GJ

    706 :鬼女日記 2006/12/09(土) 09:55:20
    義姉が言ってくれました。
    同居ドリーマーのトメ(ウトはタヒ亡)、いつも私がいない時見計らって夫に同居もちかけてた。
    昨日はトメ誕生日でトメ宅に集まったのだが、私が授㲗で隣室にいる時に、
    「ホームでタヒぬのは寂しい、私はこの家でタヒにたい、今はいいが動けなくなったら夫ちゃんよろしく」
    等ぐちぐち言っていた。夫は都合の悪いことには返事をしないのでトメ独り言状態。
    そしたら義姉が「夫じゃなくて嫁子に言いな」
    トメ「あらどうして?こういうことは子供に言わなきゃ。嫁子ちゃんには関係ないわ」
    義姉「ふーん、嫁子関係ないんだ。
    じゃ、母さん寝たきりになったら、夫が会社行ってる間母さん食事もオムツ換えもなしだね。
    関係ない嫁子がすることじゃないもんね。
    私も仕事してるから面倒見られないし、どうしても自宅がいいならヘルパー代は負担するけど、
    嫁子が他人を自分の家に入れたくないって言ったら勝手にヘルパー頼んでも追い返されて文句言えないね。
    嫁子が自分から是非母さん見とりたいって言うなら止めないけど、
    母さんそんなこと言ってもらえるようないい姑だって自信でもあるの?
    自信があったら嫁子がいる時言ってみなよ、多分断わられるから」

    私のことは嫁子と呼び捨てにするし、介護はしないと断言してたから、
    トメの老後は私たち夫婦に丸投げかと誤解して嫌ってたけど、
    義姉さんわかってたんだね。誤解しててごめんなさい。
    トメに直接言われたらちゃんと断るよ。

    329 :鬼女日記 2007/05/07(月) 13:55:55
    ではここらでプチなものを。

    少し前、義実家を訪問したら、ウトとトメがなんかぎくしゃくしてる。
    コトメが説明したところによると、
    ウトが、入浴後の洗面器は伏せておけ、というトメ命令を実行しないので、
    トメが「まあ、あなたのお母さんは、そういうことを全然躾けてくれなかったのねえ」
    と言い、亡き実母を貶されて怒ったウトと喧嘩になったらしい
    (まるで新婚夫婦の喧嘩のようだが、ウト80歳近く、トメも70歳近い)

    私「ウチの夫君なんか、洗面器伏せないどころか、
      洗面器に汚れ湯が入ったままでお風呂から出てきますよ。
      言い出したら他にもいろいろあってキリがないので、注意してませんけど」

    コトメ「じゃあ、お兄ちゃんは、ママのしつけがなってないってことじゃん」


    ・・・・トメ、顔真っ赤にして沈黙
    ウトは少し嬉しげ。
    コトメGJ!と心の中で拍手した私。

    85 :鬼女日記 2014/01/29(水) 22:08:11 ID:29oQP9d7
    >>82
    乙でした。

    うちの田舎の武勇伝。
    私が大学進学で一人暮らししてた時期、実家に名簿業者?から電話があった。
    当時、うちはナンバーディスプレイしてなくて、姉が電話に出た。以下、母から聞いた話。

    業者「あ、私姓さんのお宅ですかあ。私、私子さんのクラスメイトだったA子といいますけど、同窓会の連絡したいので、
    私さんの連絡先を知りたいんですが」この時点で、姉、ハンズフリーにする。
    姉「いつのクラスメイト?」
    業者「中学から一緒ですぅ。高校も一緒でぇ」
    姉「中学から一緒?妹は小学校も同じクラスメイトしかいませんけど?」
    業者「あ、お姉さんはご存知ないかもですが、私、私子さんと仲良くて、お家に泊まらせていただいたこともあってぇ」
    姉「あなたの親御さんのお名前は?」
    業者「お姉さんにはわからないと思うんですけどー」
    姉「ならおじいさんかおばあさんでもいいですよ。そしたらどこの子かわかるから」
    業者「えっと……」
    姉「田舎のネットワーク舐めてる?一学年50人しかいない上、小中学校の9年一緒、内半分は保育園か幼稚園が同じだから
    12年一緒なの。あなたの母方の祖父母の名前からでも、「どこそこの娘さん」って即座にわかるの。
    当然、この電話の情報も即回します。ついでに、うちの妹、「私」さんって名前じゃないから。下の名前すら間違ってる人を
    友達って言う人いると思ってる?下調べがヌルいよ。こんな嘘ついて何したいのか大体わかるけど、そういうので成功できるのって
    頭のいい人くらいだと思いますけどね」
    業者、しゃくりあげながら電話を切る。

