    ミサのあと、義父がA旦那を呼び止めて「離婚式には貸せない」ときっぱり断ったら、A旦那は「何のこと?」ときょとん。
    私が先日の電話の件を話したら、ものすごく渋い顔になって帰宅していった。

    後日、A旦那から「離婚しました」の報告とともに、謝罪と離婚式の顛末を聞いた。

    A夫婦は以前から家庭内別居で、じきに離婚することになっていたのだけど、その理由はAの不倫。
    慰謝料と財産分与を相杀殳し、Aは無一文で放り出されることになっていたらしい。
    Aは貯金もほとんどなく、実家にも勘当同然で頼る先がなく、不倫相手には逃げられ、そこで思いついたのが離婚式。
    ワイドショーで離婚式をやっていたらしいのだが、「御終儀」というものの存在を知り、「離婚式で集金!」とひらめいたんだって。
    A元旦那が家を調べたら、「離婚式のご招待状」がわさわさ出てきたらしい。
    ちなみに御終儀の金額は1人4万円(!)と指定があり、そのうえ招待客リストにうちの一家が含まれていたのだから笑えない。

    それで大喧嘩になって勢いあまってAが離婚届に署名捺印したので、これ幸いと提出して、Aを家から追い出したそうだ。
    うちを逆恨みして突撃をかましそうだったので、A実家まで送り届けて「監視してくれ」と頼み込んだらしい。
    A実家もよそ様に迷惑をかけるくらいなら、としっかり見張ることを約束してくれた上、何かあったらきちんと責任は取りますと
    うち宛に一筆書いてよこしてきた。

    うちも引っ越すわけには行かないから自衛してたけど、やっぱり逆恨み怖いなぁと思いつつ過ごしてた。
    そうしたら先月になって、A元旦那経由でAが再婚して引越したという連絡があった。
    えらく再婚が早いな!と思ったら、どうもA実家でお見合いをさせて、ちょっとわけありのお家に嫁がせた模様・・・
    話を聞く限りではちょっとやそっとではうちに凸できなさそうだから少し安心したけど、そんなところに嫁に行った
    Aが若干不憫だと思ってしまう。

    463 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/01/25(月) 19:21:43.97 ID:4mconQeN.net
    自分も子供もつ年齢になってオヤガ修羅場だったろうなって話

    2家族でキャンプに行った
    親+私兄+私
    友親+友子+友弟
    田舎のキャンプ場で山越えていく
    山越え途中に小さい商店(回りに家、店なし)によった
    ジュースとか子供たちは駄菓子を買ってもらって横の広場で休憩
    駄菓子にサラミってあるじゃん
    10cmぐらいの長さの細いの
    あれを友子が一口食べて吐き出した
    味が変って涙目
    親達が確認すると賞味期限10年前
    店が薄暗かったから気づかなかったけど色が真っ黒
    親達あわててサラミの点呼はじめた
    私+私兄食べてなくてまだ袋の中
    問題が友弟
    めっちゃ目泳がせながら変な味したからそこの草むらに捨てたって言う
    父達が探したけど見つからず
    お腹とか大丈夫っていうから出発したけど車の中で友母が私母に
    「あの子たぶん全部食べてる、味覚オンチだし」ってボソッとつぶやいた
    帰って兄と、10年前のサラミ全部食うとかwwwって爆笑してたけど自分も子供産んで、もし子供が10年も前のサラミ食べたってなったらめっちゃ修羅場だわ

    このページのトップヘ