DV

    385 :鬼女日記 2015/03/07(土) 21:59:20 ID:dOl
    弟との関係に悩んでいます。
    両親が家にいない夜、私は弟と一緒に夕食でしたのですが、弟はスマホで動画を見ながら食べており注意すると「お前に関係あるの?」。
    少しイラっときましたが抑えて
    「関係なかったね」。
    その後、物足りなくなり台所で軽食を作ろうとしたとき、数日前に弟の作ったパサパサの黄色い塊(お菓子?)があり邪魔だったので
    「これ捨てていい?」
    「あーうん」(動画に夢中)。
    本当に捨てると怒り
    「もとに戻せよ!きれいな状態に!」。
    いいって言ったじゃん!と反論しても無駄で、仕返しに私のココアを捨てようとしたので取り上げた。
    すると包丁を出してわき腹を刺し(怖くて数ミリだけ)、蹴ったりしてきました。抵抗するのは面倒だと思っていたら、顔を狙われ唇から出血し驚いて。
    「顔はさすがに明日部活で目立つからやめてよ」
    と言ったところ、見下したように
    「お前なんかレギュラーじゃないからいいだろ。代わりなんていくらでもいる」
    私は我慢できず、先ほどのココアを弟の服にかけてしまいました。(ココアはぬるかった。私にもかかった)

    母は喧嘩の際、最初から無視すればいい。とよく言います。しかしそうも行かなく、母の前では弟は大人しいです。
    最近はエスカレートしていき、弟も中学生です。機嫌がよいときは向こうから話しかけられるので、無干渉はできませんでした。
    文に間違いがあればすみません。
    アドバイスお願いします。

    114 :鬼女日記 2015/12/10(木) 01:37:31 ID:ucR
    母親が、俺が高校生の時に急に癌で天国へ旅立った。
    受験控えてた時期だったけどなんとか大学受験は合格。
    でも家から遠かったし母方の祖母に甘えて祖母の家に住ませてもらってた。
    それから2年くらいして、祖母は介護が全くいらないくらい元気だったのに母親と同じように癌で他界。
    お葬式の準備とかをしてる時に初めて母に兄がいることを知った。
    親戚の話ではDV&家の金盗みの糞兄だったらしく勝手にでていったそうだ。
    一応母兄にも亡くなったこととお葬式のことを知らせた。
    でお葬式の日、兄が俺に話しかけにきて一言

    「遺産、放棄して俺にくれるよな?」

    ここで代襲相続のことに気付いて俺は
    「遺書さがさないといけませんね~」
    って軽く流しといた。

    341 :鬼女日記 2017/06/24(土) 05:31:58 0.net
    ◆現在の状況
    夫から離婚したいと言われ別居中(私が出て行った)
    ◆最終的にどうしたいか
    夫婦が駄目なら恋人としてでも一緒にいたい
    ◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
    28歳、飲食、200万くらい
    ◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)
    36歳、飲食、500万
    ◆家賃・住宅ローンの状況
    旦那名義の賃貸マンション、今は私は自分名義の賃貸に住んでる
    ◆貯金額
    旦那は分からない、私は50万
    ◆借金額と借金の理由
    私は無し、旦那は30万、前妻への養育費未払いによる差し押さえがありそれを払う為に借り入れし恐らく完済している
    ◆結婚年数
    一年
    ◆子供の人数・年齢・性別
    なし、旦那は前妻との間に一人
    ◆親と同居かどうか
    別居、お互い自分の親とは距離を置いてる
    ◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由
    私初婚、旦那はバツイチ、前妻が間男の子を身篭って離婚と聞いてる

    長いので切ります

    35 :鬼女日記 2018/01/04(木) 11:23:03 ID:HnX
    私の実家は自営。父はワンマン糞親父。暴言と鉄拳で我が家を支配していた。
    家族構成は父・母・長兄(県外で就職)・次兄(父の会社に就職)・私(県外)・弟(父の会社)
    一昨年、母が病気をした。
    そしたら父が母に離婚を宣言した。
    使えない奴はイラン、俺の金を医療費なんかに使わせないが理由。もともと経済DVのひどい父だった。
    それを知って長兄が激怒。
    さっさと母を引き取って自分の住む町の病院に入院させ、離婚に強い弁護士を探して雇った。
    父にしたら、家族が自分にはむかうなんて青天の霹靂だったようだ。
    父は最初「あいつらごときに何ができる」と強気だったが
    DV、暴言、経済DVの証拠が揃っていて、弁護士に恫喝が効かないと気づきやっとオタつきはじめた。
    父が弁護士に対応している間に、次兄と弟が会社を立ち上げ
    従業員の3/4を引き連れて独立。
    今までは母を人質に取られてるようなもんだったけど、母が兄に保護されたのであっさり独立した。
    父はストレスで血圧が急上昇し、ぶっ倒れた。
    病院に搬送されて検査したら、動脈瘤だの肝硬変だの病気のデパート状態だった。
    母に看病しに来いと電話したけど、母の携帯は解約されていて、
    兄に電話したら「俺の金と労力はおまえの医療なんかに使わせない」と切られた。