    その後、母によって私の同級生全員(違う高校の子も)+「私の同級生の兄弟」の在籍?している学年全てに連絡網、
    更に地域放送(田舎なのでこういうのがある)で「一人暮らしの子供さんの同級生を騙る電話がありました。
    電話番号などは絶対に教えないで下さい」と繰り返し放送された。

    812 :鬼女日記 2011/11/29(火) 11:30:27 0
    休日に同居ウトメと旦那とおやつ食べてたら、コトメが飛び込んで来て
    ピーピー泣きながら、
    コトメの義両親が老後は孫と子供にかこまれてゆっくり過ごしたいので、
    二世帯立ててあげるから一緒に住まないか?
    家の土地は長男のコトメ旦那に継がせたい、二世帯で住んでいれば他の兄弟達も納得すると思うと言って来て、旦那が大乗り気らしい。
    ウトメと同居なんかいや!するなら離婚したい!うちに戻って来てもいい?!というような事を泣きながら訴え、
    トメも、あんたが同居なんかしなくていい!同居嫁なんてトメに苦労させられる人形みたいなもんよ!
    そんな甲斐性.なし捨てておしまい!うちにいくらでも戻ってくればいい、お母さんは相手にいくらでも文句いってあげるからね!と息巻いていた。
    コトメもそうだよね!同居させる親と男なんてろくなの居ないよね!お母さんありがとぉー!と感動的()な場面に。
    それを冷ややかな目で見ていた旦那がコトメに
    そうだな!同居なんてするもんじゃない
    嫁はストレスたっぷりで胃に穴が悪し、
    親はいつまで立っても自分が主導権持たないと気が済まないし、
    いちいち作った食事にケチつけるし、そのくせに私は引退なんですからねといってなにもしないし。
    子供はまだかって責められるし、夜も遅くまで起きてておちおち子作りもできない
    出かけてても夕飯作りに戻らないと切れるし、本当にろくな事がないよな!やめた方がいい!
    ↑全部トメがやっていること。
    と言い出した。

    413 :鬼女日記 2018/09/24(月) 02:38:59 0.net
    義弟嫁とこの度めでたく絶縁できたよ
    初対面から敵意を感じてて、親戚の集まりで顔を合わすと、必ずってくらい私が一人のときを見計らって文句言われたんだよね
    でもその文句もいちゃもんみたいなのでイライラしたが、相手にするのめんどくせーしとハイハイでスルーしてこっちからは関わらないようにしてたんだよね
    で、お盆で顔合わせたときも、義実家で台所仕事(義実家はダイニングとキッチンは別室)してたらこそーっと来てまたグチグチ言ってるところに義母さん登場
    私らの雰囲気が変なのずっと気になってたそうで、義弟嫁がキッチンに向かったのに気づいて、子供らとの遊びを中断してそっと聞いてたんだってw
    内容が明らかに私に否がないのと、これまでもこういうことあったかも確認されたんで、夫にも話してなかったけど正直に答えたよ
    したら義弟嫁がふぁびょり始めたんで義弟に連れ帰ってもらい
    義両親や夫と話し合って私は今後義弟嫁と会わないようにしてくれたよ
    義両親と夫に早く言ってくれれば嫌な思いさせなかったと謝られちゃった
    私が事を荒立てたくなくて言わなかったのが悪いのに

