GJ

    362:名無しさん@HOME2011/02/23(水) 12:41:17.90 0
    長いです。
    ウトが亡くなり義実家に同居していた頃、コトメに言われた。
    「母さんから聞いたけど、毎週実家に帰っているんだって?ダメじゃんw」
    ちらっとトメを見たらすごく焦ってた。

    当時、私の実母が入院してて週一回だけ付き添いに通っていたのだけど、
    普段は「快く送り出す良い姑」の振りして、
    やっぱり影でコトメに悪く言ってたみたい。
    同居してからからちょくちょく衝突があったので、
    夫婦で話し合い、次に何かあったら
    すぐに出て行くという事になっていた(トメにもそう言っていた)

    別居決定~!とほくそ笑みつつ 
    「ええ、コトメさんを見習いました。
    コトメさんの場合は週一どころじゃないですけど」と言い返すと、
    夫とコトメ夫は大爆笑。 
    コトメが真っ赤になって 
    「一緒にしないで!長男嫁のくせに!長男嫁は長男嫁は~(略)」 
    ところが、傍で聞いてたコトメ子(小1女子)が 
    「えええ?お嫁さんになったら、もう自分の家に帰ったらいけないのぉ?」 
    としくしく泣き始めた。


    921: 1/3 2008/08/18(月) 17:21:50
    他スレで、コミケって単語見て思い出した。 
    私の夫って、所謂オタクって奴で、コミケとか秋葉原とか大好き。 
    後、典型的な、デブ体質で、心配だから今、ダイエットさせ中。 
    何で結婚したの?って言うと、優しい所に私がホレたかなー? 
    で、トメとウトとは、同居なんだけど、
    こいつがまた、典型的に、イヤミ言いまくり。 

    子供が出来ないのは、嫁のせいだ。(結婚して1ヵ月後に言われましたが) 
    夫が太ってるのは、嫁のせいだ。(元々なんですが) 
    夫がオタクなのは、嫁のせいだ。(元々ry 
    後は、ご飯がまずい、掃除がなってない、とか典型的な事。 
    私も結構エネmeな体質で、最初は我慢していた。 
    けど、結婚して1年たった時に、胃潰瘍で倒れた。 


    444: 名無しさん@HOME 2009/03/05(木) 19:30:37
    流れ読まずに投下します 

    諸先輩がたのおかげで先日ついにやりました! 

    同居トメ、トメ友とのランチに見栄はって、
    私の独身時代に買ったYSLのスーツを勝手に着ていって、
    シミばかりかかぎ裂きまで作って謝りもしませんでした。 

    でもここを読んでいたのであわてませんでした。 
    台所に醤油をとりにいった私を不思議そうに見てましたが 
    次に見た私の片手にはトメのお気に入りの着物 


    663:名無しさん@HOME2014/01/24(金) 19:32:17.57 0
    初めての書き込み失礼します。
    携帯からなので改行等変になってしまったらごめんなさい。

    先日、旦那の祖母の自宅に帰省しました。
    私、旦那、息子、良ウトメ、大トメ、
    義実家側親戚10人程でご飯を食べることになりました。
    しかし、息子はアレルギー持ちなのでお弁当持参で
    1人だけメニューが違いました。
    6歳になり自分のアレルギーを理解している息子自身は、
    特に気にして居なかったのですが
    大トメ以下親戚の方々がごね始めてしまいました。

    612:名無しさん@おーぷん2015/12/30(水)09:28:04 ID:E2T
    旦那が夜中、急に咳き込み始めて、呼吸が止まった。
    すぐ救急車を呼んだんだけど、救急車が来るまでの間、
    旦那がタヒんじゃうとパニックになり、もう記憶もない。
    救急車にのって管に繋がれる旦那、そのまま病院に搬送されて、
    奥さんはここで待っててと言われて廊下で待った。
    旦那の食べたもの、時間、していたことなどをお医者さんに聞かれ、
    もう訳がわからないまま3時頃に牛丼とポテチとキムチいため、
    旦那はポテチはのりしお好きなんです、あと漫画読んでて、
    この漫画は私が勧めたけど旦那はイマイチで、ともう意味不明。

    その後気付いたら1人で病院の廊下に座ってた。
    三時間たってようやく旦那のところに案内されて、
    管だらけの旦那が笑ってなんだお前その格好!というのを聞いて
    わんわん泣いた。