    まだ離婚は成立していないけど、慰謝料の話がついたら判を押すだけって状態。
    会社は倒産寸前というか最早会社として機能してない。
    取引先も八割強次兄と弟の会社に取られた。
    父はまだなんで自分が今一人なのか理解できていなくて、全部「家族が恩知らずだから」と思ってる。
    自分のどこに非があったのか素で全然わからないらしい。
    あんなに絶対強者として君臨していた父が、今は汚部屋で背中丸めてブツブツ言うだけの老人と化している。
    兄弟の中で一番性格が悪い私は、父の惨めさを確認したいがために
    たまに父の様子を見に行っている。
    別に何もしてやらない。ただ見に行くだけ。
    父はいよいよとなったら私が引き取ると思ってるようだけど、そんなわけない。
    たった2年足らずで全部ひっくり返ったことが、必然なんだけど
    父にしてみたら衝撃だっただろう

    545 :鬼女日記 2011/12/04(日) 00:15:39 0
    いつも最初は良いんだけど、すぐに図に乗って
    「あたしは裏表が無いから」「腹の中にしまって置けないから」「悪気は無いのよ」と
    ヘラヘラ無神経発言を繰り返す義母。
    車を出してと頼まれた車中で、また始まったので適当なコンビニに入って
    義母が飲み物を選んでいるうちに置き去りにした。
    駅が近いのかどうかも分からない、田舎のコンビニだったけどタクシー位呼べるはず。
    ママンから涙の電話を貰ったらしい夫が怒って帰ってきたので、ギチギチに〆た。
    台所に正座させて(床は冷えるので私は椅子)お前の母親の駄目なところを100上げろと
    3時間位駄目だし&復唱させた。
    例:「僕の母親は失言が多く」「はい駄目!失言だー?悪気が無くてあんな事言えるか!やり直し!」
    その動画を義実家に送った。
    板間に正座して「僕の母親は、自分の事を棚上げして人様のプライベートに口を出すクズです」
    「僕の母親は、自分は料理も掃除もしない癖に、人様に聞きかじりのレシピを教える自称料理上手です」
    ×100。
    最後に土下座して、「あんなクズの子供に産まれて申し訳有りません」と叫ばせた。

    うちは玄関あけたら、すぐ台所なんだけど、玄関全開でやったんだよね。ちなみに社宅w。
    義父も同じ会社に勤めていたし、昔義家族はこの社宅に住んでいたから構造や空気感は良く知っているはず。
    義母から謝罪(本心ではない)電話があったから
    「何度言っても懲りずに同じ失言wを繰り返すお義母様に似て、夫も忘れっぽいんで
     これからはこれを毎日繰り返す事にしたんですwww
     もし、同じ失敗をしたら廊下でやらせます。
     そしたらまた動画を送りますねw楽しみにしていてくださいねw」と言って切った。
    そして本当に毎日やらせている。
    もう離婚しても良いやと思っているので出来るDQN返し。

    133 :鬼女日記 2015/05/05(火) 15:22:06 ID:jyl
    六歳上の兄貴と二歳下の妹がいて、兄が高校に入った頃から親父がおかしくなった。
    出世して羽振りがよくなったからかパチ〇コにのめりこんで商売女に貢ぐようになって、ついにDVも始めた。
    で、兄貴が高二になった頃にとうとうぶち切れて親父に反撃した。
    親父は兄貴に散々殴られて肋骨にヒビ入れられて、ついでに片足を踏み折られた。ど田舎だったからか警察沙汰にはならなかった。
    親父は泣き言言ってたけど「電車通勤なんだから足の一本くらい困らんだろ」って一蹴されてた。
    これ以降親父は兄貴からゴミ扱い。ついでにめそめそしてばっかりだったお袋のずさんな金の管理を兄貴が知ることになって、兄貴は家計簿付け始めてバイトも始めた。
    親父は小遣いは兄貴に頭を下げて貰わなくちゃいけないし、一時期調子乗ってたのが嘘みたいな卑屈でしょぼくれたおっさんに変わった。
    兄貴は俺と妹には優しかったけど「金と異性にだらしない奴はクズ。ついでに暴力振るう奴もクズ。俺は親父にやっちゃったけどお前らはすんなよ」ってずっと言ってた。