    559 :鬼女日記 2011/04/27(水) 13:38:40 ID:t5Yg0jvv
    武勇伝になるか分からないけど、今から約5年ほど前にたまたま一人の女友達に
    「誰か女の子紹介して!」って頼んだらOKってコトで
    後日4人(俺、女友達、女友達の彼氏(俺も知り合い)紹介相手)で会う事になって
    その日はまぁ4人で飯食いに行って終了って感じで終わって、それから始めて2人で
    会う事になった時の話。
    その日は仕事の関係で俺は全然寝てなくて2人で飯食ってる時でも睡魔に襲われるコト数度
    さすがに限界を感じてきて「じゃあボチボチ帰りますか?」って事になって
    2人共、電車(地下鉄)だったから地下通路を切符売り場に向かって歩いてたのね
    そしたら突然、肩に「ドーーン!!」っていう衝撃が走って最初「痛っ!何!?」って思って
    パッて彼女の方見たら彼女が尻餅着いて倒れてた、で、結局何が起きたかっていうと
    俺達2人が並んで歩いてる間をメガネブタのリーマン親父がワザと物凄い勢いで突進してぶつかってきてた
    地下通路って凄い広くて2人並んで歩いてても何の邪魔にもならないから故意なのは明らか
    で、俺は倒れてる彼女の姿を見たのと寝てないのもあって冷静になれず完全にブチギレ!
    だって俺ですらカナリの衝撃あったのに、その彼女は華奢だったから相当な衝撃だったハズ。
    で、そのまま通り過ぎて行こうとする親父に向かってケツキック!
    そしたら親父は3、4歩進んでからこっちに振り返って「なんじゃ!お前ぇぇぇ!!」って叫びやがった
    普通、逆だろ!で、俺はあんまり背が高くないのに対し親父はブタゴリラって感じの体格だったから
    その3、4歩の距離を走って親父の顔面目掛けて無謀にも飛び蹴りwww当たる訳ねー!
    でも、こういうショーモナイことする親父は所詮、見た目だけの木偶の坊なんだろうな、見事にヒットしたww

    289 :鬼女日記 2014/01/05(日) 19:26:37 ID:owTuqbnO
    免許取って、友人3人と高速で出かけた時。
    後ろからトラックに煽られた。他の車の流れからも遅れてないし、私の前にも先行車がいるので煽られても困る。
    だがこっちは二十歳そこそこの女4人、煽られ続けて怖かった。
    どっかSA寄ろうか、つか何でこのトラックは追い越し車線行かないんだと運転席の私とナビ役の助手席で相談してたら、
    後部座席からA子が「どしたの?」と聞いてきた。煽られてるんだよ、気づかんかったのかと返すと、A子は振り向いて
    じーっとトラックを見つめた。そして「どっか寄せれる?」と言うんで「次のSA寄る」と言った。
    そしたら、A子が見つめたせいか、トラックは追い越し車線に移って、今度は幅寄せしてきた。ドラレコ積んどきゃよかったと思った。
    幅寄せされるとか経験なくて、怖くて仕方なかった。
    そしたらA子が携帯で動画撮影してる。トラックを。
    「あんた何やってんの」と言いかけた時、A子が「マジごめん。うちの会社の奴だわ」
    A子のお父さんが経営する会社のうちの一つの社名入りトラックだった。

    A子は幅寄せされてるこっちの様子を撮影、散々幅寄せして気が済んだのかスピード上げて追い越して前に入った
    トラックのナンバーをメモして、お父さんに電話。

    355 :鬼女日記 2014/01/08(水) 21:23:13 ID:MMSdiRWj
    武勇伝と言うにはちょっとショボイんだけど俺の高校の頃の話
    思い出だから色々誇張してたり間違ってたりするかも

    平々凡々な地元公立高校に通ってた当時の俺と友達は、駅前のゲーセンにあるカードゲームにはまってた
    交代でやればあんま金もかかんないから楽しく遊んでたんだけど、ある時からゲーセンにあからさまな不良グループが現れるようになった
    近くにあるバカ校の奴らで、店から連れだされてカツアゲされたなんて噂も聞くもんだから、そいつらが来たらこっそり逃げてた
    でも他のゲーセンにはそのカードゲームがないから困るし、いつ絡まれるかわかんないってのは怖いし、全然落ち着かない 
    ってことで、俺はそのグループの情報を集め始めた
    田舎だし俺は生まれも育ちも地元だし、誰か一人ぐらい知り合いがいるんじゃないかと思ってさ
    残念ながらそんな不良と付き合いのある友人はいなかったけど、グループの一人でAってヤツが俺と同じ小学校だったってことはわかった
    そっからあれこれ教えてもらって、かき集めたAの小学校時代の話を頭に入れておいた