    665:名無しさん@おーぷん2016/01/05(火)21:11:25ID:3rr
    豚切りごめん。ブス姉妹の修羅場を。
    仮名だけど、私たち姉妹は双子。
    2人とも本名が森崎沙羅とか、橘百合花、綾瀬麗華とか
    そういう名字も名前も芸名っぽいというかお嬢様っぽい名前。
    でも、ブス。
    具体的には、私はムッシュかまやつ似、妹は假屋崎省吾似。
    そんなんだから学生時代はわりと伝説の存在だった。
    自分がブスだと気付いて、私は結婚無理そうだから
    一生食べていける資格をとろうと頑張り、
    妹は化粧の技術を磨くべく美容の学校にすすんだ。
    結果、妹はわりと美人になった。
    ただもちろん化粧がものすごく濃い不自然な感じの美人。
    例えば加藤茶の嫁とか、明日花キララみたいな感じね。

    69: 名無しさん@HOME 2007/09/02(日) 05:59:00 O
    結婚早々やっちまった。 

    新居に越して一段落。
    両家両親を招いて食事をすることになった。 
    人当たりのよい義両親だったので、なんら心配はしてなかった…が。 
    私の手料理を振る舞い、しばらく談笑したところでウトがいきなり言い出した。 
    「確かお宅はご両親二人とも高卒でしたね?」 
    私の母が「そうですが…それが…?」と躊躇いがちに返した。 
    ウト「いえwなんてことはないんですがね。
    あ、私は中央出なんですがねw 
    何て言うか…やはり高卒の方は素朴だなと思いましてw」 
    この辺でウト以外気まずい空気。 
    トメが「ちょっあなたっ!?」と慌てるも、ウトは続けた。 
    「いやー、高卒でお嬢さんを大学に行かせるのは大変だったでしょう?
    素晴らしいw 
    家はね、家系的にまぁ大学にやるのは当たり前なんですがね。 
    お宅はお嬢さんが家へ嫁いで家系的にも、ランクアップと言いますかw 
    お嬢さんを大学にやってよかったですねぇ。三流とはいえ。 
    …息子の選んだ方ですから、文句はいいませんがね…」 

    623: 名無しさん@HOME 2008/05/01(木) 10:54:09 O
    昨日同居トメに息子の誕生日パーティーをめちゃくちゃにされた。 

    朝から息子と一緒に作ったくりぬいた
    フルーツのいっぱい入ったグラデーションゼリー、 
    型抜き野菜をたくさん入れたビシソワーズ、
    賽の目の刺身と型抜き野菜いっぱいの散らし寿司、 
    動物園みたいなサラダ、
    アンパンマンキャラのハンバーグ、変わり衣の鶏唐。 

    買い出しから戻ったら作ったもの全部荒らされてた。 
    きれいに盛り付けたのにわざわざぐちゃぐちゃにかきまぜたり、
    衣はがしたり、鍋の中の物をめちゃくちゃな味付けに変えたり。 
    息子が1時間悩んで悩んでようやく決めた誕生日ケーキも
    トメにテーブルから故意に落とされ蹴られた。

    538 :鬼女日記 2010/06/07(月) 17:14:41 ID:qJB6h4eB
    もう随分前の話だけど。
    私は仕事柄警察とか弁護士とかに知り合いが多い。
    それを何処かで聞いたらしい近所のママAに相談された。
    「○日に×の道で車で自転車にぶつけちゃって…警察の人に言って見逃してもらえるように頼んでくれない?」
    との事。
    調べてみると確かにAの言った日言った場所で轢き逃げが有った、被害者は農作業帰りのお爺さんで足を骨折。
    「私も何処迄協力出来るか分からないけど、管轄署に知り合いがいるから話してみるね☆」
    と言ったらAはとても喜んでいた。
    旦那はお堅い職業のとても真面目な人だし、子供も小さいから警察沙汰は困る、ありがとうとか。

    知り合いに電話して、犯人がいますよと通報しておいた。
    その日の夜に覆面パトらしき車がAの家に来て、それからAを見ていない。

    909:可愛い奥様@\(^o^)/2016/08/10(水) 15:38:46.32 ID:lnEtJ7170.net
    新婚当時の話。
    新婚ホヤホヤのとき、同僚女がうざかった。
    旦那とはうまくやってんの?ニヤニヤ。
    男って胃袋捕まえないと浮気するよ〜とか。
    とにかく上から目線で、仕事中に絡んでくるから嫌だった
    お前、独身じゃねーかっていつも心の中で毒づいていた

    別部署でなんも関係ないじゃんって旦那に愚痴ったとき、
    それはもういままでないくらいにうろたえ、
    その後挙動不振になったなった 

    なんかピンときてしまって、共用のPCあさったら
    日付は私と付き合う前だったが、
    結合画像が多数でてきて私はブチ切れた

    このページのトップヘ