    それから何年かして、俺が高一の頃、初めて彼女ができた。
    兄貴は実家住みだったけどもう働いてて、「学生らしい付き合いしろよ」って普通の小遣いとは別に、こっそり彼女に使う用の小遣いくれてた。
    その頃の俺は何か知らないけどモテた。それで、だめだとは思ってたけど調子こいて二股したんだわ。あとやらしいこともしてた。
    あんだけ色々言われたのに。
    ある日家に帰ったら無茶苦茶不機嫌そうな女二人と仁王立ちする兄貴がいて一巻の終わり。
    何故か三人で正座させられて「高校生のクソガキがスケベオヤジみたいなことしてんじゃねえよ」とか「十五、十六であっさりやらせるとか二人とも安い女だなコイツら」とか、まとめて兄貴に嫌味言われまくった。
    妹がのぞきに来てたけど、まだ早いって兄貴が追い払ってた。
    二時間くらい責められて女二人は帰っていった。最後に兄貴が「学生なんだし女の子なら自分のために身持ち硬くしなよ。避妊失敗とか危なさ男の比じゃないでしょ」って言って見送ったの覚えてる。
    その後「お前は親父見てたのに何してんだ?学生らしい付き合いしろって言ってたのに日本語通じねえの?」って言われてタヒぬほどブン殴られて兄貴からの小遣いで買った服とか全部処分されて、バイトにぶち込まれていままで渡した小遣い返却させられた。
    五年経つけど、親父同様ゴミ扱いされてる。
    反省も後悔もしてるし、兄貴にそう言ったこともあるけど「俺ヤンキーが更生して真面目になったとか大嫌いなんだわ。なんにせよ一回やらかしたら一生クズ」って鼻で笑われた。

    90 :鬼女日記 2015/05/13(水) 19:13:24 ID:cPD
    3年前になぜか付き合ってた男の話。

    当時私17、彼氏いない歴=年齢。男22、ただの女たらし。そう、女たらしで有名だったもんだから恋愛感情どころか人間としてもそこまで好きな人ではなかった。普通の先輩として接していた。

    ただ、知り合いたちの前で告白されて、周りに流されて返事をしてしまったっていう私の失態。

    300 :鬼女日記 2018/02/09(金) 23:34:50 ID:DrLGDE4b0.net
    機能不全家庭で育ち、自分は30目前でも抜毛癖&毛根を食べる異食症、長兄は生活保護なこと
    それを夫に隠していること

    父母は毎日口論(暴力もあり)からの家庭内別居
    一番被害を受けた長兄が一番の犠牲にあった(彼いわく弟妹を守ったらしい)
    次兄もなんやかんや苦労中
    私は一見とても順風満帆な人生を歩んでる

    幸いだったのは、三兄妹の仲が良いこと(長兄から殴られてたこともあったけど)
    父はギャンブルはせず堅い職だったこともありそこそこ稼いでいたこと
    母がとても真面目だったこと(糞真面目すぎてノイローゼになってた)
    母と私二人で参加していた学校外の活動で、良い友達に出会えたりそれぞれを客観的に見る機会があったこと
    母がそれもあり経済的にも精神的にも強くなったこと
    たまたま受けた素晴らしい中高一貫校に入れたこと
    恩師に出会えたこと

    あんなに地獄のようだった実家が、形は普通とは違っていびつかもしれないけど今とても落ち着いている
    それを少し受け入れがたい気持ちもあって落ち着かない
    大好きな夫の義実家の方々はとても良い人たちで、こんなのが嫁で申し訳なく、罪悪感がある
    私は実家が好きなんだけど、夫を積極的に連れていきたいとは思えず
    夫の子供を見てみたいけど今のようにラブラブじゃなくなったら?と怖い
    こんな感じで、ぐちゃぐちゃっとした気持ちが常にある
    でもこのまま周りの人に打ち明けられず生きていくんだと思う

    小学生のときに見た、普段飲まない酒を飲んで号泣してみんなに謝る母の姿をたまに思い出して辛くなる

    287 :鬼女日記 2016/01/10(日) 11:45:12 ID:TEN
    近所に顔の骨がずれてる婆さんがいた。
    爺さんが喧嘩のたび「そこで寝ろ!」とお婆さんを寝かせて、コーンと頭?顔?を蹴るんだそうだ。
    それを毎回やられてたら顔がずれてしまったらしい。
    というのは噂だったが、爺さんが「そこへ寝ろ!」→悲鳴っていうのはたまに聞こえてきたし
    婆さんに「そこへ立て!」って気を付けの姿勢させてからぶん殴ってたのは俺も見たことがある。
    だから多分本当だったんだと思う。
    当時俺は中学生で、婆さんが口と鼻から血を流して、それでも立ってるのを目撃した時は恐怖でしかなかった。
    倒れるとまたコーンと頭を蹴られるから倒れられなかったらしい。
    婆さんは顎もずれてるから、話し方が不明瞭だった。
    それも「はっきりしゃべれ!」って殴られる原因になっていた。
    うちの祖母が言うには、若い頃からずっと殴られていたらしい。
    「なんで通報しないの?」って思うだろうが、近所中が麻痺してた&関わりあいたくないの一心だった。

    このページのトップヘ