    んである日、ゲームプレイ中で逃げられなかった俺達は、ついに例の不良達に絡まれた
    「なーなー、ちょっとお前ら、どこ校のヤツ?w」
    みたいな定番の絡み方だったと思う
    声をかけられた直後、かなりテンパりながらも、俺は適当に不良連中の方を向きながら、
    「あれ? Aっち? Aっちだよな?」
    って声をかけた
    そしたら一人が 
    「は? 誰だよお前」
    って睨んできたから、こいつがAだ! と判断
    「あれ、覚えてねえの? 俺だよ、俺! 〇〇小で一緒だった俺だよ!」(確かに同じ小学校)
    「は? いや知らんし」
    「うっそ! 朝休み一緒にサッカーしてたろ! 俺だって!」(Aは毎朝校庭でサッカーしてたらしい 小学生の遊びだから面子は適当)
    「あー……」
    「すっげえ気合入れて基地作ったじゃん! 俺もいたろ!」(Aは超本気で秘密基地作りに熱中してたらしい)
    「いや……」
    って感じで俺自身の名前を何度も言いながらガンガン畳み掛けた

    229 :鬼女日記 2011/09/10(土) 14:27:09 ID:3doNT10I
    昨日あった出来事。
    新宿駅のホームに向かう階段で、ポチャを越したピザな女子高生二人が前を昇ってた。
    階段を昇りきったところで俺の方を二人で指差しながら
    JK1『いま絶対パソツ見られたんですけどー』
    JK2『まじあり得ないわー』
    JK1『うわw顔きもw』
    JK2『臭そうなデブwってか匂うんですけどw』
    JK1『見てんじゃねーよwまじ慰謝料請求したいw』
    JK2『しちゃいなよwってか警察よぼーよw』とかなんとか言われた。
    まず見てないし見たくないと思ってたら、近くにいたキャバ嬢らしき二人組(どちらもすらっとしてて綺麗な人だった)がクスクス笑いだした。
    以下A、Bとする。
    A『いやーねーBちゃん。顔も体も醜いと、心まで醜くなるんだねー。』
    B『本当だよねーこういうの勘違いブスって言うんだろうね。』
    A『あれだね。きっとお化粧とか覚えて、自分可愛くなった!とか思い込んじゃって勘違いしてるんだろうね。』
    B『なんか可哀想だね。』
    A『うん、可哀想…』

    359 :鬼女日記 2003/09/20(土) 19:41:00 ID:Ecwrv+c8
    この間のこと。
    やや混雑した電車に乗っていたところ、目の前に立っていた女子高生がいきなりこちらを向いて叫んだ。
    「てめえ、痴/漢してんじゃねえよ!」
    はぁ?と思ったが、彼女の友人らしい二人が横から
    「マジさいてー!」「タヒねよクズ男!」と騒ぎ始めたので、次の駅で降りることにした。
    女子高生達は、ホームに降りるやいなや金を要求してきた。
    「警察に訴えてもいいんだよ!」「あんたの人生滅茶苦茶だね」
    しばらくそのヘラヘラ笑う様子を眺めていた。こいつら常習犯だ。
    彼女たちは軽蔑されているのに気付いたのか
    「なんとか言えよ、変隊男」と言いながら再びこちらに詰め寄ってきた。
    そのタイミングを見計らって私は彼女の手を掴み自分の胸に押し当てた。
    「私、女なんだけど」
    彼女たちの顔色が急に変わっていった。こういう時、人間って顔色がどす黒くなるもんなんだね。
    「警察?行こうよ。あんたら常習っぽいし」
    私に手を捕まれた少女はもがいたけど、男と間違われるくらい鍛えているので逃げられるわけもない。
    ボロクソに言われていい加減腹が立っていたので、そのまま彼女を交番まで引きずっていった。
    あとの二人も観念したようについてきた。
    結局、警察と学校側、そして彼女たちの両親からの謝罪と念書を受け取って終了。
    彼女たちは謹慎のあと、しばらく親と一緒に投稿する約束をした。
    私はといえば、翌日同じ電車に、やや胸を強調した服で乗ったら、いつも乗り合わせている女性.に
    「大丈夫でした?」と心配されておしまい。
    女も痴/漢をするかもしれないけど、今回はうまくいきました。
    私のプライドのためにも二度とこんな目に遭いたくないけど。
    男性.の皆さん、気をつけて下さい。

    このページのトップヘ